エリザベート 王女。 シャーロット王女に続け!欧州のロイヤル・プリンセス図鑑

エリザベート・フィリッピーヌ・ド・フランス

エリザベート 王女

また、によりされ、 聖エルジェーベト、 聖エリーザベト、 聖エリザベートなどとして知られ、(正式には)が祝日。 ・・で聖人。 では 聖エリザベト(ハンガリー)修道女としても知られる。 生涯 [ ] 王女から修道女に [ ] ハンガリー王女としてに誕生した。 兄弟は6人おり、ハンガリー王、皇帝の妃となったマリア、列聖された王妃の祖母にあたる王妃などがいる。 また母方の伯母である公妃(ヘートヴィヒ)、兄ベーラ4世の娘もそれぞれとに列聖、父方の叔母で王妃が産んだ従妹もに列聖されている。 4歳の時にテューリンゲン方伯でルートヴィング家のルートヴィヒと婚約し、テューリンゲンに連れて来られた。 当初の婚約者に目されていたヘルマンが夭折したため、その弟のルートヴィヒが婚約者となったのである。 ととの対立といった内部の政情をにらんでのもので、王女でありとも親戚に当たるエルジェーベトは貴重な政略結婚の具といえた。 においてに14歳でルートヴィヒ4世と結婚。 仲睦まじく幸福な結婚生活を送り、三児をもうけた。 頃に最初の修道士がテューリンゲンを訪れ、エリーザベトはの教えに触れて信仰心を篤くした。 エリーザベトが宮廷を抜け出して、当時忌み嫌われた患者の救済に従事して非難されたとき、ルートヴィヒ4世は妻を庇った。 その夫婦愛はによりが作られるほどであった。 には高名なフランシスコ会修道士でのを宮廷に迎えている。 にルートヴィヒ4世がに従軍中に疫病のためで死去し、若くしてとなる。 長男のヘルマンはまだ5歳だったため、ルートヴィヒ4世の弟がテューリンゲンのとなった。 おそらくは未亡人のの取り扱いをめぐってハインリヒあるいはに疎まれ、を追われた。 しばらく滞在したアイゼナハでは、豚小屋に住む境遇にまで身をやつしたと伝えられている。 それを伝え聞いた伯母がエリーザベトと子供たちを迎えに行き、自らの伯父の居城である城に送った。 この伯父はエリーザベトに再婚を薦めたが(その候補には当時独身だったもいたという)、拒否してを守った。 に夫の遺骨を修道院に埋葬した後、師父であるコンラートのいるに赴く。 聖フランシスコ会に入会してテューリンゲンから化粧料の代金として受け取った2000を寄進し、マールブルクに病院を建設して貧民・病人のために尽くした。 コンラートによる厳しい監督、監視の下、エリザベート自身も貧民のような生活をしたという。 娘ゲルトルートは2歳のときにエリーザベトから引き離されて修道院に送られた。 、24歳で死去。 聖女 [ ] エリーザベトの墓には死の直後から奇跡が起き始め、巡礼が来るようになった。 召使のイルムガルトの証言によれば、遺体を3日間だけ公開したところ巡礼者が殺到し、としてエリザベートの顔を覆っていた布、爪、果ては指を切り取って持ち去る者があったという。 コンラート・フォン・マールブルクから報告を受けたは、エリーザベトの死の翌年にのため調査団を設置し、奇跡や生前の行いを調べさせた。 にコンラートが殺害されていったん頓挫するが、エリザベートの義理の兄弟にあたる(のち総長)の尽力により調査が再開された。 コンラートはを破壊した罪でされていたが、教皇の許しを請うために教会やドイツ騎士団に尽くしていたのだった。 のの日、教皇はエリーザベトを列聖した。 の エリーザベトはテューリンゲン、ヘッセン、未亡人、病人、パン焼き職人、織師の守護聖人とされている。 マールブルクには巡礼が絶えず、町は経済的に栄え、ヘッセンの中心都市となってゆく。 コンラート・フォン・テューリンゲンの属するドイツ騎士団は列聖と同時に彼女の墓所の上に教会を着工し、に完成した。 このはの聖母教会と並んでドイツ最古のとされている(聖母教会のほうが数年早いといわれる)。 その他彼女の名を冠した教会は各地にある。 列聖の翌年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世も臨席し、聖遺物として祀るために彼女の遺体から頭部を取り外す儀式が行われた。 フリードリヒにとっては皇帝の権威と信仰心(フリードリヒは裸足に粗末な身なりで儀式に参加した)を見せ付ける儀式でもあったのだが、手紙の中で高貴な生まれのエリーザベトに好意を持っていたことを強調している。 彼女の頭骨はフリードリヒ自らの手で冠を被せられて聖遺物容器に入れられた。 この容器は現在歴史博物館に所蔵されている。 のの最中、ヘッセンを支配していた(寛大伯)はに転じてエリーザベト教会もプロテスタント教会に改め、聖遺物崇拝をやめさせるためエリーザベトの遺骨を棺から取り除かせた。 紆余曲折の末、彼女の頭骨とは現在の聖エリーザベト病院に祀られている。 2007年はエリーザベトの生誕800年に当たったため、ゆかりの地であるヴァルトブルク、アイゼナハ、マールブルクで大規模な催しが行われた。 子女 [ ]• (1222年 - 1241年) - テューリンゲン方伯• (1224年 - 1275年) - と結婚• ゲルトルート(1227年 - 1297年) - アルテンベルク修道院(ヘッセン)の女子修道院長。 にされた。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 『』 - 作曲の 脚注 [ ]• 聖パウロ女子修道会. 2014年11月14日閲覧。 この項目は、に関連した です。

次の

18歳になった未来のベルギー女王、エリザベート王女の歩み。|特集|Culture|sva.wistron.com(フィガロジャポン)

エリザベート 王女

wikiより引用(出典) 1837年12月24日にバイエルン王国の公爵マクシミリアンと妻ルドヴィカの次女として産まれたエリザベートは、バイエルン州の南に位置する自然豊かなポッセンホーフェン城で少女時代を過ごした。 1853年8月16日に、エリザベートの姉のヘレーネが、オーストリアの皇帝と見合いを行った。 当時15歳のエリザベートは姉の見合いに同行し、その席で皇帝に見初められた。 少女時代のエリザベートを、母のルドヴィカは「 取り柄のない顔」と評価したが、フランツ・ヨーゼフ1世と結婚し、皇后となったエリザベートは「 ヨーロッパ王室一の美女」として諸国に名を知られるようになった。 皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が7歳年下の少女を妻に望んだのは、エリザベートが将来美しくなることを予想していたからなのかもしれない。 結婚と出産を経て、エリザベートは身長173cm、ウエスト50cm前後、バスト80cm〜90cm前後という、非常にスタイルの良い美人に成長する。 彼女の有名な肖像画は、1864年、エリザベートが27歳の時に宮廷画家のが描いたもので、ウィーン美術史美術館に所蔵されている。 フランツ・ヴィンターハルターは、オーストリア帝国だけではなく、ヨーロッパやメキシコの王族や貴族の肖像画を手掛けた人物である。 彼の肖像画は、モデルとなる人物の姿をありのままに描くのではなく、その欠点を隠し、時には流行を取り入れた。 現代風に言えば、芸能人やモデルが、雑誌に掲載する写真を専用ソフトやアプリで加工するようなものだろう。 1860年代にヨーロッパの王室で美女と称えられていたのは、オーストリア帝国皇后エリザベートと、フランス皇后(フランス皇帝ナポレオン3世の妻)であった。 1867年にザルツブルグで顔を合わせた2人の美女は、その美しさもさることながら、身に着けていたドレスでも人々の注目を集めた。 ウジェニーが当時の流行である、くるぶしの見える短いドレスを身に着けていたのに対して、エリザベートは丈の長いドレスを身に着けることで、高貴さを知らしめることに成功したのである。 肥満を恐れた エリザベート ザッハトルテ【デメルのザッハトルテ。 1865年にウィーンを訪れたプロイセン王国の軍人ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ()を始めとする多くの人々が、エリザベートの美貌や気品を称える文書を残している。 ウィーンの宮廷に馴染めなかったエリザベートは、人前に姿を現すことが少なかったが、その事が却って彼女の美貌を特別な物にした。 エリザベートも自身の美しさを自覚しており、美貌と体型維持のために、極端な食事制限を行った。 独身の頃から彼女は少食であったが、結婚後もその習慣は改まることなく、1日の食事が肉汁やブイヨン、果物だけという事も珍しくはなかった。 夫のフランツ・ヨーゼフ1世をはじめ、多くの人々がエリザベートを案じ、規則正しい食生活を送るように勧めたが、エリザベートがそれを聞き入れることはなかった。 毎日体重計に乗り、体重の増減に一喜一憂していたエリザベートだが、甘い菓子に目がなかった。 彼女はザッハトルテで知られるデメルや、1847年創業のカフェ・ゲルストナーのスイーツを好んでいた上に、ギリシャ滞在中に、ウィーンからチョコレート菓子を取り寄せたこともあった。 また、エリザベートは乳製品も好物で、1895年にはシェーンブルン宮殿の敷地内に農場が作られ、乳牛や鶏が育てられた。 不規則な食生活により、エリザベートは胃痙攣や便秘、体のむくみなどのトラブルを抱えていた。 医師に勧められたマッサージを行い、温泉地に湯治へと赴いたエリザベートだが、食事に関するアドバイスには、決して耳を傾けようとはしなかった。 エリザベートは姑のゾフィーと折り合いが悪く、ウィーンの宮廷にも馴染むことができなかった。 精神的ストレスと美しさへのこだわりが、いわゆる摂食障害を引き起こしたのかもしれない。 運動に力を入れる 画像. 彼女はウィーンのホーフブルク宮殿を始めとする居城に設置した最新の運動器具で体を動かした。 また、少女時代からの趣味だった乗馬の技術は非常に高く、馬と猟犬が獲物を追いかける狩猟にも参加した。 リウマチにかかって乗馬ができなくなると、エリザベートはウォーキングを始めた。 彼女が歩くスピードは速く、侍女が付いていけないほどであった上に、長い時には1日10時間も歩き続けた。 明らかに「適度な運動」の域を超えているが、美貌と体型を保つためにエリザベートが努力を惜しまなかったことがうかがえる。 「髪の奴隷」を自称した皇后 長い栗色の髪もまた、エリザベートの美しさを引き立てる要素だった。 毎日、長い時間をかけて手入れした髪を、エリザベートは3〜4週間に1度の割合で、卵黄とコニャックを混ぜた物で洗っていた。 この特別な手入れの間は、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世でさえも、彼女に会うことはできなかったという。 エリザベートは1863年にブルク劇場に勤めていたファニー・アンゲラという理容師を雇い入れる。 ファニー・アンゲラは平民の出身ではあったが、破格の待遇を受けた。 当時、ウィーンの宮廷で働く人間が市民と結婚した場合には、宮廷を去らねばならないと規則で定められていたが、エリザベートはファニー・アンゲラを宮廷に留め置くために、彼女の夫で銀行員のフーゴー・ファイファリックを皇后の個人秘書として雇い入れた。 フーゴー・ファイファリックは旅行責任者や宮廷参事官、宮廷顧問官を歴任し、騎士の身分を与えられた。 ファニー・アンゲラは宮廷の侍女から嫉妬を受けたものの、皇后の理容師として、30年に渡ってエリザベートに影響を与えた。 皇后も加齢には勝てなかった 美貌と体型の維持に尽力したエリザベートだが、極端な食生活は逆に彼女の美貌を損ねる結果となった。 エリザベートは30代のころから肖像画のモデルや写真撮影を拒み、晩年にはほとんど公の場に姿を見せず、人前に出る時には扇や傘で顔を隠していた。 顔を隠すことによって、エリザベートの美貌は神秘的な物として扱われるようになったが、皇帝のプロポーズや不健康な食生活、激しすぎる運動などのエピソードを見ていると、エリザベートは美貌に振り回された生涯を送ったようにも思える。 【参考文献】 「皇妃エリザベート展」展覧会公式図録 関連記事:.

次の

デカルト

エリザベート 王女

10月25日、フィリップ国王とマチルド王妃の長女の誕生日を祝って、ブリュッセルの王宮で式典が催された。 ベルギーの王位継承者であるブラバント女公エリザベートの横顔をご紹介。 ブリュッセルの王宮で18歳の誕生日を祝ったベルギー王女エリザベート。 (ベルギー・ブリュッセル、2019年10月25日) photo : Getty Images 彼女の戴冠は、新しい時代の幕開けを告げることになるだろう。 ベルギーのエリザベート王女が10月25日、18歳の誕生日を迎えた。 彼女が即位すれば、ベルギー史上初の女性君主が誕生することになる。 2013年7月、祖父のアルベール2世が退位し、代わって父フィリップが国王となったことで、エリザベート王女はブラバント女公の位に就いた。 これにともない、身近な人たちから「リザ」と呼ばれる王女は、ベルギー王位継承順位第1位となった。 中世に制定された王位継承の規定を定めた法典「サリカ法」が1991年に廃止されたことで、女王が認められるようになったためだ。 王女としての第一歩。 エリザベート王女は、現在59歳のベルギー国王フィリップと46歳の王妃マチルドの長女として、2001年10月25日にアンデルレヒトのエラスムス病院で誕生した。 同年12月9日、シエルニョン城の礼拝堂で洗礼を受けている。 ガブリエル王子(現在16歳)、エマニュエル王子(同14歳)、エレノール王女(同11歳)の3人のこうだいとともにラーケン城で育った王女は、世間の好奇の目に晒されることなく、穏やかな少女期を過ごした。 それでも公の場に出る機会がまったくなかったわけではない。 2003年、幼いエリザベート王女は伯父のロラン王子(フィリップ国王の弟)とクレール・コームスの結婚式に参列している。 初めて公式行事に出席したのは、3年後の建国記念日の式典。 王女が5歳の時だ。 2007年には、エリザベート王妃国際音楽コンクールと、南極に設置された観測基地プリンセス・エリザベス極地研究所の模型展示会というふたつの公式イベントに出席し、王女としての第一歩を踏み出した。 2011年、10歳の時にはゲント大学病院の開院式に出席。 1年後、ベルギー北西部にあるエノー州のプロウグステエールで開かれた第一次世界大戦戦没者追悼式典で、王女は公の場で初めてとなる演説を行い、世界の人々に優れた能力の一端を披露した。 ベルギーの公用語であるフラマン語、フランス語、ドイツ語を完璧にマスターしており、追悼式では3つの言語で演説を行ったのだ。 国王フィリップをお手本に。 エリザベート王女は2017年までブリュッセルのマモル地区にあるサン=ジャン・ベルチマンス校に通い、模範生として学業に勤しんだ。 その後、16歳でイギリスに留学。 カーディフ近郊のアトランティック・カレッジに入学し、現在も同校でほぼ普通の学生生活を送っている。 ピアノに熱中するいっぽう、中途退学未然防止のための運動や、高齢者・障害者のための支援活動にも参加。 ちなみに高校の最終学年の学習テーマは「教育による平和」と「共同体への奉仕」だという。 現在は同じ年齢の若者たちと同様に、2020年の春に受験する国際バカロレア資格試験の準備に励んでいるところだ。 18歳の誕生日を前に、王女の生活は新しい局面を迎えた。 父のベルギー国王フィリップは、メディアの注目が集まる場に、彼女の出席を増やしてたいと望んでいる。 こうした国王の意向を受けて、王女は2019年5月4日のルクセンブルク大公ジャンの葬儀に参列。 また前月4月26日にも、ブリュッセルで行われた消防士の公開訓練に国王とともに参加しており、その数週間後には、ユニセフ・ベルギー支部名誉会長の母親のマチルド王妃に同行してケニアを訪問している。 いっぽう、王妃は娘の公務参加について国王ほど積極的ではないようで、「何事にもしかるべきタイミングがあります。 娘にはいまは学生生活を十分に楽しんでほしいと思っています」とケニア訪問の際に語っていた。 象徴的な祝賀式典。 10月25日、ブリュッセルの王宮は上を下への大騒ぎとなった。 エリザベート王女の18歳の誕生日を祝う式典が王宮の玉座の間で催され、その様子がベルギーのテレビで生中継された。 王女はベルトでウエストマークしたエレガントな白いコートに身を包み、晴れやかな表情で登場。 式典には学校の同級生や先生に加えて、王女の乳母、そして王女と同じ年齢の男女80人とベルギー王室メンバーが出席した。 ベルギーで最も権威のあるレオポルド勲章グラン・コルドン章を受勲したばかりの長女に、感激のあまり目に涙を浮かべて喝采を送るマチルド王妃。 それとは対照的に、エリザベート王女は動じることなく、「国のために使命を果たします」と誓いの言葉を述べた。 実際に王女が父の後を継ぐのはまだまだ先のことだ。 ---fadeinpager--- 写真で振り返る、エリザベート王女の歩み。 2001年10月25日、ベルギーのアンデルレヒトで誕生したエリザベート王女。 (ベルギー・ブリュッセル、2002年12月19日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 弟のガブリエル、エマニュエル、妹のエレノールとともに、ラーケン城で育った。 (ベルギー・ブリュッセル、2006年7月21日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 弟のガブリエルとエマニュエルに囲まれ、妹のエレノールを抱くエリザベート王女。 (ベルギー・アンデルレヒト、2008年4月18日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 王女はブリュッセルのマモル地区にあるサン=ジャン・ベルチマンス校で教育を受けた。 (2011年9月1日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 2011年、10歳の時にゲント大学病院の新病棟開院式に出席。 (ベルギー・ゲント、2011年9月7日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- エリザベート王女の後ろでふざけるのは、 ひょうきん者のエマニュエル王子。 エレノール王女、ガブリエル王子とともに。 (ベルギー・ラーケン、2012年9月2日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 王宮のバルコニーに一家勢揃い。 左から、エレノール王女、ガブリエル王子、マテチルド王妃、エリザベート王女、フィリップ国王、エマニュエル王子。 (ベルギー・ブリュッセル、2013年7月21日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 新学期を迎えた13歳のエリザベート王女。 (ベルギー・ ブリュッセル、2014年9月1日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 左から、アメデオ王子(フィリップ国王の妹、アストリッド王女の長男)、エリザベート王女、ニコラ王子(フィリップ国王の弟、ロラン王子の長男)。 パオラ元王妃の80歳の誕生日を祝う。 (ベルギー・ワーテルロー、2017年6月29日)photos:Getty Images ---fadeinpager--- ベルギー建国記念日の式典に出席するエリザベート王女とエマニュエル王子。 (ベルギー・ブリュッセル、2017年7月21日)photo:Getty Images ---fadeinpager--- 高校2年生の新学期初日、サン=ジャン・ベルチマンス校に通学するエリザベート王女。 (ベルギー・ブリュッセル、2017年9月1日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- マチルド王妃とエリザベート王女は、若手音楽家の登竜門であるエリザベート王妃国際音楽コンクールへの出席を毎年楽しみにしている。 (ベルギー・ブリュッセル、2018年5月12日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 王宮で開催される毎年恒例のクリスマスコンサートに出席するエリザベート王女とエマニュエル王子。 (ベルギー・ブリュッセル、2018年12月19日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 見習い消防士として訓練に参加。 (ベルギー・ブリュッセル、2019年4月26日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 一家揃って建国記念日の式典に参列。 左から、エレノール王女、ガブリエル王子、マチルド王妃、フィリップ国王、エリザベート王女、エマニュエル王子。 (ベルギー・ブリュッセル、2019年7月21日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 18歳の誕生日を迎えたエリザベート王女。 祝賀式典でダンスを披露したバレリーナたちとともに。 (ベルギー・ブリュッセル、2019年10月25日)photo : Getty Images ---fadeinpager--- 18歳の誕生日に、ベルギーで最も権威のあるレオポルド勲章グラン・コルドン章を受勲した王女。 フィリップ国王とともに。 (ベルギー・ブリュッセル、2019年10月25日)photo : Getty Images.

次の