手 赤い斑点。 赤い斑点?これ何か分かる方いますか? 物心ついた時からあります。手の...

手のひらが赤い!「手掌紅斑」とは?

手 赤い斑点

皮膚にできる赤い斑点は、違和感、かゆみ、出血などがない限り害のあるものではないことが多いです。 皮膚に赤い点を見つけてちょっと驚いた、ということがある人もいるでしょう。 ランダムに現れたり消えたりを繰り返す「ルビースポット」とも呼ばれるルビー色のツブであることが多いようです。 急に現れて、次の日には消えていることに気づいたら心配になってしまうのは当然のことです。 この赤い点は、遺伝要素である後天性血管腫でできており一般的には と関連していると言われています。 皮膚に現れる赤い斑点の 5 つの基本知識 肌に現れる赤い斑点は、通常40歳〜45歳のあいだによく見られます。 しかし、これは子供や若者には現れないというわけではありません。 ほくろが赤い色だと目につきやすく、気になりますよね。 赤い斑点は、つまり何? 肌に現れる赤い斑点は、血管が小さな破裂を起こすことによってできる毛細血管の拡張です。 腕や胸にできることが多いです。 ・専門家はこれを静脈瘤に似たものと言っていますが、肌に対して並行ではなく垂直になっています。 ・次のことにも注目する必要があります。 赤い斑点が腫瘍になっている場合 赤い斑点は、細胞の蓄積でほくろとは異なり悪性のものとなることはほとんどありません。 こちらもお読みください: 皮膚にできる赤い斑点、シミ 赤い斑点もシミも肌にできる可能性があることは覚えておきましょう。 重要な詳細も見ていきましょう。 ・赤みは毛細血管の破裂によってできますが、に似たものもあります。 体温の変化によって現れ、妊娠中に現れることもあります。 ・これらは時間とともに消えていくものでもあります。 ・さらに、はわたしたちが持つ生まれつきのものでもあります。 赤く現れたり、紫に近い色で現れたりすることもあります。 ・小さな毛細血管の奇形で、子供の胴体や顔に現れることがあります。 こちらもお読みください: 心配するべき? ここでもう一度おさらいしておきたいことは、 これらの赤い斑点は発がん性のものではないということです。 しかし良性とはいえ、症状の変化に注意を払うことは必要です。 ・1箇所に集中して複数現れることはありません。 ・肌に現れる赤い斑点は違和感があることはありません。 痛みがあるようなら、もしくは気になるようであればに見てもらいましょう。 ・肌の赤い斑点は出血を伴うことはありません。 触って出血するようであれば皮膚科に診てもらいましょう。 ・色と形に注意しましょう。 色が濃くなったり、縁が固くなったり変形するようであれば専門家に診てもらいましょう。

次の

手や腕にあらわれる赤い斑点の様々な原因と症状

手 赤い斑点

手にできる赤い斑点の原因 手の甲にできてしまう赤い斑点について詳しく説明していきます。 斑点がでる症にはほとんどは明確な原因があります。 その原因さえ知っていれば、どんな状態なのかが一目で確認する事ができます。 そして、必要以上に怖がらなくてもよくなります。 原因は知る事よりも、わからない事の方が怖いのです。 慢性湿疹 その名の通り、 慢性的な湿疹の事です。 この慢性湿疹の特徴は、 とにかく激しい痒みに襲われることです。 痒み自体を我慢する事ができないくらいの痒みで、出血してしまうまでかきむしってしまう場合もあります。 多くの場合は以下の状態を繰り返し起こしてしまうのです。 ・石鹸 ・シャンプー ・うるしの葉っぱ ・虫の毒 ・湿布 ・金属 ・香水 ・衣類 ・洗剤 などがあります。 これらは接触する事で肌が弱い場合、荒れてしまって、赤い斑点、ブツブツ、水疱などの症状が出てしまうのが大きな特徴です。 わかりやすくいえば、かぶれてしまうということです。 原因物質がはっきりしていれば、その物質を取り除けば症状は出ませんし、改善されます。 しかし、原因がわからないで接触してしまっている場合、どんどん悪化してしまいます。 真っ赤に腫れてしまう事もあるので、原因になっている物体を早めに見つけて、取り除く必要があります。 手湿疹 「」で詳しく書きましたが、家事をする方や水仕事が多い方は手湿疹の可能性があります。 家事や水仕事で起こる湿疹を主婦湿疹と言ったりもしますが、これは皮膚正面にある各層間脂質といわれる油分が減ってしまうことが原因の一つです。 この各層間脂質という油分が知らない間に皮膚を守ってくれているんです。 しかし、水仕事が多く洗剤を常に使っている場合、手にある油分はどんどん洗い流されてしまいます。 そうなると、肌をバリアする機能がなくなってしまい、外部刺激に対して弱くなってしまうので、赤い斑点などの湿疹ができてしまいます。 具体的な症状は、 ・赤い斑点ができる ・痒みが強くなる ・水ぶくれができる などの症状になってしまうのです。 これらの症状に対しての対処は、水仕事の後には必ず手をよく洗って洗剤をしっかり落としてあげる事、清潔なタオルやハンカチでしっかりと水分を拭きとってあげる事、そしてハンドクリームを塗ってあげる事です。 たったこれだけの事ですが、これだけでも随分違ってきますので、試してみて下さい。 日光の光 赤い斑点の原因は日光の光によるものかもしれません。 日の光の健康効果はたくさん言われてきてはいますが、中には太陽の光がアレルギーを引き起こしている場合があるのです。 光そのものではなく、正確には紫外線によってアレルギーが起こってしまっている事があるという事です。 この日光の光によるアレルギーが起こってしまった場合、 ・肌が真っ赤になる ・乾燥がひどくなる ・ピリピリした痛みが常にある 等の症状が現れます。 そして、さらに厄介なのが、この症状は日中ではなく、翌日の朝に起こることがあるのです。 外出などで外に出た次の日に手の甲を見てみたら真っ赤になってしまっていて、原因がわからないといった事が起こってしまうのです。 日差しの強い日の当日又は、翌日に常のこの症状が起こる場合は、日光に対してアレルギーがあるのかもしれません。 日焼け 日光の光と似ていますが、日焼けが原因で赤い斑点ができてしまうこともあります。 手の甲は直射日光がとても当たりやすい場所になっています。 つまり、紫外線による影響を特に受けやすい場所の一つなのです。 紫外線は、皮膚の持つバリア機能を弱めてしまう働きを持っています。 日焼けというと、大体の人は夏を連想すると思います。 しかし、季節は関係なく、紫外線に当たり続ける事で、日焼けをしてしまいます。 日焼けによる具体的な症状は、 ・赤い斑点ができる ・痛みがある ・ヒリヒリする感じがある ・皮がむけてしまう などです。 日焼けに関して実は気をつけなければいけないのは、夏場だけではなく、冬でも起こるという事です。 ほとんどの人は夏場の日焼け対策はしても冬場の日焼け対策はあまりしないと思いますが、手の甲は季節関係なく日焼けをします。 ストレス ストレスは色んな症状を起こしてしまう原因の中でも特に多いものです。 手の甲の斑点が出る場合は、ストレス自体が問題というよりは、ストレスからくる肌のバリア機能の低下が原因になります。 ストレスは身体の免疫機能を弱らせてしまいます。 免疫機能が低下すると、外部の刺激に対して弱くなってしまうので、色んな症状を受けやすくなります。 ストレスからくる手の甲の斑点は、手湿疹や日焼けをした時と同じような症状が現れるのです。 マラセチア菌 マラセチア菌とは、カビの一種で、このカビが肌の上で悪さをすると、赤い発疹が現れるのです。 そしてこの症状が最も現れやすいのが手の甲なのです。 何故手の甲に現れるのかというと、 このカビは湿気が好きなのです。 手を洗った後、キレイに水分を拭きとれていない手はカビの住みかとしては最適な場所になるのです。 その為、手を洗ったり、水分に手が触れた時はしっかりと洗い流してタオルドライをしてあげる事をお勧めしします。 ダニ ダニに噛まれてしまうと、赤い発疹や斑点ができてしまうのは知っているかと思います。 そして、 このダニに特に噛まれやすいのは、普段寝ている布団です。 布団には眼には見えないダニが大量にいることは珍しいことではありません。 そして、さらに部屋の中にも目には見えないだけでたくさんのダニが潜んでいます。 その為、部屋の中はこまめに換気をしてあげて、時々掃除機をかけてあげる、そして定期的に布団は日光に当てる、これらの習慣を身につける事で発生を防ぎましょう。 そして、発生を防げば、手の発疹や斑点は自然とできなくなるかもしれません。 治療方法 手の甲にできる赤い斑点の原因を解説しましたが、自分でできる対処法や治療法はあるのか。 赤い斑点は、実は自分でできる治療法などがあります。 保湿をするのはハンドケアでは基本になるので、それ以外でまず自分で対処をする方法を紹介していきます。 ・石鹸を変える 普段使っている石鹸が肌に合わずアレルギーを起こしてしまい、そこからさまざまな原因になってしまっている場合があります。 石鹸が原因で発疹が起こることは意外と多いです。 石鹸は身近にあり、気づきにくいのですが、毎日使っているものなので身体に合わないものを使っていると症状はどんどん悪化してしまいます。 症状の悪化ととボディソープやシャンプーなどを変えた日が近かったり一致した場合は、変える前に使っていたものに戻してみて下さい。 それだけで症状が収まっていく場合があります。 ・ストレスを溜めずに発散する ストレスは肌に備わっているバリア機能を低下させてしまうだけでなく、免疫も低下させてしまうので、症状を悪化させてしまうことがあります。 手の甲の斑点だけではなく、ストレスは知らず知らずに身体の健康状態を蝕んでしまいます。 趣味に没頭するのもいいと思いますし、散歩をすることもおすすめです。 それから、軽い運動をしたり、思いっきり声を出せるカラオケに行くのもいいでしょう。 ストレス発散は好きな事ではなかったとしても、時間をゆったり過ごすだけでも緩和されますので、何か探してみると良いと思います。 仕事をしていると、一日バタバタしてしまって忙しい時間を過ごすことになります。 しかし、週に1日だけでも自分の為に時間を使ってあげて、自由な時間を過ごしてあげると良いと思います。 ・ゴム手袋を使って作業をする 水仕事をしていると、肌は冷水に浸る時間が増えますので、それだけでも乾燥したり肌荒れに繋がります。 水仕事をする際はゴム手袋を使ってすることをお勧めします。 手が濡れた状態だと、バリア機能の役目を果たす脂分も水と一緒に流れ落ちてしまいます。 しかし、逆を言えば水に濡れないようにしてあげれば、手がダメージを受ける状態を最小限に抑える事ができるのです。 初めはゴムを使うと食器が洗いにくいかもしれませんが、慣れてしまえば快適に作業ができます。 自分の手は自分で守ってあげる事が大事です。 ・病院を受診してみる 自分で気を付ける事は大事ですが、できてしまった手の赤い斑点は何が原因なのか自己判断は難しいと思います。 明確に原因がわかっていたとしても病気によって対処法は違ってきたりもしますので、まずは病院を受診してしっかりと原因を特定してあげるとも大事です。 しかし、受診の目安って難しいと思いますので、以下の事を参考にしてみて下さい。 ・一週間経っても症状が緩和されない ・原因がどれなのかがわからない ・痒みがどんどん増している ・斑点が出てからどんどん範囲が広くなってしまっている 等です。 これらに当てはまる場合はできるだけ早めに病院に行かれることをお勧めします。 肝硬変の可能性もありますし、その他の病気の初期症状の可能性もある為です。 さらに、特に問題となるような湿疹ではなかったとしても、病院であれば適切な薬を処方してくれるので安心ができますよね。 症状を緩和させてくれたり、原因がわからない症状に悩んでいることで、それもストレスになってしまいます。 原因がわかればストレスの軽減にもなります。 まとめ 手の甲にできてしまった黒い斑点はシミであることがほとんどなので、ピーリングで薄くすることはできますが、赤い斑点は病気などの事があるので、軽視してはいけません。 原因をそれぞれ書いていきましたが、どれが原因で起こっている事なのかがわからない事も多いと思います。 まずは、できる事をしっかりと行い、それでも緩和が見込めない時は病院を受診してしっかり診てもらうようにしましょう。 湿疹の原因はダニであったり、アレルギーであることが多いこともあるので、必要以上に心配しない方がストレスを溜め込まないで済みます。 ストレスで悪化してしまっては元も子もないですもんね。

次の

手のひらに赤い斑点が現れると病気?原因と対策について

手 赤い斑点

寒い季節になり洗い物がツライ季節になりました。 そんな時によくでる 指や 手のひらの 赤い斑点模様のデキモノ。 赤く腫れ、押すと 痛みがある。 コレは何かの病気なのか!? っと心配になり色々調べてみましたが、実はその正体は 『 主婦湿疹』とういうものらしい。 そりゃそうですよねw 確かに思い返してみれば毎年指に出来ていたような。 そんな訳で今回は 『主婦湿疹』について色々調べてみました。 今回はあくまで一例になります。 指にできる赤い斑点の原因 まずはこの 『主婦湿疹』が出来る理由をしっかり理解しましょう。 しかし、 水仕事などによってその2つが洗い流され湿疹が起きる。 保湿クリームが常に手にある状態だと思ってもらえれば分かりやすいと思います。 保湿クリームをしたまま洗い物などの水仕事をするとクリームは流れてしまうのと同じです。 主婦湿疹の乾燥と湿潤 そんな保湿クリームがとれた状態の湿疹には2つの種類があります。 湿潤型は、水ぶくれが出来る状態のこと。 例えば、 ・洗い物や洗濯・炊事などの水仕事や洗剤などを使った事 ・シャンプーやリンスなどに時間がかかる人 などがなりやすいとされています。 とにかく手にダメージを与える事が基本的にNGです。 主婦湿疹の治し方は? まずは 皮膚科にいって本当に『主婦湿疹』かの診断を受けることをオススメしますが、病院に行くほどでもないという人。 そんな人は自分の湿疹のタイプによって治療方法があります。 乾燥型湿疹の治し方 乾燥によって行き起こされている湿疹なので、とにかく 保湿を心がけて下さい。 洗い物や洗濯をしたことによって手の保護がなくなった状態には天敵です。 そんな時は 保湿クリームを塗ってください。 基本的には市販のものでも言いのですが、症状や体質によって合う合わないがあるので注意が必要です。 高い保湿クリームが良い訳ではなく、日々使うものなので安く、しかも天然由来のものがオススメです。 価格:1,944円(税込、送料込) 湿潤型湿疹の治し方 湿潤型も乾燥型とは基本的に同じです。 水仕事の後には保湿クリームなどを塗るのが好ましいのですが、さらに症状がヒドイ場合は ステロイド概要剤を使うことで改善します。 もちろんステロイドは市販の外用剤で大丈夫です。 ステロイドと聞くとあまり良いイメージを持たない人も多いかも知れませんが、実は 手荒れが原因による湿疹などに有効性と安全性が科学的に立証されているのはステロイド外用剤のみです。 薬になるので副作用として免疫などの低下もありますが、それは風邪薬などの副作用と同じくらいのもの。 それでも恐いという人は、副作用の低い薬をまずは使ってみてはどうでしょうか。

次の