骨 密度 を 上げる に は。 骨は若返る「骨粗しょう症治療」 | 水戸中央病院

骨密度を上げる3つの方法

骨 密度 を 上げる に は

の薬は、を整えます。 次の3つのタイプがあります。 骨を壊す働きを抑える薬• 骨を作る働きを高める薬• 骨の作り替えのバランスを整える薬 多くの薬の中から、 患者さんの「骨折の危険性」、「年齢」、「ライフスタイル」などに合わせて選択します。 また「背骨に効果が高い薬」や「太ももの付け根の骨に効果が高い薬」など、骨折した部位によっても適した薬が異なるので、総合的に判断して使います。 骨粗しょう症の薬は、正しい用法で継続して使えば、骨密度を高めて骨折の危険性を減らす効果があります。 基本的に、骨折を起こした人、骨量を減らすような病気のある人、運動や栄養の摂取が不足している人は、薬を続ける必要があります。 ビスホスホネートは、服用するタイプ、医療機関で注射するタイプや、点滴をするタイプがあります。 のみ薬の中でも、1日1回、週1回、月1回など服用間隔が違ういくつかのタイプがあります。 点滴薬は、4週に1回、年に1回のタイプがあります。 年に1回のタイプは要介護の人や認知症の人、そして高血圧や糖尿病など他の病気で薬を多く服用している人に適していると考えられています。 のみ薬のビスホスホネートを使用する場合、服用前後には空腹状態にしておく必要があり、服用後も30~60分間は上体を起こしておかなければなりません。 もし服用前後に食事をすると、薬の吸収が大きく低下し治療効果に影響を及ぼします。 また、服用してすぐ横になると薬の成分が逆流し、食道が炎症を起こしたり、潰瘍ができたりする恐れもあります。

次の

骨密度を上げる食材について!

骨 密度 を 上げる に は

破骨細胞の機能抑制 上記の作用により以下が生じる。 成長ホルモン 成長ホルモンは脳下垂体前葉より分泌される。 中枢神経と眼以外の全ての組織の成長を促す。 骨では長管骨の成長軟骨に対して、増殖・肥大を促進する。 「成長ホルモンと骨成長」については以下の記事も参考にしてみて欲しい。 そして、通常は骨破壊と骨新生では、骨破壊のほうが優位なので、甲状腺機能が亢進すると骨粗鬆症リスクが高まってしまう。 女性では閉経後にエストロゲンが0になってしまい、これが骨密度低下を招いてしまう。 ただし、上記イラストを見てもらうと分かるように、閉経で骨密度が急低下した後に、低下度合いがなだらかになる(男性と平行な下降を示す。 そして「なぜ閉経後の骨密度急低下が、途中でなだらかになるのか」の理由は、まだハッキリとは分かっていない。 例えば、エストロゲンが0になることで、新たな身体機構が女性に備わり、それがエストロゲンの代わりをしてくれているのではないかという説もある。 アンドロゲン(男性ホルモンの一つ) アンドロゲンの作用は以下の通り。 蛋白同化(合成)作用 骨も膠原繊維(コラーゲン)やプロテオグリカンなどの蛋白質成分を含んでいるので、蛋白生成が促進されると、骨密度が高くなる。 副腎糖質コルチコイドは「 ステロイドホルモン」とも呼ばれ、消炎鎮痛効果も有しているため、積極的に活用される場合がある。 ただし、ステロイドの副作用の一つとして骨粗鬆症がある点も覚えておこう。 食事(食事により十二指腸から吸収。 野菜にはほとんど入っておらず、サーモンなどの魚で吸収しやすい)• 皮膚からの紫外線の作用により合成 これらが活性化ビタミンDとなり、以下の作用により血中Ca濃度を上昇させる。 腸管からのCa吸収促進• 骨破壊 上記は骨に対して相反する作用となる。 従って「カルシウムを摂取するだけでなく、(カルシウムの吸収を促進するためにビタミンDも合わせて摂取」は正しい。 しかし高齢者は、どうしても食欲が低下して、ビタミンD不足に陥りやすい。 なので、日向ぼっこで多少でも紫外線を浴びることは重要となる。 最近では紫外線のネガティブな側面がクローズアップされているため、若者でも「長袖+日焼け止め」で完全防備している人も見かけるが、日に数分でも良いので肌に日光を浴びてみよう(あるいは紫外線がどうしても嫌なら、サプリメントを推奨している人もいるので試してみても良いかもしれない)。 ちなみに、メンタリストDaigo氏はビタミンDをサプリメントで摂取しているらしい。

次の

骨密度を確実に上げる成功例を教えてください。

骨 密度 を 上げる に は

骨粗鬆症と診断されたり、その予備軍だと言われた人たちが気になるのはどうやったら骨密度を増やすことができるか、どうやったら数値を上げることができるか?ということだと思います。 ここではそんなポイントを中心に考えてみたいと思います。 骨量は誰でも減少してゆくもの 今まで当サイトをご覧になってこられた方にとってはおさらいのような形になりますが、骨密度というのは生涯一定というわけではありません。 まず10代から20代になる際に骨量は最大になります。 そして、その後はその数値をある程度維持します。 女性の場合、50歳前後、ちょうど閉経の5年ほど前から骨密度は下がり始めます。 そして、閉経後は数値ががくんと減る形になります。 その後少しすると骨量は減ってはゆくものの、その減少幅は小さくなります。 そして、骨量が若い頃(20歳から44歳の骨量の平均)に比べて70%未満まで減ってしまうと骨粗鬆症と診断されるのです。 骨量が下がる要因 では骨密度を増やすためにはどうしたらいいか?そのために必要なことは大きくわけると2つあります。 それらは食事と運動になります。 これは何も骨粗鬆症予備軍の方だけでなく、思春期の子供や成人も同じことが言えます。 骨量が下がる主な要因は: 1.運動不足 2.カルシウム不足 3.ビタミンD不足 4.無理なダイエット 5.遺伝によるもの 6.朝食を抜く習慣 7.インスタント食品の食べすぎ 8.塩分の摂りすぎ 9.痩せすぎ 10.喫煙 11.アルコールの過剰摂取 といった点になります。 逆に言えばこれらの中で自分で何とかできるものに対して対処してゆくことで骨密度を上げることができるのです。 運動と食事 運動不足の人、運動が嫌いな人は骨密度が低い傾向にあります。 だから、寝たきりなどになってしまうと、骨量はがくんと、しかも速いスピードで減少してゆきます。 骨密度を増やすには、自分にあった運動を継続することが大切になってきます。 自分にあった運動とは年齢によって変わってきます。 思春期の頃はある程度運動量のあるスポーツなどが骨を丈夫にしてくれます。 例えば、バスケットボールやバレーボール、陸上競技などは骨量を上げてくれます。 成人して20代、30代になってくるとそれほど激しい運動をするのも億劫になってきますが、ウォーキングなどは誰にでも手軽にできますので是非実践して欲しいです。 ある程度歩くことが習慣になると、体力がついてきたり、足が強くなってきますから、ランニングなどもおすすめです。 40代からはやはりウォーキングなど足に負担のかからない運動がおすすめですね。 骨粗鬆症の方も治療でウォーキングをすすめられることがあります。 食事に関しては、カルシウム、ビタミンD、Kが大切になってきます。 特にカルシウムは不足しがちです。 牛乳などの乳製品はカルシウムを一番効率的に吸収できますので、そういったものも積極的に摂取するといいと思います。 ある調査では朝食を食べない人は食べる人に比べて骨密度が低い傾向にありました。 朝食抜きの習慣の人は朝しっかりと食べるようにすることで骨密度を上げることができますね。 また、インスタント食品の食べすぎにも注意が必要。 インスタント食品にはリン酸が含まれていて、リンの摂りすぎになってしまうとカルシウムを排出してしまう働きがあるため、例えば、インスタントラーメンなどは食べすぎに注意する必要があります。 他にも喫煙は骨密度を下げることがわかっていますし、ダイエットを繰り返している人はそうでない人に比べて骨量が少ないことが分かっています。 また、他の調査では果物や野菜を多く摂っている人は骨密度が高い傾向にあるという結果がでています。 その理由として、野菜や果物に多く含まれるマグネシウムやカリウム、ビタミン類が骨密度を維持するのに高い効果があるのではと言われています。 他にも 骨密度を増やすために、色々やってみて、それでも結果が出ない・・・という場合、医師から薬を使った治療をすすめられることがあります。 もし骨粗鬆症と診断されると、食事や運動だけでは追いつきませんので、やはり薬を使った治療が開始されます。

次の