ブログで稼ぐ とは。 ブログで稼ぐことは可能だと断言します。理由+方法をセットで解説

【副業紹介#10】ブロガーになって稼ぐ方法とは|ブログの始め方・やり方など全解説

ブログで稼ぐ とは

「ブログを始めて収入を稼ぎたいんだけど、どのブログサービスを使うべきかわからない…。 稼げるブログサイトのおすすめや、初心者がブログアフィリエイトで稼ぐポイントが知りたい。 」 アメブロ、はてなブログ、ライブドアブログなどといった無料ブログや有料ブログ、どれが一番稼げるブログなのか、気になってリサーチしまくっている初心者も多いのではないでしょうか。 ただ最初に言っておくと、 あなたが選ぶべき稼げるブログ候補なんて、ほんのわずかしかありません。 選ぶのに何日もリサーチしている時間があったら、もっと重要な「稼ぐためのコンセプト作り」や「戦略設計」に時間をあてるべきです。 今回は、選ぶべき一番稼げるブログサービスや、これからブログを始める初心者がブログアフィリエイトで稼ぐための秘訣についてお話ししていきます。 稼げるブログサイトのおすすめは?(無料ブログ編) おすすめの稼げるブログサイト、まずは無料ブログについてみていくことにしましょう。 稼ぐために重要になってくる比較検討ポイントは、以下の3つです。 Googleアドセンスの利用ができるか• アフィリエイトがほぼ制限なくできるか• 運営側の広告を非表示にできるか 無料ブログの中には、アフィリエイトやGoogleアドセンスといった商用利用について制約があるものも多いです。 しかし稼ぐブログを選ぶなら、 アフィリエイトとGoogleアドセンスの両方の利用が認められていることは必須条件ですよね。 また、Googleアドセンスの収益を圧迫するのが、ブログに強制的に表示されてしまう運営側の広告。 そのためGoogleアドセンスを利用するなら、 運営側の広告を非表示にできるかどうかも重要なポイントになってきます。 これらを踏まえた、稼げる無料ブログのTOP3がこちら。 第1位:Blogger• 第2位:FC2ブログ• 第3位:ライブドアブログ 1位に輝いたBloggerは、Googleが運営しているブログサービスです。 無料ブログでは、無料で使える「無料プラン」と、お金を払って加入することで使える機能が増える「有料プラン」がありますよね。 主要な無料ブログサービスでは、Googleアドセンスの利用や運営側の広告非表示機能は、「有料プラン」のみで提供されているのが一般的です。 しかしBloggerの場合は、無料の範囲内でGoogleアドセンスが利用できる上に、運営側の広告まで非表示にすることができます。 無料でGoogleアドセンスが使えて運営側の広告が非表示にできるのは、無料ブログの中でもBloggerだけ。 ここまでできるのは、Bloggerがアドセンスを提供しているGoogleによって運営されているからに他なりません。 ランクインしたBlogger、FC2ブログ、ライブドアブログの特徴を簡単にみておきましょう。 Blogger Googleが運営する無料ブログサービスがBloggerです。 Googleが運営しているがゆえに、 アフィリエイトやアドセンスといった商用利用にも寛容で、運営側が表示する広告も無料で非表示にできてしまうのが、Blogger最大のメリット。 容量:〇(1GB)• 独自ドメイン:〇• アドセンス:〇(独自ドメインで利用可)• アフィリエイト:〇• 運営側の広告非表示:〇• エクスポート機能:〇• また、外資系企業が運営するブログだけに 使い勝手があまり良くない上に、 ブログのテンプレートが30種類程度と乏しく、ライバルブログとの差別化が図りにくいのは少々残念な点。 ただし、稼ぐことを主目的とするなら、優先すべきはコミュニティ機能の充実や使い勝手の良さではないので、これらのデメリットはある程度割り切って考えるべきでしょう。 FC2ブログ 数ある無料ブログの中でも超老舗のブログサービスで、月間訪問者数も2億3450万人という規模を誇るのがFC2ブログ。 6,000種類以上ものテンプレートからデザインを選べるなど、カスタマイズ性に優れているだけでなく、 総合的にすべての機能が高いスペックにあるおすすめの無料ブログサービスです。 容量:〇(10GB)• アフィリエイト:〇• 運営側の広告非表示:〇(月額300円の有料版で利用可)• エクスポート機能:〇• 突出したデメリットは見当たりませんが、あえて言うなら、運営企業(FC2 Inc. )がアメリカの企業で サポート対応時のフットワークが少々悪いくらい。 「趣味目的」「稼ぐ目的」、両方の目的に総合的に対応できるFC2ブログは、一番「順応力」の高い無料ブログサービスといえます。 ライブドアブログ(livedoor Blog) ライブドアブログは、 総合的に機能が充実している高スペックの無料ブログサービスです。 無料の範囲内で独自ドメインの設定もでき(独自ドメインの取得には費用がかかります)、将来的にWordPressなどの他ブログサービスへの移行も対応することが可能。 独自ドメイン:〇• アドセンス:〇(独自ドメインで可)• アフィリエイト:〇• エクスポート機能:〇• アドセンスで収益化をする上では、かなりネックになってくるデメリットなので、自分のブログのマネタイズ方法をしっかり考えた上で選ぶようにしましょう。 稼げるブログサイトのおすすめはWordPressの一択! Blogger、FC2ブログ、ライブドアブログは、無料ブログの中ではおすすめできる稼げるブログサイトであることは間違いありません。 しかし、もしあなたが月収50万円や100万円というレベルの収入をブログで稼ぎたいなら、そもそも無料ブログを使うべきではありません。 なぜなら、無料ブログは稼ぐ上で「致命的な2つのデメリット」があるからです。 無料ブログの致命的なデメリット• 運営者側の都合でブログが削除されるリスクがある• 検索経由でアクセスを集めにくい(SEOに弱い) ブログアフィリエイトで稼ぐには、ブログへアクセスを集めることが大前提。 というのも、どんなにブログに広告を貼っても、そもそもブログにアクセスがなければ1円も稼ぐことができないからですね。 しかし、無料ブログはSEOが弱く、検索経由でアクセスを集めてくることができません。 無料ブログが検索経由でアクセスを集められないという事実は、実際にあなたが検索需要のあるキーワードで検索してみるのが論より証拠。 無料ブログの記事は、検索結果の上位にほとんど表示されていませんよね。 実は、無料ブログはGoogleからの評価が極めて低く検索上位に表示されてこないため、検索経由でブログにアクセスを集めることができません。 だから、絶対に大きく稼げない。 本気でブログで稼ぎたいなら、選ぶべきはWordPress(ワードプレス)の一択です。 WordPressのメリット• ブログが削除されるリスクがない• 検索経由でアクセスを集めやすい(SEOに強い)• アドセンスやアフィリエイトも自由にできる• デザインやカスタマイズの自由度が高い(差別化しやすい) また、無料ブログではなくWordPressを選ぶべき大きな理由の一つになってくるのが、 WordPressを使うことで、運営側の勝手な都合による「ブログの削除リスク」も解消できること。 継続的にブログビジネスを運営していくのであれば、絶対にWordPressを使うべきです。 ただし、WordPressもいいことばかりではなく、当然ながらいくつかのハードルが存在するのも事実。 WordPressを使う上でのハードルは、ドメインの取得やレンタルサーバーの契約に費用がかかることと、無料ブログより機能が充実している分、WordPressの操作に慣れる必要が出てくることです。 WordPressのデメリット• ブログの利用に費用がかかる(年間1万円程度)• ブログの開設が少々めんどくさい• WordPressの操作に慣れる必要がある• アクセスを集めるのに時間がかかる しかし、これらの点はブログを運営していく上で致命的になるものでもなく、ハッキリ言ってデメリットというほどの内容でもありません。 ブログで稼ぐために重要視すべきは、いかにブログへアクセスを集めて収益に結びつけられるかということ。 SEOが強くマネタイズの融通も効くWordPress以外、選ぶべきブログサービスは他にないのです。 ドメインの取得方法 WordPressを利用するためには、自分でドメインを取得しレンタルサーバーと契約する必要があります。 独自ドメインの取得• 稼ぐブログの歩き方. com」の赤字部分のことで、 ドメインを不動産に例えると土地の上に建つ「建物」のイメージですね。 独自ドメインを取得するには、ドメインを販売している以下のようなサービスを使えば、(他の人に使われていない限り)自分の好きなドメイン名(独自ドメイン)を簡単に取得することができます。 レンタルサーバーの契約方法 不動産の「建物」にあたるのがドメインなのに対して 「土地」あたるのがサーバーです。 ドメインを取得してもサーバーを契約しないことにはブログを作ることができません。 レンタルサーバーには様々な種類やサービスがありますが、初心者におすすめの安価で使いやすいレンタルサーバーには以下のようなものがあります。 レンタルサーバーの契約が完了すると、契約したサーバーの設定画面からWordPressをインストールしてブログを構築できるようになります。 WordPressブログの開設については、以下の記事に詳しく書いたのでそちらを参考にしてブログを開設してみてください。 「ブログの基本設計」の流れ• どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略)• どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定)• アクセスが見込めるジャンルを決める(メインキーワードのボリュームチェック)• ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック)• ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略) それぞれ順を追って簡単に説明していきましょう。 どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略) ブログを始めるにあたり一番最初にすべきことが、どのようなジャンルを攻めて、どのような方法で、何を売っていくのかというマネタイズの部分。 ほとんどの人が攻めるべきジャンルは最初に決めていますが、どんな方法でどんな商材を売っていくかとう「出口戦略」は後回しにしてしまいがちですよね。 しかし、それでは稼げない。 というのも、マネタイズというのは言ってみれば「ゴール」そのもので、目指すべき頂上なくして山は登れないわけです。 つまり、ゴールを固めないことには、そのゴールを目指すための戦略や攻め方が何も決まらないということ。 マネタイズから逆算して細かなブログ戦略を決めていく、これは稼ぐブログの基本になります。 どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定) ブログで売る商品が決まったら、次にするのが、どんな人に売っていくのかという「ターゲット選定」。 要は、その商品を買う人はどんな人で、どんな悩みを抱えているかを明確に理解することです。 この「顧客理解」を徹底的にすることで、以下のようなことができるようになります。 ターゲットが検索するキーワード選定ができる• ターゲットに「刺さる」文章が書けるようになる• 成約率を高めることができる ターゲットを明確にすることは、ビジネスの基本中の基本。 顧客理解なくして、稼ぐことはできません。 アクセスが見込めるジャンルを決める(メインキーワードのボリュームチェック) 大枠のジャンル選定は、一番最初のマネタイズを決めるときに一緒にやってしまいますが、ここではもっと具体的に、攻めるべき「メインキーワード」を決めていく作業になります。 攻めるべきメインキーワード選びは、「」などを使いながら、実際にどのくらい検索されているかという「検索ボリューム」を確認していくことになります。 例えば、「ダイエット」というキーワードは、月間検索ボリュームがYahoo! で月間905,301回、Googleで月間740,700回という超ビッグキーワード。 ビッグキーワードの検索数は多く、ここで上位表示できたら多くのアクセスを得ることができますが、その分強いライバルも多く、 ドメインパワーが弱い初心者の弱小ブログではまず勝てません。 一方、これが「痩せる」というキーワードの月間検索ボリュームになってくると、Yahoo! で月間54,451回、Googleで月間44,550回、というくらいまで減ってきます。 このように、同じ意味でも違う言葉に替えて 「キーワードをずらす」ことで、自分が戦うべき場所を変えていくわけです。 このメインキーワード選定は、稼げるか稼げないかを左右する非常に重要なポイントの一つになってくるので、確実に勝てるものを慎重に選んでいきましょう。 ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック) メインキーワード選定と合わせてやる作業が、この「ライバルチェック」。 多くのアクセスを集める 企業のサイトや、病院や政府機関といった 権威性の強いサイトなどライバルが強すぎて勝てそうにない場合は、 この時点で攻めるべきメインキーワードを変更し、勝てる見込みがあるキーワードに変更して選び直します。 攻めるべきメインキーワードのボリュームと、このライバルチェックをクリアできれば、あとはそのメインキーワードに関連したキーワードを選んで記事をどんどん書いて攻めるのみ。 たとえ開設したばかりの弱小ブログでも、正しい方法でブログ記事を投入していけば検索結果の上位に表示できるようになります。 ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略) ライバルチェックをして攻めるべきメインキーワードが決まったら、そのメインキーワードで上位表示されている競合サイトと比べて、どのように差別化を図って多くのファンを獲得していくかについて考えましょう。 例えば、思いつくままに挙げると以下のような感じですね。 文章の書き方や言葉遣いに個性を出す• 個性の強いキャラクターを全面に押し出す• 自分のこれまでの実績を公表して信頼性を高めていく• マンガやイラストを多用する …etc. ここはもう、ある意味「アイデア勝負」なので答えはありません。 自分のブログの「個性」をいかに出していくかを徹底的に考えていきましょう。 まとめ Blogger、FC2ブログ、ライブドアブログといった初心者にも使いやすく稼げる無料ブログはありますが、本気でブログアフィリエイトで稼ぐなら、WordPress(ワードプレス)こそが選ぶべきおすすめの稼げるブログサイトです。 そして、ブログアフィリエイトで稼ぐ「キモ」となるのが、稼ぐブログの骨子となる 「ブログの基本設計」をまず作ること。 「ブログの基本設計」の流れ• どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略)• どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定)• アクセスが見込めるジャンルを決める(メインキーワードのボリュームチェック)• ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック)• ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略) ブログアフィリエイトで稼ぐためには、 戦略的な「稼ぐブログ」の作り方や 検索上位に表示させるための記事の書き方など、正しい「知識」や「ノウハウ」が必要になってきます。 貪欲に吸収した新しい知識やノウハウをどんどん実践して、最短&最速で稼ぐブログを構築していきましょう。 参考: ブログランキングに参加しています。 ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!.

次の

【初級】アフィリエイトとは?ブログで稼ぐ仕組み・始め方を解説

ブログで稼ぐ とは

具体的なブログの始め方について言及する前に、 「ブログとは?」という大前提に触れていきます。 ブログ Blog はウェブログ Weblog を略したものだと言われています。 Webと記録を表すlogという言葉の合体形であり、記事を書くことでWeb上に記録を残すことができます。 これらは少し前まではHTMLなどの専門知識がないとインターネット上に個人が公開することは難しいものだったのですが、Wordpressやはてなブログの登場によって、 専門知識が無くとも誰でもどこでも自分のwebページを持つことができるようになりました。 専門知識が無くとも、自分のスマホやPCひとつあれば世界中に情報を発信することが可能です。 「ブログで稼ぎたい」という思いからブログを始める方も多いと思います。 ブログで収益化する際、その 収入源は広告収入になります。 広告で稼ぐためにはブログに広告を貼る必要があり、そのために「広告主」と「広告を貼りたいブロガー」をつなぐアフィリエイトASPに登録することが基本となっています。 数多くあるアフィリエイトASPのいくつか、あるいは1つに登録して、自分が載せたい広告を探します。 そして、その広告を自分のブログに貼って、ユーザーが広告をクリックしたり、広告の商品を購入したりすれば、自分にその成果報酬が入る仕組みになっています。 さらに詳しくブログの収益化について知りたい方は、の記事や、の記事読んでみてください。 ブログを始める前準備 ここからは、具体的な始め方に入っていきます。 ブログを始める以上、どこかのブログサービスを利用することになるので、ブログサービスを選ぶことは必至です。 今あるブログサービスの一部を以下にあげました。 しかし、これら以外にも実に多くのブログサービスが存在していて、 それぞれに独自の特徴があるためブログを選ぶ段階から難しく感じてしまう人も多いでしょう。 ブログサービス• ワードプレス• はてなブログ• note• Amebaブログ• ワードプレス• FC2ブログ• Seesaa• Yahoo! ブログ• 楽天ブログ• Blogger 当サイトでは、 ブログを今から始める場合には ワードプレスを圧倒的にオススメしています。 その理由は、デザイン性や機能面が非常に優れているからです。 しかし、初期費用がかかってしまうなどのデメリットもあるので、 1円もかけずに始めたい人ははてなブログ、自分のノウハウを売ることも考えているという人はnoteがオススメです。 ここでは、 ブログで稼ぎたいという人に向けてWordPressの始め方を解説します。 ブログのコメント欄上の交流には限度がある• 読者のリアルな感想や疑問を聞くことができるようになる• SNSでの交流により、読者との距離が近くなり、親近感が生まれる• SNS経由で記事が拡散されやすくなる• SNS経由でユーザーが流入してくることで順位がつくのが早くなる このように、 ブログと一緒にSNSを始めることのメリットは多くあります。 ですから、せっかくブログを始めるのであれば、TwitterなどのSNSも同時に初めてみましょう。 ブログを実際に開設してみよう さあ、ここから実際に開設していきましょう。 ブログ開設の手順 手順の全体の概要としては、以下の図ようになっています。 サーバー契約 まずはサーバーを契約しましょう。 サーバーとは サーバーとは「サービスを提供するコンピューター」のことで、インターネット越しにPCやスマホなどの「クライアント」に何らかのサービスを提供しています。 例えば、「HPを見る」「ネットショッピングをする」「LINEでメッセージを送る」「オンラインゲームをする」などというサービスは全てサーバーが提供しています。 サイトURLはそのままで、ブログ名とユーザー名は自由に入力しましょう。 入力ができたら確認ボタンを押して、間違いがなければそのままインストールしましょう。 これでWordPressが使えるようになります。 ブログ開設のポイント デザイン性に優れていて、自由にカスタマイズできるのがこの「ワードプレス」です。 ワードプレスは以下で紹介する無料ブログと違って有料ですが、そのデザイン性と自由度の高さは他のブログサービスではあり得ません。 自由度が高い分他の無料ブログよりも操作は難しくなりますし、自分でやらなくてはいけないことも増えますが、 独自のサイトデザインを作れます。 また、操作も手順通りにやれば誰でも使いこなすことができます。 さらに、 無料ブログでは1番広告を貼りたいところにそのサービスの広告が貼られてしまうことがありますが、ワードプレスの場合はそんなことはなく、自由に広告を貼ることができます。 それに加えて、無料ブログでは持つことができない 独自ドメインをワードプレスなら持つことができます。 それにより、 クリック報酬型広告の「Google Adsense」に登録することができ、ブログの大きな収入源とすることができます。 追加が完了したら、「確認画面へ進む」ボタンを押して設定を完了させてください。 これは、サイトの状況を把握したり記事公開の際に必要な機能などがあるので素早く設定しましょう。 の記事との記事でそれぞれ解説しているので参考にしてください。 ASPに登録する ブログで稼ぐなら、ASPへの登録は必須です。 おすすめのASPは以下の通りです。 結論は後に伸ばさず、最初の方に書く• タイトルは記事の内容と一致させる• 見出しを見ただけで記事の内容がわかるようにする• 語尾(ですます調など)統一する• 改行を積極的に使うことで読みやすくする• 羅列すると読みにくくなってしまう場合には箇条書きを用いる• 画像や図を積極的に用いる 以上のことを意識して実行していくことで、格段に読みやすい記事が出来上がり、ユーザビリティも上がります。 文章を書く際には是非意識してみてください。 ブログで初めて記事を執筆する際のポイント ここでは、記事執筆でのポイントを解説します。 文字だけでなく画像も使おう ブログ初心者はまだ、ブログの勝手がわかっていません。 しかし、 現実としてはユーザーは文字だけだと飽きて離脱してしまうことが往々にしてあります。 なので画像や吹き出し、装飾を満遍なく活用することによってユーザーを飽きさせないような工夫を行いましょう。 小学生でも読める文を心がけよう ブログなどの記事は隙間時間に読まれることが多いです。 そのため、「 流し見」をしているユーザーが多いので、そのような読み方でも分かるようにわかりやすく書くことが重要になります。 また、ブログというものは不特定多数の方が見るものなので、誰が見ても読みやすい文章を書く事は大切です。 アフィリンクはしっかり張ろう せっかくブログで何か商品やサービスを紹介しても、アフィリンクが導線上に掲載されていないと意味がありません。 収益が入らなかったらもったいないですよね。 そのため、 しっかりリンクが必要なところにはアフィリンクを設置するのを忘れないようにしましょう。 また、リンク繋がりで言うと内部リンクを貼ることも忘れないようにしましょう。 セールスライティングを学ぼう せっかくブログに人が流入しても誰も購入しなかったら、収益にはつながりませんよね。 その際に学んで置いて欲しいのがセールスライティングです。 ユーザーに「欲しい」と思ってもらえるような文章のことです。 マーケティングの本などを読んで学びましょう。 詳しくは、の記事を参考にしてください。 ブログを始めることに関するQ&A 気になる疑問にQ&A形式で答えていきます。 ブログは副業としておすすめ? 近年、会社によっては副業解禁の流れがあり、それに乗って副業としてブログを始める人が急増しています。 意識して時間を取らないとブログを書く時間がない• 本業のことを書くときはコンプライアンスに反さないように意識する必要がある ですが、これらは意識レベルで改善できることばかりです。 また、実際に副業ブロガーとして稼いでいる方の記事などを参考にすることで副業ブログに対する疑問のほとんどは払拭されます。 ブログの始め方そのものは共通ですので、前述したブログの始め方を良く読み込んでWordPress始めることをオススメします。 詳しくは、の記事を参考にしてください。 ブログで稼ぐにはどうするの? ここまでは割と実践的な話が多く、 「本当に自分がブログを始めたとしてやっていけるのかな」「自分よりももっと専門的な人が稼げるものじゃないか」 と感じた方もいるかと思います。 ブログは、定期的に更新し続けて読者に記事を届け続けることが重要です。 しかし、 「ブログを書く時間を確保できない」と嘆くブロガーが多いのが現状です。 これでは中途半端な結果に終わってしまうのが目に見えています。 ですから、 どんなに忙しくても意識的にブログを書くための時間を作るように意識しましょう。 最悪、電車やバスの中などの移動中にでも記事を書くことはできます。 1日の中でブログを書くための数十分を確保することは、 意識すれば実は難しくないものです。 【まとめ】今すぐブログを始めてみよう この記事では、ブログサービスのそれぞれの特徴や目的別のブログサービスの選び方、そしてそれぞれのブログの作り方、つまり開設方法を紹介しました。 この記事を読むことで、 自分にあったブログを簡単に始めることができると思います。 また、初心者がブログを始める際に困るであろうポイントや、始める際の注意点も紹介しました。 この記事が、初心者が単にブログを始めることができるようになるための参考になるだけでなく、ブログ活動で良いスタートダッシュを切るための参考になれば幸いです。 今後の稼ぎ方については、の記事やの記事を参考にしてください。

次の

猫ブログで稼ぐ方法とは?稼げる理由や稼ぐためのポイントを紹介

ブログで稼ぐ とは

ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。 その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。 現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。 ブログで稼ぐための仕組みって何? 普段、ネット情報を見ていると ブログで稼ぐ方法はたくさんあるように感じると思います。 僕も検索に慣れていなかった頃はそう思っていました。 でも実際のところ ブログだけで稼ぐ仕組みは以下の方法に集約されます。 SEO対策をされた記事を書く• 検索ユーザーがあなたのブログを訪問• 記事に 広告やアフィリリンクを貼る• 売れたら報酬発生 すべてこの順番で売れていきます。 「え?他の稼ぎ方はないんですか?」 と思うかもしれませんが、ほぼありません。 多くの場合は 検索ユーザーに対して商品を販売します。 SNSではよほどあなたのファンでもないかぎり ブログで商品を買ってくれることはありません。 影響力や発言力のない状態で商品を売るには 検索ユーザーに商品を販売するのがセオリーです。 ブログをただ書くだけでは報酬は発生しない ブログで稼ぐというと 「100記事書け!」「とにかく毎日書け!」と伝えている人もいますが、僕は ブログを書き続けるだけでは稼げないと思っています。 「好きなように書く」のは「好き勝手に話す」のと同レベルです。 見ず知らずの他人の好き勝手な話を聞きたい物好きなんて滅多にいません。 「好きなことを書くこと」と「好き勝手書くこと」は全然違います。 毎日書いているのに稼げない人は 好き勝手書いているから稼げないのです。 「楽に稼げる!」という妄想は捨てよう 大なり小なりお金を稼ぐということはプロになるということです。 例え兼業でも専業でもユーザーから見たら変わりません。 「私はまだ副業だからこのくらいのレベルで良いかな…」という甘えを持って書かれた記事を読みたい人はいません。 でも書きましたが、どの道にも必ずプロがいるのが当たり前です。 プロに勝てるくらい行動しないと結局は稼げません。 今からブログを始めるなら、楽に稼げる道を探すのはやめて、 土台を作ることにフォーカスしたほうが結果的に早く稼げます。 キツイことも楽しいと思えるように工夫する。 だから稼げる。 だからといって 「とにかくしんどくても続けろ!」 と言われても多分、続かないと思います。 笑 僕自身もそうですが、 彼女やBMS(ブログマーケティングスクール)とかオンラインサロンにいる人達とかセミナーに来てくださる人がいなかったら絶対に続いていないと思います。 キツイこともしんどいことも仲間がいれば楽しめるし、 自分で楽しむための工夫をしていけばどんどん楽しみを見いだせるようになります。 どの道を選んでもしんどいことは絶対に存在するので• 自分で自分を楽しませる工夫をすること が継続するための秘訣だと思っています。 そしてだいぶ話が反れました。 笑 ブログで稼ぐための仕組みを解説します。 検索エンジン上位表示されれば 多くの自然アクセスが見込めるからです。 また検索上位表示される記事が増えることで 記事を書かなくても継続的にアクセスが集まるようになります。 例えば下の画像を見てみてください。 「Windows10 シャットダウン 遅い」 で検索一位になっています。 現在、Windows10関連の記事だけで 月間7500PVくらいは集まっています(多分、まだ上がります)。 また下の画像はアナリティクスです。 8割以上が自然検索ですね。 僕のブログにはほぼ検索から来てくれるので 既に 記事を書かなくても安定的にアクセスを集めることができています。 こうしてSEO対策をして検索からのアクセスを増やすことで、少ない労力で大きなアクセスが集められるようになります。 検索ユーザーが求める情報を提供する 検索上位表示を獲得するためには 基本的なSEO対策はもちろん必須ですが、 もっと大切なのは• 検索ユーザーが困っている悩みや問題を解決すること です。 要するに 相手が求めている情報を提供するということです。 テクニック的なSEOとして• タイトルにキーワードを入れる• 見出しに関連キーワードを入れる• 言葉は単語を使うようにする• パーマリンクを云々… というのも大切ですが 記事を見て欲しい情報がなかったらユーザーは離脱します。 そしてすぐに離脱されるような記事は必ず評価は下がっていきます。 SEOはユーザーが欲しい情報がある前提がないと意味がありません。 普段から「このキーワードだったらこういう情報を求めてる可能性が高いんじゃないかな?」と想像を張り巡らせるのが大切です。 検索ニーズがあるから売れやすい もうひとつの検索からアクセスを集める理由は 「単純に売れやすい」というのもあります。 検索ユーザーは何らかの 「知りたい」 「悩みを解決したい」 「苦痛から解放されたい」 というニーズを抱えています。 検索ニーズがあるからこそ商品を売るきっかけになります。 これはSNSユーザーに対してはできないことです。 ニーズがあるから売るきっかけが生まれる というのを覚えておくと良いと思います。 ブログ開設時はアクセスがほぼ0。 SNSも使っていこう ただ、SEO対策をして記事を書いても ブログ開設時はほぼアクセス0です。 1ヶ月間くらいはアクセスが0~5PVみたいな状態が続きます。 でもさすがにアクセスが0~5PVの状態が一ヶ月も続くと挫折の可能性大なので、僕は 開設初期はSNSを使うのをおすすめしています。 SNSを上手く使えば 同じ活動をしている人も見つかりますし 周りの人達の進歩を見てると「負けられない!」という気持ちが出てきます。 僕もTwitterで他の方のブログを見つけて勉強させていただいてます。 もしSNSを全く使っていないという方は、まずはSNSアカウントを気軽に立ち上げて自分と同じ仲間をSNSで見つけてもいいと思います(DMで近づいてくる人は100%営業なのでカモられないように気をつけてね)。 【初級・中級・上級別】ブログ稼ぐ方法まとめ さて、仕組みと概要が終わったところで ここからは 初級・中級・上級別に稼ぐ方法をまとめています。 初・中・上級の定義としては• それぞれの段階に合わせて読んでみてください。 初級編:Googleアドセンス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト まず初級編は• Googleアドセンス• Amazonアソシエイト• 楽天アフィリエイト の3つです。 上記の3つは極論売らなくても報酬が入る部類です。 一つずつ解説をしていきますね。 Googleアドセンスは広告がクリックされるだけで報酬が発生 Googleアドセンス広告は よく記事の真ん中や記事の下らへんに設置してある広告です。 広告がクリックされるだけで報酬が発生します。 アドセンスは「売る」という工程がありません。 記事タイトルの下や記事中、記事下などに貼っておくだけでクリックされ、報酬になります。 僕も現状、このブログで 「記事タイトル下、記事中、記事下」にインフィード広告を貼っていますが、アドセンス報酬が 1万円程度です。 広告を貼っておく以外はやることがありません。 でも詳しく書いていますが、アドセンスはブログ初心者に最もおすすめなので、審査に必要な記事が30記事くらい出揃ったらアドセンス審査に出してみるのが良いと思います。 Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトの強み:クッキー機能 Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトは、その名の通り Amazonや楽天の商品を代行で販売できるシステムです。 日用品から家電まで何でも扱えるので商品数ではダントツで多いです。 両者のアフィリエイト報酬は以下のようになっています。 クッキーと 誰かがAmazonや楽天アフィリのリンクをクリックした際に、そのデータを一定期間保存してくれる機能です。 このクッキーが保存されている間はアフィエイト報酬の対象になります。 下記の画像を見てみましょう。 一度離脱してもクッキーが残るので、 再訪問してもアフィリ報酬の対象になります。 クッキーの有効期限は• 楽天の場合はクッキーが30日なので誰かがアフィリリンクを踏めば、30日の間に再度楽天にアクセスして商品を買ってくれるだけで報酬が入ります。 いずれにせよアドセンス、 Amazon、楽天は低単価ではあるものの、最も報酬が発生しやすいモデルだと思います。 中級編:アフィリエイト 中級編はアフィリエイトです。 アフィリエイトはASP(アフィリエイトサービス・プロバイダ)というところから好きな商品を選んで代行で販売するシステムです。 成果報酬型で、 売れた分だけ成果が発生します。 報酬は10~50%辺りに設定されていて、難易度が上がる分、報酬も上がります。 成約率重視なので、あまりPVにこだわる必要が無いのも特徴です。 成約(売る)さえすれば報酬が入る これがアフィリエイトの一番の魅力ですね。 ブログで稼いでいくつもりならアフィリエイトは外せないので、基本的なASPには登録しておいたほうが良いです。 僕のおすすめのASPはこちらです。 特に A8. net、もしもアフィリエイト、バリューコマース辺りは商材がオールジャンルでバランス良く揃っているのでアフィリを必ず登録しておいてください。 ASPは審査があるのでとりあえず登録しておくといいです。 自分で商品を作成して販売する方法ですね。 例えば• オンラインサロン• セミナー• コンサルティング• カウンセリング• 独自の教材販売 有料noteなど• 書籍販売 などが個人サービスに当たります。 すべて自作で行う必要があるため、0から作るのは労力がかかりますが、 一度仕組みが出来てしまえば利益率は最も高くなるのが特徴です。 利益率80%以上 個人サービスの販売は すべて自分の利益です。 例えば 5000円の商品を販売したら5000円が手に入ります。 セミナーなどでも個人の主催で高額な会場やゲストでも呼ばない限り、利益率は80%を越えることもザラです。 手数料が取られないため、最も高額な商品を扱えるのが個人サービスと言えます。 売れない人はひたすら売れない ただ、個人サービスは 売る力がない人はとことん売れません。 どんなに知識やスキルがあっても売る力がなければ売れないのが特徴です。 個人で商品を売っていくためには• 知識や技術+売る力(マーケティング) が必要なため、稼げる分 一番難しいのが個人サービスと言えます。 と、、、 ここまでが稼ぐための方法になります! まとめると• 初級:Googleアドセンス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト• 中級:アフィリエイト• 上級:個人サービス になりますね。 SEOとライティングの勉強は必須 ちなみにブログ稼ごうと思ったら まずは 素人から脱出する必要があります。 完全素人の状態でアクセスを集めようとしてもおそらく出来ません。 素人がSEO対策をしても、そこには必ずプロがいるからです。 そこで勝つためには 最低限のSEO対策やライティングを身につける必要があります。 僕の 今のブログもある程度基礎スキルが身についたからこそ、 狙ったキーワードで検索上位を獲得し、アクセスが集められるようになりました。 僕がまだWEBのド素人だった頃(2年くらい前かな?)に読んでめちゃくちゃ助けられた本がこちらです。 是非読んでみてください。 まとめ 長々と解説をしましたが 基本的にブログは読者第一です。 例え検索エンジンからアクセスが欲しくても 考えるべきはユーザーが何の情報を欲しいと思っているか?です。 SEO対策もそのためにあります。 ネットで売ることばかりを考えると つい読者が人間であることを忘れがちですが 例え ネットの世界だろうがなんだろうが読んでいるのは人間です。 いつまで経っても「相手は人間である」ということは忘れない方がいいと思います。 僕が言うユーザーファーストは 「人間ファースト」という意味だと思っている。 記事を読んでいるのは人間。 商品を買ってくれるのも人間。 ファンになってくれるのも人間。 SEOは伝えるための技術の一つ。 ブログは人間を第一に考えていく必要があると思う。 そのあとにSEO。 たぶん。 アーカイブ•

次の