弔電 比較。 電報・祝電・弔電の料金・価格が安い

電報比較!~電報20社サービス徹底比較~値段が安い順

弔電 比較

では、予算を決めて実際に弔電を送る時のことを想定して比較してみましょう。 予算5000円で弔電を送る場合VERY CARDとNTT D-mail を比較 関係の深い方へ弔電を送るという場面を想定して、予算を高めの5000円程度で考えてみます。 送る文面はを解説したページで作った弔電の例文を使ってみましょう。 突然のお知らせを受け、ただただ驚いております。 避けがたい無常の風とは聞きながら、余りに早いご逝去に申し上げる言葉がございません。 〇〇様とは生前〇〇をよくご一緒させて頂き、〇〇を〇〇する姿を尊敬しておりました。 もうそのお姿も拝見出来ないと思うと無念でなりません。 ご家族様のお悲しみをお察し申し上げますとともに、謹んで哀悼の意を表します。 この文章は167文字で構成されています。 これだけのメッセージををNTT D-MAIL で送ろうとすると、 文字入力の代金だけで3270円かかります。 予算を5000円も用意しているのに、これでは 台紙は1500円以下のものしか選べません。 しかし、 VERY CARDなら台紙代に文字料金と送料が含まれていますので、弔電コーナーのすべての台紙を選ぶことができます。 5000円で なんかを送る事ができるので、 VERY CARDの方が良いものを選べる上に料金もわかりやすく、断然お得ですね。 すごく綺麗ですね。 1280円 7種類• 1920円 6種類• 2040円 2種類 2000円ぐらいまでの予算で考えるなら VERY CARD一択になります。 VERY CARDとNTT D-MAIL を徹底比較まとめ やはり 料金の部分で大きくVERY CARDを選ぶ方がメリットが大きいといえます。 一応NTT D-MAIL も唯一メリットをあげるとするならば 19時までの申し込みで当日配送してくれるということ。 むちゃくちゃ急ぎの時であれば必要な場面もあるかもしれませんが・・・ 夕方遅くに当日配送した場合、注文した時間以降で 相手に受け取りの応対をさせてしまうことになります。 特に葬儀の場合は夜に届くようにするよりも、翌日配送で朝に受け取ってもらうほうが現実的ではないでしょうか。 VERY CARDも通常は14時までに注文で翌日配送ですが、 +700円で18時までに注文することで当日配送してくれる というサービスがありますので、どうしても急ぎの場合もどうにかなります。 総合的にみて VERY CARDの方に軍配があがりますね。

次の

料金について

弔電 比較

10秒でわかるこの記事の内容と目次• 弔電サービスの会社別料金比較 以前は郵便局(日本郵便)かNTの二択しかない時代でしたが今は様々な会社が弔電サービスを提供しています。 主な弔電サービスを提供している会社に ・ VERYCAR|佐川急便提供 ・ ハート電報 ・ ほっと電報| ・ エクスメール 楽天 ・ 日本郵便 ・ NTT ・ でんぽっぽ|KDDI などがあります。 意外と弔電サー^ビス各社の料金にも差があるのでご注意ください。 ・VERYCAR|佐川急便提供(1280円税別~) ・ハート電報(1360円税込み~) ・ほっと電報|(1375円税込み~) ・エクスメール 楽天(1250円税抜き~) ・日本郵便(524円~) ・NTT(500円税抜き~) ・でんぽっぽ KDDI(1500円税抜き~) なのですがオプション料(文字数など)や使い勝手なども異なります。 VERYCAR|佐川急便 VERYCARDは、佐川急便が提供している弔電サービス会社で インターネット限定の申込みにしているため低料金です。 ですので料金は高くなりますがこんな風にブリザードフラワーやお線香・ろうそくセットの弔電も用意されています。 楽天ポイントが使えるのも嬉しいです。 申し込み方法 ・インターネット または 電話(115または 0120-998-789) 【受付時間】 電話:8:00~22:00 【当日配達】 当日配達受付時間はエリアによって異なる。 (詳しくは) 弊社提携斎場であれば、最短1時間でのお届けも可能(提携斎場は) 料金 ・台紙料金 550円~~ ・メッセージ料金 最初の25文字までWebお申し込みの場合715 円(税込)、電話・FAXの場合770 円 (税込) それ以降は5文字増えるごとに99円(税込)の料金が発生 日本郵便 日本郵便の電報サービス「レタックス」があります。 申し込み方法 ・郵便局窓口への申込み ・FAX ・電話(レタックスコールセンター 0120-953-953) ・ポスト投函 ・Web 【受付時間】 8:00~22:00 【当日配達】 前日15:30までの受付け 料金 窓口604円~ WEB 524円~ NTT 申し込み方法 【電話】115 受付時間:8:00~22:00 【WEB】D-MAIL NTT東日本 NTT西日本 【当日配達】19:00までの受付け 料金 台紙500円(税抜き)~ メッセージ料金510円~(25文字) でんぽっぽ|KDDI 「でんぽっぽ KDDI」は、KDDIグループの電報サービスです。 日本国内だけでなく海外との双方向のやり取りもできます。 メッセージ料金が字数に応じて高くなるため割高。 ・ 申し込みやすさ WEBでの申し込みの場合、申し込みやすさも重要 ・ 当日配達の受付 以上の点から考えるとやはりインターネットでの申し込み限定の会社のほうが低料金で便利です。 弔電は急いで送る必要もありこれらは重宝します。 以上の点からおすすめ弔電サービス会社を次の通りにしました。 おすすめ弔電サービス会社 第1位: 電報は文字数によって料金が加算されるのが一般的ですが、VERY CARDは350文字まで基本料金に含まれています。 NTT東日本の電報で350文字の電報を送る場合、メッセージ代金だけで6,550円かかります。 第2位: 料金が割安なことに加え日ごろ使っている楽天のポイントも重視しました。 弔電の送り方で気を付けたい「宛名」のマナー 弔電を送る時に真矢うのは 弔電の宛名・宛先は故人宛?喪主宛? という点です。 弔電は喪主宛に送るのがマナー 結論は 弔電は喪主宛に送るのがマナー です。 喪主が分からなければ? 通常、訃報など通夜・葬儀のお知らせ等に喪主が記載されています。 しかし、出先で訃報を伝え聞いたりして喪主が分からない場合があります。 弔電の文例 弔電の文例についても少し知っておきましょう。 弔電の文例 弔電の一般的な文例をご紹介しておきます。 一般的弔電の文例• ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 悲報に接し、悲しみにたえません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。 ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますようお祈りいたします。 ご逝去の知らせを受け、ただただ、驚いております。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 遥かにご冥福をお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 いたってご壮健と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じます。 どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 どうぞお気を強くなさってください。 心からお悔やみ申しあげます。 突然の悲報に接し、驚愕しております。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。 在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 あまりに突然のご逝去、お慰めの言葉もございません。 ただ、ご冥福をお祈りするばかりです。 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からこ冥福をお祈りいたします。 悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 お力落としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。 突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみ。 いかばかりかと拝察いたします。 お別れもできなくて、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 まさかとは思いましたが、ニュースで知り驚いています。 さぞかし皆様お心落としのことと存じますが、一日も早くお悲しみから立ち直られますように。 謹んでお悔やみを申しあげます。 突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。 お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、訃報がいまだに信じられません。 今はただ、ご冥福を祈るのみです。 ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。 ご逝去の報に呆然といたしました。 働き盛りのお元気だった故人の面影が目に浮かびます。 教えていただきたいことが、まだまだたくさんありましたのにと悔やまれます。 心からご冥福をお祈りいたします。 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 ご尊父様のご逝去を、心よりお悔やみ申しあげます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 ご尊父様には、幾多のご厚情をうけながら、ご恩返しをすることもできず、痛惜の念もひとしおです。 ご冥福をお祈りいたします。 いつもお元気そうに談笑されていたお父上様を思い出します。 父もすっかり肩を落として、在りし日の思い出に声を詰まらせています。 故人のご冥福をお祈りいたします。 ご訃報に接し、ただただ悲しいばかりです。 故人は慈父のようなお方でした。 安らかにお眠りになられることをお祈りいたします。 ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 お慰めの言葉もございません。 今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。 悲報に驚いています。 あなたのお気持ちを思うと胸が痛みます。 心から哀悼の意を表し、お母様のご冥福をお祈りいたします。 ご母堂様のご急逝を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 いつも、お優しかったお顔を思い出し、まだ信じられない気持ちです。 心よりご冥福をお祈りいたします。 お母様のご逝去に深く哀悼の意を表します。 家族ぐるみでお世話になりました。 ご冥福をお祈りいたします。 ご子息様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご子息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 ご令息様の突然の悲報に愕然といたしております。 ご家族の皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 謹んでお悔やみ申しあげます。 ご子息様の急逝の報に接し、悲しみにたえません。 前途洋々たる時に突然他界され、ご両親様のお悲しみ、ご無念のお気持ちは、いかばかりかとお察し申しあげます。 ご令嬢様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からこ冥福をお祈りいたします。 お嬢様のこ逝去を悼み、ご両親様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 お嬢様の突然のお旅立ち、ご両親様のお嘆きいかばかりかと、拝察申しあげます。 在りし日の美しいお姿を偲び、衷心より哀悼の意を表します。 お孫さまのご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 弔問欠席を詫びる弔電• 悲しいお知らせに呆然としております。 お別れにも伺えず、残念でなりません。 心からご冥福をお祈りいたします。 お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。 ご生前のご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、健康を害し伺えず申し訳ございません。 故人のご冥福を祈って手を合わせております。 友人・先生宛の弔電• 幼なじみの友との別れの報に接し、悲しみでいっぱいです。 たくさんの思い出をありがとう。 どうぞ安らかにお眠りください。 最愛の友の訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。 仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にもひたむきだった彼。 ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、心からご冥福をお祈りいたします。 会いたい、会いたいと思っておりましたのに、こんな突然のお別れになってしまいました。 悔しくてなりません。 ご冥福をお祈りしたします。 先生のご訃報に接し、人生の師を失った悲しみでいっぱいです。 先生の尊いお教えは、私の心の中に生き続けます。 どうか安らかにお眠りください。 取引先企業の社長役員向けの弔電• 御社社長様のご訃報に接し、ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 御社社長様の不慮のご逝去の報に接し、御社ご一同様に衷心より哀悼の意を表します。 会長様のご逝去に際し、惜別の急を禁じ得ません。 ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。 社葬・団体葬への弔電• ご逝去を悼み、故人のご功績をたたえ、心からお悔やみ申しあげます。 会長様ご天寿を全うされました由、謹んで哀悼の意を表します。 突然のご逝去に接し、職場の一同、まことに驚愕、くやしさで言葉もありません。 深く哀悼の意を表わします。 御社社長のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 在りし日のすばらしい部長を偲び、はるかにご冥福をお祈り申しあげます。 通夜・告別式当日に確実に届けることが大事 弔電は一般的に、通夜や告別式に間に合うように、開始時間までに送るのがマナーです。 告別式の際に、喪主より弔電が読み上げられるのが一般的なので、その時間までに手配しなければなりません。 弔電の手配が遅くなると、相手が受け取れない可能性があります。 弔電は通夜・告別式当日に確実に届けることが重要ですから弔電を早めに手配しましょう。

次の

弔電まるわかり|会社別料金比較・送り方(宛名は?)文例は?

弔電 比較

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 弔電の金額相場についてご紹介します。 一般的な弔電の相場は、 およそ1000円~3000円程度です。 最近は台紙もいろいろな素材やスタイルのものがあり、さらに高い金額のものもあります。 ただ弔電はご遺族に弔意を伝えるものですから、金額にそれほど重きを置くことはありません。 そうは言っても故人との関係により相場が変わることもあり、弔電の内容による違いも見られます。 各社の料金の比較も含めて、具体的に見ていきましょう。 故人との関係によって相場が変化する 弔電の金額は、 故人との関係などによって違いがあります。 ここでは故人との関係性別に、弔電の金額の相場を具体的にご紹介します。 友人・知人 友人や知人の場合は、 1000円~3000円程度が多いです。 一般的にシンプルな台紙で送ることが多く、特に豪華にする必要はありません。 友人・知人が連名で送るときは、通常よりも立派なものにすることもあります。 会社の人 会社関係の人に弔電を送る際の相場は、 3000円~5000円程度です。 故人の生前の役職、送り手の立場などを考えて金額を決めるとよいでしょう。 個人で出すのであれば、相場はあまり気にかけることはありません。 場合によっては同僚などと何人かで連名で出しても構いません。 会社として弔電を打つのであれば、ある程度格式を持った方がよいでしょう。 ただ、金額を競うものではありませんので、あまりに豪華に飾る必要はありません。 親族 自分の親族の場合には、 3000円~7000円程度が相場です。 親族の場合、故人との関係の近さにより違いが見られます。 故人の兄弟などであれば、お花などがついた弔電で心を込めて弔意を伝えることも多いです。 逆にそれほど親しくない親戚であれば、1000円前後の弔電でも問題はありません。 弔電の内容によって料金が変わる 弔電の料金は、電文の長さや使う台紙など 弔電の内容によって違います。 急ぎの場合や他のオプションをつけると、料金は高くなります。 文字数 弔電の料金設定はいろいろありますが、 文字数により異なることが多いです。 中には台紙料金だけで文字料金が無料のものや、一定文字数までは無料の設定もあります。 ただ一般的には文字数が多くなれば高くなる設定が多いです。 台紙・電報の料金 弔電は電文を台紙に貼って送ります。 この 台紙の種類によって料金が変わります。 弔電用の台紙は、ごく一般的なシンプルなものから、刺繍のある台紙・布張り・うるし塗、さらにお花やお線香付きのものまでさまざまな種類があります。 主な台紙のタイプと料金の相場は、以下のとおりです。 ベーシックタイプ(紙):500円~1000円• 刺繍・押し花:500円~3000円• 線香付き:2000円~4000円• うるし塗:3000円~6000円• 花つき(生花・プリザーブド):5000円~1万円 上記以外のオプション 上記以外のオプションとしては、受取人名連記・毛筆縦書き・配達通知・利用証明などのサービスがあります。 配達時間を短くする特急便・即時配達などのサービスもあります。 料金はサービス内容によって変わりますが、 1件につき100円前後~1000円程度です。 弔電の料金比較 弔電を扱っている事業者は数多く、 業者によって料金が異なります。 台紙料金あるいは文字料金が無料という料金設定も多いです。 以下に主な会社の弔電の最低料金を記載しておきます。 各社が特色のある料金設定をしていますので、 比較して自分の希望に合うものを選択されるとよいでしょう。 ntt nttでは、電話とインターネットのD-MAILがあります。 nttの最低料金は 550円(台紙無料、文字25字まで550円)です。 インターネットで申込の場合、電話より若干安いです。 配達希望日の3日前までに申込む場合も、それ以降の申込より安くなります。 郵便局 郵便局にはWebの電報サービス「レタックス」があります。 レタックスの最低料金は 512円(台紙512円、文字無料)です。 料金は 台紙料金だけで、文字数の制限はありません。 Web料金は郵便局より80円安く、台紙は512円~5062円の6種類があります。 ドコモ、au、ソフトバンク等の携帯会社 携帯電話会社の電報料金も見ておきましょう。 ドコモは、上記のnttグループのD-MAILになります。 ドコモ:D-MAIL nttと同じ料金設定です。 最低料金:550円(台紙無料、文字25字まで550円)• au:でんぽっぽ KDDIグループの電報サービスです。 料金は、台紙料金に400文字までのメッセージ料が含まれています。 配達通知・利用証明のオプションもあります。 最低料金:1200円(台紙1200円、文字400字まで無料)• ソフトバンク:ほっと電報 ソフトバンクグループの電報サービスです。 オプションの即時配達もあります。 最低料金:1240円(台紙540円、文字25字まで700円) その他インターネット電報サイト その他の インターネット電報サイトとしては、次のようなものがあります。 インターネットでの申込で、電話申し込みはありません。 VERYCARD 佐川急便の弔電サービスです。 料金は、350字までは台紙料金のみで、文字料金はかかりません。 最低料金:1382円(台紙1382円、文字350字まで無料)• ハート電報 ぬいぐるみやギフト品とともにメッセージを届ける電報サービスです。 料金は、300字まで台紙料金のみで、文字料金はありません。 会員登録をすると1割引きになります。 最低料金:1320円(台紙1320円、文字300字まで無料)• エクスメール(exMAIL) 楽天の電報サービスです。 料金は台紙料金のみで、ご希望の場合はオプション品の料金が加算されます。 縦書き210字・横書き400字までのメッセージは無料です。 料金定額:1250円(台紙1250円、文字・縦書き210字・横書き400字まで無料) 以下の記事では弔電の金額相場、弔電サービスや書き方もご紹介しています。 ぜひこちらの記事もご覧ください。 レタックス レタックス専用の原稿用紙を適当な封筒に入れ、レタックスまたは電子郵便と朱記して投函します。 用紙は郵便局の窓口で受け取ることができます。 郵便局の窓口 郵便窓口で専用の原稿用紙を受け取り記入の上、差し出します。 支払いは、現金・切手あるいは料金後納も可能です。 FAX あらかじめ料金後納承認請求書を出し、原稿とレタックス差出票をFAX送信します。 電話 上記FAXの場合と同様に料金後納承認請求書を出し、電話で原稿を指定します。 インターネット インターネットは、 画面で文章・台紙を自分で確認しながら選べるので便利です。 いつでも申込みができることもメリットです。 電話での電報サービスも行っている上記各社をはじめ、以下のサイトから申込できます。 生死に関する直接的な表現 死ぬ 生きる• 繰り返しや重ね言葉 たびたび 重ね重ね• 不吉なことを連想させる言葉 4・9などの数字• 仏教独特の表現 冥福 往生 弔電は葬儀前に届くようにする 弔電は、 お通夜や告別式が始まる前に届くように手配しましょう。 お通夜が始まる前に時間的余裕をもって式場に届けるのがベストです。 お通夜に間に合わないときは、葬儀・告別式の始まる数時間前には届くようにします。 弔電は通常葬儀・告別式の席で披露されます。 葬儀の開始時間にも間に合わないときは送るのはあきらましょう。 別途お悔やみの手紙を書くか、時期を見てお悔やみを直接伝えた方がよいです。 故人の呼び方に注意する 弔電では故人の呼び方に注意する必要があります。 弔電は基本的に喪主に送るものですから、 喪主から見た故人との関係を表す呼び方をします。 その際の敬称は、 一般的な敬称より格式の高い敬称を用います。 例えば、喪主が伯父伯母のときはご母堂様と言います。 以下によく使用される敬称を記載しておきますので、参考にしてください。 弔電は訃報を受けたときに喪主に弔意を示すために送る電報である。 本来お通夜や告別式に参列できない場合に送るが、参列するときでも送る方も多い。 一般的な弔電の相場は、1000円~3000円程度である。 ただ、弔電は弔意を伝えるものであるから、金額に重きを置くことはない。 弔電の金額相場は、故人との関係によって異なる。 友人・知人のときは1000円~3000円、会社の人は3000円~5000円、親族は3000円~7000円程度である。 弔電の料金は文字数や台紙など弔電の内容によって違い、オプションをつけると高くなる。 各事業会社で異なる料金設定があるので、自分の希望に合うものを選ぶとよい。 弔電を申し込む方法は、電話、郵便局、インターネットがある。 インターネットは台紙を自分で確認しながら選ぶことができ、いつでも申込みできる。 弔電では、忌み言葉は使わない、葬儀前に届くようにする、故人の呼び方に注意する。 弔電の料金相場や申込み方、送る場合のマナーを詳しくご紹介しました。 今まで弔電を送ったことがない方も、ほとんどの場合いつかは送る機会があるものです。 いざという時、ご紹介した内容を参考にしていただければ幸いです。 「終活ねっと」では他にも弔電や葬儀に関する記事を多数掲載しております。 以下の記事では、弔電と香典をあわせて送る場合について詳しく解説していますので、気になった方はぜひこちらの記事もご覧ください。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の