イギリス スコーン レシピ。 イギリス仕込み!スコーンの作り方 : Londonのたからもの

本場イギリスからお届けする「スコーン」レシピ イギリス/グラスゴー特派員ブログ

イギリス スコーン レシピ

イギリス風 スコーンの作り方やレシピ、イギリス人が好む食べ方を紹介! 今日の記事では、いつものテイストとは違います^^ 今回はイギリスの伝統的なおやつの作り方を紹介したいと思います。 今日これから紹介するのは皆さんもご存知イギリスの伝統的なおやつ「スコーン」です。 スコーンは勿論、日本でも買う事が出来ますが、私の経験では、日本のカフェ等で出されているスコーンは、そのままの状態で食べる場合が多い!?のでは、ないかと思います。 つまり、バターやジャム、クリーム等がないままで出されます! 私はこの間、日本のスターバックスに行ってスコーンを注文しましたが、一口食べた後にとてもガッカリしました。 何故ならそのスコーンはパサパサして、お世辞にもあまり美味しくなかったからです(笑)。 一般的にイギリスでスコーンを注文すると、「イチゴジャム」と「バター又はクリーム」も一緒に出て来ます。 これはイギリスの伝統的な食べ方です。 ジャムなどを塗ればスコーンのパサパサした触感がなくなります。 そして、紅茶と一緒に飲むと最高の「クリームティー」というおやつタイムになります。 私は料理やケーキ作りのマスターではありませんが、先日シンプルなスコーンを作ってみました。 気になる結果は・・・結構美味しかったです(笑)。 現在私が住んでいる家には、オーブン付きの電子レンジしかありませんが、それでも美味しいイギリス風スコーンを作る事が出来ました。 そして、なによりも私が美味しいスコーンを作る事が出来るなら、どんな方でも出来ると思います(笑)。 それでは、作り方を紹介します!日本語と英語でレシピを紹介したいと思います。 これでスコーンを作りながら英語の勉強も出来ますね^^ イギリス風スコーンを作る為の材料:• 225g flour (小麦粉)• 10g baking powder (ベーキングパウダー)• pinch of salt (一つまみの塩)• 55g butter (バター)• 25g sugar (砂糖)• 150ml milk (牛乳) スコーンの作り方 1. Set oven to 200 degrees celcius. ) 2. Sift flour, baking powder and salt into a bowl. (小麦粉、ベーキングパウダー、塩をふるいにかけてボールに入れます。 ) 3.Add butter to the bowl. Use fingers to rub the butter into the flour. (そのボールにバターを入れます。 指先を使ってバターと小麦粉を練り込みます。 ) 4.When the butter has been completely rubbed into the flour, add the sugar and mix. (バターが完全に混ざって固まりがなくなった後、砂糖を入れてさらに混ぜます。 ) 5.Pour in the milk and mix until it becomes a soft dough. (牛乳を加えて柔らかいドー(練り粉・塊)になるまでに混ぜます。 ) 6. Knead the dough gently and divide into 5cm balls. Place the balls on a baking tray and flatten gently. (その「ドー」を5cmくらいのボールに分けて、クッキングトレーに起きます。 少しだけ掌で潰します。 ) 7. Use a little milk or egg to glaze the top of the scones then bake in the oven for about 15-20 minutes. (牛乳、又は卵をスコーンの上に塗ります。 スコーンをオーブンに入れて15-20分で焼きます。 ) スコーンが焼いた後、直ぐ食べる事が出来ますが、私の個人的な意見では冷たい方がイギリスっぽい食べ方だと思います。 伝統的にスコーンを半分に切ってイチゴジャムとクロテッドクリーム(濃厚なクリーム)を付けて食べます。 私は日本で「クロテッドクリーム」を見た事がありません。 私の家の近くにある一般的な日本のスーパーにはクロテッドクリームは売っていませんので、残念ながら今回は「正しい」食べ方で自分のスコーンを食べられませんでした(笑)。 その代わりに私は自分で作った「濃いギリシャヨーグルト」を付けて食べる事にしました^^。 これもこれで濃厚な味で美味しかったです! イギリス風スコーン作り完成しました! 実は、クロテッドクリームは自分で作る事が出来ます。 凄く時間はかかりますが、普通のクリームをスロークッカーに入れて、一番低いセッティングで8時間くらい温めます。 そうすると、クリームの上にバターのような膜が出来ます。 その膜は「クロテッドクリーム」と言います。 イギリス人はクロテッドクリームをスコーンに塗って食べます^^ 私のようなめんどくさがりやは、バターや濃いギリシャヨーグルトでもよいと思います(笑)。 それでは、スコーンの作り方は以上になります! 一時間以内にゼロから作れるイギリスのおやつなので、時間がある方は是非作ってみてくださいね^^! 最後にクッキングに役立つ英語のまとめを紹介します。 役に立つクッキング用語:• pinch of ~ = 一つまみの~• sift = 篩にかける• add = 加える• rub = 指先で材料を擦り込む事• mix = 混ぜる• pour = 注ぐ• knead = こねる、練る• divide = 分ける• glaze = 透明な衣をかける(卵、牛乳など)• bake = オーブンで焼く この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。 制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。 ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、 アメリカ英語との違いを中心に イギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。 教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、 イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。 イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。 イギリス英語のイディオム専門教材 この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」は イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。 本教材では イギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にも マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。 イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。 1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。 この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

次の

イギリスのスコーンはなぜ美味しく感じるのか?セルフレイジングフラワーの謎

イギリス スコーン レシピ

サクサクのスコーン スコーンの形は手で持ちやすいサイズで丸や三角、四角などが多いです。 口に入れるとホロホロと崩れて、フワフワというよりは さっくりとした食感です。 そのまま食べるほかジャムやクリームを付けて食べることが多いです。 また生地にドライフルーツやチョコチップ、紅茶などを練り込んだものもあります。 スコーンは甘いだけでなく、玉ねぎやベーコン、チーズなど塩味のものもあります。 バターの代わりにヨーグルトや豆腐を使うとカロリーを抑えることができます。 紅茶やコーヒー、牛乳によく合うパンで、特に 水分量の少ないパンなので、飲み物と一緒でないと少し食べにくいかもしれません。 朝食やオヤツ、軽食などで食べることが多いです。 スコーンの種類 スコーンには大きく分けてイギリス風と北米風の2種類があります。 イギリス風のスコーン イギリスのスコーンは生地に甘味が少なく、バターの代わりにショートニングを使ったり、牛乳の代わりにクリームを使うこともあります。 後ほどご紹介する北米風のスコーンと区別して、 ビスケットと呼ばれることもあります。 イギリスの正式なアフタヌーンティーでは、丸型の甘味の少ないスコーンにマーマレードとクロテッドクリームを添えて紅茶と食べます。 食べ方はスコーンを所気半分に割り、一口づつマーマレードやクロテッドクリームを付けて食べます。 北米風のスコーン 一方、北米のスコーンは生地自体が甘いモノが多く、そのまま食べることが多いです。 生地にドライフルーツやチョコチップやナッツなどが練り込んであることも多いです。 日本にはイギリス風のスコーンも北米風のスコーンも両方好まれています。 日本らしく、牛乳のかわりに豆乳を使ったり、小麦粉のかわりにオカラを使ったり、小豆や抹茶など和の食材を使ったスコーンも人気です。 パン屋やスーパーなどで買える他、喫茶店やコーヒーショップのフードメニューとしても人気です。 コーヒーショップの場合は、主に北米風のスコーンを取り扱っているところが多いです。 また中にはパンとしてではなく、 焼き菓子として分類されることもあります。 お菓子メイカーの湖池屋がスコーンという商品を発売していますが、これはトウモロコシを使ったスナック菓子で、パンのスコーンとは関係がありません。

次の

本当に簡単!スコーンレシピ!イギリス風スコーンの作り方は

イギリス スコーン レシピ

先日のでは、粉モノ系をいろいろと作り倒しました。 そのときに教わったシンプルなスコーンがこちらです。 友人の旦那様のお母様(=イギリス人)から教わったレシピを、キリのいい分量に少し手直ししました。 【材料 5. 5cm丸型 6個分】 小麦粉 200g ベーキングパウダー 小さじ1 (あれば、上記の代わりに、セルフレイジングフラワー200g) バター(or マーガリン) 50g 砂糖 50g 牛乳 80ml 【作り方】 1) オーブンを220度に予熱し始める 2 材料を予め計量しておく。 小麦粉とベーキングパウダーはボウルの中でよく混ぜておく。 セルフレイジングフラワーを使う場合は、そのままボウルに入れるだけ。 3) マーガリンと小麦粉を擦り合わせるようにして混ぜる ここが初めのポイント。 私は 「ひねりごまのようだなぁ」 と思うのですが、バターと小麦粉を、指先でポロポロと擦ります。 英語では 「rub in」といいます。 私が昔読んだ林望さんの「イギリスは美味しい」という本では、 いかにこのrub inがスコーン作りに大切か、熱く説かれていました。 パン粉のようなザックリした粉を目指して、素早く、まんべんなく混ぜます。 4) 3に砂糖を加え、全体を混ぜる。 もしもドライフルーツやチョコなどを入れる場合はここで加える。 5) 牛乳を加え、素早く全体を混ぜ、まとめ上げる。 粉っぽさがなくなればOK。 捏ねすぎないこと。 お母様曰く、 「ペストリーより柔らかいけど、べたべたしないように」 とのこと。 6) 生地を2cmの厚さに広げ、型で抜く。 2つ目のポイント。 型は何でも構わないし、なければ包丁やスケッパーなどでもいいのですが、 とにかく切り口が スパッと切れるように。 そして切ったら出来る限りいじらないように。 初めて作ったとき、コップでやって失敗しました。 切れ味良く切れてないと、焼いたときに膨らみにくくなります。 生地を延ばすときは麺棒を使うのがいいでしょうが、 私はこのあと家で一人で作ったとき、手で延ばしちゃいました 多少ひび割れても、でこぼこでも、大丈夫。 余った生地の切れっ端は丸めて一緒に焼いちゃいましょう。 7) 予熱しておいたオーブンで10~15分焼く。 8) 冷めてから、クロテッドクリームとベリー系のジャムをたっぷり付けて召し上がれ 旦那様曰く、 「イギリス人は焼きたてよりも冷めてから食べるかも」 とのこと。 日本では中沢からクロテッドクリームが販売されています。 でも、要は食べた本人が美味しければいいので、アツアツでも、冷めからでも。 メープルシロップとか、はちみつとか、マーガリンとか、何でもいいと思います。 こんな風に 「オオカミの口」がパックリと開けば大成功~ ・・・おったまげるほど、簡単でした。 一番初めに家で作ったときは、上述の通りうまく膨らまなくて失敗だったのに、 何で失敗したのか分からないくらい、簡単でした。 おどさん、ありがとう。 私一人でも、ちゃーんと焼けたよ~ 計量し始めてから焼きあがりまで、30分もあれば大丈夫。 卵を入れるレシピとか、フープロ使うレシピとか、巷にはいろいろありますが、 これが一番簡単で美味しいと思います。 砂糖を加えずにチーズ、塩、マスタードを入れるとSavory Sconeというんですって。 そちらも美味しそう! 今度チャレンジしてみます。

次の