ドコモ光 ルーター。 ドコモ光の「ルーター01」とは?特徴や設定方法まで解説します

ドコモ光電話向けサービス

ドコモ光 ルーター

ドコモ光のONUに無線LANルーターを接続する• ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターをレンタルする 無線LANルーターを使う場合は、壁の光コンセントに接続されているドコモ光の機器=ONU(光回線終端装置)に、LANケーブルで機器を接続します。 参照: また、ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターのように機器自体にWi-Fi機能が備わっている場合は、NTTから無線LANカードをレンタルして挿し込まなければWi-Fiを利用できません。 しかし、ドコモ光電話対応ルーターで無線接続利用するなら、余計な機器を接続しなくても、1台のみでWi-Fiが利用できます。 無線LANルーターとWi-Fi機能付きのONU、どちらがあなたに向いているか、メリットとデメリットをそれぞれ確認しておきましょう。 利用料金 メリット デメリット 無線LANルーター レンタル=0円~ 購入=3,000円~15,000円 ・プロバイダから無料でレンタルできる ・ドコモ. netでドコモ光ルーター01を実質無料で購入できる ・市販や手持ちのルーターでも利用できる ONUにさらにLANケーブルで接続するので、配線が混雑しやすい ドコモ光電話対応ルーター 無線LANカードレンタル=100円~300円 ・配線がスマート ・設定が簡単 ・毎月レンタル料金がかかる それぞれの方法について、さらにくわしく解説していきましょう。 無線LANルーターはプロバイダで無料レンタルできる ドコモ光ではプロバイダを25社から選べますが、 契約するプロバイダによっては高性能無線LANルーターを無料でレンタルできますよ。 また、ドコモ光ではプロバイダによって速度を安定させる通信規格・v6プラスを利用できます。 v6プラスに対応しているプロバイダと契約するかどうかで、ドコモ光の速度は大幅に変わりますよ。 GMOとくとくBB• So-net• @nifty• ぷらら• andline• DTI v6プラス対応無線LANルーターのスペックでプロバイダを選ぶなら、 最大1733Mbpsの高性能ルーターをレンタルできるGMOとくとくBBがオススメです。 v6プラス対応プロバイダについてさらにくわしく知りたい方は、をご覧ください。 ドコモnetを契約するならドコモ光推奨のルーター01が実質無料 ドコモ光では無線LANルーターなら、「ドコモ光ルーター01」を推奨しています。 ドコモ光ルーター01もv6プラスやv6プラスと同等のIPV6 over IPV4サービスに対応しており、高速通信が可能です。 ドコモ光ルーター01本体には遠隔操作ボタンがついており、ドコモネットトータルサポートを契約すると、パソコンなどの困りごとも簡単に解決してもらえます。 ドコモ光ルーター01はドコモオンラインショップなどで購入でき、販売価格は8,880円(税抜)です。 しかし、 プロバイダをドコモ. netで契約する方はキャンペーンにより、ドコモ光ルーター01の購入で10,000円分のdポイントがプレゼントされます。 実質無料でドコモ光ルーター01が購入できるのでお得ですよ。 ドコモ光ルーター01についてはをご覧ください。 市販の無線LANルーターも利用可能 ドコモ光では市販の無線LANルーターや、もともと 他社回線などで使っていたルーターも利用可能です。 市販の無線LANルーターを用意する場合、通販サイトなどでは3,000円ほどで購入できる機種もあります。 レンタルでは破損した場合に実費が請求される場合もあり、月々のレンタル料金を支払わなくてはいけない場合は長期的にみると購入したほうが安くなることもありますね。 ただし、市販や手持ちの無線LANルーターを使う場合は、規格やスペックに注意しましょう。 v6プラスに対応したプロバイダと契約していても、無線LANルーターがv6プラスに対応していなければ意味がありません。 また、無線LANルーターによっても最大通信速度が違うので、いくらドコモ光の回線速度が最大1Gbpsでも、古いルーターによっては思った速度が出ないこともあります。 無線LANルーターを自分で用意する場合は、最新の規格に対応しているかをしっかり確認しましょう。 ドコモ光で利用する無線LANルーターのスペックについては、のちほどの項目で解説しています。 ドコモ光で利用できる無線LANルーターについては、もあわせてご覧ください。 ドコモ光からONU一体型のドコモ光電話対応ルーターをレンタルする ドコモ光で光電話を契約した方がレンタルするドコモ光電話対応ルーターでも、Wi-Fi機能が利用できます。 基本的にドコモ光でWi-Fiを使うことに手続きは必要ありませんが、ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターの場合は、無線LANカードのレンタルに申込が必要です。 ドコモ光電話対応ルーターはレンタル料金が無料ですが、無線LANカードは毎月レンタル料金がかかりますよ。 無線LANカードのレンタル料金は、お住まいの地域がNTT東日本エリアかNTT西日本エリアかによって変わります。 住んでいる地域 無線LANカードレンタル料金/月 NTT東日本 300円 NTT西日本 100円 ドコモ光電話対応ルーターで無線LANカードを利用するには、ドコモショップかインフォメーションセンターで手続きをしましょう。 ドコモ光を新規で契約するなら、申し込み時にドコモ光電話対応ルーターでWi-Fi接続したいと伝えておけば、開通工事の際に工事業者がルーターと一緒に持ってきてくれます。 ドコモ光でレンタルできるルーターについては、もあわせてご覧ください。 ドコモ光でWi-Fiを設定する方法 ドコモ光のONUにLANケーブルで無線LANルーターを接続する、もしくはドコモ光電話対応ルーターに無線LANカードを差し込めば、基本的に無線でインターネットができます。 しかし、 Wi-Fiを利用するにはまず、設定をしなくてはいけませんよ。 ドコモ光でWi-Fi設定をするには、2つのステップを踏まなくてはいけません。 ONUもしくはルーターにドコモ光の初期設定をする• 初期設定が完了したONUもしくはルーターと、スマホ・パソコンなどの通信機器を接続する もともと利用していた無線LANルーターやONUがあり、プロバイダを変更していなければ、初期設定は完了しているはずなので、ステップ1を飛ばしても問題ありません。 ドコモ光を新規で申し込んだり、新たにONUや無線LANルーターを設置したりする場合は、まずWi-Fi親機である機器にドコモ光と接続するための情報を入力しなくてはいけませんよ。 ルーターの設定が完了したら、スマホやパソコンなどをそれぞれWi-Fiでつなげていくという流れです。 Wi-Fiルーターにドコモ光の初期設定をする手順 無線LANルーターやONUにドコモ光の情報を設定する手順は、以下のとおりです。 パソコンやスマホのブラウザから、ルーター設定のためのセットアップアドレスにアクセスする• ルーターのIDとパスワードを入力する• プロバイダの認証IDと接続パスワードを入力する 設定をしなくてはWi-Fiでパソコンやスマホはつながらないのですが、電波が届く範囲ならルーターのセットアップアドレスにはアクセスできるようになっています。 まずはルーター自体のIDとパスワードを入力して、管理画面にログインしましょう。 ルーターのメーカーによって、セットアップアドレスやID、パスワードは異なります。 全てルーターの説明書などに記載されているので、設定する際には手元に用意しておきましょう。 ルーターの説明書がない!という方のために、ドコモ光でよく使われるWi-Fiルーターの主要メーカーのセットアップアドレス・ID・パスワードをまとめておきますね。 メーカー セットアップアドレス ID・パスワード ドコモ光電話対応ルーター 192. 168. 168. 168. 1 ID:admin パスワード:初回ログイン時に設定 BUFFALO 192. 168. 1 ID:admin、password、root パスワード: (スペース) IO-DATA 192. 168. 1、または 192. 168. 1 設定なし(出荷時) ルーターの管理画面にアクセスできたら、ドコモ光で契約しているプロバイダの認証IDと接続パスワードを入力します。 プロバイダのIDとパスワードは、ドコモ光契約時に送付されたプロバイダの契約書類に記載されていますよ。 ルーター設定画面にログインし、プロバイダの情報を入力してはじめて、Wi-Fi接続ができます。 無線LANルーターや無線LANカードを用意しただけでは、ドコモ光の設定が完了するまでWi-Fiは使えないと覚えておきましょう。 ドコモ光の初期設定については、を参考にしてください。 ルーターの初期設定が完了したら、スマホやパソコンをWi-Fiで接続していきましょう。 iPhoneとドコモ光をWi-Fi接続する手順 iPhoneとドコモ光をWi-Fiで接続してみましょう。 まずはルーター本体のラベルなどに記載のSSIDとパスワードを確認しておきます。 iPhoneのメニューから[設定]を選びます。 [Wi-Fi]を選択しましょう。 ルーター本体の[SSID]と同じ名前を選びます。 パスワードの入力画面でルーター本体の[暗号化キー]を入力します。 画面上部にWi-Fiマークなどがつけば、接続が完了しています。 インターネットブラウザなどを開いて、問題なくWi-Fiで通信ができているか確認しましょう。 Androidスマホとドコモ光をWi-Fi接続する手順 Androidのスマホとドコモ光を、Wi-Fiで接続してみましょう。 スマホのメニューから[設定]をタップし、[Wi-Fi]を選択しましょう。 ルーター本体の[SSID]と同じ名前を選びます。 パスワードの入力画面でルーター本体の[暗号化キー]を入力します。 画面上部にWi-Fiマークなどがつけば、接続が完了しています。 Androidスマホの画面や設定方法は機種によって違いますので、くわしくは各メーカーの説明書を確認しましょう。 パソコンとドコモ光をWi-Fi接続する手順 パソコンでドコモ光をWi-Fiで接続するには、ディスプレイ下などに表示されているWi-Fiマークをクリックしましょう。 電波を受信しているWi-FiルーターのSSIDが並んでいますので、接続したいSSIDをクリックします。 ネットワークセキュリティキーなどを求められますので、ルーター本体に記載の[暗号化キー]を入力しましょう。 Wi-Fi接続の手順や表示はパソコンのメーカーやバージョンによっても異なりますので、くわしくはお使いのパソコンの説明書を参考にしてくださいね。 パソコンでWi-Fi接続する方法については、も参考にしてください。 AOSSボタンやWPSボタンがあればさらに簡単 無線LANルーターによっては、WPSボタンやAOSSボタンなどが利用できる場合もあります。 WPSボタンやAOSSボタンは、アクセスポイントとも呼ばれ、ボタンを押すだけで簡単に近くにある通信機器とWi-Fi接続してくれますよ。 スマホやパソコンはもちろん、携帯ゲーム機やスマートスピーカーなど、WPSまたはAOSSでの接続設定に対応している機器は多いので、ルーター本体にボタンがついている人は試してみましょう。 ドコモ光のWi-Fiが遅い!つながらない!対処法を紹介 ドコモ光でWi-Fiをさまざまな機器と接続しているときに、速度が遅かったりつながらなくなったりした場合の対処法をご紹介していきます。 ドコモ光のWi-Fiが遅いときの原因と対処法 ドコモ光でWi-Fiの速度が遅い場合は、以下の原因が考えられます。 無線LANルーターのスペックを確認する• v6プラスを利用する• スマホやパソコンのスペックを確認する• 中継器を利用する 無線LANルーターのスペックを確認する ドコモ光のインターネット速度が遅いと感じたときは、まずパソコンや通信機器をLANケーブルでルーターに直接繋げてみましょう。 有線で接続したときに通信速度がWi-Fi時より大幅に向上したら、速度が遅い原因は無線LANルーターにあります。 無線LANルーター自体の最大通信速度や、周波数の規格を確認しましょう。 ドコモ光の最大通信速度1Gbpsの回線を快適に利用するために必要なスペックを、まとめてみました。 あなたがお使いの無線LANルーターのスペックと見比べてみてくださいね。 11ac/11n/11a/11g/11b 最大伝送速度 800Mbps~1Gbps以上 周波数帯 2. インターネットユーザーの中でも、NTTの光回線を使うフレッツ光や光コラボユーザーは7割以上を占めていますよ。 同じ回線を多くの人が利用するので混雑状態になり、夜間や週末などは速度が低下してしまいます。 ドコモ光のプロバイダによっては、混雑した回線を回避し、よりつながりやすいポイントでアクセスするv6プラスサービスを提供しています。 v6プラスを利用するには、v6プラスを提供するプロバイダとの契約と、v6プラス対応のルーターが必要です。 v6プラス接続サービスの利用料金は無料の会社も多いですが、あらかじめ サービスの申し込みが必要な場合もありますよ。 v6プラス対応プロバイダと契約している方でも、速度が遅いと感じたときは、サービスが利用できているか確認しましょう。 v6プラス、つまりIPv6 over IPv4で接続しているか、こちらのサイトで簡単に確認できます。 プロバイダのIPv6サービスに登録する。 パソコンやタブレットのコントロールパネルからアダプターの設定変更に入る。 利用するネットワークデバイスを選択し、プロパティーを開く。 「IPv6アドレスを自動的に取得する」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」をチェックし、詳細設定をクリックする。 IP設定が「自動構成のみ」になっていることを確認し、右下のOKをクリックする。 DSNタブを開き、「プライマリおよび接続専用のDNSサフィックスを追加する」をクリックしてから「プライマリDNSサフィックスの親サフィックスを追加する」をチェックし、右下のOKをクリックする。 v6プラスの判定をしてサービスを利用できていなかった方は、契約中のプロバイダに問い合わせましょう。 中継器を利用する おうちの中で部屋によってWi-Fiがつながりにくい、電波が弱いと感じたときは、中継器の利用がオススメです。 Wi-Fiルーターの電波を中継地点として受信して、より離れた場所や部屋に飛ばしてくれる中継器を使えば、違う階や入り組んだ間取りでもWi-Fi接続がスムーズになります。 中継器は家電量販店や通販サイトなどで購入できますよ。 ドコモ光のWi-Fiがつながらないときの原因と対処法 ドコモ光のWi-Fiが全く接続できなくなった場合の解決法を紹介しましょう。 無線LANルーターを再起動させる• 初期設定が間違っていないか確認する• ドコモ光やプロバイダの通信障害が起きていないか確認する ルーターを再起動させる Wi-Fi接続が急にできなくなった場合に、まず試していただきたいのが無線LANルーターの再起動です。 このとき、無線LANルーターに接続しているONUなども一度電源を落とし、コンセントからコードを抜いてしばらく置いてみましょう。 1~2分経ったらコンセントを挿し、ONUから無線LANルーターへ順に電源を入れていきます。 Wi-Fiがつながらなくなったスマホやパソコンなどの通信機器も、一緒に再起動しておくといいでしょう。 無線LANルーターや通信機器の軽いエラーが原因でつながらないときは、再起動で回復する場合があります。 無線LANルーターの説明書や本体を確認し、ルーターの管理画面に入力するIDやパスワードが間違っていないか確認します。 さらに初期設定に必要なプロバイダのIDとパスワードも、入力ミスがないかチェックしてくださいね。 jp」のように、メールアドレスのような文字列を採用しています。 契約時に届くプロバイダの書類や、プロバイダのオンライン契約者ページなどでも確認できる場合があります。 また、設定は間違っていないのにWi-Fiが接続できないときは、機器の初期不良なども考えられます。 契約しているプロバイダ、もしくはドコモインフォメーションセンターへ問い合わせましょう。 くわしくは、も参考にしてくださいね。 ドコモ光のWi-Fiを持ち運ぶには? ドコモ光で光電話対応ルーターや無線LANルーターを使ってWi-Fiを利用できるのは、ドコモ光の回線工事をした自宅内だけです。 Wi-Fiでスマホなどを接続できると、どこにいてもパケット量を気にせず快適に通信できて、便利ですよね。 外出時にもWi-Fiでタブレットやノートパソコンなどを利用したいという方は、ドコモのモバイルWi-Fiルーターも検討してみましょう。 2019年春には、下り最大通信速度が1Gbpsを超える最新機種「Wi-Fi STATION HW-01L」が発売予定です。 ドコモのモバイルWi-Fiルーターについては、をご覧ください。 まとめ ドコモ光でWi-Fiを利用するには、以下の2つの方法があります。 ドコモ光のONUに無線LANルーターを接続する• ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターをレンタルする 無線LANルーターは市販や自前の機器も使用可能ですし、ドコモ光のプロバイダによっては無料で貸し出している会社もあります。 また、ドコモ光電話対応ルーターなら、NTTから無線LANカードをレンタルし、本体に差し込むことでWi-Fiが接続できます。 ただし、無線LANカードのレンタルには100円~300円の月額料金が発生します。 ドコモ光でWi-Fi接続時の速度を安定させるために有効なv6プラスを利用する際にも、v6プラス対応のルーターが必要なので、契約中のプロバイダ会社のサービスをチェックしてみましょう。 この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます• ドコモ光は、通常のIPv4接続でなく混雑を回避して通信できる「v6プラス」で接続すればより快適に通信できます。 ただしv6プラスを利用するに …• 「ドコモ光ルーター01」はNTTdocomoが2017年2月からドコモ光向けに販売・提供している無線LANルーターで、ドコモ光が推奨していま …• ドコモ光でルーターを使うと、Wi-Fi接続ができるようになり、同時に複数の端末でインターネットが使用できます。 さらに、v6プラスに対応した …• ドコモ光では、ルーターをレンタルすることが可能です。 また、ドコモ光の基本料金にルーター料金も含まれていますので、実質無料でレンタルできます。

次の

【ドコモ光の設定を解説】初期設定やルーター設定が簡単にできる方法をわかりやすく解説!

ドコモ光 ルーター

ドコモ光ルーター01とは? 通常、パソコンやスマホなどをインターネット回線に接続するためには、ONU(光回線終端装置)が必要になります。 しかし、このONUは複数の端末をインターネットに繋ぐことができません。 ここで、複数を繋ぐルーターが必要になってくるのです。 ドコモ光ルーター01とは、ドコモ光を快適に利用するために作られた有線・無線ルーター。 これは、パソコンやタブレット、スマホなどをインターネット回線できるようにする機械です。 インターネット初心者でも簡単に設定できる機能がついていて便利なのが特徴です。 ドコモ光のスピードは、最大1Gbpsを誇ります。 速度を出すためには、ルーターの性能がよい必要があるでしょう。 ドコモ光ルーター01は、通信速度が最大限活かせるような設計になっています。 ドコモ光ルーター01の特徴 ドコモ光ルーター01のメリット・デメリットを紹介していきましょう。 メリット 難しい初期設定はドコモ光に任せられる 機械にあまり詳しくない方がインターネットの初期設定をするのは大変ですよね。 Wi-Fiルーターは通常、自分で初期設定をする必要がなります。 しかし、ドコモ光ルーター01の背面には、専門オペレーターが設定を代行してくれる遠隔操作ボダンが搭載されています。 オプションで「ネットトータルサポート」に加入していれば、面倒な設定は代行してもらえます。 自分で設定するという手間が省けけてとても便利ですよね。 セキュリティーが充実している ドコモ光ルーター01には、「光ルーターセキュリティ」というものが用意されています。 これは、セキュリティを強くしてくれるサービスです。 子どものいる家庭では有害なWebサイトへのアクセスをブロックしたり、子どもの端末に接続できる時間帯を指定したりできます。 また、自宅のネットワーク機器を守る機能もあり、端末が外部から受けやすい攻撃や怪しい通信を遮断して守ってくれるでしょう。 セキュリティーソフトが導入されていないテレビやゲーム、Webカメラなどにも有効なのが嬉しいところ。 高速通信IPv6が利用できる 次世代高速通信のIPv6はご存知ですか? 「聞いたことはあるけどどんなものかわからない」という方もいらっしゃると思います。 従来のインターネットはIPv4というIPアドレスを使用していましたが、近年爆発的なインターネットの普及でアドレスが枯渇してしまいました。 それによって混雑が起きていたのですが、IPv6は回線の混雑を避けるために生まれました。 IPv6は基本的に混雑しないので、高速通信が可能。 ドコモ光ルーター01は、このIPv6に対応した機器です。 ただしドコモ光ルーター01でIPv6を使うには、IPv6接続にしたプロバイダを選ばなければ使えないため注意しましょう。 デメリット 他のルーターと比較すると料金が高い ドコモ光ルーター01は、価格が9,768円と通常のWi-Fiより高めの設定。 同程度のスペックならもっと安いものもあ流でしょう。 しかしドコモ光ルーター01はインターネット機器に疎い方でも簡単に利用できる機能がついている点が特に魅力です。 より安心感を持って使いたい方はこちらを選ぶと良いでしょう。 オプションを利用するときに料金がかかる ドコモ光ルーター01のオプションを利用するときには以下の料金がかかります。 ・ネットトータルサポート 月500円 ・光ルーターセキュリティー 月350円 月々で考えると安く感じますが、年間を通して考えると高いと考える方もいるでしょう。 不要な場合はすぐに解約することもできます。 使ってみて判断してみても良いでしょう。 スペック ドコモ光ルーター01のスペックを下記の表で見てみましょう。 4 v6プラス 対応 有線LAN 対応規格 最大1Gbps IEEE 802. 3ab(1000BASE-T) IEEE 802. 3u(100BASE-TX) IEEE 802. 3(10BASE-T) ポート数 3 無線LAN 対応規格 最大867Mbps IEEE 802. 無線でも867Mbpsと非常に速い通信速度を実現しているのが魅力です。 速度が必要な動画視聴を多くする方には嬉しい機能でしょう。 サイズもコンパクトなので、置き場所にも困りません。 無線LANの同時接続数は10人です。 ですのでパソコンやスマホを10台まで同時接続可能ですし、複数人で使用しても満足できるスペックと言えるのではないでしょうか。 また、 次世代通信のIPv6通信(v6プラス)にも対応しています。 対応規格には「11ac」が含まれているため、十分な速度で利用できると言えるでしょう。 こんな方におすすめ! 速度を重視する方 ドコモ光ルーター01はIPv6の接続が可能です。 「動画をたくさん見る」「ゲームをよくする」「仕事でビデオ電話をする」という使い方をする方には、ドコモ光ルーター01でIPv6接続をすることで、速度の安定性やストレスが軽減されるはずなので、おすすめです。 セキュリティを強化したい方 ドコモ光ルーター01のオプション機能には、端末への攻撃や子どもの有害なアクセスを守ってくれるセキュリティサービスがあります。 「子どもにスマホを渡したけど、有害なものは見せたくない」「子どものスマホを使用する時間を制限したい」とお考えの方には特におすすめです。 プロバイダがドコモnetの場合 ドコモ光の申し込み時にプロバイダでドコモnetを選択すると、ドコモ光ルーター01が実質無料になります。 ネットトータルサポートとドコモ光ルーター01を購入すると、ドコモnetの特典としてdポイント10,000ptがキャッシュバックされるのです。 ルーターは9,768円ですので、dポイントで相殺できるということになります。 そもそも無線ルーターは購入かレンタルかどちらがオススメ? ドコモ光ルーター01の本体価格は9,768円です。 ドコモ光を契約していれば月額350円(税抜)でレンタルすることも可能です。 ここで疑問に思うのが、「購入とレンタルはどちらがよい?」ということですよね。 レンタルと購入のメリット・デメリットについて解説していきます。 レンタルのメリット・デメリット レンタルの場合のメリット・デメリットをみていきましょう。 【メリット】 ・買いに行くひまがないときに便利 ・故障を気にしなくてよい 【デメリット】 ・月300円がかかるため、長期のレンタルになればばるほど割高になる ・解約するときに返却する手間がかかる レンタルは手軽にできるのがメリットです。 わざわざどの機種がよいか調べてネットショップで購入したり、家電量販店に買いに行ったりしなくても済みます。 また、故障があったときにも交換してもらえるのが利点でしょう。 デメリットは、毎月300円かかってしまう点です。 3年間利用すれば、トータルで10,800円になってしまうので、本体代より多く払わなければならない場合もあります。 ドコモ光を長期間利用することを考えているなら、レンタルよりも購入した方がよいでしょう。 さらに、レンタルの場合は、ドコモ光を解約するときに返却しなければなりません。 解約時の手続きとしては、やや面倒です。 購入のメリット・デメリット 次に、購入の場合のメリット・デメリットをみていきましょう。 【メリット】 ・長期的に使うなら割安になる(3年以上) ・自分の好みの機種が選べる 【デメリット】 ・種類が多く選ぶのが面倒 ・故障のリスクもある ・ドコモ光を解約する場合はレンタルルーターを返却する必要がある 購入するメリットは、3年以上使い続けるなら割安になる点です。 また、その時々で最新の機種を購入できるなど、欲しい機能を持っている機種を選べる点もメリットと言えます。 しかし、ルーターの種類が多くて選ぶことそのものが面倒という点はデメリットです。 また、故障のリスクがある点もデメリットでしょう。 落雷など故障しないような対策などをしておかないと、かえって割高になるかもしれません。 ドコモ光ルーター01の購入方法・レンタル方法 ドコモ光ルーター01は、ドコモショップだけでなく、AmazonやYahooショッピングなどのネットショップでも購入可能です。 販売価格は、8,000円〜10,000円前後です。 ドコモオンラインショップでも購入することができまよ。 ドコモオンラインショップでの値段は、9,768円になっています。 オンラインショップよりも、ネットショッピングの方が安い傾向にあるので、ネットショップの方がおすすめです。 レンタルの方法は、ドコモ光の申込み時にドコモ光ルーター01のレンタルを同時に申し込めばOKです。 月額350円がかかります。 途中でドコモ光ルーター01に申し込みたい方は、サポートセンターに問い合わせをしてみてください。 ドコモ光ルーター01の設定方法解説、説明 ドコモ光ルーター01を購入またはレンタルして自宅に届いたら、設定をしましょう。 流れは以下の通りです。 遠隔操作でサポートしてくれますよ。 繋がらない時には 「電源は入れているけどインターネットに接続できない」ということもあるかと思います。 そんなときにはACTIVEランプの確認をしてみてください。 ACTIVEランプの種類によって状態がわかります。 画像引用: ランプの状態 説明 黄緑点滅 接続回線の状態を確認中。 しばらくお待ち下さい。 橙点滅 IPv4 over IPv6通信サービスが利用可能です。 電源をいったん切って入れ直すか再起動したあとに黄緑点灯となります。 消灯 なIPv4 over IPv6通信サービスが検出できない状態です。 端末のWWWブラウザを開いてインターネットの接続設定をします。 黄緑点灯 インターネットに接続できている状態です ACTIVEランプが黄緑点灯するか、電源を切って再起動してみてください。 それでも繋がらない場合は、ONUもしくは光電話対応ルーターの設定が完了しているか確認する必要があります。 ONUもしくは光電話対応ルーターにも問題がない場合、故障の可能性もありますのでサポートセンターに問い合わせて見てくださいね。 利用の際の注意点 ドコモ光ルーター01にはアップデートに関する注意点があります。 ソフトウェアは最新バージョンにアップデートする必要があります。 目的は、品質の改善のためです。 アップデートした方が快適に利用することができるのです。 更新は定期的に実施されており、最近では2019年8月29日にアップデートされています。 更新内容は、通信しやすくしたり、IPv4の繋ぎにくい環境を改善したりとなっています。 アップデート方法は、クイック設定Webを起動し、「ファームウェア更新」をクリックします。 「オンラインバージョンアップ」の「更新」をクリックすればOKです。 更新時間の目安は4分ほどです。 アップデート後はアップデート前の設定状態で利用できますが、念のため、現状の設定値を保存しておくことが推奨されています。 ネット回線も携帯もドコモでそろえるとお得。 ネット回線はドコモ光、スマホもガラケーもドコモでそろえるとかなりお得になります。 最大のメリットはやはりセット割です。 データプランによって割引額は異なりますが、100円~最大3500円の割引が適用されます! また、契約が1つにまとまるのでお支払いもすっきりしますね。 さらにdポイントも貯まりやすくなります。 下記のフォームからのお申込みで様々な限定特典を受けることができます。 ドコモ携帯の新規契約、または他社からドコモ携帯にお乗り換えで現金10,000円プレゼント• ドコモ光新規お申込みで現金15,000円プレゼント• 更にドコモ光とセットで映像サービスに加入すると最大9,000円プレゼント• 工事費無料特典• ドコモ光お申し込み後、開通までにネットが使えない期間が無いように、モバイルルーターを無料レンタル• 開通後はWi-Fiルーターを無料レンタル この機会に是非検討してみてくださいね。 まとめ 初期設定をお任せできる遠隔操作や子どもを守れるセキュリティがあるドコモ光ルーター01。 他のルーターより価格は比較的高いですが、インターネットに関する知識があまりない方初心者の方や、子どもを守りたいと考えている方にはおすすめです。 また、速度に関しても、IPv6に対応しているため、快適なインターネット生活が楽しめますよ。 レンタルと購入に関してはメリット・デメリットがあります。 どのくらいの期間利用するかによって、どちらがいいか変わってきますので、検討してみてくださいね。

次の

ドコモ光|OCN for ドコモ光|NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

ドコモ光 ルーター

バラバラに契約している窓口 回線の契約窓口がひとつになって 支払いが便利! スマホやネット回線の通信料金を 安くしたい方にオススメです。 BIGLOBEなら IPv6接続 IPoE方式 *1対応で快適 ドコモ光をご利用ならIPv6接続対応で快適にインターネットがご利用いただけます。 ドコモ光電話をご利用でない場合でも、ビッグローブのルーターレンタル「接続機器 無線LAN付き 」 月額500円 税別 *2 を利用することで常時IPv6接続 IPoE方式 が可能に!• 1 : IPv6方式 IPoE方式 をご利用になるには、ドコモ光開通後BIGLOBEへIPv6オプションライト 初期費用、月額費用無料 のご契約が必要です。 2 : 2018年8月29日以降にドコモ光をお申し込みの方に限り、ご契約期間中は無償レンタルいたします! 注意事項 常時IPv6接続 IPoE方式 をご利用の場合、以下のサービスが利用できなくなります。 一部通信型ゲームなど、特定ポートを使用するサービス、または、複数のユーザでIPアドレスを共有すると利用できないサービス• 外部へのサーバ公開 BIGLOBEなら BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光 最大12カ月無料 *3 3つの厳選セキュリティ対策を おトクなパックでご利用できます。 3 お申し込み月を1カ月目として、 13カ月目以降月額500円 税別• 自動更新で ラクラク! ウイルス対策• 警告表示で あんしん! ネット詐欺対策• 設定不要で スッキリ! 迷惑メール対策 BIGLOBEなら 訪問サポート初回無料 さらに電話によるリモートサポートが何回でも無料!• 2 BIGLOBEメール設定 1アカウント• 3 ドコモテレビターミナルの基本設定• 無料範囲以外のサポート内容は有料にて承ります。 お客さま都合による再訪問は有料となります。 訪問エリアは全国となります。 ただし離島の場合別途、交通費がかかります。 詳細はドコモ光のお申し込み後にお送りする案内の通り、お申し込みください。 BIGLOBEなら IPv6接続対応 高速Wi-Fiルーターが ご契約期間中 ずーっと0円! ドコモ光の料金• 契約期間は、「ドコモ光」のご利用開始日の翌月を1カ月目として計算します。 ご利用開始日が1日の場合は、当月を1カ月目とします。 定期契約プランは、2年間同一の「ドコモ光」契約を継続して利用することが条件となり、解約 定期契約のない料金プランへの変更含む のお申し出がない場合は自動更新となります。 更新後を含む契約期間内 契約満了月の当月・翌月・翌々月を除く での解約時 定期契約のない料金プランへの変更含む には、「マンションタイプ」8,000円 税別 、「戸建タイプ」13,000円 税別 の解約金がかかります。 契約事務手数料3,000円 税別 がかかります。 4 別途初期費用がかかります。 詳細はドコモ光の料金プランでご確認ください。 1 「ドコモ光」のご契約者および同一「ファミリー割引」グループ内の「ギガホ」「ギガライト 1GB超 」の契約者が対象。 3 「ドコモ光」と「ベーシックパック ~1GB 」をご利用の場合。 4 「ドコモ光」と「ウルトラシェアパック100」をご利用の場合。 5 代表回線のパケットパック月額料から割引となります。 「ドコモ光セット割」の割引額は「ギガホ」「ギガホライト」または「ドコモ光」のご契約プラン、ご利用状況に応じて自動的に変動します。 「ネットワーク暗証番号 4ケタ 」を入力し 「暗証番号確認」を押下。 ネットワーク暗証番号とは ご契約時などにドコモにお申し出いただいた4ケタの番号です。 ドコモショップやドコモ インフォメーションセンター、「ドコモオンライン手続き」でのご注文受付時に、契約者さまご本人を確認させていただくときや、オプションサービスの設定を変更するときなどに必要となります。 ネットワーク暗証番号をお忘れの場合 本人確認書類 運転免許証など をお持ちの上、ドコモショップへご来店ください。

次の