竹野内 豊 彼女。 竹野内豊の彼女、歴代一覧!モデルやドラマ共演者との真剣交際: なんやかんやの話題集めてるで

竹野内豊と倉科カナの結婚はいつ?破局したという噂は本当なの?

竹野内 豊 彼女

倉科カナと竹野内豊が破局! 引用元:女性自身 2018年の11月20日に、竹野内豊さんと倉科カナさんの破局報道がありました。 なんでも お二人は今年の夏頃にはすでに破局していたとのこと。 「将来について2人で真剣に話し合ったすえ、竹野内さんと倉科さんは今年の夏ごろに破局したそうです」(事務所関係者)「過去に何度か破局説が流れたことがありましたが、その時も変わらず付き合っていたことが明らかになりました。 引用元:女性自身 2014年からお付き合いしていて結構長いこと愛を育んできていたのかなと思っていましたが、4年目にして破局してしまうとは・・・。 しかもお互いの芸能事務所もあっさりと破局を認めています。 以前から倉科カナさんは 30までに結婚して家庭を持ちたいと公言していました。 それは自分の母親が早くにカナさんを出産したこともあり楽をさせてあげたいとか、孫の顔を・・・と思っていたのでしょう。 そういう考えの 倉科カナさんと、竹野内豊さんの考えの折り合いが付かなかったと報道されています。 ちょっとこれだと分かりにくいですよね? つまるところ、竹野内豊さんは倉科カナさんと結婚したくなかったってことです! それは倉科カナさんからの結婚のプレッシャーが嫌に感じたとか、47歳にして家庭を持つことの不安や大変さを想像してしまったのではないかと思います。 そして一部では、 竹野内豊さんが結婚したらその後も自分の人気が保てるのか不安に思っていると報じられています。 福山雅治さんが結婚した時の様な ましゃロス状態になり、人気低迷するのでは?という不安が自分の中にあったみたいですね。 今年なりたい顔でNo. 1になった竹野内豊さんの人気はまだまだ高いものがありますから、心配するのは当然でしょう。 スポンサーリンク 交際当初から公言していた竹野内豊 2014年に倉科カナさんとのフライデーが発覚しましたが、この時竹野内豊さんは報道陣に堂々と交際宣言しています。 週刊誌報道というあいまいな所からの熱愛発覚なだけにこのコメントは異例といわれていました。 倉科カナさんが妹と暮らすマンションに竹野内豊さんが来るって中々びっくりしますよね?w 妹さんとも仲がよかったんでしょうか。 しかも竹野内豊さんが一人でマンションへ入っていくこともあったそうですから、相当親密に思えます。 当時から、お二人の中で結婚前提のお付き合いだったというのが分かりますよね。 そして芸能記者の井上公造さんもお二人の結婚は100%と断言しています。 破局説がありながらも乗り越えてきたお二人ですが、結局は結婚しなかったのは竹野内豊さんの気持ちにあるようです。 スポンサーリンク 倉科カナ、竹野内豊との破局は想定外だった? 破局したとされる夏頃から数ヶ月が経過した9月、倉科カナさんは都内のイベントに参加して、結婚していないことは「想定外」だったと語っています。 「15歳の頃に思い描いていた30歳になったか?」と問われた倉科は「全然違います。 15歳の時に想像していた大人にはなれていない」とし「母が早くに私を生んでいたので、 自然に私も家庭を持っているだろうなと思っていたけれど、意外とそうではなくて、バリバリ仕事を頑張っていて、想像していた自分ではなかった」と独身 ライフに驚き。 それでも「日々楽しいです。 今の自分は想像以上に好きです」と現状に納得していた。 yahoo. この時すでに31歳目前ですからね。 倉科カナの結婚願望が強い? 倉科カナさんが30歳までに結婚したがっていた願望は相当強いものだったことが分かります。 なぜかというと、 倉科カナさんから竹野内豊さんへ別れを切り出したからと言われています。 竹野内豊さんが絶対結婚してくれないと分かったのでしょう、それを感じ取り、どうしても結婚したい倉科カナさんは別れを選んだということ。 つまり、結婚の考えがない人とはさっさとおさらばして結婚してくれる相手を早く探す体制に入ろうということですね。 ここまでくると結婚になにか執念みたいなものも感じられて、男の人からすると怖い雰囲気を感じ取ったのかもしれません・・・。 倉科カナさんが結婚できないと分かったような魂の抜けた一面をブログに投稿していたこともありました。 html こちらは倉科カナさんの公式ブログに投稿されたもの。 2018年の7月2日付です。 「目が死んでいる。 今日も一日頑張りたい・・・と思ってはいる。 」と自分で書き綴っています。 時期的にも、破局したとされる夏が始まる頃です。 この時には倉科カナさんの中で結婚できない確信のようなものがあって一人落ち込んでいたかのように見えます・・・。 どう見てもこの表情はヤバイでしょ!ファンからも体調を心配する声や、応援する声が多数上がっています。 逆に言えば、ここにも結婚願望が強く強く現れているようにも感じられます。 自分の中で相当焦っていたのでしょうか?それが雰囲気からも周囲に伝わっていたとか? あまりの押しの強さに竹野内豊さんも一歩引いてしまったということも・・・。 倉科カナの新しい彼氏が結婚相手? 倉科カナさんの中で落ち込んでいた時期はあったようですが、今回の破局後すぐに明るい様子で次の展望について語っています。 8月末にはウェディングドレスを着てのイベントに参加した倉科カナさん。 この時すでに 「結婚願望はあがりますし、このお仕事を頂いて考える時間も沢山あったので、夢のようなドレスを着て大切な人たちに囲まれてアットホームな形で結婚式を挙げたいと考えた」 もうこの時に破局しているんですよね・・・。 竹野内豊さんとは破局しましたが、すでに次の恋に向けてスタートしているんだなという感じ。 なんというか・・・切り替えが早いですねw 倉科カナさんが狙う次の彼氏って一体誰なのか?気になるところですね。 倉科カナさんと竹野内豊さんの破局理由は、ズバリ 二人の中で折り合いがつかなかったから。 その後の落ち込んだ様子と思われる倉科カナさんの魂が抜けたような顔がヤバイですが、次の恋に向けてとても前向きなようです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

竹野内豊に新恋人? 倉科カナと結婚の噂も破局、彼女と電話?の目撃情報浮上で注目。

竹野内 豊 彼女

スポンサーリンク 竹野内豊さんと倉科カナさんの熱愛報道についてですが、他の芸能人とは違い、なんと竹野内豊さん自らが堂々の交際宣言をしているんですよね。 自ら交際宣言をするパターンは非常に珍しいので、結婚する可能性は極めて高い二人なのですがいつ頃なのでしょうか? まずは竹野内豊さんと倉科カナさんのなれそめから順番にみていきましょう。 竹野内豊が倉科カナと結婚間近!二人のなれそめは? そもそも竹野内豊さんと倉科カナさんの交際がおおやけになったきっかけはこの画像をスクープされたことからでした。 分かりにくい画像なので説明を付け加えますと、左は竹野内豊さんが運転する車。 どうやら何か買い出しをして帰るところのようですね。 そして右が倉科カナさんが住んでいる自宅玄関の様子。 ここの駐車場に左の車が頻繁に駐車されていることから二人の熱愛が発覚。 倉科カナさんの自宅に二人で帰ることもしばしばあると週刊誌は報じています。 竹野内豊さんと倉科カナさんの出会いのきっかけとなったのは、2012年4月20日から放送されたドラマ「もう一度君に、プロポーズ」での共演。 倉科カナさんは竹野内豊さんの優しさに、竹野内豊さんは倉科カナさんの家庭的な部分に惹かれたのではないか、と報道されています。 色々と憶測が飛び交う中、なんと竹野内豊さんはマスコミ各社に 「倉科カナさんとは親しくさせていただいております。 暖かく見守っていただけるとありがたいです。 」 と交際宣言したのです! さらに倉科カナさんの所属事務所からも 「本人より親しくさせていただいていると聞いております。 」 と以外とあさっさりと交際を認めていました。 竹野内豊さんは1994年4月10日から放送のドラマ「僕の就職」で俳優としてデビューして以来、スキャンダルが芸歴の割に少ないと評判だっただけに、倉科カナさんとの交際宣言はかなり注目を浴びたことを覚えています。 ちなみにデビュー当時の竹野内豊さんはこんな感じでした。 スーツの雰囲気が歴史を感じますが、竹野内豊さんの顔は普遍ですね! さて、交際宣言をして近々結婚か?とも言われている竹野内豊さんと倉科カナさんですが、最近になって破局したとの噂が流れています。 お互いに交際を認めるほどなのにも関わらず、何故破局の噂が立ったのでしょうか?? 竹野内豊と倉科カナが破局?新居引っ越しの真相とは? 竹野内豊さんは倉科カナさんと交際を始めた後、竹野内豊さんの両親に5億円にも登る豪邸をプレゼントしました。 その豪邸が倉科カナさんの自宅から徒歩15分前後の場所だったので、この新居に倉科カナさんを迎え入れる予定だったと世間では推測されていましたし私もそう思っていましたが…。 2016年2月頃、豪邸から近かったはずの倉科カナさんですが、女性セブンの記事によると、倉科カナさんはこの場所から引越をしたとのこと。 さらに堂々と交際宣言をしたにも関わらず、その後、竹野内豊さんも倉科カナさんもこの引越についてはなぜか全く語ることがありません。 竹野内豊さんは2016年3月9日に都内で行われた整髪料のCM発表会で、マスコミ各社から交際について質問を受けます。 しかしその途端に会場には大音量のBGMが…。 質問は聞こえなかったのか聞こえなかったことにされてしまったのか、おそらく後者だと思いますが、回答はありませんでした。 また倉科カナさんの方も、2016年1月28日に舞台「ライ王のテラス」の制作記者会見の場で駆けつけた報道陣から交際について質問されたのですが、竹野内豊さんとの関係について応えることはありませんでした。 さらに倉科カナさんは映画「珍遊紀」公開イベントの前日に週刊誌の取材が予定されていたのですが、これもキャンセルしているのです。 お互い交際は認めていたのに今になって沈黙するのは破局したからではないのか?と、多くの報道では言われていますが、実際は破局していないとする情報があるんですよね。 それは、2016年3月31日発売の女性セブンで報じられた内容ですが、「ライ王のテラス」舞台終了後に倉科カナさんを迎えにいく竹野内豊さんの姿をキャッチしたと報じています。 迎えに行ったあとは、近くのドラッグストアーで買い物を済ませ倉科カナさんが引っ越した先のマンションへ向かったということです。 破局した相手を迎えに行ってさらに新居にまで、などということは通常考えられませんよね。 竹野内豊さんが未練タラタラで倉科カナさんにいいように使われている、という見方もできなくはないですが、竹野内豊さんほどのイケメンであればそれこそ相手は選り取り見取りでしょうから考えにくいですよね。 熱愛、破局と二転三転していますが、これについてはカムフラージュだとする声も上がっています。 というのも、実は竹野内豊さんには元カレがいたなんて噂があるんですよね… 竹野内豊が結婚しない理由はゲイだから? 竹野内豊さんは大人の雰囲気満点で魅力的。 女性のみならずゲイからも人気が高いことは想像できますが、なんと竹野内豊さん本人がゲイだという噂があるのです! しかしながら、これまでに竹野内豊さんがゲイであることをカミングアウトしたことはありません。 ではなぜこのような噂が上がってきたのでしょうか? それには3つの理由がありました。 ゲイ俳優Mとのデートが目撃された!? 竹野内豊さんは過去にゲイの噂が絶えない俳優のMさんとデートをしているところを週刊誌の記者が目撃したが、カメラが間に合わず写真を撮ることができなかったとする情報が上がってきています。 三上博史さんも竹野内豊さんと同様に40歳を超えても結婚していないという点、さらにはイタリアで女装をしているところを目撃されたなどといった情報からゲイ疑惑が浮上しています。 竹野内豊さんと三上博史さんは1998年10月ドラマ『世紀末の詩』の5話で共演をしていますから、その時に急接近した可能性もありますが、何も証拠が無いので断定できませんね。 ただ、二人ともかなり素敵な大人の男性なので実際に交際していてもそれはそれでステキだと思いますね。 ゲイ疑惑の稲垣吾郎に選ばれる? 竹野内豊さんは昔からゲイ疑惑が絶えない稲垣吾郎さんから好きな男性俳優の1人だとコメントしたことがあります。 2011年7月17日放送の「 行列のできる法律相談所(オネエタレント大集合SP)」にゲスト出演した稲垣吾郎さんは、好きな男性俳優として• 市村正親さん• 木村拓哉さん• 竹野内豊さん を挙げています。 市村正親さんについては年上なのに年上ぶらず、いつもエネルギッシュなところだと述べ、木村拓哉さんについては20年間一緒にいるけれど、これまで一度もかっこ悪いところを見たことがない、スキがないとそれぞれ選んだ理由について説明をしていましたが、竹野内豊さんのみ稲垣吾郎さんの解説がありませんでした。 このため、世間では「ガチのカミングアウト?」と噂になりましたが、この放送以降も二人が交際をしているといった報道は全く上がってきていませんので、おそらく稲垣吾郎さんが竹野内豊さんを選んだ理由の部分は、番組編集の一環で削除されているだけなのでしょうね。 過去の情報が怪しい! 竹野内豊さんは俳優としてデビューするまでモデルとして活動をしていました。 当時の画像はこちらです。 確かにちょっとゲイっぽい雰囲気も感じられますね… モデルの仕事はそれほど多くなかった様子ですが、生活費を稼ぐために当時は外国の男性専門のお店でウリをしていたとする情報が2chであがったことがあります。 しかししながら、2cには情報元がまったくなく目撃情報なども無いので。 おそらくデビュー当時の竹野内豊さんがゲイっぽく見てたということが発展してこのような噂になったのでしょう。 竹野内豊さんはこれまでに熱愛情報がほぼ皆無。 挙句にゲイ疑惑まで浮上していますが、ちゃんと女性との交際の噂もあがっていました。 竹野内豊さんと噂になった女性は実は意外と多いんですよ! 後半に続きます! スポンサーリンク 竹野内豊の過去彼女が意外! これまで熱愛報道が少なかった竹野内豊さんですが、実際は結構な数の女性との噂があるんですよね。 誰と噂になっていたのか?実際に交際していたのかについて順番に見てきましょう。 竹野内豊の元カノはブレンダ? まず一人目は、雑誌「JJ」の元専属モデルのブレンダさん。 竹野内豊さんの愛犬をブレンダさんと一緒に散歩させている姿がフライデーにスクープされたことがきっかけで二人の熱愛は発覚しました。 この後、今回の倉科カナさんと同じパターンになるのですが、竹野内豊さんは事務所を通じて 「暖かく見守ってください」 とコメント。 交際を認めていました。 本当に以外とあっさり認めちゃうんですね。 しかし、元々ブレンダさんはバツイチであり、次の結婚は絶対失敗したくないとの思いから、結婚についたはかなり慎重だったとのこと。 破局の原因は明らかにされていませんが、ブレンダさんはその後、ハワイの実業家と結婚していますので、俳優業という何かと不安定な職業よりも、実業家という安定を選んだということなのかもしれませんね。 竹野内豊の元カノは天海祐希? 次に竹野内豊さんの彼女として噂にあがったのは天海祐希さんです。 ドラマ「BOSS」で共演したことがきっかけで交際を始めた、という噂が流れたことがありました。 元々竹野内豊さんと天海祐希さんは仲が良く、メールで頻繁に連絡を取り合っていることを公式の場で明かしています。 しかしこれは噂止まりだったようですね。 噂の始まりがそもそも「BOSS」での掛け合いが面白く、また「BOSS2」のメイキング映像で「竹野内豊さんの態度が天海祐希さんに気がありそうだ」というSNSの口コミによるものです。 特にデート現場の画像や週刊誌が報じたこともなく、噂が一人歩きしたものと考えた方が良さそうですね。 竹野内豊の元カノは尾野真千子? 竹野内豊さんは尾野真千子さんとも交際の噂が出たことがあります。 二人の出会いは映画「ニシキノユキヒコの恋と冒険」での共演でした。 共演しただけのよくあるパターンだと思ったのですが、実は少し違っていて、同映画の完成報告会見での受け答えが原因だったんですよね。 竹野内豊さんと尾野真千子さんは恋人役を演じているのですが、尾野真千子さんが「素で赤面してしまった、いつもなら役だと思って落ち着けるのに」という発言をしたため、交際に発展するのではないか?と思った人が多かったのでしょう。 また竹野内豊さんも「なかなかカットがかからなくて赤面してしまった」という発言をしており、これはもう両思いなんじゃないかしら?という噂になったわけです。 しかし二人の関係は続報やデート現場の画像などもなかったので完成報告会見での体のいいリップサービスだったようですね。 竹野内豊の元カノは和久井映見? 最後に噂にあがったのは和久井映見さん。 「もう一度君に、プロポーズ」での共演がきっかけで交際に発展し、「既に両親にも紹介済みで結婚間近!」との報道がされたこともありました。 しかし真相はというと、同じドラマの共演者である倉科カナさんと交際をしていたわけですので、これはどうやら世間の勘違いだったようですね。 さて、ここまで竹野内豊さんの元カノについて確認してきましたが、どうやら実際に交際をしていたのは、しっかりとコメントを出したブレンダさんだけだったのでしょうね。 そういえば、竹野内豊さんは今まで2回交際宣言をしているんですね。 ブレンダさんとの破局理由を考えると、もしかすると竹野内豊さんは結婚願望の強い方なのでしょうか?倉科カナさんとの交際でも倉科カナさんの家の近くに豪邸を建てたりしていますし。 倉科カナさんの引っ越しだけでは、竹野内豊さんとの破局報道の信憑性はかなり薄く、女性セブンが報道しているようにタイミングを計っているだけのように思えます。 別れた彼女を迎えに行って家まであがりこむようなことは普通はしないでしょうから、やっぱり交際は継続していると思って間違いないと思います。 近々、竹野内豊さんと倉科カナさんのビッグカップル誕生の報道を聞く日が来るかもしれませんね。

次の

竹野内豊に似てる俳優は大谷亮平!?画像徹底比較!噂のあの人とのゴールインはいつなのか?

竹野内 豊 彼女

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2017年1月) たけのうち ゆたか 竹野内 豊 本名 竹野内豊 生年月日 1971-01-02 (49歳) 出生地 ・ 身長 179 職業 ジャンル 、、 活動期間 - 事務所 公式サイト 主な作品 テレビドラマ 『』シリーズ/ 『』/『』 『』/『』 『』/『』 『』/『』 『』/『』 『』 『』 『』シリーズ/『』 『』 『』 『』 『』/『』 『』 映画 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 目次• 経歴 [ ] 母と姉が男性ファッション誌のに応募したことがきっかけで芸能界入り。 モデルを経験した後、放送の『』にて俳優デビュー。 、ドラマ『』で第33回放送 新人賞を受賞 した。 には『』でとともに主演を務め、その人気を決定的なものにする。 以降も、『』、『』、『』、『』といった人気ドラマに主演し、2001年には・を舞台とした映画『』ではと共演し主演を務める。 20代までは恋愛作品のイメージが強かったが、放送の『』ではをモデルにした元の熱血教師という自身初のこれまでにない硬派な役を演じることになる。 2月よりの男性向けブランド「D'URBAN ダーバン 」のイメージキャラクターを務める。 10月放送の『』で、9年振りにドラマに主演。 、映画『』でを熱演し主演を務め、第54回主演男優賞を獲得。 人物 [ ] 声が素敵な俳優として定評があり、『この声をきみに』の主演に選ばれたのは声を基準にされたことによる。 元モデルなのでファッショナブルであるが、『この声をきみに』ではイケていない中年男性を演じている。 磯智明チーフプロデューサーは2017年時点で、竹野内のことを「竹野内さん自身は、非常にまじめな方です。 『この声をきみに』の 初回に孝が詩を読みながら落涙するシーンがあったのですが、あれは本当に泣いています。 涙が出るまで楽屋に入って集中していました。 きちんと物語を理解しようとしているし、とても誠実です。 役作り、セリフの言い回しについて細かく質問をなさるし、麻生さんとも演技について話し合いをしています。 出演 [ ] 主演作品は太字 テレビドラマ [ ]• (1994年、) - 佐々木三四郎 役• (1994年、) - 朝倉晃一 役• (1995年、) - 永井拓巳 役• (1995年、) - 永井聡 役• (1996年、フジテレビ) - 葉山真二 役• (1996年、日本テレビ) - 永井拓巳 役• (1997年、TBS) - 大滝勉 役• (1997年、フジテレビ) - 鈴木海都 役• ビーチボーイズ スペシャル(1998年、フジテレビ) - 鈴木海都 役• (1998年、フジテレビ) - 長谷川天 役• (1998年、日本テレビ) - 野亜亘 役• (1999年、フジテレビ) - 廣川英器 役• (2000年、TBS) - 樹下涼 役• (2001年、フジテレビ) - 平尾隆之介 役• (NHK)• (2002年) - 役• (2019年) - 役• (2002年、日本テレビ) - 楷恭介 役• (2003年、TBS) - 水沢剛 役• (2003年、TBS) - 吉森真也 役• (2003年、テレビ朝日) - 役• (2004年、フジテレビ) - 広澤善之 役(第1話ゲスト)• (2004年、フジテレビ) - 棟居弘一良 役• (2005年、日本テレビ) - 高原信(川島達也) 役• (2006年、TBS) - 西嶋ショウ 役• (2006年、テレビ朝日) - 上川亮平 役• (2008年、TBS) - 森山航平 役• (2009年、フジテレビ) - 野立信次郎 役• (2009年〜2010年、フジテレビ) - 兵頭信一良 役• (2010年、フジテレビ) - 岡田健吾 役• (2011年、フジテレビ) - 野立信次郎 役• (2012年、TBS) - 宮本波留 役• (2013年、テレビ朝日) - 落合昌夫 役• (2014年、) - 枝分 役• (2016年、関西テレビ) - 枝分 役• 再放送(2020年4月14日 - )• 2016年、テレビ朝日) - 咲坂健人 役• (2017年、NHK) - 穂波孝 役• (2018年、) - 関口豪太郎 役• (2018年、TBS) - 宮本良一 役• (2020年1月3日、) - 岩城良治 役 その他 [ ]• 地球創世ミステリー マザー・プラネット〜奇跡の島・ -命の遺産-(2008年、TBS) - ナビゲーター• 300日 実録「太平洋の奇跡」竹野内豊が見た、サイパン戦の真実(2011年、日本テレビ)• 『終戦決断〜なぜもっと早くできなかったのか〜』(2012年、NHK) - ナビゲーター• 『裸にしたい男 竹野内豊』(2012年、NHK) 映画 [ ]• (2001年、) - 阿形順正 役• (2008年、アスミック・エース) - ナレーション• (2008年、ソニーピクチャーズエンタテイメント) - 深沢雅仁 役• (2009年、) - 織部孝史 役• (2011年、東宝) - 役• (2011年、ギャガ) - 大木信義 役• (2013年、東宝) - 箕輪正臣 役• (2014年、東宝映像事業部) - ニシノユキヒコ 役• (2015年、ファントム・フィルム) - 和彦 役• (2016年、東宝) - 中原祐馬 役• (2016年、東宝) - 赤坂秀樹 役• (2017年)- 三宅太蔵 役• (2017年)- 黒崎俊一 役• (2018年)- 野崎康介 役• 2019年 - 木村忠義 役 劇場アニメ [ ]• (2015年) - ヘビ 役(日本語吹替版) テレビアニメ [ ]• (2003年、) CM [ ]• 「」(1995年 - 1996年)• 「スピークス」(1995年 - 1999年)• 「」(1996年 - 1997年)• 「メダリスト」(1996年 - 1997年)• 「ダイドー ブレンドコーヒー」(1997年 - 2001年)• 「」(1997年 - 1998年)• 政府観光局(1997年 - 1998年)• 「BOLTY」(1998年 - 2000年)• (1998年 - 2000年)• 「紗々」• 「二重」• 「EZ by Zegna」(1998年 - 2000年)• 「 メディエード」(1998年 - 2000年)• (2000年 - 2001年)• 「JAL ACTIVE 北海道 2000」• 「JALカード」• 「マイレージバンクカード」• 「SEASONS」• 「JAL SKI 北海道・東北2001」• (2000年 - 2001年)• 「PC STATION Gシリーズ」• 「AFINA」• 「保険王」(2001年 - 2004年)• 「茶宝」(2002年〜2003年)• 「」(2009年 - 2010年)• 「」(2002年 - 2003年)• 「黒松白鹿 山田錦」(2003年 - 2005年)• 「 サンタマルタX」(2003年 - 2004年)• 「」(2003年 - 2005年)• (2004年 - 2005年)• 「UFJカード」(2005年 - 2006年)• 「タカラ焼酎ハイボール」(2006年 - 2007年)• 「TRAMPATH MP4」(2006年 - 2009年)• (2007年 - 2009年)• 「新キリン・ザ・ゴールド」(2008年 - 2009年)• 「D'URBAN」(2010年)• 「 アロマボトルシリーズ」(2011年)• 「」(2014年)• (2014年 - )• 『夫の本音』篇 2015年• 『妻の本音』篇 2017年• 『お前もか』篇 2017年• 「dヒッツ」(2016年)• 「」(2016年 - )• 「カラダカルピス」(2018年)• 「BLIZZAK VRX2」(2019年 - )• 「アサヒ ザ・リッチ」 2020年 受賞歴 [ ]• 1996年• 第33回 放送新人賞(『』)• 第9回 助演男優賞(『』)• 第11回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『』)• 1998年• 第17回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• 2001年• 優秀主演男優賞(『』)• 2003年• 個人賞(『』)• 年間個人賞(『』、『ヤンキー母校に帰る』、『』)• 2004年• 第12回 個人賞(『ヤンキー母校に帰る』、『流転の王妃・最後の皇弟』)• 2012年• 第54回 主演男優賞(『』) 脚注 [ ]• Internet Movie Database. 2016年10月24日閲覧。 テレビ朝日. 2018年5月2日閲覧。 まんたんウエブ. 2016年8月17日. 2018年5月2日閲覧。 2018年5月2日閲覧。 2018年5月2日閲覧。 ORICON NEWS. 2012年2月15日. html 2018年5月2日閲覧。 NHKオンライン. NHK 2017年11月1日. 2017年11月1日閲覧。 ORICON STYLE 2016年1月27日. 2016年1月28日閲覧。 Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020-04-09. 2020年4月10日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2016年2月29日. 2016年2月29日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年7月21日. 2017年7月21日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2018年1月22日. 2018年1月22日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2018年5月1日. 2018年5月1日閲覧。 News. Paravi 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 com 2015年3月18日. 2015年3月18日閲覧。 SANSPO. COM 2015年9月23日. 2015年9月23日閲覧。 映画ナタリー. 2016年4月14日. 2016年4月16日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月18日. 2016年7月19日閲覧。 Smartザテレビジョン. 2016年11月25日. 2016年11月25日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年3月9日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の