大島椿 ヘア カラー トリートメント。 大島椿 カラートリートメントのレビュー

【口コミ・体験談】白髪対策に大島椿ヘアカラートリートメント

大島椿 ヘア カラー トリートメント

大島椿ヘアカラートリートメント 大島椿といえばヘアオイル。 昔からヘアケアコーナーに、ガラスのビンに入ったオイルが売られていたのを覚えています。 なんと昭和5年からヘアケア品を作ってるんですね~、大島椿さんって。 何度かリニューアルされてますよね。 パッケージは外箱は大島椿とわかりやすいイラストつき。 本体チューブはシンプルでした。 大島椿さんで作っている以上は、椿油が配合されているはず。 と思った通り、ちゃーんと大島椿の油が配合されてました。 さて、それではこの白髪を染めてみます 使い方は標準的なもの。 シャンプー後にタオルドライして塗布し、5分くらい待ちます。 説明の通りに塗布し、待ちます。 液はとろりとしているタイプ。 冬場は固まりやすいかも? 髪に塗布している間、椿油の上品な香りがします。 人工的な甘い香りじゃないのが、個人的にはポイントが高いですね~。 こんな香りなら、男性が使っても抵抗がないんじゃないかな? オイル配合のヘアカラートリートメントはたくさんあるんですけど、製造元がオイルのメーカさんとなると、液もかなり油っこいんじゃないか・・・と想像してました。 しかしそんなことは全くありませんでした(笑) 髪によくからんでくれるので、タオルドライさえちゃんとしておけば、待ち時間の間に流れてしまう、ということもありません。 ちゃんと染まりました~ 思ってたより、色が入りましたよ!嬉しい。 大島ツバキヘアカラートリートメントの外箱には、染まり方の一例として写真が印刷されているんですが、それを見るとあまり染まらなそう?と感じるんですよね。 この写真を見ると、5回目くらいでやっと褐色に染まるのかな、って感じじゃないですか。 ところが1回でちゃんと色が入りました~。 椿油配合ってこともあり、ひょっとしたら重たい仕上がりになる?と思っていましたが、予想に反して軽い仕上がりでした。 油分が不足しがちな白髪には、ちょうど良い感じですね。 天然成分の配合を謳っている白髪用ヘアカラーって、髪に優しいかわりに、なかなか色が入らないものが多いです。 大島椿ヘアカラートリートメントは、公式ページで紹介されている染まり方もあまり強くないというか。 3回使ったあたりで、やっと色がついてきたかな?くらいの写真が掲載されていたので、色の入り方はあまり良くないのかな・・・思っていました。 でも、実際には 白髪用ヘアカラー用としては色が入る方でした。 椿油が入っているということで、ひょっとしたら油っぽく重たい仕上がりになるかも?と思っていましたが、予想に反して軽い仕上がり。 水分も油分も不足しがちな40代以降の髪には、ちょうどいいと感じられました。 難を言えば、補修力が期待したほどではなかった、ってところでしょうか。 もちろんゴワゴワにはなりませんけど、もうちょっとサラサラした仕上がりになるかと思ったけど、そうでもなかったです。 もっとも、このへんの感じ方は、好みの問題もありそうですね。 大島椿ヘアカラートリートメントは全体的に、なかなか良いと思える白髪染めでした。

次の

大島椿 / ヘアカラートリートメントの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

大島椿 ヘア カラー トリートメント

ついに出ました~! と言っても、ちょっと前から発売されてましたが。 大島椿さんの、白髪用のヘアカラートリートメント、発売再開です。 以前は、東急ハンズとか行ったら売ってたんですが、一旦製造中止になってしまって。。。 とても残念でした。 カラートリートメントは、自宅でできてとても便利ですが、落ちやすいということと、何回かやらないと染まりにくいという欠点があります。 ところが! 市販のもの中には、1回でも結構染まるものがあり、カラートリートメントなのに! 私も何種類か使ったことがありますが、やはり結構かゆくなりました。。。。 私はハタチくらいから白髪が多く(これは鉄欠乏のひどさを表しています)、若白髪というんでしょうか、もう若い頃からあきらめていて、でも染めるほどではない。。 30代後半くらいからですかね。 染めだしたの。 最初は、ヘアマニキュアにしてましたが、やはりすぐに落ちるので、ヘアカラー(いわゆる白髪染)を美容院でやってもらってました。 でも、根っこからすぐに白髪出てくるでしょ? なので、1か月半とかで次のヘアカラーの予約を取って行くと、担当の美容師さんが、そんなペースでヘアカラーをやっていると、年いくと、頭皮がやられて、毛穴も広がって大変なことになるから、3か月以上は空けたほうがいいですよ、ヘアマニキュアなら、3週間や2週間で次染めてもいいですよ、と教えてくださいました。 まともな美容師さんは、皆さん、ヘアカラーの害を一番身近で、しかも大勢のお客さんの頭皮と髪の毛で見てますから(実際、自分やスタッフの手や皮膚につくとどうなるか、ということも)、ヘアカラーがいかに悪いか、知っています。 でも、お客さんが、やれ、やれ、というから、断ると、他店に行かれるので、断らないという営業重視の考え方です。 すごく良い、良心的な美容師さんは、必ず、私の時のように言ってくれます。 (ひどい店は、ヘアマニキュアというメニューすらない! 髪の毛は、自分の作品だと思っている美容師もいて、キレイに染まらない、好きな色の染められないなどの理由で、置いていないそうです。 実際、そう言われた患者さんがおられて、美容院変更されました。 ) で、それ以来、ずっとヘアマニキュアで、だいたい月1回染めてもらってます。 でも、それだと、やっぱり根っこの生え際とか白髪出てくるし、忙しくて行けない時など、家で染めるしかありません。 市販のヘアマニキュアも、ちょっとむずかゆい気もする。。 そのくせ、すぐに落ちる。 美容院のほうがもちがいい。 ヘナのも持ってますが、時間がかかりすぎるので、まだチャレンジしてません。 患者さんでされている方を見ていると、白髪だけオレンジ。 綺麗ですが、私の普段の白衣にどうかな。。。 とまだしてません。。 で、カラートリートメント。 こちらの大島椿さんのだと、私の場合、不快感がない!! 市販でもっと染まる(ビックリするくらい染まるのもあります)のは、なんかかゆい。。 すごく染まる、ということは、それなりに添加物もいろいろ入っていたり、新成分もあるんでしょうけど、カラートリートメントでしっかり染まりすぎるというのも、普通に考えて危なくない?と思います。 取れにくければ取れにくいほど、よく染まれば染まるほど、トラブルが多いような気がします。 昔は、年に1~2回くらい、ヘアカラーをしたことがあり、夏に、美容院の帰りい色落ちしてジャケット汚したり、着物着る時心配で。。 としましたが、かなりかゆい。。。 かゆさMAX!! 私はかぶれはしませんが。。 できればやりたくない。 何年前か忘れましたけど、夏にヘアカラーしてもらっている最中に、体中のカラータイマーが、ピコーン!ピコーン!と危険を知らしているのが、とてもよくわかりました。 やっている最中からおそろしくて、それ以来してません。 ヘアカラーに入っている「ジアミン」、皆さんが使っているのにほぼ全部入っていると思ってください。 先日から話題にしている、「接触性皮膚炎」の原因。 ダントツ1位は、「ジアミン」です。 ヘアカラーです!! (そのうち、厚労省、規制かけないのかな~と個人的に思ってます) 私に関しては、生え際のところは、銀の光触媒のを使ったりしてなかなか調子よかったですが、これは全体にすると、ばしばしになるので(塗って乾いた直後ね)、長い髪や全体には向かない。。 そうしたところに、大島椿のが生産中止~?!!と困っていたら、再開です!! 良かったです~!! こちらは、アマゾンと楽天ダイレクトとロハコと、契約している調剤薬局とクリニック限定発売だそうです。 ネットで頼むのが大変という方は、うちでも取り寄せできますので、事前にお申し付けください。 1本、税込み ¥2. 670です(1円単位は、切り捨てしてます)。 早速、明日使ってみようと思います。 島田順子さんや草笛光子さんのような白髪ヘアを目指しているのですが、まだそこまでいかない中途半端なので、ちょっとまだ染めないといけないレベルなんです。 まだ先は長いのかな=。 嬉しいような、じれったいような。。

次の

大島椿 ヘアカラートリートメント ダークブラウンの口コミ徹底調査!白髪染めしながらエイジングケアもできる??

大島椿 ヘア カラー トリートメント

「 椿油」の表記は国産100%ではない可能性 日本のツバキ科ツバキ属のヤブツバキから取れる純国産100%の油はカタカナで「 ツバキ油 」と表記されます。。。 と似ていますね。。。 日本の伊豆大島、長崎の五島、新潟の佐渡で有名な 「日本人が認識している本物のツバキ」の油だと勘違いします。。 黄色い箱にお花も大島椿って書いてあるし。。。 (成分は、ヤブツバキ以外の「 主に中国産のユチャの実」から取れたカメリア種子油が使用されています) 付属のブラシは 「」のように根本の白髪に乗せるというよりは、 毛先までクシでとかす全体染め用のブラシ。 ブラシでとかすほどに 根本の白髪の染まりは弱くなりやすい構造のブラシに美容師パパは感じます。 美容師パパは色々と。。 白髪用には少し厳しい気がします。。。 (白髪の染まりはぐらいの染まり方) 付属のブラシ、油分、色みをトータルで考えると、いまいち使い所の難しいチグハグな印象。 使うたびに髪に潤いとツヤを与え、ハリ・コシのある美しい髪に。 「大島椿」はドラッグストアでも、置いているところがあったり、なかったり。。。 箱のシールが剥がしづらくて、なかなか開けられず苦戦した美容師パパ。 大島椿のパッケージは箱が開けやすいです! 中には、説明書。 塗り方の実践も、モデルさんの画像つきで説明してあります。 手袋は入っていませんが、ブラシが付属しています! (カラートリートメントで、ブラシが付属するのは他にはぐらい) ちょっと細めですね。。。 裏面には「ダメージケア・エイジングケアもできるヘアカラートリートメント」 成分をみると「 あれ?ツバキ油が入っていない。。。 」 注目は付属のブラシ! ブラシが細いのは「チューブの穴」と同じ大きさ!1回ずつだして塗りやすい!! 薬はやや固め。 ニオイはほとんど無臭だけど、かすかに油っぽいニオイがします。 ブラシでとかすと、結構しっかりテンションかかります。 美容師の言う「テンション」は「ひっぱり度合い」のこと! テンションがかかりやすいということは。。。。 ブラシで毛をとかしたときに、せっかくリタッチで白髪にぬった薬がとれちゃいます!!! 歯の長さも深いので、 薬がたっぷりとブラシの方に溜まっているのがわかると思います。 白髪に塗っているつもりでも、実際は染まりが弱いっていうときはよくある原因の一つです! 使った後のブラシの汚れは、お湯だけできれいに落とせます。 大島椿白髪染めトリートメントを素手で染めました 手の染まり・色移りはそれほど気にならないレベル。 シャンプー後にちょっと手のひらがくっつく感じが残ります。

次の