自己pr 強み。 【協調性】自己PRの作り方!評価されやすい書き方を例文付きで解説

【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集

自己pr 強み

学歴や職歴などのハードデータは思い出せば書けますが、自己PRだけは自分自身で考えなければ記載することができません。 「自己アピールってどんなことを書けばいいの?」「書きたいことはあるけどうまくまとめられない!」という悩みを持つ人も多いのでは? そこで、typeでは自己PRの書き方を詳しく解説するとともに、オリジナル例文(サンプル)を多数ご用意しました。 自分の強みと応募企業の特徴に合わせてアレンジして使えば、あなたの魅力や強みがしっかり相手に伝わる、簡潔な文章を作れること間違いなし! 一度作ってしまえば面接でも活かせます。 書き方のポイントを抑えたら、志望動機や志望理由と共に、応募先ごとに自己PRを作成していきましょう。 なぜ人事担当者は自己PRを重視するの? 人事は毎日たくさんの応募書類に目を通し、書類選考をしています。 応募者全員の職歴書をすべて読むのは大変なので、人事担当者はポイントを絞ってチェックして、「職歴書のすべてに目を通す価値がありそうか」「面接したいか」を判断します。 そのポイントの一つになるのが「自己PR」の欄です。 そのため、転職の時に自己PRを作成する際には、「要件に合う人材だと簡潔に伝えること」を意識しましょう。 人事は以下の3つの要素を知りたいと思っています。 応募者の「スキル」が知りたい 採用活動をしている企業は、「必要な人材」を明確に定めているものです。 特に技術系の職種ではその傾向が強く、高校や大学の就活や、アルバイトの面接時には必要なかった「専門知識」、「専門スキル」を必須条件としていることも多々あります。 TOEICを受験していればその点数や、英語などの外国語が話せることもスキルとなります。 自身の強みとなるスキルをいくつか洗い出した上で、「募集要項」や「求める人物像」に目を通し、マッチするスキルや保有資格をアピールしましょう。 応募者の「人間性」を知りたい 特に正社員募集の場合、採用を決める理由に「人間性」を挙げる人事担当者は少なくありません。 企業側は「ともに働く仲間」を必要としているので、単にスキルがあるかどうかだけではなく、「組織風土にマッチするか」、「既存のメンバーとの相性」といった視点でも判断しているのです。 どんなに素晴らしいスキルを持っていたとしても、気配りができなかったり、責任感がないと「一緒に仕事をすることはできない」と思われてしまいます。 効果的にアピールするコツは、企業の風土や社員の特徴を把握し、それにマッチする人間性を伝えることです。 ただし、採用されたいがために事実を偽ってはいけません。 選考書類の記載内容と面接の受け答えがちぐはぐになってしまうと、信頼性という面で評価が下がってしまいます。 診断ツールなども利用してしっかりと自己分析を行い、長所・短所の両面から自分がどういう性格の人間なのかを把握した上で、企業にマッチするポイントを選びましょう。 応募者の「経験」を知りたい 中途採用では即戦力を求める割合が高いので、「社会人としての経験」、「職種の経験」、「規模の大きな仕事の経験」、「他者にはない特別な経験」などといった「経験」を評価する企業が多いです。 自分では強みだと思っていなくても、実は企業が求めている経験を持っていることもあります。 しっかりと職歴を振り返り、応募する企業が求めている「経験者」とはどんな人物像なのかを把握した上で、転職後に活かせる可能性の高い経験をピックアップし、自己PRに記載しましょう。 人事担当者が読むことを前提とした自己PRの書き方手順 1、募集要項を確認する 自己PRを作成する前に、必ず募集要項に目を通して「企業はどういう人材を必要としているのか」を確認しておきましょう。 募集要項をチェックすることによって「企業に内定をもらえる見込みがあるか」を確認することはもちろん、「適切なアピールの仕方」が見えてきます。 例えば、募集要項に必須スキルが羅列されていれば、「特定のスキルをもった人材を必要としている」と分かります。 その場合、「保有しているスキルを優先的にアピールする」と戦略を立てられます。 自己PRに虚偽の記載をしてはいけませんが、募集要項に該当するスキルがある場合には、欠かさずに記載するようにしましょう。 2、PRポイントをすべて洗い出す 募集要項を確認したら、自己分析を行います。 自分自身の過去の経験を振り返り、「長所」や「保有スキル(資格)」を列挙してみましょう。 この時点では、企業が求める人物像については考えなくてかまいません。 まずは自己分析をしっかりと行って長所・短所を把握することが大切です。 自分自身のことを正しく振り返り、PRポイントになりそうなことはすべて列挙してみましょう。 そこで把握した弱みや短所は、捉え方によっては強み、長所に言い換えることができます。 とにかく、自分を構成する要素を細かく洗い出すことを意識しましょう。 3、優先度の高いPRポイントを選ぶ 自己分析を終えたら、企業側にアピールすべきポイントを選ぶ作業に入ります。 企業に対して2~3つ程度のPRポイントをアピールすることが望ましいです。 そのために、まず列挙しておいたPRポイントの優先順位を決めます。 優先順位は、「自分自身の強み」、「採用要件に記載された必須スキル」、「他者と差別化できる特有のスキル」など、企業側にアピールする必要性の高いものを上位にしましょう。 自己PRは上から順に読まれる可能性が高いので、自己PRを作成する際には、優先度の高いものから順に記載することが書き方のテクニックとして重要です。 より魅力的に伝えるテクニック 上記の手順に沿って書くべき内容を決めたら、以下のポイントもふまえて完成させるとより魅力的な自己PRの文章になります。 具体的なエピソードを添える 自己PRの内容に具体的なエピソードを添えることで、具体性や信ぴょう性が増します。 人事担当者は採用において「応募者が事実を伝えているか」を見ているものです。 自己PRに具体性をもたせて、企業が信頼できる内容に仕上げましょう。 ただの作文ではなく、人間味が伝わる内容にする 具体的なエピソードを添えることに加えて、自己PRを通じて伝わる「人間味」も重要なポイントです。 例えば、「(同僚・顧客・家族などからの)言葉」、「大切にしている想い」などを盛り込むことで、読み手が人間味を感じやすい自己PRになります。 企業によっては、スキルよりも、誠実さや粘り強いところ、前向きなどといったソフト面を重視する場合もあります。 この人に会ってみたいなと思わせることが書類選考通過に繋がります。 人事担当者が面接に通さない「魅力を感じない自己PR」の特徴 内容が抽象的過ぎる 例えば、「私にはコミュニケーション力があります」という文章は一見良さそうに見えますが、実は抽象的過ぎて魅力が伝わらない表現です。 これだけでは「誰と、どういう状況で、どんなコミュニケーションで、どんな良い結果が出たのか」が何一つ分からず、人事担当者は、本当にコミュニケーション力がある人なのか判断できません。 これを具体的にするには、例えば「営業で初めてお会いするお客さまとの会話では、相手に気持ちよく話していただくことを心掛けており、初回訪問での受注率が部内でNo. 1でした」のように、5W1Hの要素を盛り込むように意識してみましょう。 具体的な自己PRと抽象的な自己PRの大きな差は「リアリティ」です。 自己PRを具体的な内容にすることで、「本当にそうなんだな」と感じやすくなります。 個性を感じられない 企業は「応募者がどういう人なのか」について知りたいと思っています。 そのため、人間性を感じられる自己PRを作成することで、「面接で会ってみたい」、「もっと他の情報にも目を通したい」と人事担当者が感じる要因の一つになる可能性があります。 「コミュニケーション力」や「協調性」、「真面目」といった、誰にでも当てはまりそうな一般的な言葉を並べただけでは、人事担当者の記憶に残ることはできません。 無理して面白おかしく書く必要はありません。 しっかりと自己分析をして、あなたの本当の強みを伝えましょう。 粗雑な印象を受ける あなたがもし読む側の立場なら、雑に書かれた文章よりも、一生懸命に書かれた文章の方がしっかり読んであげたいと思いますよね。 粗雑な印象を持たれやすい文章の例としては、「誤字脱字がある」、「テンプレート(サンプル)をそのまま使っていると分かる」、「他社でも使い回していそうな汎用性の高い内容になっている」、「(手書きの場合には)字が汚い」などが挙げられます。 それらの要因でマイナス評価を受けてしまうのはもったいないので、自己PRは気持ちを込めて書きましょう。 今の自分の仕事から探す職種別の自己PR例文(サンプル)一覧.

次の

自己PRでチャレンジ精神を効果的に伝える方法と言い換え術【例文あり】

自己pr 強み

強みを理解していない 自己PR。 私は飲食店で接客のアルバイトをしています。 アルバイトを始めたは頃は与えられたこと仕事をこなすだけで精一杯でした。 次第に仕事にも慣れはじめた頃からお店で自分を認められたいという気持ちからお店のホールリーダーに負けないくらい仕事をしようと競争の意識を持つようになりました。 それからは自分の今までの考え方が変わったりと成長を感じることができました。 これからも常に誰かを目指しながら自分を高めていきます。 「競争心」でとどめておいたほうがよいでしょう。 「競争の意識」を持ってどのように仕事に取り組まれたのかを具体的に書きましょう。 そのために背景の説明を生薬したほうが良いです。 例)お店のホールリーダーに負けないくらい仕事をしようと飲食店のアルバイトを頑張りました。 (具体例) 【 自己PR】 私の強みは、責任感が強い事と向上心がある事です。 ファミリーレストランのアルバイトで宅配を担当しています。 お客様のお家に商品を運ぶ時は、笑顔とリピーターを増やす事を心がけています。 笑顔で接客することにより、お客様も笑顔になるという事がわかり、相手に好印象を与え、自分を覚えてもらえることがわかりました。 そして、メニューを渡し、今の一押しの商品の説明をして、今後も利用してもらえるようにしています。 その結果、私が行く新規のお客様の所はほとんどの方がリピーターになってもらっています。 私以外の従業員がお客様の所に商品を持っていくと、「今日、吉田君は?」と聞かれると、従業員の方に報告してもらえます。 しかも、店舗内で、新規のお客様は私が優先的に行くように任され、売り上げに貢献致しました。 この経験から、社会に出てからも与えられた仕事以上の事を意識し、生かしていきたいと思います。 【コメント】 「向上心」がありそうなのは伝わりますが「責任感」があるのがつ渡ってきませんでした。 強みを再考する、もしくは、「責任感」を感じさせるエピソードを書きましょう。 例) 「お金をいただくからには期待以上の仕事をしたい」その想いから、2つのことを意識して取り組みました。 (具体例) 「笑顔に関する発見」は自分の体験にもとづいて説明されており、素晴らしいです。 スケジュール管理が得意で自分が立てたそれぞれの目標に向け継続的に努力することができます。 専門学校へ入学後、最も多い月で1ヵ月に5科目の検定がありました。 数ヵ月前からペース配分を考え、持続的に勉強を重ねた結果、5科目すべて合格することができました。 そこでは常に正しい優先順位のつけ方や良い接客が求められました。 ウェディングも承る企業だったため忙しく、上司から注意を受けることもしばしばありましたが、効率良く仕事をする方法や接客について学ぶことができました。 今後は目標に向け進化し続ける社会人になりたいです。 1つに絞りましょう。 もしくは、「根気を維持するのにスケジュール管理を大切にしている」といった流れで書いてあるとわかりやすいです。 例えば、勉強であれば、どんな試験にチャレンジしていたのか、どのゆにペース配分していたのかなど書いたほうが良いでしょう。 【自己PR】 私は「責任感」のある人です。 飲食店で2年間アルバイトをしています。 アルバイトを始めた当初、ホール業務である注文、料理運び、レジ打ちをすれば良いと考えていました。 しかし、アルバイトを始めて半年ほど経った時、お客様に料理に入っている食材について聞かれ、ほとんど答えられませんでした。 その時初めて「もしお客様が食物アレルギーを持っていたら命に関わることもある」ということに気づき、責任を持って働くことの大切さを感じました。 それからお客様に安心してお食事をしていただくために、全メニューに入っている食材を覚えようとしました。 しかし、メニュー数は50以上あり、食材も多いため、なかなか覚えられませんでした。 そこでまかない食を担当することで、実際に作って覚えることにしました。 その結果、食材を覚えることができただけでなく、味の説明までできるようになり、お客様に快適にお食事をしていただけるようになりました。 また、エピソードから責任感が伝わってきませんでした。 アルバイトの背景、きっかけ、行動、結果の順に書かれていて、とてもわかりやすいです。 あとは強み(エピソードからどのような強みがあるか)を分析しましょう。

次の

ESで自己PR・強みを書く方法【例文あり】

自己pr 強み

【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集 ほぼ全てのESや面接で問われる、自己PR。 この記事では魅力的な自己PRに仕上げるコツを、例文を示しながらお教えします。 ポイントをしっかりと押さえて、魅力的な自己PRに仕上げてください。 2020. みなさんは企業にどんな強みをアピールするか決めていますでしょうか?なんとなくしっくりきたものを選び、深く考えずに伝えてしまっている人が多いのではないかと思います。 どのような強みが評価されるのか戦略的に考えなければなりません。 そして、アピールしたい強みごとに例を挙げて紹介します。 最後まで読んで、みなさんが自己PRを考える際に役立ててください。 頻繁に問われるということは、それほど学生を選抜する上で重要な評価基準になっているということ。 それは、 企業に入社した後に活躍するポテンシャルがあるか否かです。 一方で、新卒採用はそうは行きません。 業務での実績がない中でも、社会に出た後に活躍する可能性を見立て、合否を出す必要があります。 そこで重要視されるのが 「経験」です。 経験とそこから得た強みを知ることで、仕事で発揮することができる強みがあるのかを判断しています。 1つは 企業の仕事で必要な資質・能力が何かということ、もう1つは 仕事のなかで発揮できそうな自分の資質・能力は何かということです。 後者は自己分析を徹底して納得のいくものを見つけてください。 企業に魅力を感じてもらえる自己PRを伝えるためには、前者と後者が一致していることが不可欠です。 項目としては、以下の3つです。 しかし、これだと最後まで何が伝えたいのか把握できません。 それ故長ったらしい印象を与えてしまう恐れがあります。 「私の強みは〇〇です。 」と先に伝えておくことで、その後に続くエピソードが何を示すものなのか理解してもらえるでしょう。 ただ経験したことの羅列では、強みを裏付けることができません。 エピソードを伝えるときは以下の4点に整理するのがおすすめです。 どんな質問をされても的確な回答ができるよう、その時の状況を振り返っておいてください。 企業について調べ、業務内容を踏まえて説明すると、しっかりと企業を調べていることが伝わります。 みなさんが強みを生かして活躍するイメージを想起してもらうことができるはずです。 全部で26の強みを取り上げており、リンクから詳しい説明を確認することができます。 みなさんがアピールしたい強みに近しいものをチェックしてみてください。 協調性があること協調性は企業が最も求めている強みの1つ。 とあるデータでは、48. 「協調性」という言葉は抽象度が高く、それ故漠然としてしまいます。 より具体的な表現に落とし込み、いかにして仕事で生かすかに踏み込むよう心がけてください。 真面目であること真面目という性質は良くも悪くも捉えられる言葉。 物事に真剣に取り組めるというイメージを持つ人もいれば、遊び心がないというイメージを想起する人もいるかもしれません。 真面目という言葉のマイナスイメージを削ぎ落とすため、自分ならではの言葉で真面目であることを表現することが大切です。 負けず嫌いであることここぞというときに負けん気を発揮し、成果を上げることは仕事の場面でも求められるはず。 負けず嫌いであることに加え、成果を出すための思考プロセスも一緒に伝えると良いでしょう。 コミュニケーション能力があること「コミュニケーション能力」を求めているという企業はたくさんあります。 しかし、あまりにも漠然とした言葉であるため、自己PRとしてアピールする際は注意が必要。 自分の強みにするときは、コミュニケーション能力とは何か明確に定義した上で伝えるようにしてください。 責任感があること責任を持って仕事をすることは、社会人として当たり前のこと。 それ故、責任感単体でアピールしてもあまり良い自己PRにはなりません。 責任感を持って何かに打ち込んだことで培った強みの方がより良い自己PRになるでしょう。 継続力があること何か1つのものに打ち込んだ経験がある人は、就活で高く評価されることが多いです。 ただし、何でもかんでも継続してできるわけではありません。 継続力をアピールする際には、継続力が発揮される条件、そして、選考を受けている企業でも熱中できる理由についても言及することをおすすめします。 好奇心旺盛なこと1つのことを突き詰めるために不可欠の好奇心。 本当に自分が好きな仕事に就けたときに、大きな力を発揮します。 好奇心をアピールするときは、1つの物事を突き詰めた理由と、突き詰めるプロセスについて詳細に説明することを心がけてください。 努力家であること努力できることはどんな仕事についても欠かすことができません。 しかし、努力は結果が伴って初めて評価されるもの。 努力できることに加えて、成果を出すための考え方についても論理的に説明できることが大切です。 慎重であること真面目なことと同様、慎重であるという資質は良くも悪くも捉えられ得るものです。 企業の求める人物像を調べ、アピールしても良い資質なのか確認するようにしましょう。 具体的な表現に落とし込んで、負のイメージを取り除くことも有効です。 気配りができること気配りができることは、人とのコミュニケーションを円滑に進めるうえで大切なこと。 しかし、企業で活躍できることを伝える自己PRとしては、強みとして弱くなってしまいます。 気配りができることから、仕事で生きる資質や能力をアピールできないか考えてみると、新たな切り口が見つかるかもしれません。 計画性があること計画することなしにプロジェクトが成功することはほとんどありません。 自己PRで計画性をアピールする際には、計画を立てることで達成したかったゴールと、そこに到達するまでの計画の立て方について詳しく説明すると良いでしょう。 リーダーシップがあること「コミュニケーション能力」と同じく、リーダーシップという言葉は人によって解釈が変わる抽象的な言葉です。 自己PRでリーダーシップを伝えるときは、自分にとってリーダーシップとは何なのか、明確に定義した上でアピールしてください。 粘り強いこと粘り強さとはすなわち、困難な状況に陥っていても諦めることなく行動できること。 仕事においても大切な資質になるはずです。 粘り強さに加え、目的を達成するためにどのような努力をしたのかに注力して説明すると良いでしょう。 チャレンジ精神があることチャレンジ精神を持っているだけでは、成果を出すことができません。 チャレンジ精神があるのに加えて、正しい手段を考えて実行に移せることにも言及した自己PRを考えるのをおすすめします。 忍耐力があること忍耐力は成果に結びついて初めて意義を成す資質です。 自分が伝えるエピソードを吟味して、我慢強く行動を貫いたことで得られた成果であることを確認したうえでアピールしてください。 困難を乗り越えるために必要な強みですが、頑張る方向性が間違っていると結果が出ません。 エピソード選定の際に、取った行動が妥当なものであったか意識するようにしましょう。 素直なこと新卒採用は、何も仕事ができないことが是とされるのが特徴。 一方で、早く仕事を覚えて一人前になることが求められます。 素直であることは早く成長するために必要なもの。 その前提を踏まえて、素直さがアピールできるエピソードを選んでください。 明るいこと単に「私の強みは明るいことです。 」と自己PRをしても、評価には繋がりません。 なぜなら、それが仕事の成果に結びつくとは考えにくいから。 切り口を変えて、どうしたら評価に繋がる資質として見せられるのか考えた方がよいでしょう。 思いやりがあること思いやりは人間関係を円滑にするために大切なもの。 しかし、どう仕事で生かすのかが想起しづらい強みです。 伝えるエピソードを工夫することで、仕事でどう生かせるのか、企業側にイメージしてもらえるよう意識してください。 ポジティブなこと「ポジティブ」は一種の性格と捉えられるため、具体的な資質として捉えづらい強みです。 しかし、ポジティブであるという性格には、仕事でも発揮される強みがあります。 具体的な資質として表現を変えることで、企業に刺さる自己PRになるでしょう。 笑顔は仕事の現場で活躍するのに直接的な成果に繋がらないからです。 また、笑顔は外見で分かることなので、自己PRとして伝えるものとして適切ではありません。 自己PRでは、外から見ただけでは分からない強みをアピールしましょう。 行動力があること自分で考えて主体的に行動できることは、仕事をするうえで求められる能力です。 ただし、成果を出すためには行動の方向性が正しいことが重要なので、自己PRの際には、その点についても言及してください。 向上心があること新卒は、何も仕事ができない状態で企業に入社することになります。 多くを吸収し、早く仕事ができるようにならなければならないので、向上心はなくてはならないのものです。 従って、向上心だけでなくいかにして早く成長できるのか、そのプロセスも合わせて説明すると良いでしょう。 前向きなこと「前向き」という言葉は、漠然とした言葉であるため、それに伴って強みもぼんやりとします。 集中力があること自己PRで集中力があることをアピールするとき、ただ声高に「集中力がある」と主張するだけでは説得力がありません。 どのような経験から集中力が身についたのかや、どのような工夫をすることで集中力を維持するかなど、具体的な内容にまで言及するようにしてください。 冷静なこと冷静であることをアピールする際に注意しなければならないのは、何が強みとなるのかをきちんと説明すること。 冷静であることそれ自体が強みになるわけではありません。 冷静さを強みとしてアピールするのは、企業に魅力を感じてもらえない恐れがあるので注意しましょう。 エピソードを軸にするときは、自分の強みが発揮されているものなのか、確認した上で自己PRを作っていくようにしてください。 部活動 2. 学業・勉強 4. 大手難関企業内定者のESをもとに、選考突破のノウハウを分かりやすく解説。 ES・面接対策を力強くアシストします。 所属大学に関係なく OB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。 就活対策にご利用ください。

次の