まんが 少年。 まんが少年、空を飛ぶ

『小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史』電子版全24巻を無料公開:お知らせ&NEWS【こそだて】

まんが 少年

内容紹介 幼い頃から飛行機に憧れていた祐則少年は、予科練に志願して少年飛行兵になった。 故郷を離れ、訓練にあけくれる毎日。 まんがが得意だった彼はそのようすを、特攻で亡くなる直前までの2年半の間、たびたび絵にして家族へ書き送った。 ハンモックでとびおきる毎朝の慌ただしさ、ついウトウトしてしまう午後の授業、相撲大会で優勝したこと、カッターで海に漕ぎ出した日のこと、そして、大空を飛ぶよろこび。 持ち前の明るさとユーモアをもって描かれたそれらの楽しげな絵手紙は、当時の兵隊たちの日常と青春をいきいきと今に伝える。 と同時に、戦争が激化するにつれ、少年兵の育成期間がどんどん短縮され、実戦経験のない若者たちが次々に前線へ送られていく状況がリアルに感じとれる、貴重なドキュメントでもある。 解説は『ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した稲泉連。 遺族へのインタビューをもとに、山崎祐則という一人の少年の、かけがえのない人生を浮かびあがらせる。 224ページ、オールカラー。 著者紹介 1979年東京生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業。 2005年に『ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死』で第36回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。 拡大パネルを閉じる.

次の

おすすめ少年漫画・コミックランキング

まんが 少年

新型コロナウイルスを受けての臨時休校に対応するかたちで、『学習まんが 少年少女日本の歴史』(小学館)が、を決定しました。 私が日本史に関心を持つきっかけは、このシリーズだったので感慨深いです。 親が与えてくれたのか、自分からねだったのかは忘れてしまいましたが、少し前に実家へ立ち寄った際、1巻の奥付を見たところ、1981年10月15日初版第1刷発行、1990年7月10日第46刷発行となっていました。 「現代の日本」や「平成の30年」の巻が加わったりと、現在は初版と異なる部分も相応にあるようです。 子どもの当時はとにかく、あおむら純先生の絵に惹かれ、繰り返し読んだ記憶があります。 あおむら先生は、キャラクターの書き分けが見事で、かつ絵柄に迫力があったので、印象に強く残っています。 そのおかげもあって、高校のテストや大学受験の問題で『学習まんが 少年少女日本の歴史』に登場した人名を見る度、脳内ではあおむら先生の絵がたちまち再生されました。 また、当シリーズは細部のこだわりも入念でした。 たとえば長屋王の変。 王の邸宅を囲むコマでは、おそらく藤原宇合が描かれ、その後の尋問の場では舎人親王と藤原武智麻呂が登場。 これはおそらく『続日本紀』の記述に基づいていると思います。 その直後、藤原四子が天然痘で相次いで斃れる際も、房前、麻呂、武智麻呂、宇合と史実通り。 芸も細かくて、断末魔の声が「ガガガ」「ギギギ」「グググ」「ゲゲゲ」となっているんです。 あるいは以仁王が挙兵して、源頼政と平氏軍が激突した宇治川の橋合戦。 ここでは急に僧兵のようなキャラクターが現れ、すぐに戦死します。 これはもしかしたら『平家物語』の記述をもとに、園城寺の悪僧明俊を登場させているような気がするのですが、どうでしょう。 病床の徳川家重が後事を託そうと、息子・家治に話しかけるところでは、うまく伝わらずに側用人の大岡忠光が通訳のような役割を担います。 ここは家重が言語不明瞭で、それを大岡は聞き取れたというエピソードを表しているはずです。 大きな歴史の流れを知るにも便利ですが、細部にいたるまで実にきっちりと面白く作られたシリーズ。 子どもの頃に、こうした好奇心の入り口となるようなまんがと出会えたことは、幸せでした。 総監修を務めた児玉幸多先生、まんがを担当したあおむら純先生のお二人とも鬼籍に入られていますが、残されたシリーズは今後も多くの読者が歴史に興味を持つ入り口の役割を果たし続けるでしょう。 (T).

次の

『小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史』電子版全24巻を無料公開:お知らせ&NEWS【こそだて】

まんが 少年

小学館では、新型コロナウィルス感染症拡大で家庭学習を余儀なくされている子どもたち向けに、です。 「歴史を好きになるきっかけになった本」「子どもに読ませたいと思っていた」「久しぶりに読みたい」「大人も嬉しい!」等々、一斉に歓迎の声が上りました。 『少年少女日本の歴史』の発売は37年前。 以来多くの人たちに愛読され続け、2020年にはなんと累計2002万部を突破。 日本で一番売れている学習まんがです。 しかもまんがでありながら、掲載されている史料や情報量も多く、しっかり読み込めば受験対策にも有効であることが証明されています。 カラーページも多く、それぞれの時代をリアルに体感することができます。 さらに年表や人物紹介も充実。 登場人物たちが生き生きと躍動する物語を読み進めながら、歴史に親しむことができます。 お休み中のお子さんたちはもちろんのこと、この機会に歴史をもう一度学び直してみたい!という大人のみなさんもぜひご一緒に『少年少女日本の歴史』をお楽しみください。 読み終わったらみんなでクイズを出し合ったり、さらに知りたくなったことを調べたり、歴史への興味がどんどん広がるといいですね。 さっそく無料公開ページへどうぞ! 【無料公開期間】2020年3月11日 水 〜 【URL】『小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史』電子本棚ページ.

次の