エンゼル フォレスト 那須 白河 ブログ。 エンゼルフォレスト那須白河のブログや口コミ【WOM CAMP】

冬ならでは

エンゼル フォレスト 那須 白河 ブログ

今年は梅雨明けが早いようですが、7月5日現在福島県はまだ梅雨明けしておりません。 しかし梅雨の期間中も今年は晴れの日が多い為、例年ですと閑散としているキャンプ場が週末になると多くのお客様で賑わっております。 自然の中で過ごすオートキャンプの楽しみ方や魅力は色々とあると思いますが、キャンプで使う道具も魅力のひとつではないでしょうか?テント、タープ、寝袋、調理器具、焚火台などなど。 中でも夜の野外を暖かみのある光で照らす、こちらのような ホワイトガソリンランタンには独特の魅力があります。 扱いやすさや持続時間ではLEDランタンのほうが格段に上ですが、ガソリンを燃やして明かりを灯すという、原始的とまでは言えないですが、レトロな感じの作業が不思議と心地良かったりします。 ホワイトガソリンランタンについてあまり良くご存じない方のために簡単に説明致しますと、まず燃料にホワイトガソリンを使用します(これは名前からお分かりになりますよね)。 自動車の燃料のガソリンは、赤く着色してあり、更に点火しやすいように添加物が加えられています。 これに対してホワイトガソリンは添加物が加えられていない無色透明のガソリンです。 ガソリンを気化するジェネレーターという細い管の部分が詰まるのを防ぐ為に、無添加のホワイトガソリンを使う必要があります。 ランタンの下部の丸みを帯びている部分が燃料タンクで、キャンプを外してガソリンを入れます。 ガソリンを入れたら、今度は燃やす前にポンピングという作業が必要になります。 この作業によって燃料タンク内の空気圧を上げて、燃料バルブを開くと白い布袋のような「マントル」という部分にガソリンが噴射するようになります。 この状態でマントルに点火用の火を近づけますと、噴射しているガソリンが燃えて、マントルが発光しだします。 ガソリンが燃える熱でジェネレーターが温まりますと、マントルに到達するまでにガソリンが気化するようになり、より明るくマントルが発光するようになります。 ここで追加でポンピングを(通称:追いポン)すると、更に燃焼・発光が安定してきます。 だいたい7~15時間くらい燃焼します。 それくらい燃えれば暗くなってからテントに入って眠るまでの間のサイト内の明かりとして十分です。 使い方はこのような感じで、通常のメンテナンスとしては、マントルの交換(だんだん弱くなり振動で破れたり落ちたりします)、ポンピング部分への潤滑油の給油などをします。 手間がかかるのを面倒くさいと思うか、レトロで楽しい作業と思うかでホワイトガソリンランタンの好き嫌いが大きく分かれてくるのではないでしょうか。 ただ明るければ良いのであればLEDランタンを使えば良いですが、そもそも合理的であれば良いのであればキャンプ場に泊まったりはしないですよね。 寝心地を考えればベッドで寝たほうがいいですし、ダッチオーブン料理が美味しいとはいっても、本当に美味しいものが食べたいだけならばお店にいったほうがいいでしょうし。 製品によっては、コレクターズアイテムとしてのホワイトガソリンランタンという側面が強い物もあります。 今回の写真で使用しているランタンは、「コールマン社製シーズンズランタン2008モデル」です。 アウトドアメーカーの王道と言っても差支えないコールマン(コールマン・ジャパン)が毎年数量限定で生産しているホワイトガソリンランタンで、近年の物はともかく初期の物などはかなり入手することが難しくなっています(ここ数年のモデルであれば、当施設内アクティビティーセンターに在庫がある物もあります)。 キャンプ時に使用するのは勿論、ご自宅の一室に並べて眺めたり、たまに点灯したりメンテナンスしたりするのも楽しいかもしれません。 そうこうしているうちにキャンプをしたくなってきたりするかもしれません...。 その時はエンゼルフォレストも候補地に入れてくださいね。 支配人 渡邉でございます。 今日で6月も終わり、明日から7月になりますが、先日6月29日にはいよいよ関東甲信越地方の梅雨明けが発表されました。 観測史上最も早かったのは2001年7月1日という事で新記録達成といったところでしょうか。 これから夏本番ですね。 さて、今回はちょっとホッコリな話題を載せせてみようと思います。 場内某所に見つけたツバメの巣です。 リニューアル工事や何やらで最近見てないと思っていたら、今年は見る事ができました。 ツバメといえば、家に巣作りをすると地方によって若干違いはあるようですが、縁起が良いといわれております。 安全な場所にしか作らないので火事にならない、病人が出ない、豊作になるなどなど。 古代ギリシャの女神アプロディーテーの聖鳥の一つとされ、ヨーロッパでも大切にされているようです。 まさに今、巣作りの最中です。 無事に巣だっていってほしいと願って、見守りたいと思います。 こんにちは、施設管理スタッフの池田です。 6月もそろそろ終わりで、夏が近づいてきました。 この季節、特に雨が降っている時などに池の近くに行きますと、「ゲコゲコ、グワッグワッ」というカエルの鳴き声が賑やかに聞こえます。 先日、エンゼルフォレスト内の別荘地「オーナーズフォレスト」内にある公園の池に行きましたら、こちらを見つけました。 池のほとりに生えている松の枝に、10cmくらいの泡状の物体が付いています。 ご存じの方も多いかと思いますが、モリアオガエルの卵です。 モリアオガエルは主に樹上で生活しているカエルですが、このように特徴的な卵の産み方をします。 この泡の中に300個~800個くらいの数の卵が入っているそうです。 卵は産みつけられてから2週間くらいで孵化して、泡の中からオタマジャクシがボトボトと落ちてきます。 ついでにエンゼルフォレスト内で見かけた他のカエルもご紹介しますと、 こちらがニホンアカガエルです。 近縁のヤマアカガエルという区別しづらいカエルがいますが、模様からしてたぶんニホンアカガエルのようです。 こちらはアズマヒキガエル。 大型のカエルで、見つけた個体は12cmくらいありました。 春から夏頃にエンゼルフォレストにいらっしゃいましたら、水辺などを歩いてみますと、他にもツチガエルやシュレーゲルアオガエルなどに出会うことがあるかもしれません。 そうそう、もしモリアオガエルをご覧になりたい場合は、今ならアクティビティーセンターに行くと水槽の中で卵を産んだばかりのカエルに会うことが出来ます。 食事中の場合、口からコオロギの足が出ていたりすることがあるかもしれませんが、基本的には可愛らしい姿で皆様をお待ちしています。 こんにちは! アクティビティセンターの大森です。 ホタルは 湿地園で見られ、 20:30~21:00頃に活動のピークを迎え、6月中旬~8月上旬までが見頃です!! ちなみにゲンジボタルは6月中旬~7月上旬、ヘイケボタルは7月上旬~8月上旬が見頃です。 こんにちは、フロント担当の星です。 ありがとうございます。 今回は先週の月曜日から1週間、インターン研修に来ていた学生さんに 最後のブラッシングをしていただいた写真をアップします。 気持ちよさそうなジーナ\ -o- / 研修生2人がかりでブラッシングです!! 顔!! 毎日、お散歩やブラッシング・耳のお掃除など、ジーナのお世話を してくれました。 ジーナも毎日楽しそうにお散歩に出かけてましたよ。 支配人 渡邉でございます。 来年のお話になりますが、平成31年9月28日から10月6日の間、FICCオートキャンプ世界大会が実施される事になりました。 FICCとは、Federation International de Camping , Caravanning et Autocaravaningの略で32カ国、約56の団体が加盟する世界最大の国際キャンプ組織です。 その国際大会がエンゼルフォレスト那須白河がある福島県羽鳥湖高原にやって参ります。 その大会の宿泊施設として当社も選ばれているわけですが、日本での開催は1994年に島根県、浜田市の石見海浜公園で第55回大会が開催されており、実に25年ぶりの開催となりますので、この機会に参加してみてはいかがでしょうか。 また、その世界大会のプレ大会という位置づけで、今年10月19日から2泊3日の日程でジャパンキャンピングラリーが開催されますので、こちらも是非ご検討いただければと思います。 お問合せは、天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会内「第89回FICCオートキャンプ世界大会実行委員会」まで TEL:0248-94-2232 FAX:0248-82-2105 E-mail:89th. ficc. rally gmail. com こんにちは、施設管理スタッフの池田です。 夏が近づいてきて、色々な昆虫・爬虫類・両性類を森の中で見かけることが多くなってきました。 先週はキャンプ場で見つけたミヤマクワガタをご紹介しましたが、本日もまた施設内に生息するクワガタのご紹介です。 コクワガタです。 ミヤマクワガタよりかなり小さく、こちらはオスですがメスのミヤマクワガタと同じくらいの大きさです。 ちなみにこの種は5亜種に分類され、他にハチジョウコクワガタ、ヤクシマコクワガタ、ミシマコクワガタ、トカラコクワガタというのがいて、どれも普通のコクワガタよりも赤色が濃いそうです。 名前から推測出来ると思いますが、それぞれ八丈島、屋久島などの地域限定クワガタのようです。 そちらにご旅行の際にご興味がございましたら是非探してみてください。 コクワガタはクヌギ、コナラ、カシ、ヤナギなどの広葉樹の樹液に集まるそうで、一応夜行性だそうですが、他のクワガタほど徹底しているわけではなく昼間にも活動するそうです(節操のないクワガタですね)。 調べてみますと木を蹴ると落ちてくることがあるなどという情報もありまして、エンゼルフォレスト内にもコナラやヤナギが生えているところがありますので、見つけて打撃(サイドキックが適当かと思います)を加えてみるのも捕獲する方法のひとつかもしれません。 ただし、こちらの方法をお試しになる際には、打撃の強度や脚の頑健さやギャラリーの有無などに十分ご配慮の上、安全第一で行っていただくようお願い申し上げます。 コクワガタは結構長生きするクワガタのようで、成虫で2~3年生きることもあるそうです。 捕獲出来たら温度や湿度などに気を付けて大事に飼育してみるのも良いかもしれませんね。 投稿ナビゲーション.

次の

エンゼルフォレスト那須白河【公式】|ペットと泊まれる宿

エンゼル フォレスト 那須 白河 ブログ

どうもUNEです。 エンゼルフォレスト那須白河に行ってきたのでその時の様子をご紹介。 ホテルみたいな受付です。 チェックインを済ませたらサイトへ移動です。   メインの通りはタイルが敷き詰められています。 キャンプサイトやコテージサイトへクルマを移動するにはここを通ります。 ワゴンの出店では軽食を販売していたり、その横にはワークショップが体験できるブースも設営されていました。 日中はクルマの行き来が多いので子どもやワンちゃん連れの人は気をつけてくださいね。 写真には写っていませんが、ここの通りに足湯があります。 到着時に足湯でロングドライブの疲れを癒しました。 サイトは水はけのよい砂利。  サイトは砂利で水はけ良好。 受付で前日の天気は夕方から夜にかけ強めの雨が降っていたとのことでしたが地面は乾いていました。  この黒っぽい砂利の上にクルマを停めます。 奥行きのあるサイトなのでレイアウトは必然的に決まります。  テントはここに張ります。 かなり目の細かい砂利が敷いてありゴツゴツ感はありません。 木々に囲まれているので涼しいです。 タープはポリコットンのタトンカ3TCです。 大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいサイズ感。 以前、豪雨の中張りましたが雨漏れも無く頼れるタープです。  タトンカ越しの緑がすごくきれい。 こういうのが楽しめるのがキャンプのいいところですよね。   お隣のサイトとは適度な距離感が保たれていてプライベート感は充分です。  サイドはメッシュにして風通りをよくしました。  我が家のマスコット犬も気持ちよかったのか、設営中にお昼寝タイム。 陽が落ち始めたらキャンプの楽しみ第2ラウンドの始まり  楽しい時間はあっという間。 立秋も過ぎて陽が落ちるのも早くなってきました。 夜でも明るい街中で過ごす日常では気がつきにくい太陽の動き。 自然を感じるというのはこういうことなんだなと思います。 キャンプはとにかくのんびりを楽しみます。    夕飯はダッチオーブンで作った料理に舌鼓をうち、暗くなったらお気に入りのランタンに火を灯します。 こちらは香り風呂。 宿泊中は「ラムネ風呂」でした。 温度は42度くらいでした。 ビー玉になった気分でのんびりと温泉を満喫。 実は宿泊者は滞在中、何度でも入浴可能という特典付きなんです。 天然温泉でお肌にとても良いのだとか。 )  壺湯は香り湯より少し温度が高めでした。 しっかり身体が温まり寝落ちしそうに…。  メインの岩露天風呂は広々していていい感じ。 足を伸ばして日中の疲れを癒しました。  サウナまでありました。。 なんて贅沢なキャンプ場。。  内湯はこんな感じ。 満サイトと言われていたので混むかと思いましたが、これだけ広いので心配無用でした。 最終入浴受付が21時半までで、入浴は22時までです。 もちろんサイト周辺は街灯を落としているので明るすぎるという事はありません。 カロリーモンスター降臨 温泉でさっぱりしたら設置してある自販機で冷たいドリンクで水分補給。 よくキャンプは「不便を楽しむ」なんて言うけれど、自販機の前では一旦それは一時停止。 火照った体には、キンキンに冷えたジンジャーエールが最高のご褒美です。 「不便を楽しむ」の一時停止を解いたらサイトに戻りましょう。 僕たちが泊まったサイトまでは歩いて5分ちょっとかかりました。 他のサイトでは皆んな思い思いの時間を過ごしています。 いわゆる「うぇーい!」な人々はいないのでとても静かでした。   さてさて、サイトに戻ったら昼間仕入れていた板チョコと牛乳をシングルバーナーとクッカーを使い、カロリーモンスターへと変身させます。 これはカロリーの権化、「チョコレートフォンデュ」です。 砂糖の塊のマシュマロに、砂糖の塊のチョコレートを絡ませて熱々のうちに口へと運びます。 実はこのカロリーモンスター、さらなる進化を遂げます。   【おさつスナック】というエクスカリバーを手に入れたカロリーモンスターは、 メガカロリーモンスターへと進化。 残像になってしまうくらい必死にモンスターに戦いを挑んだ僕たち。 夏場は仕方ないですけどね。 12時を過ぎた頃から雨が強くなり、ランドロック内も雨の音に包まれました。 結構な雨でしたが雨漏れなどは皆無。 さすがはランドロック、キャンプの安心は信頼のギアから生まれます。 いつもより大分早起き。 キャンプマジックですが早起きしちゃうんですよねえ。 ランドロック内で雨の音を聴きながら談笑して寝たのが12時過ぎ。 でもアラーム無しでも5時くらいには起きれちゃうんです。   シングルバーナーでお湯を沸かします。 お気に入りのスノーピークのチタンマグ。 少しづつ焼き色が付いてきました。 この「使ってる感」かっこいいんだよな。   キャンプの朝食はランチパックに限ります。 ピーナツバターばかり食べていましたが今は小倉&マーガリンをひたすらリピート。 今回はマンゴークリーム&ホイップのニューアイテムも食べました。 賢者タイム到来 「撤収開始」  撤収日は小雨が降ったり止んだりの状況。 乾燥撤収は諦めて11時のチェックアウト合わせ撤収しました。 撤収のコツは、まずは小物からですね。 それと前夜に出来る片付けはしておくのがポイントです! エンゼルフォレストのよかったところ 快適に過ごせたエンゼルフォレスト那須白河。 僕がよかったなと思ったポイントをまとめます。  温泉がよかった! なんといっても温泉が最高。 (4kgで480円なので平均的な値段ですね。 時期的にだと思いますが乾燥がもう一歩な感じ) このキャンプ場は元々コールマンが運営していたようで、コールマンメンテナンスライセンスを保持したスタッフが在籍していました。 特筆すべきは「手ぶらキャンプセット」です。 一式揃って1万円!! 見たところシュラフが夏用なので冬場は厳しいと思いますが夏にはいいですね。 1人あたり2500円ですから圧倒的なコスパです。 あ、レンタル品をよく見ると冬用のシュラフもある…。 ホットカーペットも…。  炊事場がよかった! ここの炊事場、熱湯出ます。 熱湯ですよ熱湯。 お湯じゃありません。 熱湯コマーシャルみたいに1人で熱がっていました(笑) 全体の設備が綺麗過ぎるので感覚が麻痺していますが綺麗な炊事場です。 でもね、熱湯なんですよ。 洗い物がとにかく楽にできます。 洗剤も一般的なものが使えました。 (フロッシュなどのエコ洗剤しか使えないところもあります)  売店がよかった! 売店のレベルを超えてもはやお土産やさんレベル。 お土産の種類が豊富なので、こちらでのんびり過ごしてしまってもここでお土産が揃っちゃいます。 料理に使おうと思ったミネラルウォーターが結構なレジャー価格でビックリしました。 でも、炊事場の水道水は飲めるとのことだったので買わずにすみました。  アクティビティがよかった! 天気の関係でカヌーには乗れませんでしたが、アクティビティが豊富です。 カヌー乗りたかったなあ。  キャンプ場中央には人口の湖があり、釣りも楽しめます。 もちろんレンタル品があるので手ぶらでOK!  そしてサイクリング。 キャンプ場全体の道は舗装路なのでサイクリングを楽しんでいる人が多かったです。 もっと温泉も入りたかったし、キャンプ場がとても広いので全体をみて回れず。。 コインランドリーもあるので長期滞在も楽に出来てしまいます。 唯一、食材の買い出しは片道30分かかるのでそこだけクリアできればキャンプ場から出ずに連泊可能です。 僕も8月のキャンプでしたが、3月時点で予約。 5月に空き状況の確認をしてみましたがほぼ埋まっていました。

次の

犬と一緒にお泊り♪ 第2弾 【エンゼルフォレスト那須白河】

エンゼル フォレスト 那須 白河 ブログ

第2弾は今年8月にお世話になった【エンゼルフォレスト那須白河】さんを紹介します。 「犬と一緒に泊まれる宿」おすすめ! 第2弾 目次• エンゼルフォレスト那須白河の情報• エンゼルフォレスト那須白河のおすすめポイント• 愛犬と一緒に旅をしたり大自然の中で楽しむことで、愛犬との信頼関係を深め、愛犬ともっともっと仲良くなれるリゾートを目指しています。 エンゼルフォレスト那須白河での体験を通して、愛犬が犬として生きる喜びや家族の一員として生きる喜びについて、ご家族皆様であらためて共有していただけることをスタッフ一同心より願っております。 また、そのような愛犬の気持ちを日本中の一人でも多くの方に共感していただくことで、人と動物とのより良い共生社会づくりにも貢献していきたいと考えています。 引用元:より 福島県にあるこちらは、東北はもとより関東からのお客さんが多いかもしれません。 私たちが宿泊した時はお盆休みということもあり、大勢の宿泊客で賑わっていました。 エンゼルフォレスト那須白河のおすすめポイント• コンセプトのままのワンちゃんのため、飼い主のための施設ということ! 宿泊者のほとんどがワンちゃんと一緒に来ていると思います。 他のお客さんも犬連れなので、過剰な気遣いが要らないのでストレスがない。 (これは凄く気が楽)• ほとんどの施設にワンちゃんと一緒に入れること• 宿泊プランが充実していること• 宿泊棟の種類がたくさん&オートキャンプも可能• レストランももちろんワンちゃんと一緒• 敷地が広大でたくさんのアクティビティがある• 230件のビュー April 12, 2020 に投稿された• 155件のビュー March 12, 2020 に投稿された• 152件のビュー September 30, 2019 に投稿された• 142件のビュー December 14, 2019 に投稿された• 111件のビュー April 18, 2020 に投稿された• 97件のビュー June 17, 2020 に投稿された• 82件のビュー December 28, 2019 に投稿された• 76件のビュー March 14, 2020 に投稿された• 75件のビュー March 30, 2020 に投稿された• 72件のビュー April 2, 2020 に投稿された.

次の