佐久間安政。 「佐久間」さんの名字の由来、語源、分布。

佐久間安政の紹介

佐久間安政

これが安政の大地震 ペリーがやってきてしたのは安政元年(1854)ですが、この「安政」年間というのは、字面とは逆に、日本が大混乱した時期でした。 安政元年(1854) 3つの大地震による津波で静岡から四国・九州まで大被害 安政2年(1855) 安政の大地震 安政3年(1856) 安政の大洪水(巨大台風が関東直撃) 安政4年(1857) インフルエンザ大流行 安政5年(1858) 大流行(死者10万人とも26万人とも) 安政6年(1859) 安政の大麻疹(はしか大流行)…… といった具合です。 今後、それぞれの惨状を追ってみる予定ですが、とりあえず今回は有名な「安政の大地震」の現場を見に行きましょう。 安政2年10月2日(1855年11月11日)夜10時頃、江戸を大地震が襲いました。 マグニチュードは6. 9ですが、直下型なので大きな被害をもたらしました。 『安政見聞集』には、地震の様子が次のように書かれています。 《今年安政2年10月2日夜亥時。 大地震ありて。 大江戸近国四方20里ばかりは。 皆此(この)災にかゝれり。 そが中にもとりわき大江戸市中を以て太酷といはんか。 抑(そもそも)其(その)地動の発するや地底に大地の音の如き響ありて。 忽(たちまち)地上激浪のうつ如く震動き。 地裂天堕るかと驚かれ。 見る見る100万の人家。 倉庫神社仏寺。 傾覆し。 是が為に打殺されしもの。 幾ばくといふ数をしらず。 或は梁(はり)におされ或はくだけし柱にはさまれ。 又瓦屋根。 2階の下に。 敷かれ土蔵の壁土に埋もれ。 などしたる。 男女老少。 泣さけび助けてくれよ。 起して玉はれ(たまわれ)と。 よばはる声。 もの凄きに。 火また四方より炎々と燃出。 焔(ほむら)天をこがすといへども。 人々畏れあはてるをりからなれば。 心神混乱し酔るが如くにて防ぎ消さんとする念なし。 火は四方遠近。 はかりがかしといへども。 30余所ばかりに見え。 何れの方より風吹き来るとも。 市中残る方なく焼なんこと必せりとみゆ》 幸いなことに風は普段より弱く、明け方近くにはすべての火が消し止められました。 それでも、死者は当時の記録では13万とも22万とも36万とも書かれています。 実際のところは、地震学者・関谷清景の推測では7000人とされています。 これは悲惨! 売春中に地震が!(吉原の揚屋) さて、古来、日本では、地震の際に、さまざまな予兆が記録されています。 いちばん多いのが、怪光現象。 最古のものは『三大実録』(901年)で、 《(869年)陸奥国、地、大に震動し流光昼の如く隠映す》と記録されています。 安政の地震でも怪光は目撃され、 《怪しき光りもの四方にひらめきわたるやいなや、大地俄(にわか)に鳴動》(『時風録』) 《大地たちまちに裂破れ一だう(一条)の白気発す。 その気ななめに飛さり金龍山浅草寺の五重のなる九輪を打まげ、散じて八方へちる》(『江戸大地震末代噺之種』) などと書いてあるそうです。 これは、大地の結晶物質の崩壊による発光現象とも電磁波とも言われますが、定かではありませぬ。 で、どうやら地震と磁石には関係がありそうだということで、日本で初めて作られたのが、目覚まし時計を応用した地震予知機。 仕組みは簡単で、地震が起こる直前に磁石が弱くなるという現象を利用しています。 下図で鉄針が磁石から離れると、重りが落下、その動きに連動して上方にある鈴が鳴る構造。 佐久間象山の地震予知機 一方、地震の被害に驚いた幕府は、蘭学者・宇田川興斎に命じて、オランダの『ネーデルンツセマガセイン』を訳させます。 それが『地震預防説』ですが、ここには 《地震は地下に鬱伏せる電気より発するものにして、夫(か)の大気の時令節を失い、雷電空中に起ると一般の理なり》 と書かれています。 それで、地中深く銅製の柱を埋め込み、「越列幾的児」(エレキテル)を空中に放出することで、地震を防げるとしています。 これが日本初の地震予防策でした。 明治になると、地震研究は長足の進歩を遂げます。 明治13年(1880)、お雇い外国人のユーイングが、日本初の地震実験所(研究所)と日本地震学会を設立します。 ここで活躍したのが前述の関谷清景で、彼が日本の地震学の基礎を作っていくことになります。 明治17年には、日本各地に地震計が設置され、地震観測網も完成。 ここに、現在まで続く地震観測&予知研究が誕生したのでした。 そればかりか、単なる税金の無駄使いだと断罪するのは、北大の地震学者・島村英紀教授です。 《阪神淡路大震災が起きる前には日本での前兆現象が790件もあったと謳われていた。 前兆はすべてが地震の後に発表されたものだが、こんなに多く前兆が捉えられているのなら地震予知はできるのにちがいない、と人々が考えたとしても不思議はない。 (しかし)地下で地震がどう準備され、どんな前兆がどのように出て、最後にどう大地震に至るかの過程については、モデルも方程式もない》(毎日新聞、2004年1月12日朝刊) 教授の『公認「地震予知」を疑う』は名著なので、一読をオススメします。

次の

佐久間盛政

佐久間安政

生涯 [ ] 織田家臣時代 [ ] 天文23年(1554年)、 御器所(現御器所)に生まれた。 「身長六尺」(約182センチメートル)とあり(『』)、数値の真偽は別としてかなりの巨漢であったことが窺える。 11年()の(対)で。 元年()の攻め(対)、(対六角承禎)、天正元年()の(対)などに参加、戦功を挙げた。 天正3年()、叔父・が越前一国を与えられた際にそのに配され、柴田軍の先鋒を務めた。 以後、北陸の対戦などで際立った戦功を挙げ、から感状を賜った。 天正4年()には加賀一向一揆勢に奪取された大聖寺城の救援に成功。 天正5年()、のが南下してきた際には信長の命令で加賀に派遣され、御幸塚(現在の)に砦を築いて在番した(『』天正5年10月の条)。 天正8年()11月、の尾山御坊陥落により、の初代の城主となり、加賀半国の支配権を与えられた。 天正9年()、勝家がに赴いた留守を狙ってらが加賀に侵入し、白山城()を攻め落とした。 この時、救援に向かった盛政が到着したときには既に落城していたが、盛政はそのまま上杉軍に挑みかかり、これを破った。 また、苦戦したものの加賀一向一揆を壊滅させている()。 この際の戦ぶりにより「鬼玄蕃」と恐れられるようになった。 天正10年()のの際には柴田勝家に従って上杉方のを攻撃中であり 、信長の没後は柴田勝家に従った。 勝家が軍を率いて越前に撤退し、討伐のため上洛しようとした際には情勢を説いて諫止したとされているが(『』)、この説は疑わしいとされている。 天正10年()下旬にのらが景勝の扇動により蜂起してに籠城した際、の要請に応じて救援し、これを討った() [ ] 『佐久間盛政秀吉ヲ襲フ』(部分) 柴田勝家は清洲会議以後、との対立を深め、天正11年(1583年)ついに両者は畔で対陣する。 当初、両者は持久戦の構えを取っていたが、従兄弟で勝家の養子であったが秀吉側に寝返っていたの家臣が密かに盛政の陣に駆け込み、秀吉がに赴いていて留守であることを伝えた。 これにより盛政はの砦を急襲する作戦を勝家に提案した。 当初はこれに反対した勝家であったが、盛政の強い要望により妥協し、「砦を落としたらすぐ戻ること」という条件つきで承諾した。 盛政の急襲作戦は見事に成功し、盛政は清秀を大岩山で討ち取り、の緒戦を勝利に導いた。 盛政はこの勝利を足がかりにして戦の勝敗を決しようと、次にの陣を討つべく準備にとりかかっていた。 この後、賤ヶ岳砦を守備するに対して「降伏して砦を明け渡すよう」命令しており、桑山は「抵抗は致さぬが日没まで待って欲しい」と返答、賤ヶ岳砦の陥落も間近であった。 しかし、を渡って船で上陸したが増援として現れ、日没頃より砦から退去する筈だった桑山隊と合流して攻勢に出た為に賤ヶ岳砦の確保に失敗(『柴田退治記』)。 この機を待っていた秀吉が、かねてから準備していたとおり強行軍で戦場に戻ってきた 、よって盛政は敵中に孤立してしまった。 その後、前田利家らの部隊が撤退したため、盛政の部隊と勝家の本陣の連絡が断たれた。 結果的に勝家軍は秀吉軍に大敗し、盛政は再起を図って加賀国に落ち延びようとした。 最期 [ ] 落ち延びる途上、盛政は越前府中付近の中村の山中で郷民に捕らえられた。 命運の尽きたことを悟った盛政は、自ら直接秀吉に対面したいので引き渡すよう言った(盛政を引き渡した郷民は直ちに処刑された)。 引き渡されたとき、に「鬼玄蕃とも言われたあなたが、なぜ敗れて自害しなかったのか」と愚弄されたが、「公はに敗れたとき、木の洞に隠れて逃げ延び、後に大事を成したではないか」と言い返し、周囲をうならせたという。 秀吉は盛政の武勇を買って九州平定後に一国を与えるので家臣になれと強く誘った。 しかし盛政は信長や勝家から受けた大恩を忘れることはできず、秀吉の好意を感謝しながらも 、「生を得て秀吉殿を見れば、私はきっと貴方を討ちましょう。 いっそ死罪を申し付けて下さい」と願った。 秀吉は盛政の説得を諦め、その心情を賞賛してせめて武士の名誉であるを命じたが、盛政は敗軍の将として処刑される事を望んだ。 そのため、秀吉に「願わくば、車に乗せ、縄目を受けている様を上下の者に見物させ、一条の辻より下京へ引き回されればありがたい。 そうなれば秀吉殿の威光も天下に響き渡りましょう」と述べた(『川角太閤記』)。 秀吉はその願いを聞き届けて盛政に小袖二重を贈るが、盛政は紋柄と仕立てが気に入らず、「死に衣装は戦場での大指物のように、思い切り目立ったほうがいい。 あれこそ盛政ぞと言われて死にたい」と大紋を染め抜いた紅色の広袖に裏は紅梅をあしらった小袖を所望し、秀吉は「最後まで武辺の心を忘れぬ者よ。 よしよし」と語って希望通りの新小袖2組を与えた。 盛政は秀吉により市中を車に乗せられて引き回されたが、その際に「年は三十、世に聞こえたる鬼玄蕃を見んと、貴賤上下馬車道によこたわり、男女ちまたに立ち並びこれを見る。 盛政睨み廻し行く」とある(『佐久間軍記』)。 その後、・槙島に連行されて同地で斬首された。 30 (享年27乃至29とも言う)。 秀吉は盛政の武辺を最後まで惜しみ、せめて武士らしく切腹させようと連行中に密かに短刀を渡す手配もしたが、盛政は拒否して従容と死に臨んだという。 辞世は (御器所西城址) 処刑後、その首は三河国吉良(愛知県西尾市)に、胴は槇島(京都府宇治市五ヵ庄日皆田)に埋葬されたと伝わる。 盛政にはという娘がいたが、義弟のの養女となり、後に秀吉の命により中川清秀の次男に嫁ぎ、主の奥方となった。 その縁で盛政のは、の英雄寺である。 秀成は虎姫の死後、その悲願を汲んで、5男の内記に盛政の家を復興させようと(盛政の弟)の娘と添わせたが、中川家の事情や二人の間に子も出来ずにいたので離縁。 内記は中川家に帰る。 勝之の娘はその後、岡藩・家老職の一つ熊田家の熊田藤助(後に中川姓を藩主より下賜されと改名)と再婚した。 その子が佐久間姓を継ぎ、現在その子孫が大分県に現存する。 豊後・岡での虎姫の悲願は叶わなかったが、その後に盛政の名跡を継いだ家がの家臣として存在している(『』『』『』)。 虎姫の母方従兄弟にあたる奥山重成の子・が初代で、重行、重直、重勝、重賢、重豊、雅重と続いたという。 2代目の重直は安中・坂元両所奉行を勤めた。 その背景には・と主・(盛政の弟)、主・などの力添えがあったようである。 雅重の代には、佐久間姓より本姓である三浦に戻しているが、その代で絶えたと言われている。 別に、重行の子の一人と思われる家が、出羽国新庄藩士として江戸期に存在して現在に至っている。 この家から後に、第41代の総理であるが出ている。 後世、で「尾張が生んだ猛将猛卒のうち、強い武将を以ってその人を求めるなら佐久間盛政如きは、その随一に推されるべき人である。 」 と評価される。 関連作品 [ ] 小説• 「毒蛾の舞」(『国を蹴った男』収録の短編)• 吉原実 「攻防・金沢御堂」「火宅の門」(『北國文華』69号・75号収録の短編) 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

佐久間安政の紹介

佐久間安政

[sengoku-1] 概要 (説明はWikipediaより) 戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。 近江高島藩主、のち信濃飯山藩藩主。 弘治元年(1555年)、織田氏の武将・佐久間盛次の次男として誕生。 はじめ紀伊・河内両国守護畠山氏の家臣・保田知宗の婿養子となり保田久六を名乗る。 後に久右衛門と改める。 [sengoku-2] 畠山氏没落後は養父、兄や弟と共に織田信長に仕えた。 最初は佐久間信盛に属し石山本願寺攻めに参加、後に柴田勝家に属した。 信長の死後に起きた賤ヶ岳の戦いでは、一族や養父と共に佐久間盛政隊に加わり余呉湖周辺で繰り広げられた中川清秀との戦いで先鋒を務めた。 佐久間隊は敢闘し清秀を討ち取ったものの、美濃大返しにより半日で立ち戻った羽柴本軍(賤ヶ岳の七本槍)の猛攻と、友軍の前田利家が戦線離脱したことにより形勢が逆転、合戦全体で柴田軍は羽柴秀吉(豊臣秀吉)に敗北した。 実兄の盛政は捕縛されのち刑死、養父の保田知宗は討ち死にした。 勝家の自決後、安政と勝之の兄弟は紀州の保田氏の領地へ落ち延びた。 小牧・長久手の戦いでは紀州の雑賀衆、根来衆と共に徳川家康・織田信雄方に属し、岸和田城を守る羽柴方の中村一氏としばしば交戦した。 しかし、秀吉と信雄・家康の間で和睦が成立したのち、秀吉は第二次紀州征伐を行い、雑賀・根来を含む紀州の反秀吉勢力を一掃した。 安政兄弟は家康の口利きにより関東の小田原北条氏に弟の勝之ともども身を寄せた。 また、この時に妻と離縁したという。 (のち、正親町天皇の武家伝奏であった勧修寺晴豊の娘を妻とした。 ) [sengoku-3] ところが、北条氏もまた豊臣秀吉による小田原征伐によって滅ぶと、安政・勝之兄弟はしばらく野に潜伏していたが、同族(叔父)である秀吉直臣の奥山盛昭を通じて秀吉に赦され、保田氏から佐久間氏に復して蒲生氏郷に仕えた。 出羽国小国(現山形県西置賜郡小国町)を領し、葛西大崎一揆の鎮圧に功績を挙げた。 氏郷の没後、秀吉の直臣となり、信濃国槇島城(現長野県長野市信州新町牧野島)を賜った。 慶長3年(1598年)、秀吉の死後、五奉行が徳川家康に伺いを立て、その結果近江国小河(現滋賀県東近江市小川町)に7,000石を与えられた。 慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いで東軍に属し、その戦功により近江国高嶋郡(現滋賀県高島市)の内に加増を受け、合計で1万5,000石を領するようになり、大名に列した(『寛政重修諸家譜』)。 慶長12年(1607年)江戸城内に移転した際に、常陸国小田(現茨城県つくば市小田)5,000石を加増され、合計2万石。 更に元和元年(1615年)大坂の陣の戦功により信濃国飯山(現長野県飯山市)に1万石の加増を受け合計3万石となり、佐久間氏飯山藩の藩祖となった。 元和3年(1617年)、徳川秀忠の御伽衆に任ぜられる。 寛永4年(1627年)、江戸にて死去。 菩提寺は滋賀県高島市の幡岳寺と長野県飯山市の大聖寺。 戒名は徳翁院殿功岸玄忠大居士(『寛政重修諸家譜』では「広岸玄忠徳王院」)。 墓所は二本榎広岳院といわれている。 高野山奥の院に飯山・佐久間家墓所があり、多くの供養墓が現存している。 平成に入り菩提寺の大聖寺(長野県飯山市)と慶宗寺(同)に位牌が新調された。

次の