コロナはただの風邪。 「コロナはただの風邪!」と主張する平塚正幸氏が批判されている件に思う

コロナの抗体保有率めちゃ低い!どうやらコロナは「ただの風邪」か

コロナはただの風邪

新型コロナについて疑念を持っている一人です。 もともと肺炎はガン、心臓病についで死亡率3位 割合にして9. 5%ほど 昨年だって肺炎死亡者数は10万人程度います。 今年もそれぐらいになるでしょう。 今のところ、新型コロナ肺炎死亡者数は880人ほど。 元々原因不明の肺炎も多く、高齢者においては風邪から原因不明の肺炎を発症して亡くなるケースも多々ありました 今回たまたま、その原因のコロナウイルスのうち、感染力の強い劇症型の新型コロナウイルスが見つかっただけかもしれません。 風邪自体が原因不明のウイルス感染症ですので、ただの風邪というのはあながち間違いではありません。 ただ、原因不明のウイルス感染症を甘く見ていると怖いというのが正しい言い方だと思います。 コロナウィルスによるただの風邪もあります。 今回のCOVID-19は、そのコロナウィルスの新型ですから、「ただの風邪の親戚」とは言えます。 症状にしても、熱は37. 5度以上が4日が判断目安です。 ただの風邪は38度以下の発熱、インフルエンザは38度以上。 熱以外ではインフルエンザは悪寒、だるさ、関節痛、頭痛などで、これらは高熱の影響です。 ただの風邪は咳、クシャミ、鼻水などが主症状。 COVID-19もそうです。 高熱が続けばだるさ、悪寒なども出ます。 これは発熱による身体症状です。 インフルエンザは空気感染しますが、ただの風邪は接触感染で、空気感染はしません。 COVID-19も空気感染はしないと言われています。 接触感染なので、マスクをするとツバが飛び散らず、他の人がツバに接触することを防ぐことを期待できるのです。 空気感染なら、マスクをすり抜けたウィルスが空気中に浮遊して広がっていき、それを吸いこめば感染します。 これらのことを考えると、「インフルエンザではない」「まったく新種の病気ではない」「ただの風邪」ということは言えます。 それは症状や感染のしかたなどから「同じ性質のウィルス」というのであって、治りやすいとかの意味ではないです。 実際、感染しても回復して退院している人はすごく多いです。 名称も「新型コロナウィルス」ですから、「ただのコロナ風邪ウィルス」の新種です。 学者の表現は学術的知識によって分類しての発言です。 一般人の「大変なことだ」「怖い病気だ」といった感覚的な表現とは違いますから、学者のいうことを、一般人的感覚で鵜呑みにするのは間違いです。 また、学者や医者が言うからって、全部が当たってるわけでもないです。 最終結論はまだ出ていないので、いろんな人が自分なりの解釈をします。 そういう各人バラバラの「説」に過ぎないものをテレビやネットで、視聴率稼ぎ、広告料稼ぎのために流しているだけなので、いちいち真に受けないことです。 「この人はそう予想しているんだな、そういう見方もあるんだな」と受け止めればいいです。 ホントのことはあと1年、2年たたないと分かりません。

次の

コロナはただの風邪 コロナは茶番

コロナはただの風邪

『新型コロナウィルス』が発見されてから もう2ヶ月は経過した。 すると、なんとなくどのくらいの力を持つウィルスなのか? も、ぼんやりと見えてくる。 個人的には 『新型コロナ』はただの風邪じゃあぁぁぁ! ・・・と感じるのね(結構たくさんの方が同じように発信している) インフルエンザでもない。 (風邪だからとて、バカにはできないことは重々承知してます。 毎年死者も出ていることですから。 でもそれは日常のことであって、特別なことではないことでしょ?) 専門の方々が、叡智を集結して 毎日、毎日、研究してワクチンの開発だとか 薬の開発だとかしてくれているのだとは思う それに関しては、ただただ感謝だし、 頭が下がる。 本当にご苦労様ですっっm — m でも、風邪の特効薬なんていまだかつて開発されていないのが現実。 巷に溢れている風邪薬も、病院で処方される薬も 全て、症状に対して「緩和すれば良いね」的な物でしかない。 症状を軽減させることで、体力が失われるのを防ぐためのもの。 そして、 栄養とってしっかり休養をとって さっさと、ウィルスに出て行ってもらおう!! という 自分の治癒力に頼るしかない! んだよ。 実は、ほとんどの病気が全てこの免疫力と自然治癒力にかかっている 病院に勤めていて感じたのは 「あ〜。 病院ってところでは、病気は治らないんだな〜」 ってこと(乱暴ですみません。 ただの私見ですし、感想ですっっ) さて なぜだか日本の政府・メディアは毎日、国民に不安を煽るような情報しか流してないようだ。 それに関しては、不安にさせた方が何か良いことがあるんだろうな・・・(陰謀論とか言う人もいるけど。 ま、あるだろな) と感じる。 でも それに乗っかってしまう国民にも非はある。 じゃあ、どうしたら不安にならずにすむのか? それに関しては 基本的な正しい知識を持つこと だと、思う。 知らないから、メディアの情報を鵜呑みにしちゃうんでしょ? 誰が、正しい情報を発信しているのか? ということも、判断ができないんでしょ? と、思うんだよね 正しい知識があれば 『正しく怖がる』 ことができる! 正しく怖がることで、 正しく、予防することや、罹患した時の対応ができる っちゅうもんではないでしょか? そもそも 私が、リンパセラピーサロンを始めたのも 『予防医学』 の観点からだ。 リンパセラピーはリンパ球を増やす! んだよ。 リンパ球がウィルスに対しての 特効薬である『抗体』を作ってるんだぞ〜〜〜! ガンの特効薬『NK細胞』もリンパ球だぞ〜〜〜! 手っ取り早く、免疫力を上げる方法 というわけで 以下、リンパ球を増やす方法です! 1)自分自身をなでなでしよう〜! 愛する子供やご主人や奥様やワンコちゃんとかニャンコちゃんを なでなでしよう〜〜! 2)昼寝をしよう〜〜(ほんまです。 (私のオススメは、ご長寿クイズ(笑) っちゅうことで、 前半は全て私見です。 後半は、エビデンスあり!な情報です。

次の

コロナウイルの9割はただの風邪だった│気になる情報

コロナはただの風邪

「一般的に、新生児は免疫学的に未熟と言われる。 どうしても最大の予防は人ごみに行かないこと、これに尽きる。 親御さんがお子さんを守ることが大事」(三鴨教授) Q. 妊娠中の胎児への影響は(ツイッターに寄せられた質問) 「新型コロナウイルスに限らず、感染症が起こると熱がでる。 一般的に熱が出ると母親が早産傾向になる。 陣痛が起こると早産になりやすい。 早産になると小さいお子さんが生まれることにつながる。 ひとつはそこに注意、そこは新型コロナウイルスに限らない」 「ただ、この新型コロナウイルスについては、妊婦が感染しておなかの中の赤ちゃんに臓器障害が出るのでは?と心配されていている方もいらっしゃいますが、今のところそういった報告はない。 かからないにこしたことはないが、そこはひとつ安心できるのではないか」(三鴨教授) ダンス教室に子どもを通わせているという保護者の方からの質問です。 「気を付けたいポイントは3つあります」と三鴨教授。 1)体調管理をしているか 「基本的にダンス教室は閉鎖空間、管理者が通っている人の発熱などをチェックしているところが多いと思う。 体調管理とはそういうこと」 2)換気をしているか 「今危惧されているのは、ライブハウスとかカラオケボックスなどの閉鎖空間。 そういったところは換気が十分でないから罹患しやすいという話が出ている。 その教室が換気をしているか確認して、していなければ『したらどうですか』と言ってみることも」 3)環境消毒をしているか 「新型コロナウイルスは基本的に飛沫感染、接触感染と言われている。 例えば私がしゃべっていて、飛んだ飛沫の机についたウイルスは48時間は余裕で生きている。 飛沫をしっかり除去しているかどうかが求められる」 Q. アルコール消毒はどのくらいの効果があるのか 「かなり効果が高い、コロナウイルスは外側に殻がある構造。 アルコールはこの殻を破壊するので除菌につながる。 本当に期待できる。 アルコール消毒液を使って15秒しっかり消毒すれば期待できる」 Q。 ノンアルコールの消毒液も効果はある? 「基本的には、アルコールに比べて効果は劣る。 ウイルスを物理的に除去する効果はあるので、一定の効果があると言える」 Q. 消毒液の中身は同じ? 「アルコール濃度65~90%のものが、商品として出まわっている。 アルコールの中に、手荒れ防止剤などが入っているものもある。 アルコールの濃度は商品によって違いがあるが、添付の文書を読んで確認してもらいたい。 しかし、普通の手洗いで99パーセントのウイルスは除去ができる」(三鴨教授).

次の