スタイラスペン 比較。 【操作ラク】タブレットのSurfaceペン人気おすすめランキング10選

タッチペン(スタイラスペン)のおすすめランキング2020。機種や用途ごとにピックアップ

スタイラスペン 比較

スマートフォンやタブレットを使うときにスタイラスペン(タッチペン)もいっしょに用意しておくと便利です。 アップルのiPad Proには、専用のペンとしてApple Pencilがあり、使い勝手や書き心地に定評があります。 しかし、用途によっては必ずしも万能ではありません。 そこで、一般的なスタイラスペンとApple Pencilのしくみや用途を比較していきながら、ベストな使い分けの方法を紹介します。 導電性スタイラスペンとApple Pencilの違い タッチパネルにはさまざまなタイプがあります。 そのうち、スマートフォンやタブレットで用いられているタッチパネルは静電容量型と呼ばれるものを採用しています。 これは、指でパネルの表面を触ると電気量(静電容量)の変化が生じると、センサーが関知してタッチ操作があったかを判定しています。 静電容量型のタッチパネルは、指でのタッチ操作が軽快にできる反面、小さい文字を書いたり繊細な線画を描くのが難しい短所を持っています。 この短所を補うために作られたのがスタイラスペンです。 安価なスタイラスペンとして代表的なのが、先端に導電性のゴムや繊維をつけた棒状のペンです。 ペン先と軸の部分が導電性になっていて、パネルのセンサーと指との間を導線でつないだような状態を作ります。 この原理のおかげで、使う側は筆記具と同じ感覚でタッチパネル上に文字を書いたりすることができるのです。 しかし、スタイラスペンの筆跡をセンサーに感知させるためにはパネルとの接触面積がある程度必要であるため、ペン先を細く加工できず、文字をきれいに書くのが困難です。 また、筆圧の強弱を描画に反映させることもできません。 これらの難点を克服し、筆記具のペンに近い書き心地を実現したのがApple Pencilです。 Apple Pencilは、ペン先を細くする代わりに先端部から静電気を出してセンサーの感知に必要な電気量を補うアクティブスタイラスと呼ばれる方式を採用しているといわれています。 それに加えて、アップル独自の機構をiPad ProとApple Pencil双方に組み込んで、筆圧に応じた描画処理や細かい動きにあわせて線を描くことができるように作られているといいます。 ただし、Apple Pencilはバッテリーで動作させる必要があり、電池が切れてしまうとまったく使えなくなります。 また、iPad Proとハードウェアでの連携をしているため、iPad Pro以外の製品では一切使えません。 価格も導電性スタイルスペンと比べ高価です。 機種を問わずタッチ操作をこなせるのがスタイラスペン 導電性スタイラスペンとApple Pencilは互いに一長一短をもっています。 両者の長所をうまく引き出せば、用途に応じた最適な活用ができます。 導電性スタイラスペンの一番の長所は、機種を問わず使えることです。 iPhoneをはじめ、Android搭載のほとんどのスマートフォンのタッチパネルは静電容量型を採用しています。 もちろん、iPad Proで使えるのは言うまでもありません。 iPad Proとスマートフォンといっしょに携行していれば、どちらでもペンで操作や作業をすることができます。 また、ペン先が太い分、Apple Pencilよりもおおざっぱなタッチ操作がしやすい利点もあります。 画面の小さいスマートフォンでパズルゲームをプレイする際、ボールやキャラクターを上下左右に動かすのに導電性スタイラスペンは使いやすいです。 iPad Proで手書きをするならApple Pencil 一方、iPad Proで手書きやイラストを作成するときはApple Pencilが力を発揮します。 画数の多い文字を書いたり、顔の表情を描いたりするのはApple Pencilの得意とするところです。 ほかにも、PDFファイルにメモ書きを付け加えるアノテーション作業や、ベクターグラフィックスで用いられるベジェ曲線の調整もApple Pencilはこなしてくれます。 鉛筆を使う作業をiPad Pro上で実現したいときには、Apple Pencilを用いるのが最適といえます。 導電性スタイラスペンとApple Pencilはどちらか一方のみだけに絞る必要はありません。 iPad Proで使うときは両方用意しておいて、用途に応じて使いやすい方を選ぶのがベストです。 株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。 アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。 頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。 予算内に収まるのか? などのお客様のご相談に、親身に応じます。

次の

話題の高級スタイラスペンをざっくり比較!「Jot Script Evernote Edition」

スタイラスペン 比較

Microsoft Surfaceがあれば、仕事や趣味など様々な場面で役立って便利と思う人が多いでしょう。 しかし、Surface本体にこだわりがあっても、 付属品であるSurfaceペン(タッチペン、スタイラスペンとも言います)までこだわる人は少ないようです。 SurfaceペンはMicrosoft Surface使用にあたっての必需品です。 ペンがあることで、仕事でのメモや情報伝達、デザインなどのアイデア製作などに役立ちます。 趣味の面でも絵や漫画が描けたりして便利ですよね。 しかし、Surfaceペンの選び方を間違えると、思った通りの使い方ができず、逆に不便に感じてしまうことがあります。 本記事ではSurfaceを持っている、または欲しい人のために、Surfaceペンの失敗しない選び方を紹介します。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 6mmの導電繊維つきペン先です。 これにより、繊細な字や絵が表現できます。 ペン先だけでなく見た目も本物のシャーペンのようにスリムなので扱いやすいです。 また、アルミ素材により耐久性が高いのもポイントです。 ペンを長く使っていると、見た目が汚れたり、経年劣化で傷んできたりして使いづらくなったことがある人も多いでしょう。 こちらのような頑丈なペンなら、買い替えずにずっと長く使えるでしょう。 バッテリーも大容量であり、1年間替えなくても大丈夫なほどです。 使い始めた日付を誕生日のように覚えておく以外は、エネルギーに対する配慮がいらないのも心強いでしょう。 対応Surface 3、Pro 3、Pro 4、Pro 2018、Pro 6、GO、Book、Laptop、Studio 重量 18. ペン立てに収めていても目立つぐらいの キラキラボディが印象的です。 リーズナブルな価格ながら高級に見える見た目は、使っていて得した気分になるでしょう。 耐久性もこのタッチペンの強みです。 内蔵されているバッテリーは1年間も持ちます。 2分間使わないだけで電源が切れるなど、エネルギーを守る工夫にも抜かりありません。 うっかりしやすい性格の人でも安心して使えるでしょう。 重量は13. 5グラムと見た目に反して軽いので気軽に持ち運べます。 クリップつきなので、落としたり失くしたりするリスクにも対応しています。 対応Surface 3、Pro 3、Pro 4、Pro 2018、Pro 6、GO、Book、Laptop、Studio 重量 13. 6g 電池 リチウム金属電池 リチウム電池 0. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 鉛筆のような見た目が親近感を持てるとともに、スッキリした持ちやすさを実感させてくれます。 1,024段階の筆圧検知で、思い通りの書きごたえが味わえます。 マンガや絵などのデリケートな描写にも対応可能なので、絵が趣味な人にもおすすめできます。 口コミでは 「書き味はなめらか」「PCをまさにノート感覚で使える」など好評多数です。 迷ったときは純正品という選択肢も考えられるでしょう。 対応Surface Pro 4 重量 104g 電池 リチウムイオン リチウム電池 2. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. デジタルイラストや漫画、3Dデザインなど、細かい作業が求められるときも、ユーザーの力加減に素直に応えてくれます。 今までタブレットで絵を描いたときに、思い通りのクオリティに仕上げられずに悩んでいた人でも、これがあればスムーズな作業ができるでしょう。 口コミでは 「面倒くさいペアリングなどせず、すぐにsurfaceが反応してくれて驚きました」「保護シートを使わずに使用していますが、もちろん画面に傷などはつきません」など、ユーザーの満足度の高さがうかがわれます。 対応Surface Pro 重量 90. 今時のフリクションボールペンなどと違和感のない握り心地が味わえます。 手汗防止効果も心強いでしょう。 ペンはバッテリーにより熱を持つことがあり、手が汗まみれになって滑りやすくなることがあります。 しかし、このペンなら手汗をかかずに使えるので、時間が経つと滑って面倒になることがありません。 口コミでは 「描き味は問題なく、スムーズに描けます」「純正より安く ていい感じ」など、こちらも多数の好評が寄せられています。 コストパフォーマンスの高さがうかがれる一品でしょう。 対応Surface 3、Pro 3、Pro 4、Book、Studio 重量 40. Microsoft Surface Pro3~6をはじめ、数々の同社のSurfaceやデバイスに対応し、その数は11に及ぶそうです。 ペン先が細いうえに感度が高いので、押し間違いの可能性が低く、デザイナーや画家など、器用な手先が求められる職業にも役立ちます。 使っていないと自動的に休眠するなど、省エネ技術にも抜かりがありません。 口コミでも 「前に使ったものよりもっと細くて、字を書く時はスムーズで、遅延もなく」「今まで気になっていた細かい文字や図形が書けるようになりました」など、ポジティブな感想が多数です。 対応Surface Pro 3、Pro 4、Pro 5、Pro 6、Pro 2017、Laptop、Book、Studio、GOなど 重量 99. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. そのバッテリーは180日間待機可能、連続で500時間使えるなどのハイスペックぶりです。 タブレット初心者でもエネルギーを気にしすぎることなく使えます。 4,096段階という純正にも負けない筆圧感知もポイントです。 さらに、手のひら拒否機能で余計な落書きが起きて、消し作業でタイムロスすることにも悩まされません。 アルミニウム合金が織りなすエレガントな触り心地とともに作業を楽しんでみましょう。 口コミでは 「純正と遜色ない」「重さも適切で、手触りがいい」などの高評価が見られます。 対応Surface Pro、Pro 4、Pro 2017、Pro 6、Laptop、Book、Studio、GO 重量 99. 8g 電池 リチウムポリマー リチウム電池 0. 使用時も便利で、右ボタン(2つ連なった上の方)をおよそ0. 3秒押すだけでスイッチオンできます。 ほかにも消しボタンを押すことで、書き損じを消せるなど、フリクションボール並の使い勝手が味わえます。 口コミでの評価も高く 「充電のもちが非常に良い」「繊細なタッチにもしっかりと反応」「ペンの走りが滑らか」など満足度の高いコメントが複数見られます。 対応Surface Pro 3、Pro 4、New Pro、Laptop、Book 2、Studio 重量 118g 電池 リチウムポリマー リチウム電池 0. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 線切れしたり、タブレットの線がペンから遅れることがありません。 リチウム電池の性能も優秀です。 500時間も連続で使用でき、待機電力だけでも180日間持つので、気軽に仕事にも持っていけます。 ちょっとペン先が丸っぽくてゴムらしい見た目ですが、磨耗に強いのでいつまでも自然な書き味を出せます。 口コミでも 「思ったよりスラスラ」「デザイン・書き心地バッチリ」など上々の評価を得ています。 対応Surface Pro 3、Pro 4、New Pro、Laptop、Book 2、Studio、Pro 6 重量 9. 07g 電池 リチウムポリマー リチウム電池 0. そのようなユーザーには、こちらの4,096段階の筆圧感知能力があるタッチペンがおすすめです。 まるでシャーペンそのもののような書きごたえが喜ばしくなるでしょう。 ペンには右クリックや消しゴムモードに切り替えるボタンもあり、これ一本で筆記作業を一通り終えられます。 口コミでも 「軽くてとても使いやすい」「手に負担もかからず、いい感じ」「安く買えてよかったです」など賞賛の声が相次いでいます。 対応Surface 3、Pro 3、4、GO、Laptop、Book、Studio等 重量 59g 電池 AAAA リチウム電池 3. 商品名• Surfaceペン• Surfaceペン• Surfaceペン• Surfaceペン• Surfaceペン• avedio links Surfaceペン• 【純正】Surfaceペン シルバー• 【純正】 Surface Pro 4対応 Surfaceペン レッド• Surface スタイラスペン• マイクロソフト専用 タッチペン• まるで本物!?4096段階の圧力感度で思い通りに操作可能• 線が遅れない切れない!省エネでリアルに書けます• USB充電で500時間連続使用のハイクオリティタッチペン• バッテリーもBluetooth接続も必要なし。 滑らかな手触りにも注目• 適合デバイス11種類!細いペン先と省エネ技術で長く使える• 高品質で長時間使っても手汗が出ない。 持ちやすいタッチペン• 安定の純正、4096段階の筆圧感知で違和感なく書ける• 純正の安定感。 角張りデザインで持ちやすい• キラキラボディが好印象。 大容量バッテリーで長持ち• 精度の高いタッチ。 アルミ素材で長くきれいに使える• 4499円 税込• 5599円 税込• 5599円 税込• 5599円 税込• 4199円 税込• 3880円 税込• 8900円 税込• 11780円 税込• 2880円 税込• 4179円 税込• 対応Surface• 3、Pro 3、4、GO、Laptop、Book、Studio等• Pro 3、Pro 4、New Pro、Laptop、Book 2、Studio、Pro 6• Pro 3、Pro 4、New Pro、Laptop、Book 2、Studio• Pro、Pro 4、Pro 2017、Pro 6、Laptop、Book、Studio、GO• Pro 3、Pro 4、Pro 5、Pro 6、Pro 2017、Laptop、Book、Studio、GOなど• 3、Pro 3、Pro 4、Book、Studio• Pro• Pro 4• 3、Pro 3、Pro 4、Pro 2018、Pro 6、GO、Book、Laptop、Studio• 3、Pro 3、Pro 4、Pro 2018、Pro 6、GO、Book、Laptop、Studio• 59g• 07g• 118g• 104g• 1 g• AAAA• リチウムポリマー• リチウムポリマー• リチウムポリマー• AAAA• リチウム• リチウムイオン• リチウムイオン• リチウム金属電池• AAAA• リチウム電池• 商品リンク•

次の

【楽天市場】タッチペン・スタイラス

スタイラスペン 比較

スマートフォンやタブレットを使うときにスタイラスペン(タッチペン)もいっしょに用意しておくと便利です。 アップルのiPad Proには、専用のペンとしてApple Pencilがあり、使い勝手や書き心地に定評があります。 しかし、用途によっては必ずしも万能ではありません。 そこで、一般的なスタイラスペンとApple Pencilのしくみや用途を比較していきながら、ベストな使い分けの方法を紹介します。 導電性スタイラスペンとApple Pencilの違い タッチパネルにはさまざまなタイプがあります。 そのうち、スマートフォンやタブレットで用いられているタッチパネルは静電容量型と呼ばれるものを採用しています。 これは、指でパネルの表面を触ると電気量(静電容量)の変化が生じると、センサーが関知してタッチ操作があったかを判定しています。 静電容量型のタッチパネルは、指でのタッチ操作が軽快にできる反面、小さい文字を書いたり繊細な線画を描くのが難しい短所を持っています。 この短所を補うために作られたのがスタイラスペンです。 安価なスタイラスペンとして代表的なのが、先端に導電性のゴムや繊維をつけた棒状のペンです。 ペン先と軸の部分が導電性になっていて、パネルのセンサーと指との間を導線でつないだような状態を作ります。 この原理のおかげで、使う側は筆記具と同じ感覚でタッチパネル上に文字を書いたりすることができるのです。 しかし、スタイラスペンの筆跡をセンサーに感知させるためにはパネルとの接触面積がある程度必要であるため、ペン先を細く加工できず、文字をきれいに書くのが困難です。 また、筆圧の強弱を描画に反映させることもできません。 これらの難点を克服し、筆記具のペンに近い書き心地を実現したのがApple Pencilです。 Apple Pencilは、ペン先を細くする代わりに先端部から静電気を出してセンサーの感知に必要な電気量を補うアクティブスタイラスと呼ばれる方式を採用しているといわれています。 それに加えて、アップル独自の機構をiPad ProとApple Pencil双方に組み込んで、筆圧に応じた描画処理や細かい動きにあわせて線を描くことができるように作られているといいます。 ただし、Apple Pencilはバッテリーで動作させる必要があり、電池が切れてしまうとまったく使えなくなります。 また、iPad Proとハードウェアでの連携をしているため、iPad Pro以外の製品では一切使えません。 価格も導電性スタイルスペンと比べ高価です。 機種を問わずタッチ操作をこなせるのがスタイラスペン 導電性スタイラスペンとApple Pencilは互いに一長一短をもっています。 両者の長所をうまく引き出せば、用途に応じた最適な活用ができます。 導電性スタイラスペンの一番の長所は、機種を問わず使えることです。 iPhoneをはじめ、Android搭載のほとんどのスマートフォンのタッチパネルは静電容量型を採用しています。 もちろん、iPad Proで使えるのは言うまでもありません。 iPad Proとスマートフォンといっしょに携行していれば、どちらでもペンで操作や作業をすることができます。 また、ペン先が太い分、Apple Pencilよりもおおざっぱなタッチ操作がしやすい利点もあります。 画面の小さいスマートフォンでパズルゲームをプレイする際、ボールやキャラクターを上下左右に動かすのに導電性スタイラスペンは使いやすいです。 iPad Proで手書きをするならApple Pencil 一方、iPad Proで手書きやイラストを作成するときはApple Pencilが力を発揮します。 画数の多い文字を書いたり、顔の表情を描いたりするのはApple Pencilの得意とするところです。 ほかにも、PDFファイルにメモ書きを付け加えるアノテーション作業や、ベクターグラフィックスで用いられるベジェ曲線の調整もApple Pencilはこなしてくれます。 鉛筆を使う作業をiPad Pro上で実現したいときには、Apple Pencilを用いるのが最適といえます。 導電性スタイラスペンとApple Pencilはどちらか一方のみだけに絞る必要はありません。 iPad Proで使うときは両方用意しておいて、用途に応じて使いやすい方を選ぶのがベストです。 株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。 アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。 頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。 予算内に収まるのか? などのお客様のご相談に、親身に応じます。

次の