気が気でない 例文。 「芳しくない」の意味や読み方は?使い方や類語・例文が気になる!

「気の置けない」の意味と正しい使い方!類語や例文も解説

気が気でない 例文

「お気遣いなく」は、「お気遣いなさらないでください」を省略した言い方です。 「心配しないでください」や「あれこれと気を遣わないでください」という意味を表します。 例えば、訪問先でお茶やお菓子を出してくれたシーンなどで、「(どうぞ)お気遣いなく」と伝えます。 相手(親しい間柄)や状況によっては「お構いなく」を使っても問題ありませんが、「お気遣いなく」のほうが丁寧な表現になるため、おすすめです。 使用が好ましい相手 同僚、部下等 (3)「結構です」 「結構です」は、「必要ありません」のように断る意味で用いることができます。 例えば、自分は残業をしなければならず、後輩には先に帰るようにと伝える場合を考えてみましょう。 ただ、冷たく聞こえる場合もあるので、「結構です」は目上の人に対しては避けたほうがいい言葉でしょう。 具体的に使われるシーンと合わせて押さえましょう。 基本的な意味としては、 1. 予想できなかった異常事態が起きる様子。 例「とんでもない事件が起きてしまった」 2. 常識や道徳から考えて、あってはならない様子。 例「とんでもないことをしやがって」 3. 全くそのようなことはないと考えられる様子。 例「あの人がリーダーに適任だなんて、とんでもない」 という3種類があります。 ビジネスシーンで使われる「とんでもないです」は1~3、どの意味の可能性もありますが、最も頻繁に使われるのは3の意味でしょう。 「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」という形でも使われます。 具体的な使い方は次の通りです。 「すごいじゃないか」「いえいえ、とんでもないです」といった具合です。 目上の相手から褒められた時に使うことが多いですが、同じぐらいの立場や年齢の人、後輩から褒められた場面で使用しても問題ありません。 謙虚な態度を示すことができます。 類語には「めっそうもない(ことです)」「身に余るお言葉です」があります。 なお、あまりに「とんでもないです」を連呼すると、うっとうしく感じられ、逆にマナー違反になることもあります。 何度か謙遜した後は「ありがとうございます」「光栄です」とお礼に切り換えましょう。 かといって、お礼を言ってもらったのに、無言で会釈するだけ、というのも失礼です。 そこで、「お礼を言ってもらうほどのことではありません」と謙遜する意味で、「とんでもないです」を使います。 「この前は助かったよ、ありがとう」「とんでもないです」とやり取りするわけです。 この使い方の注意点は、あまり強く言い過ぎないことです。 相手の思いや言葉を否定しているかのように聞こえてしまう恐れがあります。 謙遜していることが分かるような表情や仕草を添えるか、 ・とんでもないです。 お役に立てていたらうれしいです。 ・とんでもないです。 そこまで言っていただくと恐れ多いです。 と一言添えるといいでしょう。 これも(2)同様、あまりにも相手の思いや言葉を否定する印象になっては逆効果。 ・とんでもないです。 それほどお気に病むことはございません。 ・とんでもないです。 引き続きよろしくお願いいたします。 などと、一言添えましょう。 「この間のプレゼンテーションは実に素晴らしかった、さすがだね」 「とんでもないです。 チームメンバーが協力をしてくれたおかげで、何とかできたことです」 「納期を1日前倒ししてくれてありがとう」 「とんでもないです。 お役に立てたならうれしいです」 「だいぶお待たせしてしまったね。 申し訳ない」 「そんな、とんでもないです。 お気になさらず。 というのも、「とんでもない」は、「切ない」「汚い」などと同じく「とんでもない」で一語の形容詞です。 「せつございません」「きたございません」という言い方をしないのと同様に、「とんでもございません」とすることには違和感があるのです。 『新明解国語辞典』 第七版、三省堂 にも、「全体で一語の形容詞であるから、『とんでも+無い』と分析して丁寧形を『とんでもございません』とするのは誤りとされる」という記載があります。 つまり、「とんでもない」で一語なので、丁寧語にするのであれば「とんでもない(こと)です」「とんでもないことでございます」とすべきです。 しかし、「切ない」「汚い」とは少し違い、「とんでもない」は語源が「途でもない」であり、「ない」が切り離されやすい性質を持っています。 また、2007年に文化庁文化審議会が発表した「敬語の指針」においては、「とんでもございません」と「とんでもないことでございます」のニュアンスの違いが指摘されています。 「とんでもないことでございます」は「とんでもございません」と違って、「あなたの褒めたことはとんでもないことだ」という意味に受け取られる恐れがあるので、正しい日本語ながら注意する必要があるというのです。 以上2つの理由から、「とんでもございません」を使いたくなるのは仕方ないのですが、「とんでもございません」が文法的誤りであるという知識も広く知られています。 口頭でつい出てくるのは仕方ないにしても、メールなどの書き言葉では「とんでもございません」を使うのは避け、「とんでもないことでございます」と正式に書いた方がいいでしょう。 「とんでもないです」を使いこなして謙虚な印象を 「とんでもないです」は、相手からの褒め言葉や感謝・謝罪に対し、「そんなことはない」と謙遜するフレーズです。 文法的な観点からは、「とんでもございません」という形にはせず、「とんでもない(こと)です」「とんでもないことでございます」という言い方で用いるようにしましょう。

次の

「気が気でない」に関連した英語例文の一覧と使い方(2ページ目)

気が気でない 例文

・私にとって彼は気の置けない人だ。 自分にとって彼が気を使わずに付き合える人であるという意味です。 「気の置けない」は、このようにポジティブな意味として使われます。 「気の置けない」の言葉の由来 「気の置けない」という言葉の由来は、「気の置ける」という言葉です。 「気の置ける」は「気を使う」という意味の慣用句で、この場合の「置ける」は「使う」という意味で用いられています。 つまり「気の置けない」は「気の置ける」の否定形である為、「気を使わない」という反対の意味になるというわけです。 「気の置けない」は「気を置きたくても置けない」というニュアンスを含んでおり、遠慮のいらない自然な関係であるということを表現しているといえるでしょう。 「気の置けない友人」「気の置けない仲間」とは 「気の置けない」という慣用句を使った表現に「気の置けない友人」や「気の置けない仲間」というものがあります。 「気の置けない友人」は「気を使わない親しい友人」という意味で使用される表現です。 「心から打ち解けることができる友人」というニュアンスがあり、ポジティブな言い回しだといえるでしょう。 「気を使う必要がない」というより、「自然と気を使うことのない関係でいることができる」という解釈の方が適しています。 また「気の置けない仲間」は、「気を使わない親しい仲間」を言い表す言葉です。 なお「気の置けない仲」という表現もありますが、これは「遠慮のいらない人との親しい間柄」を表しています。 「気の置けない」のよくある誤用 「気の置けない」を「気を許せない」や「油断ならない」という意味で解釈するのはよくある誤用です。 これは「気を置けない」を「気を許すことができない」という解釈をしてしまっている為に起こる間違いで、「〜ない」という否定表現を使用していることに起因する誤用だと考えられます。 本来は「気の許せる」という意味で使用される言葉になる為、特に目上の方への誤用に注意が必要です。 また「気を置かない」という誤用もよく見受けられます。 「置かない」というのは自分の意志ですが、先述のように「置けない」と表現することにより「置きたくても置けない」という様子を表現しているのです。 それが「気を置かない」とすると、微妙にニュアンスが異なってしまいます。 その為「気を置かない」という表現も誤用であるということにも留意しておきましょう。 「気の置けない」のビジネス上での使い方 「気の置けない」はビジネス上でも使うことがある表現です。 例えば下記のような使い方が考えられます。 ・当社とA社の関係は、気の置けない間柄だといっても過言ではないくらい良好だ。 ビジネス上では、社外の人や組織とは一定の距離感があるものです。 この例では、そうした距離感を感じさせないくらい両社の関係が良好であることを表しています。 「懇意」「昵懇」などの言葉が使われることも多い ビジネス上では「気の置けない」ではなく「懇意」や「昵懇」という言葉が使われることも多いです。 「懇意」は「こんい」と読み、「親しくしていること」や「遠慮のいらない間柄であること」という意味があります。 また「昵懇」の読みは「じっこん」で、「親しく打ち解けて付き合うこと」という意味です。 それぞれ次のような使い方が挙げられます。

次の

「気が気でない」に関連した英語例文の一覧と使い方(2ページ目)

気が気でない 例文

「気」には、「意識」「物事に反応する心の働き。 」 「あれこれ考える心の動き。 心遣い。 」といった意味があります。 「気が気でない」だと、最後の意味が当てはまりますね。 では、「でない」はどうでしょうか? 一見、否定形のようにも見えますが、ここが日本語のむつかしいところ。 実は、言葉が省略されています。 もともとは、 「~で仕方がない」なんです。 「仕方がない」には「 どうすることもできない。 」「我慢ができない。 たまらない」といった意味がありますよね。 つまり、 「心配で心配でたまらない」という意味の言葉だったんです。 そして、「心配で心配でたまらない」ときの様子である 「心配事がずっと頭から離れずに、落ち着かない様子。 」「気になって、そわそわしている様子。 」を表す言葉と意味が転じていったのです。 ここまでは、意味を掘り下げて見ていただきました。 だんだんと使い方も想像できできたんじゃないでしょうか? 次の章では、使い方を紹介しますね。 気が気でないの使い方・例文! では早速、例文を見ていきましょう。 今日は、一年間かけて勉強してきた資格試験の合格発表の日。 もう、 朝から気が気でなくって電車まで乗り間違っちゃったよぉ~。 「心配事がずっと頭から離れずに、落ち着かない様子。 」という意味で使われていますね。 次の例文はどうでしょうか? どうしても行きたいコンサートの当落発表が今日メールでくるはずなんだけど… 気が気でなくって何回も何回もスマホのメールを確認しちゃってるよ! 「気になって、そわそわしている様子。 」を表すのに「気が気でない」を使っていますね。 彼が行動を起こすと、 また何かしでかすんじゃないかと気が気でないよ。 必ずと言っていいほど、巻き込まれる私の身にもなってほしいわ… 「心配事がずっと頭から離れずに、落ち着かない様子。 」を表しているのですが「イライラしている」ともとれる表現ですね。 そう「気が気でない」は苛立ちも表すことができる言葉なんですよ。 彼女のお父さんが交通事故にあったって連絡が! 気が気でない様子の彼女をほおっておけなくて、実家まで同行してよかった。 何度も赤信号と青信号を間違えて渡ろうとするんだから… こちらは、「気をとられて他のことが目にはいっていない様子」を表していますね。 「気が気でない」は自分自身にだけではなく、他の人に対しても使うこともできる言葉ですので、覚えておいてください。 と、こんなふうに「気が気でない」を使います。 「ドキドキ」「そわそわ」した様子を表すには、他にもあります。 一例ですが、紹介しますね。 浮足立つ:不安や恐れで落ち着きを失う。 逃げ腰になる。 地に足のつかない:落ち着きのないさまや、冷静さを欠いた様子。 気をもむ:あれこれと心配する。 やきもきする。 じっとしていられない:早くやろうとして苛立つあせる。 居ても立っても居られない:心がいらだったり興奮したりして、落ち着いていられない。 などがあります。 英語だと、• distracted(なにか他のことを心配して集中できない) などで、表すことができますよ。 関連記事 一部広告含む•

次の