ウーバーイーツ 銀行口座。 ウーバーイーツの銀行口座登録手順について!!|お金の稼ぎ方(副業、兼業、FX投資、アルバイト).WORK

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に登録する方法・手順をやさしく解説!|デリバリー配達ナビ

ウーバーイーツ 銀行口座

自分の空いた時間を有効的に使って収入を得ることができるウーバーイーツ(Uber eats)の配達員になるためには、Uber Eatsの登録センターに行って登録するのが最短で登録することができます。 登録資格は18歳以上であり法的要件を満たしていればだれでも登録することができます。 事前にスマートフォンまたはパソコンで必要事項をあらかじめ登録しておけば、ウーバーイーツ(Uber eats)の登録センターでの待ち時間が少なく効率的です。 Uber Eatsの登録センターで必要なものは銀行口座の登録情報が必要になります。 銀行口座の場合、メガバンクと呼ばれる銀行は大体大丈夫なのですが、三菱UFJ銀行やりそな銀行がオススメになります。 報酬の入金は海外送金となり、みずほ銀行の場合は送金の遅れや認可が取りづらいことがあるため、登録センターのスタッフからアドバイスを受けました。 登録センターで配達用のバックを受け取り次第デリバリーの業務に就くことができます。 登録センターに配達用のバックの在庫がなければ取り寄せるまでに時間がかかる場合があります。 そういったケースの場合バックが自宅に届き次第配達業務を開始することができます。 ウーバーイーツ(Uber eats)配達員の登録手順 ウーバーイーツ(Uber eats)の配達員のオンライン登録手順の流れは下記の1〜7までとなります。 詳しく説明していますが、何も難しいことはなく仮登録のためのウーバーイーツ(Uber eats)の登録サイトに順を追って入力していけば完了することができます。 1〜7までの手続きはあくまでも仮登録の手順です。 以下の手順のあとに本登録をパートナーセンターにて手続きをするとアカウントが有効化されて晴れてウーバーイーツ(Uber eats)の配達員として収入を得ることができるようになります。 ウーバーイーツ(Uber eats)の登録の前に、以下の書類を事前に用意しておくとスムーズに登録できます。 身分証明書• プロフィール写真• 無帽で正面をみたもので、顔全体と肩口まで写っているものを用意する。 サングラスやマスク着用の写真は使えませんのでご注意ください。 背景に物や影が写っていないものを準備してください。 運転免許書等をコピーしたものは利用できませんので注意しましょう。 原付バイクを利用する場合は、追加で以下の書類が必要になります。 運転免許証• 自賠責保険証書• 自賠責保険証書には車両のナンバーが記載されている必要があります。 記載のない場合には保険会社に追記を依頼してください。 配達パートナー登録サイトを開く 2. アカウントを作成する 3. 配達に使用する車両を選択する 4. 必要書類を準備する 5. 登録書類をアップロードする 6. 銀行情報を登録する 7. Uber Driver アプリをインストールする それぞれ、詳しく説明していきたいと思います。 配達パートナー登録サイトを開く スマートフォンかパソコンのウェブブラウザーでウーバーイーツ(Uber eats)の配達パートナー登録サイトにアクセスします。 アカウントを作成する ウーバーイーツ(Uber eats)の配達パートナー登録サイトのフォームに、メールアドレス、名(ローマ字)、姓(ローマ字)、電話番号、パスワード、都市、招待コード(任意)を入力して、[次へ]を選択する。 配達に使用する車両を選択する ウーバーイーツ(Uber eats)で配達をするためには、3種類の車両の中から車両を一つ選んで、自分のアカウントに登録する必要があります。 ウーバーイーツ(Uber eats)の登録サイトで、使用したい車両を選択します。 複数の車両を登録することはできませんが、登録後に車両を変更することは可能です。 ウーバーイーツ(Uber eats)で使用できる車両 配達に使用することができる車両は次の3種類です。 配達に使用する車両 は、ウーバーイーツ(Uber eats)に登録さえしていればレンタルしたものも使用できます。 レンタル車両は、「ドコモ・バイクシェア」や、「帝都産業」が提供するレンタル自転車とレンタル原付バイクサービス等になります。 レンタル車両契約は自分自身で手続きをする必要があり、Uberのサポートはありません。 (1)自転車• ご自身の自転車、またはレンタルの自転車が使用できます。 (2)原付バイク• 125cc 以下の原動機付自転車が使用できます。 ご自身の車両、またはレンタルの車両が使用できます。 (3)軽自動車またはバイク(125cc 超)は事業用車両のみです。 125cc 超のバイク、または軽自動車が使用できます。 車両は事業用登録されている必要があります。 125cc 超のバイクの場合は緑色の自動車登録番号標(ナンバープレート)、軽自動車の場合は黒色の自動車登録番号標(ナンバープレート)のついた車両のみが使用できます。 自家用車(白色の自動車登録番号標(ナンバープレート)のついた車両)は使用できません。 必要書類を準備する 登録には、以下の書類および登録用のプロフィール写真が必要となります。 プロフィール写真 登録用のプロフィール写真はUber eats 各種アプリやメール等でも使用されます。 承認されるプロフィール写真 正面を向き、頭から肩口まで写っているもの。 帽子、サングラス、マスク等の頭や顔の隠れるものを着用した写真は使用できません。 背景に物や影が写っていないもの。 写真は十分に明るく、ピントの合っているもの。 運転免許書等の写真をコピーしたものは利用できません。 車両登録用の書類 (1)自転車の場合 身分証明書 公的機関が発行する、有効期限内の顔写真付き身分証明書の鮮明な写真をアップロードします。 パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カードのいずれか。 外国籍の方は在留カードのアップロードが必須となります。 (2)原付バイクの場合 運転免許証 自動車登録番号標(ナンバープレート)の写真 自賠責に記載されているナンバーと、写真内のナンバーが一致している必要があります。 125cc 以下の原付バイクであること。 自動車損害賠償責任保険(自賠責)の証明書 自動車登録番号標(ナンバープレート)の情報が保険書類上に記載されていない場合、「標識交付証明書」と「自動車損害賠償責任保険」を横に並べ、一枚の写真としてアップロードします。 そして、両方の書類の車体番号が一致している必要があります。 (3)事業用の軽自動車またはバイク(125cc 超)の場合 運転免許証 軽自動車を利用する場合は、普通免許、中型免許、準中型免許、大型免許のいずれかを保有している必要があります。 バイク(400cc 以下)を利用する場合は、普通自動二輪免許、大型自動二輪免許のいずれかを保有している必要があります。 バイク(400cc 超)を利用する場合は、大型自動二輪免許を保有している必要があります。 自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証 軽自動車または250cc 超のバイクの場合: 車検証が必要です。 125cc 超250cc 以下のバイクの場合:軽自動車届出済証が必要です。 自動車損害賠償責任保険(自賠責)の証明書 アカウント登録時に使用した氏名と書類上の氏名(所有者または使用者の氏名)が一致している必要があります。 自動車登録番号標(ナンバープレート)の情報が保険書類上に記載されていない場合は、保険会社に追記を依頼してください。 自動車保険(任意保険)または共済保険の証明書 アカウント登録時に使用した氏名と書類上の氏名が一致していることを確認してください。 自動車登録番号標(ナンバープレート)の情報が保険書類上に記載されていない場合は、保険会社に追記を依頼してください。 自動車登録番号標(ナンバープレート)の写真 事業用ナンバープレートを取得していることを必ず確認してください。 外国籍の方の追加必要書類(外国籍の方のみ) 外国籍の方は、パスポートまたは在留カードいずれかの写真をアップロードします。 リストされている必要書類をタップすると、[ファイルを選んでアップロードする]ボタンが表示されます。 銀行口座情報を登録する Uberから配達パートナーに支払われる配送料の振込先となる銀行口座情報をパートナーページから登録します。 注意点として登録できない金融機関がありますのであらかじめ覚えておいてください。 登録できない金融機関は、ゆうちょ銀行、信用金庫、各種ネット銀行はUberEatsの報酬の振込先として登録することはできません。 また、UberEatsからの報酬は、海外口座から振り込まれます。 一部銀行で海外口座からの振込に対するセキュリティが厳しく振込がされない場合があります。 UberEatsは海外振込のトラブルの比較的少な三菱UFJ銀行、三井住友銀行などに登録することが推奨されています。 もし、三菱UFJ銀行、三井住友銀行などに口座がない場合には本登録を済ませる前に口座を作っておくことをお勧めします。 口座を作る場合は最短でも1週間以上かかるので早めに手続きしておくのがいいです。 そして、銀行口座情報を登録しないで配達を開始することは可能ですが、支払い時期までに銀行口座情報が登録されていないと支払いが遅れるので注意してください。 Uberからの支払いは週単位となっています。 銀行口座情報の登録に不備などがあると、銀行の登録情報のやり直しが必要になり報酬を受け取ることに時間がかかってしまいます。 本登録を完了するためにパートナーセンターに行く時に、念の為スタッフが銀行口座情報が正しく登録されているかを確認されるので、パートナーセンターに行く時には銀行口座情報が記載されているキャッシュカードなどを忘れないようにしましょう。 入力フォームに以下の情報を入力します。 「口座名義人の氏名(銀行の取引明細書に記載のもの)」欄に、銀行名義人の氏名を、「名、姓」の順でアルファベットで記入します。 名と姓の間には、スペースを入力します。 「受取人の氏名(カタカナ)」欄に、受取人の氏名を「姓、名」の順でカタカナで入力し、姓と名の間にスペースを入力します。 カタカナで入力した名前は、フォーム送信後に自動的に半角カタカナに変換されます。 捨て仮名等の小さい文字の仮名は全て大きい文字の半角カタカナに変換されますが、エラーではありませんから間違いと思って入力し直さなくても大丈夫です。 「住所」欄に、銀行口座に登録している銀行名義人の住所をアルファベットで入力します。 住所は日本の通常の住所表記では下にくるものから記入する必要があります。 建物名は省略します。 銀行口座に登録している住所が現住所ではない場合でも、銀行口座に登録している住所を入力しましょう。 異なった住所を登録した場合、報酬がスムーズに振り込まれない可能性があります。 例:1-2-3 Kabukuchou, Shinjukuku 4. 「名義人都道府県」欄に、銀行口座に登録している銀行名義人の住所の都道府県名をアルファベット入力します。 例:Tokyo 5. 「名義人郵便番号」欄に、銀行口座に登録している銀行名義人の住所の郵便番号を半角数字で入力します。 「金融機関名」欄に、日本語で銀行名を入力します。 日本語で銀行名を入力すると、自動表示のドロップダウンメニューから銀行の一覧が表示されるので、該当するものを選択します。 ドロップダウンメニューに表示されない金融機関は登録することができません。 「支店コード」欄に、選択した銀行の支店コードを半角数字で入力します。 銀行の支店コードは通常は数字3桁です。 「銀行口座番号」欄に、銀行の口座番号を半角数字で入力します。 銀行口座番号は、通常は数字7桁です。 「口座の種類」欄では、「普通、当座、貯蓄」の中から銀行口座の種類を一つ選択します。 「金融機関コード」欄に、登録した銀行の金融機関コードを入力します。 UberDriverアプリをインストールする 配達に必要なUberDriverアプリを、配達に使用するスマートフォンにインストールしましょう。 「UberDriver」アプリのダウンロード方法 iPhone(iOS)をお使いの方はApp Store にて「Uber Driver」を検索します。 アンドロイド(Android)搭載のスマートフォンをお使いの方はPlay Store にて「Uber Driver」を検索してください。 ここまでが仮登録の手順となり、お近くのパートナーセンターにいって本登録の手続きをします。 オンライン登録の完了がうまくいかなかった場合パートナーセンターのスタッフが教えてくれるので必要書類を用意して手続きしましょう。 パートナーセンターで登録を完了させる 残りの全ての本登録手続きを完了させるために、パートナーセンターに行きます。 予約は不要なので、必要なものを持参して、営業日・営業時間内に近くのパートナーセンターへ行きましょう。 登録が完了したら、配達用バッグを預かりその日のうちに配達を開始することができます。 ただし、配達用バッグはパートナーセンターに在庫がなければ、後日郵送で自宅に届くまで配達を開始することはできません。 また、ウーバーイーツ(Uber eats)の配達用バッグはあくまでもウーバーイーツ(Uber eats)より借り受けているものでデポジットとして8000円を、初回以降の報酬分より差し引かれます。 お近くのからご確認ください。

次の

銀行口座情報の登録方法Uber Eats(ウーバーイーツ)

ウーバーイーツ 銀行口座

ウーバーイーツはネット登録可能 ウーバーイーツの配達パートナーになるためには まず、ネットから登録する。 流れとしては以下の通りだ。 1.パソコンやスマホでウーバーイーツの登録サイトから情報を入力する 電話番号やメールアドレスなどの個人情報を入力する必要がある。 以前に作ったアカウントがある場合はそのアカウントでログインできる。 忘れて2つ目のアカウントを作ってしまうと 1つ目以外のアカウントは消される危険性があるので気をつける。 もし私のように2つ目のアカウントを作ってしまった場合は登録センターで事情を話して1つ目のアカウントを消してもらおう。 2.身分証明書の写真を撮って送る 運転免許証などを写真に撮って送る。 どうしても無理な場合は登録センターで出来るが、スムーズにすすめるために先に送っておいたほうが良いかもしれない。 3.ウーバーからの連絡を待つ 登録が認められると電話がかかってくる。 非通知でかかってくるので気をつけよう。 私は無視してしまったのだが、つながらない場合は ショートメールで登録できましたという内容が送られてくる。 電話が苦手すぎるなら最初から電話に出ずにショートメールを待ってもいいだろう。 ネットからの登録の流れは以上である。 何度かSMSで認証番号が送られてきたりしてかなりシステマチックな感じがする。 登録画面の動作が時々おかしい時があるのが気になったがそれ以外はスムーズに出来た。 ウーバーイーツのパートナーセンターへ行く 私の場合は難波から近いへ行った。 周りには自転車置場が極めて少ないのでその点は注意が必要。 四ツ橋駅の方にある自転車置き場が無難だと思われる。 ウーバーイーツのパートナーセンターは12時にならないとオープンしないので、午後から出発して14時ぐらいに到着。 心斎橋のりそな銀行ビルの6階だったが、なんか受付とかあってちょっとキョドる。 でも ウーバーイーツどこですか?って聞いたら丁寧に教えてくれるので安心。 604の部屋はちょっと奥の方にあった。 入ると受付におじさんとお兄さんがいて、先客と話をしていた。 どうやら外国人で日本語があまり良くわからないようで 日本語がもっと上手くなったらまた来てねって言ってお引取り願っていた。 銀行口座登録をする ショートメールで銀行口座登録してねって書いてあったがセンターでも出来るって書いてあったのでしないで来たわけだが、ここで待っている間に銀行口座登録をさせられた。 Uberはアメリカから送金するらしく、全部英語で入力する必要があるらしい。 ローマ字で住所などを入れたが、県はいらないとか市はハイフン付けてとか丁寧に教えてくれるのでスムーズに出来た。 個別に説明がある 終わったらスマホにショートメールが届き、説明の準備が出来たことをお知らせされる。 こんなシステムなの?って感じで戸惑っていたら呼びに来てくれた。 最初からそれでいいやん…。 私はてっきり何人か集まったところで説明が始まるのかな?って思っていたけど 個別なんよね。 びっくり。 受付カウンターみたいなのが合計6箇所ほどあり、全部埋まっていた。 私はお姉さんがいいなぁと思っていたのだが お兄さんだったので残念…。 でも感じの良いお兄さんで説明もわかりやすかったのでいいけど。 ウーバーイーツはどういうサービスなのかとかそういう説明から始まる。 ウーバーイーツは 個人事業主で自由な働き方を実現する仕事らしい。 なので確定申告してねって言ってた。 あと、知らなかったお店を発見できたり、街を再発見できる素晴らしい仕事だと教えてもらった。 賃金の発生する仕組みとかアプリの使い方なんかも全部スライドを使って説明してもらえる。 個別なのでわからないところを質問しやすい。 まぁだいたい知ってるから質問することはないけど。 どこで待っているのがいいのかとかそういう説明もあって、やっぱり大阪のキタからミナミにかけてのエリアが一番注文数が多くて良いようだ。 私の家の近所も赤のエリア(色分けされたエリアで青が少なくて赤になるにつれて多くなる)になっているので恐らく注文が多く稼げるエリアだと思われる。 この商売は都心で待機し続ける必要があり、待機場所が確保できないと結構つらそう。 時々なんばハッチのところで待機しているウーバーイーツの人がいるけど寒い時期や暑い時期はきついだろう…。 あと、友達紹介キャンペーンについて教えてもらったが、今大阪で新規のウーバーイーツ配達パートナーを紹介したら紹介者に6万円入るらしい!これはでかい!(時期によっては3万円だったり無かったりします)。 そして最後にあの 立方体のカバンを渡されて終了。 いつも見かけるUber Eatsのカバンは緑なのに今は黒になったらしいです。 いろいろあるんやね。 なんか最新式のはピザが入る仕組みとか搭載されているのでピザも運べる。 ピザ屋もUberやる時代ということだ…。 ちなみにデポジットとして4000円振込報酬から引かれる(4週にわたり1000円ずつ)が、辞める時に返せば4000円戻ってくる。 ウーバーイーツの配達パートナーに登録してみたのまとめ 私は元々自転車好きでロードバイクで一日100キロ以上サイクリングしたこともあるほどの サイクリングマニアなのだが、好きな自転車を仕事にしようと思ってもそれこそ会社の資料を運んだりするメッセンジャーぐらいしか仕事は無かった。 Uber Eatsはそんな自転車マニアが好きな自転車で街を走りながら小銭を稼ぐ事のできる良い仕事だと言えるだろう。 まだ、一度も運んでいないのでなんとも言えないが今後ウーバーイーツがどんどんと普及して行くと感じる。

次の

ウーバーイーツ銀行口座登録方法|UberEats銀行口座情報登録やり方

ウーバーイーツ 銀行口座

コード 銀行名 0001 みずほ銀行 0005 三菱UFJ銀行 0009 三井住友銀行 0010 りそな銀行 0017 埼玉りそな銀行 0035 ソニー銀行 0041 大和ネクスト銀行 0116 北海道銀行 0117 青森銀行 0118 みちのく銀行 0119 秋田銀行 0120 北都銀行 0121 荘内銀行 0122 山形銀行 0123 岩手銀行 0124 東北銀行 0125 七十七銀行 0126 東邦銀行 0128 群馬銀行 0129 足利銀行 0130 常陽銀行 0131 筑波銀行 0133 武蔵野銀行 0134 千葉銀行 0135 千葉興業銀行 0137 きらぼし銀行 0138 横浜銀行 0140 第四銀行 0141 北越銀行 0142 山梨中央銀行 0143 八十二銀行 0144 北陸銀行 0145 富山銀行 0146 北國銀行 0147 福井銀行 0149 静岡銀行 0150 スルガ銀行 0151 清水銀行 0152 大垣共立銀行 0153 十六銀行 0154 三重銀行 0155 百五銀行 0157 滋賀銀行 0158 京都銀行 0159 関西みらい銀行 0161 池田泉州銀行 0162 南都銀行 0163 紀陽銀行 0164 但馬銀行 0166 鳥取銀行 0167 山陰合同銀行 0168 中国銀行 0169 広島銀行 0170 山口銀行 0172 阿波銀行 0173 百十四銀行 0174 伊予銀行 0175 四国銀行 0177 福岡銀行 0178 筑邦銀行 0179 佐賀銀行 0180 十八銀行 0181 親和銀行 0182 肥後銀行 0183 大分銀行 0184 宮崎銀行 0185 鹿児島銀行 0187 琉球銀行 0188 沖縄銀行 0190 西日本シティ銀行 0191 北九州銀行 0288 三菱UFJ信託銀行 0289 みずほ信託銀行 0294 三井住友信託銀行 0300 SMBC信託銀行 0304 野村信託銀行 0307 オリックス銀行 0397 新生銀行 0398 あおぞら銀行 0501 北洋銀行 0508 きらやか銀行 0509 北日本銀行 0512 仙台銀行 0513 福島銀行 0514 大東銀行 0516 東和銀行 0517 栃木銀行 0522 京葉銀行 0525 東日本銀行 0526 東京スター銀行 0530 神奈川銀行 0532 大光銀行 0533 長野銀行 0534 富山第一銀行 0537 福邦銀行 0538 静岡中央銀行 0542 愛知銀行 0543 名古屋銀行 0544 中京銀行 0546 第三銀行 0562 みなと銀行 0565 島根銀行 0566 トマト銀行 0569 もみじ銀行 0570 西京銀行 0572 徳島大正銀行 0573 香川銀行 0576 愛媛銀行 0578 高知銀行 0582 福岡中央銀行 0583 佐賀共栄銀行 0585 長崎銀行 0587 熊本銀行 0590 豊和銀行 0591 宮崎太陽銀行 0594 南日本銀行 0596 沖縄海邦銀行 ウーバーイーツおすすめの銀行 おすすめの銀行は、「三菱UFJ銀行」と「三井住友銀行」です。 登録者数が多くて、トラブルなく安心です みずほ銀行でもOKになりました むかしウーバーイーツの振り込みが海外送金(海外被仕向送金)だった頃は、みずほ銀行だけはお勧めできないと評判でした。 みずほ銀行は海外からの入金に非常に厳しく、入金のたびに電話がかかってきたりして非常にめんどくさかったのです・・。 しかし今は国内送金になったので、 みずほ銀行でも問題ありません。 銀行口座情報の入力方法 ウーバーイーツの銀行口座の入力は、ちょっと特殊です。 このように入力します。 わかりにくいポイントを解説します。 カタカナは半角で入力 ウーバーイーツの銀行口座変更画面では、なぜかカタカナを半角で入力します。 「トクガワ イエヤス」ではなく、「トクガワ イエヤス」です。 銀行の住所が古いとき銀行の口座をつくってから住所変更せずに引っ越しているときは、 銀行に登録してある住所を入力するか、 銀行の住所変更手続きをしましょう。 金融機関名は必ずリストから 金融機関名は注意が必要です。 実は金融機関にはかなり細かく英語の名称が決まっており、間違ってしまうと振込が遅れたりします。 必ず 選択肢の中から選ぶようにして下さい。 適当に入力しないほうが良いです! 金融機関コード・支店コード・口座番号 支店コード、口座番号、金融機関コードは 日本で使われているものと同じです。 支店コードは3桁、口座番号は7桁、金融機関コードは4桁の数字です。 お使いの銀行のWebサイトを見たり、銀行に電話などで問い合わせるのが良いと思います!代表的なものはここに書いてみました。 銀行からマイナンバー教えろって言われた・・ これも昔の話です。 むかしウーバーイーツの振り込みが海外送金だった頃は、銀行によってはマイナンバーを銀行に届け出る必要がありました。 でも今は国内送金になったので、 マイナンバーは不要です。 バイトより自由なウーバーイーツ配達の仕事を始めるには ウーバーイーツ配達の仕事は、普通のアルバイトのようなシフトはなく、 いつでも自由に働ける・面接も履歴書も 不要・資格スキルいらず・出勤もいらず・うるさい上司もおらず・ノルマもなく・ 報酬は週払い(即日払いなことも)・服装髪型も自由!・仕事中もスマホが使える!・登録費用はもちろんかからない・なのに 稼げる!という、何拍子も揃った素晴らしい副業・仕事です。

次の