アマゾンミュージック 端末 台数。 Amazonプライムミュージックで注意が必要な事!5つ!

Amazonプライムミュージックで注意が必要な事!5つ!

アマゾンミュージック 端末 台数

家族でも利用可能な方法 家族会員のアカウントではNGですが、家族の方が一緒にプライムビデオを楽しむ方法が無いわけではありません。 プライム会員本人のアカウントを共有する、ということでも良ければ、複数の端末からプライム特典を利用することは可能。 これは規約違反でもなんでもありません。 プライム会員のプライムビデオ再生には以下のような制限があります。 【プライムビデオの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• 同じ動画のストリーミング再生は2台まで• 異なる動画のストリーミング再生は3台まで• ひとつの作品の同時ダウンロードは2台まで• ダウンロード再生は複数同時再生可能• すべての端末にダウンロードできる作品数は基本25本まで。 この制限内であれば、複数の端末での再生が可能なんです。 以下、それぞれの詳細をご紹介します。 プライム会員になると、そのアカウントに10台まで端末を登録することができます。 ただ、同時に全ての端末で動画を視聴できるわけではありません。 Amazon公式サイトのプライムビデオの使用規約より一部抜粋しましたので見てみましょう。 Prime Videoのストリーミング再生で「お客様は、同じタイトルを一度に2台を超える端末でストリーミング再生することはできません。 」 ダウンロードについては、 お客様は、ダウンロード可能なタイトルを、同時に2台の端末に限りダウンロードできます。 お客様がすでに2台の端末にタイトルをダウンロードしている場合、いずれか一方の端末から削除しない限り、そのタイトルを別の端末にダウンロードすることはできません。 地域により異なりますが、お客様のAmazonアカウントに関連するすべての端末に一度にダウンロードできるAmazonおよび第三者のビデオ・サブスクリプションのタイトルの合計数は15本または25本までとします。 実際にPC、スマホ、タブレット、TVなど、複数端末でストリーミング再生してみると、同じ番組は2台まで視聴できて、3台目になるとエラーで再生はできませんでした。 異なる番組を再生する場合なら、3台まで観ることができましたが、4台目はエラーとなりました。 さらにダウンロードしていた作品はこれらの再生数とは関係なく視聴することができました。 このように、ひとつのアカウントでの利用になりますが、一度に複数の同時視聴も可能なので、家族会員かどうかということは関係なく、アカウントが共有できる関係であれば、視聴も可能ということになります。 ただし、どんな動画を見ようと、プライバシーは筒抜け状態となりますし、もし家族が課金の必要な動画を視聴してしまえば、請求されるのはアカウントを持っているご本人です。 念のため。 Amazonのプライムビデオは、ダウンロードも可能なんです。 これはありがたいサービス。 Wi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば、オフラインの状態でも好きな時に好きな場所で視聴できますから便利です。 私は新幹線での長距離移動の時にダウンロードした映画を観たりします。 オフラインなので、画像が乱れることもなく、快適に視聴できます。 ただし、このダウンロードしたビデオについては、以下のような縛りがあります。 端末の登録・削除 端末をわざわざ登録する必要はありません。 端末でウェブまたはアプリを使ってアカウントにログイン、制限台数内であれば自動で登録されます。 端末の削除などの場合は、プライム会員のアカウントでAmazonにログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Prime Videoの設定」で行います。 ここから、「アカウントと設定」画面が表示されますので、「デバイス」という文字の部分をクリックします。 すると、現在利用している端末が登録されています。 このキャプチャでは出ていませんが、それぞれの端末の右端に「登録の解除」というボタンが表示されていますので、使っていない端末などを解除します。 一旦解除しても、台数制限内であれば再度の登録が可能(またログインすればOK)です。 プライムミュージック 家族で利用可能となる方法 Primeミュージックも家族会員アカウントでは利用できませんが、これもやはりプライム本会員のアカウントを共有すれば利用可能です。 プライムミュージックの再生での制限は以下の通りです。 【プライムミュージックの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• ストリーミング再生は1台のみ• ダウンロードは最大4台まで• 1台のストリーミング再生と最大4台までのダウンロード再生は同時再生可能 それでは、以下その内容を見ていきましょう。 プライムミュージックでは、同時に複数の端末でストリーミング再生をすることができません。 ストリーミング再生は1台まで。 また、プライムミュージックにもダウンロード機能があって、このダウンロード再生であれば、ストリーミング再生には影響しません。 プライムビデオと同じですね。 1台はストリーミング再生、他の端末ではダウンロード再生とすれば、複数の端末で同時利用が可能です。 ただし、ダウンロード可能なのは、最大4台まで。 デバイスの登録としてはプライムビデオと同じで、1アカウントに10台まで端末を登録できます。 ストリーミング再生とダウンロード再生をうまく利用することで、最大5台の端末で同時に楽しむことができるということですね。 もし最大の端末登録数10台を超えてしまったら、不要な端末を削除しないと新たな端末を登録できません。 ダウンロード可能な台数制限内でも、ひとつ削除すれば、ひとつ新たな端末にダウンロードできるようになります。 プライムミュージック 端末の登録と削除 端末を登録するときは自動。 手持ちの対応端末に「プライムビデオ」や「Amazonミュージック」のアプリをダウンロード、アプリにAmazonのアカウントでログインすることで、自動的に認証済みの端末として登録されます。 この内容はアカウントサービス上で確認できます。 端末の削除方法としては、Prime会員のアカウントでログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Amazon musicの設定」から。 画面を下にスクロールすると「端末を管理」と登録済の端末が以下のように表示されます。 端末名の左に四角いアイコンがあるので、そこをクリックすると、端末の詳細情報(シリアルナンバーなど)を確認できて、端末の削除もできます。 通常であれば、端末からAmazonにログインすれば、自動的に登録されるため、この画面を表示して操作することはありませんが、確認や削除をしたいときはこちらで操作します。 アカウント共有で気になるプライバシー問題 Primeの家族会員アカウントではプライムビデオなどの特典が利用できませんが、Prime会員のアカウントを共有できれば、複数の端末を登録できるので、家族で活用することも可能です。 動画配信サービスとしては、かなりお値段も安くて、このように自由度も高いAmazonプライムビデオ。 コスパ的にも最高ですよね。 ただし、プライバシーの面でいうと、問題がないわけではないですよね。 例えば、へそくりでこっそり買った高級品とか、家族に言えない動画を見たとか。 なにしろ、同じアカウントでログインしているので、ここがなかなかの問題だったりもします。 ログイン情報も共有するとなると、もちろんすべての情報を見ることができます。

次の

Amazon Musicは複数端末で使える?カスタマーサービスに聞いてみた

アマゾンミュージック 端末 台数

Amazonプライムビデオ対象端末は何がある? Amazonのプライムビデオを見ることのできるデバイスは様々なものがあります。 iPhone、iPad、android端末、Fireタブレット、Fire TV Stick 4K、Fire TV Stick、AppleTV、パソコン、プレイステーション、Wii、AndroidTVなど。 Amazonビデオ対象デバイスは沢山あるので『』でご確認を。 我が家には対象デバイスが10台以上ありますが、それらから家族それぞれがプライムビデオを同時に見るということは日常茶飯事です。 iPhone2台や、Fireタブレット、Fire TV Stickなどからも別々にプライムビデオの動画を共有、アマゾンのレンタルビデオを共有したりしています。 Amazonビデオは何台まで同時視聴可能? Amazonビデオの使用規則には、 お客様は、同じ Amazonアカウントを使用して一度に 3本までのビデオを同時にストリーミング再生することができます。 お客様は、同じビデオを一度に複数の端末でストリーミング再生することはできません。 …とあります。 つまり、別々のビデオなら 3台のデバイスで同時視聴可能ですよ。 ということなんです。 もちろん3台のテレビで視聴したいときも、Amazonビデオ対応のTVかFire TVシリーズを設置したTVで同時視聴可能です。 追加料金も不要で3台まで見られるのは、本当にありがたいですね。 ということで、4台目が同時再生可能なのかどうか検証してみました。 1台のみ再生可能です。 3台目では「最大ストリーミングに達しています」というメッセージが表示され再生できませんでした。 Fire TV Stickはめちゃくちゃ便利で生活が一気に楽しくなるアイテムです。 一度何が見られるのか、こちらの記事を参考にしてみてください!おすすめです! Fire TV Stick、もしくはAmazon Fire TVの2台目でも、同じAmazonのアカウントをシェアしてプライムビデオを楽しむことができます。 何台あっても同時に3台はみられるので、リビング用、自室用など使い分けるととても便利ですよ。 3台までの同時視聴が可能なので、我が家では私のアカウントで実家の母がFire TV Stick、私がFire TV Stick 4Kを使ってプライムビデオを同時に共有して楽しんでいます。 …アカウントが簡単に切り替えられれば便利かもしれませんが、残念ながらFire TVは複数のアカウントを切り替えての使用には対応していません。 1つのFire TVにつき1つのアカウントでログインできます。 別のアカウントで使いたい場合はログアウトして違うアカウントでサインインする必要があります。 Fire TV Stickを複数のテレビで使える? Fire TV Stickは同時に複数のテレビには接続できず1台のテレビにつき、1つ必要です。 しかし、小型で軽量ですので持ち運びができます。 使いたいテレビに取り付けることで対応するテレビ、環境があればどのテレビでも使用することができます。 なので環境さえ整っていれば旅行に持って行き、ホテルや旅館など宿泊先で使用することも可能です。 テレビを変えてもFire TV Stickは使える? テレビを買い替えたり、引っ越しをしてインターネット回線が変わってもFire TV Stickはテレビにさすだけで変わりなく使うことができます。 インターネット回線が変わった場合のみ、Wi-Fiを認証しなおす必要があります。 回線を選んで、暗証番号を入れればすぐにつながります。 Amazonプライムの家族会員でもプライムビデオを共有できる? プライム会員には家族会員というものがあります。 Amazonのヘルプにはこう記されています。 Amazonプライムの配送に関する特典は、会員登録したご本人のほか、同居のご家族2人までが家族会員として一緒にご利用いただけます。 Kindleオーナーライブラリーなど他のAmazonプライム特典は共有できません。 つまり、「家族会員」では配送に関する特典のみ利用可能なのでプライムビデオは利用できません。 Fire TV Stickは購入と同時に登録されていました。 で現在の登録端末を確認することができます。 プライムミュージックは最大10台まで、とAmazonのヘルプにしっかり記載されていますが、プライムビデオには何の記載もありません。 おそらく登録の上限はないと思われます。 パソコンなら、Amazonのサイトからログインしてプライムビデオを見るだけで登録されます。 こちらのからもデバイスを追加することが可能です。 デバイスに表示されるコードを入力して、プライムアカウントに登録します。 プライムビデオのダウンロードは複数端末でできる? プライムビデオはレンタル・購入、見放題ともにダウンロードして視聴することができます。 レンタルしたものや購入したものを複数の端末から視聴することが可能ですが、同じ動画は2台以上から同時に視聴はできません。 またダウンロードは1つの動画につき1台のみです。 オフラインで視聴できるので移動時間や待ち時間などにかなり重宝します。 プライムビデオレンタル品の同時視聴、ダウンロード Amazonビデオレンタルの視聴期限は30日です。 例外もあるのか、それぞれの商品詳細ページにレンタル期間が記載されています。 レンタル品は一度視聴を始めると基本的には48時間以内に視聴を終了しなければいけません。 通常プライムビデオのレンタルは安いもので100円。 高いものだと500円くらいします。 レンタル品や購入品はタブレットなどにダウンロードして、オフラインで視聴することもできます。 ダウンロードできるのは1つ動画につき1つの端末だけなので初めにダウンロードした端末とは違う端末でダウンロードしたい場合は、一度ダウンロードしたビデオをを消す必要があります。 ダウンロード中や、ダウンロードした動画を再生中に他の端末でストリーミング再生することは可能です。 レンタル、購入品はストリーミング再生で同じ動画を2台同時に観ることはできません。 間違ってAmazonビデオのレンタル、購入をしてしまった場合 また、万が一間違ってレンタルや購入をしてしまった場合は 1度も視聴していない時に限り、24時間以内ならばビデオの購入画面から購入を取り消すことができます。 これはPC画面もしくはモバイル画面からの操作でしか取り消すことはできません。 PCやモバイルが何らかの事情で操作できない場合はFire TVのサイドバーにある「設定」から「ヘルプ」を選択するとそのメニューの中に「カスタマーサービスへ連絡する」という項目があります。 プライムビデオの見放題対象品のダウンロード数について Amazonプライムビデオの見放題対象品はは同じビデオを 2台のデバイスで同時にダウンロードして視聴することができます。 これも、他のデバイスにダウンロードしたい場合は1つ消してからダウンロードし直す、という手順が必要です。 プライムビデオのダウンロードは最大何本まで? プライムビデオの場合はダウンロードの最大数が決まっています。 同じアカウントを使ってプライムビデオをダウンロードできる合計数は 25本です。 デバイスが複数台あっても、合計で25本です。 また、プライムビデオで視聴したりダウンロードできないビデオもレンタルにはあったりするので視聴やダウンロードしたい場合はチェックしてみてください。 Fire TVシリーズはプライム会員でないと使えないのではないかと思われる方もあるかもしれませんが、プライム会員でなくてもアプリをダウンロードすることによって、HuluやNetfrixなども快適に観ることができます。 もちろん、Youtubeだって無料で観られます。 Amazonでよく買い物するなら、かなりのポイントが貯まります! 購入の前にAmaoznギフト券(Amazonで使えるポイントのこと)をチャージしてから、そのギフト券で買い物するだけです。 このとき、チャージ型でないと最大2. 5%還元されないので注意。 プライムデーは最大3%還元でさらにお得!.

次の

意外にシンプル?Amazonアカウントと端末の登録(紐付け)管理

アマゾンミュージック 端末 台数

目次 初期設定のAmazonデバイスの端末名は分かりにくい そもそも、初期設定のままAmazonデバイスの端末名を使っていて何が困るかというと、初期設定の端末名はAmazon側の命名ルールで自動的に付与されるので、使用ユーザ自身にとっても分かりにくい名称になっている点です。 1台のデバイスで使う分には困るわけではありませんが、複数のデバイス Kindle電子書籍リーダー/Fireタブレット/Fire Stick TV等 を保有して併用するようになると困ってきます。 具体的には、Amazonで電子書籍を購入する際に、電子書籍データの配信先(ダウンロード先の端末)を選ぶのですが(下記画像参照)、 配信先の端末名が一覧表示された際に「どの端末名がどのデバイスだっけ?」という事態に陥ります。 自分の経験で言うと、Kindle Paperwhite(漫画モデル)に電子書籍データをダウンロードしたいんだけど、「〇〇〇さんのKindleだったかな?それとも〇〇〇さんの3番目のKindleだったかな??」と分からなくなってしまいました(汗) つまるところ、自分で端末名が把握できずに困るようなら、自分がちゃんと把握できる分かりやすい端末名に名前を変えたほうが良いよ、という話です。 そうすれば端末管理が楽になります。 Amazonデバイスの端末名の変更方法・手順 というわけで、本題の「Amazonデバイスの端末名の変更方法」を以下紹介したいと思います。 今回はPCのWEBブラウザからの操作になります。 「コンテンツと端末の管理」の「端末」タブをクリック。 すると自分のAmazonアカウントと紐づけられている端末名が一覧表示されます。 Amazonのデバイス //等 はもちろんですが、Amazonアカウントと紐づいているなら自分自身のiPhone・iPad、Androidスマホ・タブレット・PC等もここに表示されます。 というわけで、この一覧に表示される端末名を自分が分かりやすい名前に変更していきます。 まずは下記のピンクで示した「〇〇〇さんの3番目のKindle」という端末名を分かりやすく「Kindle Paperwhite 漫画モデル 」に変更することにします。 該当の端末名の左にあるアクションボタンをクリック。 別ウィンドウが開くので、「編集」をクリック。 ここで端末名を変更できます。 「〇〇〇さんの3番目のKindle」を「Kindle Paperwhite 漫画モデル 」に変更しました。 変更したら「保存」をクリック。 これで下記のように端末名を自分が認識できる名称に変更できました。 同様の操作を繰り返して、全ての端末名を自分が分かる名称に変更しました(下記画像)。 これでどの端末名が自分のどのデバイスなのかが一目瞭然になりました。 そして、最後の確認。 以上でございます。 電子書籍購入時の配信先の一覧に使わない端末がいつまでも表示され続けるのも紛らわしいですのでね。 「登録の解除」の操作手順は以下の通りです。 該当端末のアクションボタンをクリック。 別ウィンドウが開いたら、「登録の解除」をクリック。 確認画面が表示で「登録の解除」をクリック。 これで端末の登録が解除されました。 上記の電子書籍購入ページの配信先の端末一覧にこれで表示されなくなります。

次の