ミニブタ 寿命。 ミニブタを飼いたい!ミニブタの値段・価格や飼育に必要な餌についてご紹介

ミニブタの寿命はどのぐらい?ミニブタの平均寿命と長生きさせる方法を紹介!!

ミニブタ 寿命

ミニブタの特徴 ミニブタは名前に「 ミニ」とついていますが、大人のミニブタは全然ミニじゃなくて平均体重は30-50kgで 最大で100kg以上にも成長し寿命は10-15年程と言われています。 体重が100kg以下の個体がミニブタと呼ばれ、100kg以上の個体はミニブタとは言わずに「豚」と呼ばれ、豚とミニブタを分けるのは大きさ 体重 だけという少し変わった? 動物です。 ミニブタは視覚や聴覚は衰えていますが嗅覚は鋭く、鼻掘りという地面の土を掘る習性があります。 これは主にストレスの緩和の為に行っているとされています。 また、野生では30頭以上で集団生活をしていて、時には鼻と鼻を合わせて「 クルーミング」という方法で挨拶を行う社会性がある動物でもあります。 ミニブタの値段 ミニブタの値段は 平均4-10万円程で販売されています。 牧場等の直営店から購入すると安く購入することができ、ペットショップでの購入は手数料や管理費などで少し高い傾向にあります。 ミニブタの性別によっても値段が違い、オスよりもメスの方が1-2割程高い値段で販売されています。 ミニブタの飼育に必要な物 ケージ ケージはミニブタ専用の物が好ましいですが販売している場所が限られているので、 大型犬用の大きなケージを用意しましょう。 また、同じケージの中にトイレを設置することはトイレの躾けの為には良くないのでケージが複数に分かれている構造の物がいいでしょう。 トイレ 猫用のトイレと猫砂ではトイレをひっくり返してしまいますのでトイレはシート状の物が好ましいです。 餌 エサ ミニブタは野菜の皮や残飯など何でも食べますが、与えていけないモノもあり、代表的な物はチョコレート、肉類、玉ねぎ、ネギ、梅等は絶対に与えないようにしてください。 また、偏った食事は栄養バランスが悪いので主食はミニブタ専用の餌、ミニブタフードを与え野菜や果実などはサブ おやつ の餌として与えてください。 エサ入れ・水入れ エサ入れや水入れをひっくり返してしまうことも多々発生してしまうので、できるだけ浅く広い面積が広いモノが好ましいです。 また、ミニブタでも成長したらも成人女性の程の重さになりますので、破損させてしまうことが無いように丈夫なステンレス製の物がを選びましょう。 鼻掘り用ケース ミニブタには地面の土に鼻を擦り付けて土を掘る習性があり、この行動にはストレスを発散するという意味が込められています。 基本的に家の中では土がありませんので、お散歩に連れて行ったり鼻掘りをできるように大きめのケースに土を入れて家の中に設置してあげましょう。 リード ミニブタのお散歩の際に必要になるのでミニブタのサイズに合ったリードを用意しておきましょう。 お散歩は運動不足を解消し、肥満などの病気を予防する効果も望めます。 ミニブタの飼い方 室温管理 ミニブタは体温調節が苦手な生き物なので、1年中を屋外で飼育することは殆ど無理といっても過言ではありません。 また、 室温調節にエアコンを使用する場合はミニブタに風が直接当たらないように注意してあげましょう。 食事の管理 家畜用に品種改良されていた豚から生まれたミニブタはとても多くの餌を食べる大食漢です。 元々太りやすい体質のミニブタは、食べれば食べるだけ当然のように太ってしまいあっと言う間に肥満と言えるようになります。 人間と同じく肥満は病気などの原因になり短命になる傾向があるので長生きさせるためにも、 基本的にミニブタが満腹になるまで餌を与えることはしないで腹八分目に餌の量を調節してあげましょう。 健康=食事を制限というわけではないので、餌1日1回しか与えなかったり、量が極端に少ないのは栄養失調や成長障害等の別の問題が出てきますので注意してください。 トイレの躾け ミニブタはトイレの場所を覚えることができますので、既にトイレを覚えてる場合を除き小さい頃から躾けておく必要があります。 トイレじゃない場所で排泄したときはキチンと怒り、トイレの場所を教えてあげましょう。 その他にもトイレを寝床(ケージ)から遠ざけたり、豚の尿をトイレに染み込ませる、排泄をしようとしたらトイレまで運ぶ等、トイレの場所を教えることが大事です。 一度トイレを覚えたと思っても何かの拍子にトイレを忘れてしまうこともあるので根気よく躾けてあげましょう。 牙のお手入れ ミニブタには牙が生えていて時には噛みつくこともあります。 特に小さなお子様がいる家庭では 大きな怪我に繋がる事もあるので注意が必要です。 また、動物病院などで牙を除去する手術を受けさせることもできますが、ミニブタの体が小さいうちは麻酔の負担により最悪死亡してしまうケースもありますので ノーリスクというわけではありません。 また、ミニブタの体が大きくなればなるほど麻酔が効きにくくなり、麻酔の量も多く必要になりますのでお値段もあがります。 牙の除去手術などを行っていない場合は、伸びてくる牙を定期的にヤスリなどで削り取ってあげる必要があります。 牙のお手入れはミニブタの為でもあり飼育者にとっても為でもありますので、もしご自身でできない場合は動物病院で定期的に削ってもらいましょう。 散歩につれていこう 食事の管理と同じく健康で長生きさせる為には適度な運動が必要になります。 家で活発に運動している個体なら散歩に連れて行く必要はあまりありませんが、家でいつもグウタラしてるような個体の場合は2-3日に1回は散歩に連れていってあげましょう。 犬のように毎日2回連れていく必要はありませんが、 できれば毎日1回決まった時間に散歩に連れていくことで生活習慣も整いますのでオススメです。 ミニブタの中には散歩の時に排泄を行う個体もいますので散歩に連れて行くときは犬と同様必ずリードをつけ、排泄した時のためにビニール袋 ティッシュやスコップがあると尚良い を持つことを忘れずにしましょう。 パワー 力 に注意 ミニブタには先祖であるイノシシからの名残がまだ残っていて、嫌なことがあったり、喧嘩の拍子に頭突きや突進などの攻撃的な行動をとることがあります。 こういった攻撃な行動は子豚のうちから躾けることである程度は制御することができますが、完全に無くすことは難しいと言われています。 子豚の突進なら可愛いモノですが、大人の豚の突進はとてもパワーがあり大人でも倒されてしまうこともあるので、小さいお子様がいる家庭では一番注意が必要なことと言えます。 診察してくれる動物病院が少ない ミニブタはペットとしてはまだまだマイナーな動物で、それ故に犬や猫と違いすべての動物病院が診察を受け付けているとは限りません。 殆どの方にはお近くに動物病院があると思いますが、その動物病院はミニブタが診察可能なのか?を事前に調べておきましょう。 終わりに ミニブタは名前とは異なり大きく成長するので、大人に成長すれば当然飼育する労力やスペースも必要になりますし、食事量は犬や猫のよりも多く必要としますので、当然毎月の餌代や手間もかかってきます。 また、「ミニブタ」と言える大きさはあっと言う間に過ぎ去ってしまう位、成長速度も速いのでキチンとした飼育環境を用意することが大切です。

次の

ミニブタってペットにできる?性格や寿命、値段は? | ペット総合情報ブログ

ミニブタ 寿命

ペットとして飼うミニブタの特徴について• 目 — 科:偶蹄目 — イノシシ科• 学名:Sus scrofa domesticus• 英語名:Pig• 漢字:ブタ:豚• 体長:1メートルほど• 寿命:9~15年 犬や猫と同じぐらいの寿命です。 長い時間一緒に暮らせるのはいいことです。 ブタさんは、なんとイノシシを家畜化した動物なんです。 ブタには約250品種もあり、登録協会認定の品種は約90品種です。 なぜこんなに品種が分かれているのか、それはもちろん人間が美味しいお肉を効率よく生産するためです。 日本で飼われている豚は6品種、それぞれ体の形や肉の質が違います。 私たち人間が食べている豚肉は、これらの品種をかけあわせた雑種だそうです。 スポンサーリンク 知能が高い? 「ミニ」とついていても基本はブタさんと同じです。 知能は犬より高く、 嗅覚も人間の100倍と言われています。 トイレをちゃんと覚えることができるので知能が高いペットは飼うのが楽です。 ですが、「ミニ」という名前に騙されないでください。 子供の時は2kgぐらいで成猫よりも小さくチョコチョコと可愛いですが、徐々に大きくなっていき、 30〜40kgほどの体重になります。 なかには100kg超えてしまうミニブタちゃんもいます。 どの辺が「ミニ」なんだ!と思ってしまいますが、普通のブタさんは200kgを超えるほどに成長しますので比較すれば「ミニ」となります。 「ミニブタ」と呼ばれるブタは 100kg以下が基準になっていますので100kgになるのが当たり外れの個体差ではなく、通常範囲ということです。 日本で販売されているミニブタちゃんは、ドイツのゲッチンゲン(肌色)と、ベトナム原産のポットペリー(黒っぽい)という品種がいます。 ポットペリーがアメリカでブームになっているミニブタちゃんです。 芸も覚える? ちょこちょこと飼い主さんの後ろをついてくる姿や何にでも興味を持ってブヒブヒしてる姿や甘えてくるなど、見ているだけで癒されること間違いなしです。 きれい好きなので決まった場所以外で粗相をすることはありません。 人間が考えている以上に頭がよいので、犬のように オスワリやオマワリなども覚えます。 ブタさんは群れで行動するという本能があるので、犬のように服従するわけではなくどんなに懐いたても人間を対等と位置づけします。 力が強い 犬猫より 力が強いので注意が必要です。 特に鼻押し、お鼻を力いっぱい押してくる行動は身体が小さくても力があります。 大きくなるとかなりの力になるので飼い主さんが怪我をしないようにしましょう。 人の注意を引きたい時や 餌が欲しい時、 甘えたい時などにもみられます。 ポットベリーはよく歯ぎしりをするようですが特に問題ではありません。 ただストレスを感じる場合や体調不良の時にも行うので気にかけてあげてください。 そして、何よりも 「穴掘り」が習慣的にできないとものすごくストレスが溜まってしまいます。 どこでも穴を掘ろうとするので室内でも穴掘りスペースを作る必要があります。 「穴掘り」をやめさせるしつけはできません。 ブタの習性ですので理解してあげるほかありません。 毎日のお散歩も重要になります。 しっかり運動させていかないと、あっという間に大きいミニブタちゃんになります。 販売価格は? ペットショップでの価格は 5~10万円ほどです。 ブリーダーさんのような牧場経由であれば1~4万円前後で購入可能のようです。 スポンサーリンク 高価なイメージがありますが実はそれほど高くなく購入できます。 ペットとしてのミニブタの飼育方法 出典:ミニブタドットコム ミニブタちゃんの生活スペースの確保です。 100kgまでいかなくとも、40kgにはなります。 室内で飼育ができるのか、将来的に外での飼育ができる環境なのかちゃんと考えておきます。 そして 去勢、避妊手術も必要です。 去勢は生後1週間から6週間、避妊手術は3か月ごろが適しています。 手術をしない場合、オスは5ヶ月、メスは6ヶ月頃から発情し、実際には1歳ごろから繁殖できるようになります。 そして先にも書きましたが、 穴掘り用のスペースです。 お散歩中も穴掘りをしてしまうので怪我をしないように注意してあげましょう。 室内ではミニブタちゃんがスッポリ入れるものを用意し、中に玉砂利などを入れておけば十分です。 ゲージやトイレは中型犬、大型犬の物で大丈夫です。 ペットシーツは破いてしまうのでペレット状の物がオススメのようです。 餌や水入れも犬用を使用すれば問題はありません。 餌の与え方 基本的には雑食です。 ただし、バランスよく与えなければならないのでミニブタちゃん専用フードを与えます。 生後6ヶ月ほどのミニブタちゃんの食事量は1日400gほどです。 野菜は少しフードに混ぜて与える程度で大丈夫です。 専用フードはほぼネット販売しかなく、月々の食事代は1万円ほどかかります。 注意して欲しいのが与えてはいけない食べ物です。 肉、玉ねぎ、果物の種、チョコレートは犬猫と同じで与えると消化器官に詰まってしまったり、糖尿病、体調を崩す原因、最悪死んでしまうこともあるのでコッソリ食べてしまわないように注意してください。 そして甘いものが大好きで与えれば与えるだけ食べてしまい、あっという間に100kgへ変身。 なるべく「ミニ」サイズで過ごすためにも適度なエサと適度な運動をしましょう。 まとめ 子供の時のかわいい姿だけで安易に飼うことはやめましょう。 「ミニ」ではないということです。 今では「ミニ」より小さく、ミニブタを飼いやすく改良品種したのが「マイクロブタ」と呼ばれています。 しかし体重は40kgとやはり小さくはありません。 そして忘れてはいけないのが病気です。 豚インフルエンザは聞き覚えがあると思います。 家にいて突然かかることはないと思いますが、蚊を媒介とする「日本脳炎」、「豚コレラ」、殺処分の対象となっています。 その他注意すべき病気もたくさんあると思います。 これらが人間に必ずしもうつるわけではないと思いますが、常日頃から注意し、リスクを減らしていく工夫が必要かもしれません。 犬猫と違い顔の表情も豊かで意思疎通ができますし、頭の良い動物なのでしっかりとしつけをしていけばお互い毎日が楽しく過ごせると思います。

次の

ブタ

ミニブタ 寿命

ミニブタとは 「ミニブタ」と聞くと、せいぜい小型犬くらいの小さなブタをイメージする人が多いかもしれませんが、それは違います。 ミニブタとは、体重200~300kgに成長する家畜用ブタより小さなブタの総称です。 カラダの大きさ ミニブタの代表的な品種であるポットベリー種は、体長と体高が50cmほど、体重は40~50kg程度に成長します。 犬でいうと、サイズ的には中型犬と同程度ですが、体重は大型犬とほぼ変わらないくらいに大きくなります。 ただし、これはあくまで平均的な数値であり、体重100kgほどにまで成長する個体も少なくありません。 ミニブタの「ミニ」は「家畜用ブタより小さい」ということであり、サイズがミニというわけではないことを、はじめに理解しておきましょう。 寿命 ミニブタの寿命は、個体差はありますが、平均15年程度であるといわれています。 生後6週から引き取ることができ、3歳で大人のブタとして成熟した後、15歳くらいまで飼い主と共に生きていきます。 15年というと、0歳だった赤ちゃんが高校生になるまでの期間とほぼ同じです。 人によっては結婚し、子どもが生まれるなど、ライフスタイルが大きく変化することもあるでしょう。 ほかのペットも同様ですが、ミニブタを迎え入れる際にはこれから15年の間ずっと一緒に暮らしていけるかどうか、もし平均よりカラダが大きくなってしまっても飼い続けていけるかをしっかりと考える必要があります。 しつけ・コミュニケーション ミニブタはかなり賢く、しつけもできます。 キレイ好きでトイレの場所も覚えますし、きちんとしつければ、体型の関係で難しいものを除き、犬とほぼ同じ芸ができるようになるといわれています。 ミニブタは飼い主の言葉や感情などをよく理解していて、名前を呼ぶと返事をしたり、食べ物のおねだりをしたりするなど、コミュニケーションをとることも可能です。 飼い主の側も、飼っているうちに鳴き声を聞いてミニブタの機嫌や感情が分かるようになるようです。 com ミニブタの販売 ミニブタを迎え入れる方法は、大きく分けて二つあります。 一つはペットショップで購入する方法、もう一つはブリーダーから直接引き取る方法です。 どちらの方法を選択してもよいですが、ミニブタに関してはブリーダーから直接引き取ることをおすすめされるケースが多いかもしれません。 なぜなら、ブリーダーから購入する際は、これから迎え入れるミニブタの親を見ることができ、成長したときの姿が予想できるからです。 ミニブタについての知識が豊富なブリーダーに、飼育時の疑問や心配ごとなどを相談することもできます。 また、ペットとしてのミニブタ人気は高まっているものの、詳しい人はまだまだ少ないため、相談できる相手がいるというのは、飼い主にとってもミニブタにとっても、ありがたいことといえます。 また、上記のような条件を満たせるのであれば、ブリーダーではなくペットショップを利用するという選択肢もあります。 自宅から近いペットショップで購入すると、ミニブタに詳しい動物病院を紹介してもらえることもあります。 ミニブタを診療できる病院はあまり多くないので、そうした情報を共有してもらえるメリットは大きいでしょう。 病院の情報は、ミニブタのブリーダーからももちろん共有してもらえますが、立地が遠いことが多く、実際に通えるかどうかは難しいことがあるかもしれません。

次の