シバター 炎上。 桜鷹虎とは?炎上した?シバターを訴える?素顔や正体も!

炎上系YouTuberシバターが炎上した5つの事件

シバター 炎上

シバター氏といえば歯に衣着せぬ毒舌トークで人気の炎上系ユーチューバーです。 そんな彼は別のチャンネルを持っています。 それはパチンコパチスロ営業の時に使う「パチンコ・パチスロ日本代表ch」です。 全国各地のホールに出没し、そこの実践の模様を動画とぶっちゃけトークを繰り広げます。 パチスロの知識も豊富なシバター氏の実践動画は人気急上昇に食い込むほど人気なのです。 そんなシバター氏、2017年7月24日に投稿した動画の中でマルハン川中島店に対しかなり強い口調で怒り、その様子がネットで拡散していました。 一体何があったのでしょうか。 今回はシバター氏とマルハンについてまとめてみました。 シバターとマルハンの炎上事件の経緯 シバターはマルハンに裏切られた? シバター氏は2017年の7月24日、「日本一のパチンコ屋!あのマルハンに呼ばれました!【スロットのお仕事 037】」を投稿。 その冒頭は設定を入れてくれるときにだけ呼ぶように口を酸っぱく忠告していたものの、ふたを開けてみればお店は回収モードだったことについてかなりご立腹でした。 youtube. 当日のマルハン川中島店は、シバター氏が来店した当日10割営業のはずが、4円パチンコ、1円パチンコ、20円スロット、5円スロット、すべて 交換率抜きにしても)10割を切っていたということです。 シバター氏自身もそうですが、何よりシバター氏を信じてマルハンに足を運んだ大勢のお客さんもマルハンのガセイベントに釣られてしまった形です。 約束が違うということで炎上しました。 自分を信頼してお店に来てくれた人に対して深々と頭を下げたうえで、マルハンに強い口調で批判を展開。 自分が過去実践に行ったパチンコ店の中で最も出玉が悪かったと動画の中で述べています。 シバターブチギレ!マルハン側の言い分は シバターが怒ったマルハン黒字営業の裏事情 マルハン川中島のシバター実践取材200はいるな!! — おっかす Okkkasu シバター氏は約束をしていたため、マルハン側の黒字営業に対して怒るのも無理はありません。 ではなぜマルハン側はそういった営業をしたのでしょうか。 チャンネル登録者もツイッターのフォロワー数の多いシバター氏に批判されてしまうと短期的にはプラスでも営業的にはマイナスに作用するかと思います。 (現に批判した動画は100万再生されて急上昇ランキング入りしている) しかしマルハン側の言い分を考えてみると、やむをえない面も見えてきます。 youtube. つまり赤字営業をしようとしても客のヒキがわるいと黒字になることもあるのです。 マルハン川中島店のスロット設置台数は20円スロットが160台で5円スロットが40台。 160台という台数は、設定判別するには少ない台数なので、この台数だと確率が収束しにくいということです。 台数すべて勝てる設定を入れたとしても、その目論見を外れることもしばしば起こりえるのです。 シバターが怒ったマルハンは設定6を気軽に使えない もうひとつ考えられるケースはシバター氏に来店依頼したときは勝たせるつもりだったものの、急に方針転換をしたというケースです。 マルハンはパチンコ業界の中でもトップグループです。 したがって店長一人の独断で設定6を入れることはできず、必ず本部の承認が求められるのです。 月間ノルマが月末においても未達成の場合、利益優先の営業に切り替えないといけなくなります。 つまりシバター氏に来店依頼した時点では赤字営業するつもりだったのに、本部の許可が下りず黒字営業をしたと考えられることもできるのです。

次の

YouTubeが炎上目的、侮辱的な動画の規約変更 シバターが引退を表明

シバター 炎上

最近話題になっているYouTuberのシバターをご存知でしょうか? プロレスを生業とし、プロレスの認知度アップのためにYouTubeやニコ生で配信をしている自称『配信レスラー』だそうです。 YouTubeでの配信方法はニコ生出身ということもあり、炎上や売名で再生回数を上げるというプロレスで言う所の『ヒール』 しかし、普段ヒールで通しているシバターですが、実はヒールも戦略で行っている疑惑が出ているので、今回はその点も深く掘り下げていこうと思います。 シバターとは何者? 本業はプロレスラーで新日・DDTのラインからの仕事を貰ってプロレス活動をしていますが、プロレスでの収入では全く生活していくことができないため、YouTubeで動画配信をすることにより生活している。 2014年11月現在、29歳で本名は『斎藤 光』(なぜシバターなのかは不明) 元々はニコ生で配信者をしていたのですが、ニコ生は収益化が難しいため、広告での収入が見込めるYouTubeでの配信に転身。 ニコ生 YouTube ニコ生で有名になるための最もメジャーな手法は大物配信者に凸や寄生する『売名』や、あえて非難を買う『炎上』ですが、シバターの場合、全く色の違うYouTubeにまで売名や炎上といった手法を持ち込んだことにより話題を呼んでいます。 2014年11月現在のYouTubeでのチャンネル登録者数は15万人を超えていますが、ヒカキンやマックスむらいと比べれば、さほど多い方ではありません。 しかしチャンネル登録者数に反比例して知名度があるのは、先ほど言った売名や炎上を引き起こしているからでしょう。 シバターの年収は? 気になるシバターの収入ですが、2014年2月〜3月にかけて70万円を達成、その模様はピアキャス内で配信されていたようです。 さらにプロレスでの微々たる収入、YouTubeの概要欄に設置してあるAmazonのアフィリエイト収入、内でのAmazonアフィリエイト、そしてグッズ販売の収益を総計してみると現在では月収100万円近くになっているのではないでしょうか。 余談ですが、多くのYouTuberが動画概要欄にAmazonのアフィリエイトリンクを設置しているのには訳があります。 Amazonではクッキー制度というシステムを設けており、例えばシバターが設置しているAmazonリンクを一度踏むと、24時間以内にリンクを踏んだユーザーがAmazon内から買い物をすれば全てシバターに紹介報酬が入る仕組みになっています。 例え、シバターの設置しているリンク内から購入しないで、外部から購入しても一度シバターのリンクを踏んでいればシバターに報酬が入ります。 このような理由からYouTubeの概要欄にはAmazonのリンクが貼ってあるんですね。 余談はさておき、シバターの年収ですが、月収が100万円近いことから年収では1000万円を超えている可能性もあります。 そのような点から確実にYouTuberの中では成功者と言えるでしょう。 [googlead] やりすぎた炎上商法で登録者離れ!? そんなシバターですが、時折(というよりも頻繁に)炎上といったレベルでは無く、常軌を逸した動画を配信している場合もあります。 【エボラ出血熱をパロディーにした動画】 このような動画の配信により、ネット上では『炎上』を通り越して、引いてしまっているユーザーも多くいるようです。 登録者数15万人までは順調だったものの、15万人以降の伸びが著しく遅い理由もここにあるような気もします。 シバターは他のYouTuberからハブられている!? YouTubeで収益を上げるためには、他の人気YouTuberとタイアップするのは必須です。 例えば今や人気の『東海オンエア』もマホトと組んだことにより人気を爆発化させ、ヒカキンの兄『セイキン』も弟の動画に登場し始めた頃から人気を集めてきました。 さらに、uuumという人気YouTuberが集まって設立した会社、や人気YouTuberによる握手会など、普通に動画配信を続けてきたYouTuberには収益を上げる機会が転がり込んできています。 それに対して、シバターはヒカキンへの集中的なバッシングや先ほどのような常軌を逸した動画の配信により、これらの機会に恵まれず、はっきり言ってYouTube業界から完全にハブられた状況にあります。 【人気YouTuber佐々木あさひにハブられるシバター】.

次の

炎上系YouTuberシバターは、格闘家でパチスロ営業もこなす社長

シバター 炎上

シバターのプロフィール、年収はいくら? 1985年生まれで、現在32歳のシバター。 出身は神奈川県で、立正大学を卒業しています。 シバターが普段交流したり動画で言及しているYouTuberには10代や20代の若い世代が多いため、30代という年齢はやや年長なイメージがあります。 そんなシバターが動画投稿をはじめたのは、2008年頃。 最初はStickamやPeerCastを中心に活動していましたが、その後ニコ生やYouTubeに移行。 現在も、YouTubeのほかにニコニコ動画やツイキャスでの配信もおこなっています。 そして2015年には、「株式会社プロレスリングシバター」を設立。 シバターは代表取締役社長に着任しています。 「人気YouTuber」で「社長」という肩書きを見ただけでも、かなりの額を稼いでいるのでは?と推測できますが、シバターは自身の年収についても動画で暴露しています。 2017年6月に投稿された動画によると、「今期は売り上げが4,000万くらいあって、その半分くらいが経費、税金は700万から800万」とのこと。 つまり、手取りにして約1,200万円となります。 本人も「こんなに稼ぐことになるとは思わなかった」そうで、税金対策をまったくしていなかったことを悔やんでいました。 この失敗を糧に、今ではしっかり税金対策をしているかと思われるので、今年の手取り収入は去年を優に上回っているかもしれません。 シバター、格闘家としてのもうひとつの顔 今では主に炎上系YouTuberとして知られるシバターですが、動画配信をする以前から、格闘家としても活動していました。 チャンネル名が「PROWRESTLING SHIBATAR ZZ」となっているのもそのためです。 シバターには逮捕歴がある!? YouTuber界隈では何かとお騒がせキャラなシバターですが、過去には賭博で逮捕されたという情報も噂されています。 というのも、現在では削除されていますが、本人がTwitterで「警察から連絡があり、しばらく拘留されることになると思います」とツイートしたためです。 しかし、後ほどこれは「動画再生数を伸ばすための釣り」であったとネタバラシ。 逮捕されたというのは事実ではなかったようです。

次の