ニンテンドースイッチ sdカード。 Nintendo Switchが容量不足になったらどうする?データ整理やSDカードへの移動など解決方法をまとめた

【ニンテンドースイッチ】SDカードの入れ方とフォーマット(初期化)方法について

ニンテンドースイッチ sdカード

ニンテンドースイッチの特徴 ニンテンドースイッチ ニンテンドースイッチライト 画面サイズ 6. 2インチ 5. 8インチ CPU NVIDIA TegraX1 カスタム メインメモリ 4GB LPDDR4 ストレージ 32GB 形態モード テレビ、テーブル、携帯 携帯 本体のメモリ容量(ゲームデータを保存できる領域)が32GBしかないので、ダウンロード版で遊ぶ場合はマイクロSDカードが必須となってしまいます。 幸いにもニンテンドースイッチは最大2TBまでのを入れてストレージ容量を増やすことができるようになっています。 で、おすすめのmicroSDカードはサンディスク、サムスンの2種類です。 SanDisk Extreme microSDXC 128GB(UHS-1 U3超高速タイプ)• どちらのカードもUHS-1(スピードクラス3)に対応した高速転送ができるタイプのものとなっていて、価格もそこそこ安いのでおすすめですよ。 スイッチの本体メモリ(ストレージ)容量 ニンテンドースイッチ・スイッチライトともにストレージ容量は32GBとなっています。 OSのシステム領域にもメモリが使われているため、実際に ユーザーが使うことができるメモリ容量は約26GBほどと意外と多くないのが実情です。 PS4のストレージは大容量のHDDを搭載してますが、ニンテンドースイッチは本体サイズが小さいので比較的コストが安い低容量のフラッシュメモリを搭載しています。 ニンテンドースイッチのパッケージ版はゲームカードから直接データを読み取る従来のシステムを採用しているので、ゲームカードで遊ぶのがメインならストレージ容量をあまり気にする必要はないでしょう。 スイッチのゲーム容量 一方で、 ダウンロード版はゲームデータをニンテンドースイッチの32GBのメモリに保存する仕組みとなっているので、ダウンロード版の購入を続けているとあっという間にメモリがいっぱいになってしまいます。 ニンテンドースイッチの本体メモリー では、ニンテンドースイッチのゲーム(ダウンロード版)のデータ容量はどれくらいあるのかをみてみましょう。 ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド:13. 4GB• ドラゴンクエスト11s:13. 5GB• ドラゴンクエストヒーローズ1・2:26GB• スーパーマリオメーカー2:2. 9GB• 大乱闘スマッシュブラザーズDX:16GB以上• マリオカート8DX:6. 7GB• スプラトゥーン2:5. 9GB• マインクラフト:899MB• ドラゴンクエストX オンライン:9. 4GB• ファイアーエムブレム無双:13. 6GB• スーパーマリオオデッセイ:5. 5GB• ゼノブレイド2:13. 1GB• ポケットモンスター ソード・シールド:10. 3GB• あつまれ どうぶつの森:6. 2GB 特に容量が多いのがドラゴンクエストヒーローズ1・2で1本ダウンロードしてしまったらニンテンドースイッチのストレージを使い切ってしまって、その他のデータを保存できません。 さらに、各ゲームで定期的にアップデートも配信されるので、 ゲームカード(パッケージ版)でもアップデートデータはスイッチのストレージに保存することになります。 つまり、ニンテンドースイッチで遊べば遊ぶほどストレージ容量の圧迫は必至になってしまうということ。 ニンテンドースイッチのゲームカード 基本的にゲームカードでニンテンドースイッチを遊ぶ人は本体メモリの32GBあればゲームの更新データなどがあったとしても普通に遊ぶことができるでしょう。 しかし、 ゲームデータをダウンロードして遊びたい人はマイクロSDカードの追加は必須といってもいいかもしれませんね。 microSDカードの必要性• パッケージ版で遊ぶ:マイクロSDカードはほぼ必要なし• パッケージ・ダウンロード版で遊ぶ:64GB〜128GBのカードがあるといい• ダウンロード版だけで遊ぶ:128GB〜256GBのカードが必要になる パッケージ版・ダウンロード版のどちらでも遊ぶ方は64GB〜128GBのマイクロSDカードがあれば問題ありませんが、ダウンロード版のみで遊ぶなら最低でも128GB、可能なら256GB・512GBの容量がおすすめです。 なお、 ニンテンドースイッチのダウンロード版のゲームデータはセーブデータと分離しているので遊ばなくなったゲームを削除してストレージ容量を空けることもできます。 つまり、ダウンロード版しか遊ばない人でもが必ずしも必要というわけではありません。 また、遊びたくなった時にゲームデータをダウンロードすることで続きから遊べます。 マイクロSDカードの転送速度 ニンテンドースイッチのmicroSDカード microSDカードには規格によって転送速度が異なっておりクラス分けされています。 ダウンロード版はスイッチにmicroSDカードが入っている状態で自動的にマイクロSDカード側にデータが格納されマイクロSDカードから随時データが転送されるようになっています。 つまり、 microSDカードの転送速度によってゲームの読み込み速度や快適性に影響を及ぼすことになるのです。 SDカードは転送速度は以下のように分類されています。 ただ、可能であればスピードクラス3のカードを選ぶのがいいでしょう。 容量は16GB、32GB、64GB、128GBから選ぶことが可能となっています。 :1,500円• :2,672円• :4,427円• :9,980円• :18,308円 少し前に比べると価格が値下げされていて64GBの容量までならそれなりに安く買うことができるようです。 スポンサーリンク スイッチにおすすめのマイクロSDカード SanDisk、サムスン、東芝、シリコンパワーのmicroSDカードの転送速度を計測したので参考にしてください。 個人的にはSanDiskかサムスンのが安定的にスピードが出ていておすすめかなぁと思います。 価格もかなりお手頃ですよ。 SDカードアダプターが付属しているのでミラーレスカメラのSDカードとしても使うことができます。 SDカードアダプターが付属 Disk Speed Testでカードの性能を計測してみました。 家電量販店で買うと高い ニンテンドースイッチを手にしてすぐにmicroSDカードが必要だと思い、何も考えずに家電量販店に売っていたmicroSDカードを購入してしまいました。 これでも…3500円くらいしたんですけど。 家電量販店に置いてあるSDカードって高いですよね。 SanDiskのマイクロSDカード とはいえ、普通に問題なく快適にゲームを楽しむことができています。 ダウンロード版のゲームもいくつも購入し、ニンテンドースイッチ本体のストレージではなくmicroSDカードにゲームデータをインストールしています。 マイクロSDカードを入れる方法 ニンテンドースイッチライト ニンテンドースイッチライトのmicroSDカードスロットは本体下部にあります。 スイッチライトのmidroSDカードスロット 指でカバーを引っ張るとカードスロットが見えるので、ここにマイクロSDカードを入れてください。 microSDカードでメモリ増設 カードを奥まで押し込んでカチって言ったらセッティング完了です。 カバーを閉じて再起動することで128GBのストレージを使うことが可能となります。 ニンテンドースイッチ 次にニンテンドースイッチのmicroSDカードスロットはキックスタンド部分にカードスロットがあります。 ニンテンドースイッチのmicroSDカードスロット テーブルモードで使うときのスタンドを引っ張り出すとカードスロットが顔を出すので、ここにmicroSDカードを入れましょう。 ニンテンドースイッチのmicroSDカードを入れる 再起動が必要となるので再起動をします。 ニンテンドースイッチを再起動 これでmicroSDカードを使うことができるようになります。 普通に使うことができそうです。 microSDの書き込みと読み込み時間 ドラゴンクエストヒーローズ1• 2 体験版をmicroSDカードを入れた状態でダウンロードをします。 つまりmicroSDカードにゲームデータが格納されることになります。 ゲームデータをダウンロードする時間 1GBのデータをダウンロードするのに7分2秒ほどの時間がかかりました。 オープニング画面からゲーム画面に移行する時間を測定します。 約20秒の時間がかかりました。 本体メモリの書き込みと読み込み時間 次にmicroSDカードを抜いた状態でドラゴンクエストヒーローズ1• 2 体験版をダウンロードします。 つまり本体メモリにゲームデータが格納されることになります。 1GBのデータをダウンロードするのに5分49秒の時間でダウンロードができました。 microSDカードにダウンロードするよりも2分ほど早くなっていますね。 オープニング画面からゲーム画面に移行する時間を測定すると約17秒となり、microSDカードから読み込むよりも3秒ほど速くなっていますね。 やはり本体メモリからゲームロードした方が速いようです。 スイッチ おすすめのマイクロSDカード まとめ スイッチのmicroSDカード ニンテンドースイッチはパッケージ版とダウンロード版のどちらかで遊ぶことができてそれぞれのメリット・デメリットがあります。 パッケージ版のいいところはコレクションとして集めたり、中古で安く購入したり売ったりできることでしょう。 ダウンロード版のいいところはゲームカードの差し替えをしなくてもゲームを切り替えができ、同時起動も可能。 スマホに慣れてしまった僕はゲームカードを抜き差ししてソフトを変えること動作がすでに億劫になってしまっています。 そんな人は大容量のmicroSDカードをニンテンドースイッチ入れて使うのがおすすめです。

次の

【Switch】本体保存メモリーに保存されているデータを、microSDカードに移動することはできますか?

ニンテンドースイッチ sdカード

ニンテンドースイッチの特徴 ニンテンドースイッチ ニンテンドースイッチライト 画面サイズ 6. 2インチ 5. 8インチ CPU NVIDIA TegraX1 カスタム メインメモリ 4GB LPDDR4 ストレージ 32GB 形態モード テレビ、テーブル、携帯 携帯 本体のメモリ容量(ゲームデータを保存できる領域)が32GBしかないので、ダウンロード版で遊ぶ場合はマイクロSDカードが必須となってしまいます。 幸いにもニンテンドースイッチは最大2TBまでのを入れてストレージ容量を増やすことができるようになっています。 で、おすすめのmicroSDカードはサンディスク、サムスンの2種類です。 SanDisk Extreme microSDXC 128GB(UHS-1 U3超高速タイプ)• どちらのカードもUHS-1(スピードクラス3)に対応した高速転送ができるタイプのものとなっていて、価格もそこそこ安いのでおすすめですよ。 スイッチの本体メモリ(ストレージ)容量 ニンテンドースイッチ・スイッチライトともにストレージ容量は32GBとなっています。 OSのシステム領域にもメモリが使われているため、実際に ユーザーが使うことができるメモリ容量は約26GBほどと意外と多くないのが実情です。 PS4のストレージは大容量のHDDを搭載してますが、ニンテンドースイッチは本体サイズが小さいので比較的コストが安い低容量のフラッシュメモリを搭載しています。 ニンテンドースイッチのパッケージ版はゲームカードから直接データを読み取る従来のシステムを採用しているので、ゲームカードで遊ぶのがメインならストレージ容量をあまり気にする必要はないでしょう。 スイッチのゲーム容量 一方で、 ダウンロード版はゲームデータをニンテンドースイッチの32GBのメモリに保存する仕組みとなっているので、ダウンロード版の購入を続けているとあっという間にメモリがいっぱいになってしまいます。 ニンテンドースイッチの本体メモリー では、ニンテンドースイッチのゲーム(ダウンロード版)のデータ容量はどれくらいあるのかをみてみましょう。 ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド:13. 4GB• ドラゴンクエスト11s:13. 5GB• ドラゴンクエストヒーローズ1・2:26GB• スーパーマリオメーカー2:2. 9GB• 大乱闘スマッシュブラザーズDX:16GB以上• マリオカート8DX:6. 7GB• スプラトゥーン2:5. 9GB• マインクラフト:899MB• ドラゴンクエストX オンライン:9. 4GB• ファイアーエムブレム無双:13. 6GB• スーパーマリオオデッセイ:5. 5GB• ゼノブレイド2:13. 1GB• ポケットモンスター ソード・シールド:10. 3GB• あつまれ どうぶつの森:6. 2GB 特に容量が多いのがドラゴンクエストヒーローズ1・2で1本ダウンロードしてしまったらニンテンドースイッチのストレージを使い切ってしまって、その他のデータを保存できません。 さらに、各ゲームで定期的にアップデートも配信されるので、 ゲームカード(パッケージ版)でもアップデートデータはスイッチのストレージに保存することになります。 つまり、ニンテンドースイッチで遊べば遊ぶほどストレージ容量の圧迫は必至になってしまうということ。 ニンテンドースイッチのゲームカード 基本的にゲームカードでニンテンドースイッチを遊ぶ人は本体メモリの32GBあればゲームの更新データなどがあったとしても普通に遊ぶことができるでしょう。 しかし、 ゲームデータをダウンロードして遊びたい人はマイクロSDカードの追加は必須といってもいいかもしれませんね。 microSDカードの必要性• パッケージ版で遊ぶ:マイクロSDカードはほぼ必要なし• パッケージ・ダウンロード版で遊ぶ:64GB〜128GBのカードがあるといい• ダウンロード版だけで遊ぶ:128GB〜256GBのカードが必要になる パッケージ版・ダウンロード版のどちらでも遊ぶ方は64GB〜128GBのマイクロSDカードがあれば問題ありませんが、ダウンロード版のみで遊ぶなら最低でも128GB、可能なら256GB・512GBの容量がおすすめです。 なお、 ニンテンドースイッチのダウンロード版のゲームデータはセーブデータと分離しているので遊ばなくなったゲームを削除してストレージ容量を空けることもできます。 つまり、ダウンロード版しか遊ばない人でもが必ずしも必要というわけではありません。 また、遊びたくなった時にゲームデータをダウンロードすることで続きから遊べます。 マイクロSDカードの転送速度 ニンテンドースイッチのmicroSDカード microSDカードには規格によって転送速度が異なっておりクラス分けされています。 ダウンロード版はスイッチにmicroSDカードが入っている状態で自動的にマイクロSDカード側にデータが格納されマイクロSDカードから随時データが転送されるようになっています。 つまり、 microSDカードの転送速度によってゲームの読み込み速度や快適性に影響を及ぼすことになるのです。 SDカードは転送速度は以下のように分類されています。 ただ、可能であればスピードクラス3のカードを選ぶのがいいでしょう。 容量は16GB、32GB、64GB、128GBから選ぶことが可能となっています。 :1,500円• :2,672円• :4,427円• :9,980円• :18,308円 少し前に比べると価格が値下げされていて64GBの容量までならそれなりに安く買うことができるようです。 スポンサーリンク スイッチにおすすめのマイクロSDカード SanDisk、サムスン、東芝、シリコンパワーのmicroSDカードの転送速度を計測したので参考にしてください。 個人的にはSanDiskかサムスンのが安定的にスピードが出ていておすすめかなぁと思います。 価格もかなりお手頃ですよ。 SDカードアダプターが付属しているのでミラーレスカメラのSDカードとしても使うことができます。 SDカードアダプターが付属 Disk Speed Testでカードの性能を計測してみました。 家電量販店で買うと高い ニンテンドースイッチを手にしてすぐにmicroSDカードが必要だと思い、何も考えずに家電量販店に売っていたmicroSDカードを購入してしまいました。 これでも…3500円くらいしたんですけど。 家電量販店に置いてあるSDカードって高いですよね。 SanDiskのマイクロSDカード とはいえ、普通に問題なく快適にゲームを楽しむことができています。 ダウンロード版のゲームもいくつも購入し、ニンテンドースイッチ本体のストレージではなくmicroSDカードにゲームデータをインストールしています。 マイクロSDカードを入れる方法 ニンテンドースイッチライト ニンテンドースイッチライトのmicroSDカードスロットは本体下部にあります。 スイッチライトのmidroSDカードスロット 指でカバーを引っ張るとカードスロットが見えるので、ここにマイクロSDカードを入れてください。 microSDカードでメモリ増設 カードを奥まで押し込んでカチって言ったらセッティング完了です。 カバーを閉じて再起動することで128GBのストレージを使うことが可能となります。 ニンテンドースイッチ 次にニンテンドースイッチのmicroSDカードスロットはキックスタンド部分にカードスロットがあります。 ニンテンドースイッチのmicroSDカードスロット テーブルモードで使うときのスタンドを引っ張り出すとカードスロットが顔を出すので、ここにmicroSDカードを入れましょう。 ニンテンドースイッチのmicroSDカードを入れる 再起動が必要となるので再起動をします。 ニンテンドースイッチを再起動 これでmicroSDカードを使うことができるようになります。 普通に使うことができそうです。 microSDの書き込みと読み込み時間 ドラゴンクエストヒーローズ1• 2 体験版をmicroSDカードを入れた状態でダウンロードをします。 つまりmicroSDカードにゲームデータが格納されることになります。 ゲームデータをダウンロードする時間 1GBのデータをダウンロードするのに7分2秒ほどの時間がかかりました。 オープニング画面からゲーム画面に移行する時間を測定します。 約20秒の時間がかかりました。 本体メモリの書き込みと読み込み時間 次にmicroSDカードを抜いた状態でドラゴンクエストヒーローズ1• 2 体験版をダウンロードします。 つまり本体メモリにゲームデータが格納されることになります。 1GBのデータをダウンロードするのに5分49秒の時間でダウンロードができました。 microSDカードにダウンロードするよりも2分ほど早くなっていますね。 オープニング画面からゲーム画面に移行する時間を測定すると約17秒となり、microSDカードから読み込むよりも3秒ほど速くなっていますね。 やはり本体メモリからゲームロードした方が速いようです。 スイッチ おすすめのマイクロSDカード まとめ スイッチのmicroSDカード ニンテンドースイッチはパッケージ版とダウンロード版のどちらかで遊ぶことができてそれぞれのメリット・デメリットがあります。 パッケージ版のいいところはコレクションとして集めたり、中古で安く購入したり売ったりできることでしょう。 ダウンロード版のいいところはゲームカードの差し替えをしなくてもゲームを切り替えができ、同時起動も可能。 スマホに慣れてしまった僕はゲームカードを抜き差ししてソフトを変えること動作がすでに億劫になってしまっています。 そんな人は大容量のmicroSDカードをニンテンドースイッチ入れて使うのがおすすめです。

次の

ニンテンドースイッチ【microSDカード】は必要?~パッケージ版ソフトとダウンロード版ソフトの違いをカンタンに説明します~

ニンテンドースイッチ sdカード

スポンサーリンク 「あつまれどうぶつの森」発売でメモリーカード選びがもっと重要になりました! ニンテンドースイッチ本体に必要な周辺機器といえば、メモリーカードがあります。 しかし、初心者は不慣れな人にとってはメモリーカードのサイズ容量や、読み書き速度など、何を基準に選べば良いのかわからないものです。 そこで、今回はニンテンドースイッチ本体を初めて購入した人向けにメモリーカード(SDカード)を購入するにあたって知っておくべき情報をまとめました。 メモリーカード(SDカード)の必要性 そももニンテンドースイッチにメモリーカードが必要なのか? という疑問が出てきます。 なぜならスイッチ本体には32Gの内臓メモリーが用意されており、普通に使う分にはこれだけで十分対応できてしまいそうに思えるからです。 ニンテンドースイッチ本体内臓のメモリー領域の使用方法は 「セーブデータ」「写真データ」「購入したゲームのダウンロードデータ」「体験版ゲームのダウンロードデータ」に加え「ニンテンドースイッチ本体のシステム領域」に使われます。 一番、メモリー容量を使ってしまいそうな「購入したゲームのダウンロードデータ」については、そもそも「パッケージ版ソフト」しか購入しない人にはあまり意味のない話に感じるかもしれません。 しかし、最近はどうやらちょっと状況が違うようです。 ニンテンドースイッチのメモリーカード需要が高まっている5つの理由 [amazon] 最近はダウンロード版のゲームの購入がかなり増えており、パッケージ版購入と逆転する勢いのゲームも出てきています。 その理由としては次のようなものが挙げられます。 その理由は非常に明快シンプルです。 「普段ゲームショップに買い物に行かない(行くには抵抗がある)人が、どうぶつの森を購入している。 特に女性ユーザーが多い」 という点です。 この現象は3DS版「どうぶつの森」発売時でも実際に発生していました。 ゲームソフトを「買う」「中古で売る」「売却資金で新しいゲームを買う」という習慣がない人ですから、パッケージ版ではなく、ダウンロード版を積極的に購入しているため、本体メモリー領域では不足してしまう、という事態になります。 これがメモリーカード需要の高まりに繋がっています。 もちろんゲームメーカーはその状況を考慮して在庫を確保しておく努力はするものの、想定以上の売れ行きになった場合は品薄、欠品になってしまう場合があります。 そこで、どうしても遊びたい人は「ダウンロード版」を購入することになります。 その結果、メモリーカードの需要は高まるという仕組みです。 ゲームメーカー側からすると、「欠品は避けたい」「でもカードリッジを作りすぎて倉庫に余らせるのも避けたい」といった事情がありますので、過剰にパッケージ版を作り置きすることもできないのです。 ニンテンドースイッチのゲームカードリッジ(ゲームカード)は非常に小さく持ち運びも楽ですが、ゲームをするたびに入れ替える作業は、スマホゲームに慣れてしまった世代にとっては面倒臭いのです。 決してパッケージ版がすぐになくなる事はないにしても、DVD、ブルーレイの映画購入がAmazonプライムビデオやHulu、NetFlixのような動画配信サービスに置き換わっているのと同じというわけです。 ダウンロード版購入が増えると、その結果、ゲーム機における「保存領域」はますます重要な要素になるのですが、その一方でゲームのリッチ化は止まらず、ダウンロード版のゲーム容量はさらに肥大化傾向にあります。 のちほどお話しますが、どうぶつの森と、ゼルダの伝説の2本をダウンロード版購入しただけで20Gも容量が必要です。 ただし、この容量はあくまでも「これ以上必要」といった最低必要容量にすぎないので、今後のゲームアップデートによってさらに必要サイズは増える可能性もあります。 2G][amazon] [14. これまで本体メモリー領域だけでやりくりしていた人にとっては嬉しいニュースであり、これによって外部メモリーカード(SDカード)の購入を検討している人が増えています。 【比較】ニンテンドースイッチ本体内蔵メモリと外部メモリーカード(SDカード)の違い [amazon] ところで、素朴な疑問が出てきませんか? ニンテンドースイッチ本体内臓メモリと追加購入した外部メモリーカード(SDカード)は全く同じように使えるのか?という疑問です。 最初に答えをお伝えすると 「いずれもデータ保存を目的にしたメモリー領域だけど、ちょっとだけ役割が異なる」 となります。 ここがポイントでして、必ずしも 「本体メモリー領域が32Gあるので、追加でメモリーカード購入は不要かも」 とはならない理由があります。 本体に内蔵されている32Gの保存領域と別売りのメモリーカード(SDカード)では保存できる データの種類に違いがあります。 ニンテンドースイッチ本体内蔵メモリーに保存できるデータの種類 ニンテンドースイッチ本体内臓メモリーには様々な役割があります。 実際にはシステム領域に2Gほど使用されているのでゲームデータなどに使用可能なには30G程度になります。 追加メモリーカード(SDカード)には保存できないのです。 別売り追加メモリーカード(SDカード)に保存できるデータの種類 追加メモリーカードに保存でいるデータは 「ダウンロード購入したゲームデータや画像データ」のみとなります。 よってゲームのセーブデータは保存できず、ニンテンドースイッチ本体内蔵の保存領域のみに保存できる仕様になります。 追加メモリーカード(SDカード)が必要な人、不要な人 このように「本体内臓メモリー」と「追加購入メモリーカード」では使用用途が異なります。 よって、どんな人が追加メモリーカードが必要か整理してみましょう。 追加メモリーカードが必要な人 ダウンロード版も購入するし、体験版も遊びたい。 ニンテンドースイッチを遊び尽くしたい 追加メモリーカードが不要な人 ダウンロード版購入、体験版も一切やらない。 パッケージゲームしか遊ばない 使えるメモリーカード(SDカード)の種類、最大容量は? ニンテンドースイッチで使えるメモリーカードの種類についてご紹介しましょう。 次の3種類のmicroSDカードが使用できます。 その理由は「容量が小さいから」という点です。 ただしmicroSDXCメモリーカードを使用する場合はニンテンドースイッチ本体をネットに繋いで本体のシステム更新をする必要があるため、ネットに繋げる環境がない人はmicroSDXCメモリーカード以外を選ぶしかありません。 もしインターネット回線を持っていないなら、この機会にネット環境も構築することをおすすめします。 そして、ニンテンドースイッチは携帯ゲーム機としての遊び方もできますので、自宅だけでなく外出先でも使えるモバイルWiFiがおすすめです。 3つほど特徴の異なるモバイルWiFiをピックアップしてみましたので参考にしてください。 【ニンテンドースッチにおすすめモバイルWi-Fi】 (公式サイト) 多くのモバイルWi-Fiの契約にあたって、期間による契約の縛りがあります。 たとえば2年契約の縛りの場合、契約更新時期以外の解約で追加料金が発生します。 こちらの「縛りなしWiFi」は初月だけ契約すれば、あとは月額料金3,300円で途中解約しても追加料金が発生しません。 生活スタイルの変化にあわせて契約解除できる柔軟さがおすすめです。 (公式サイト) 月額3480円から使える「容量制限なし」「通信速度制限なし」「au、ソフトバンク、ドコモの通信網を使用」「海外でもそのまま使える」といったかなり魅力的なモバイルWiFiです。 いま話題の5Gにも今後、アップデートで対応する発表しています。 (公式サイト) 業界最安級!月額1380円から使えるカシモという会社から出ているモバイルWi-Fiです。 とにかく値段重視なら要チェックです。 読み込み速度の速いメモリーカード(SDカード)がおすすめ メモリーカードを選ぶ上で、「容量」と「値段」ばかり目にいってしまいがちですが、容量と同じくらいに重要なのは「読み込み速度」です。 読み込み速度の遅いSDカードを選んでしまうと後悔します。 なぜなら 「ゲームを遊ぶ上で非常にストレスになるからです」 ゲームデータ読み込み時間がかかるゲームって本当にイライラします。 少しだけお金をケチってしまったゆえに、その後、ずっとストレスを抱えたままニンテンドースイッチを遊び続けなければならないのは避けるべきです。 特に価格の安いmicroSDカードの中には読み込み速度が遅いカードもありますので要注意です。 必ず転送速度をチェックしておきましょう。 尚、ニンテンドースイッチに対応しているmicroSDカードの転送速度はUHS-I(Ultra High Speed Phase I)に対応しています。 ちなみにニンテンドースイッチはUHS-II(Ultra High Speed Phase II)規格には対応していません。 UHS-II規格のカードが使えないわけではないのですが、高いお金を出してUHS-II規格のカードを購入しても、その転送速度がニンテンドースイッチでは出ないので、無駄な買い物になってしまうというわけです。 メモリーカード(SDカード)の転送速度の規格まとめ 「SDカードの転送速度ひとつとっても、いろいろな規格があって、よくわからない!」という人もいると思いますのでSDカードの転送速度の規格についてまとめておきましょう。 ニンテンドースイッチのメモリーカードの入れ方(認識されない場合の対応は?) SDカードの抜き差しは必ずニンテンドースイッチ本体の電源をオフにしてからするようにしてください。 できる限り大きなものが良い」 「一番、お買い得感が高いのは128GBであり、サムソンのEVO PLUSは信頼性高い」 となります。 なぜ、64G以上が必要なのか、それを説明するためには、主要ニンテンドースイッチゲームのダウンロード版のファイルサイズについて整理しておきましょう。 10GBオーバー [14. 3G] [amazon] [13. 1G] [amazon] 5GB以上〜10GB未満 [9. 8G] [amazon] [6. 8G] [amazon] [6. 6G] [amazon] [6. 2G][amazon] [5. 3G] [amazon] 5GB未満 [4. 1G] [amazon] [1. 3G] [amazon] [3. 1G] [amazon] ニンテンドースイッチ本体の内蔵メモリは32Gです。 そのうち約2GBがシステム領域ですでに使われていますので、実際に使えるのは32GBのうち約30GBくらいとなります。 ゼルダの伝説(14. 3G)+ゼノブレイド2(13. 1G)の2タイトルをダウンロード購入すると27. 4G使ってしまいますので、セーブ領域も不足してしまいます。 もちろん、この2タイトルだけでなく、いろんなゲームを遊ぶ事を想定するなら64G以上は必要ですし、容量はいくらあっても問題ありません。 [amazon] よって、いま価格と容量のバランスがとてもこなれている128GBで、かつニンテンドースイッチでの動作検証も多いサムソンのevo Plusがおすすめです。 ちなみに、こちらのメモリーカードはあのGoPro8の推奨メモリーカードにもなっています。 偽物メモリーカードには要注意 ところでメモリーカードには多数偽物が出回っているので、購入するときは必ず 「Amazonが販売発送する」メモリーカードを選ぶようにしましょう。 時々、値段が安くてAmazon以外の業者から販売されているメモリーカードもありますが、見た目は全く正規品と同じでも実際の読み込み速度が遅い商品があるからです。 またそのような商品を買ってしまった場合は当然メーカー保証は受けられませんので要注意です。 【任天堂公式ライセンス商品】メモリーカード(SDカード) [amazon] [amazon] 任天堂のゲーム機WiiUもSDカードに対応していましたが、当時は任天堂自体が自社ブランドのSDカードを発売していました。 ニンテンドースイッチでは任天堂による自社ブランドでの発売は行わず、周辺機器メーカーとして有名なHORI社が、任天堂から公式ライセンスを受けたマイクロSDカードを発売しています。 HORI製メモリーカードの最大容量は128G。 1Gあたりの単価は若干割高ですが任天堂公式ライセンス商品ということで確実に動作する安心感はあります。 16G 約2,000円(1Gあたり125円) 32G 約3,000円(1Gあたり93円) 64G 約5,000円(1Gあたり78円) 128G 約16,000円(1Gあたり125円) 一般的なmicroSDカードの実勢価格と比べると、公式ライセンス商品は若干割高ではありますが、任天堂の厳しい動作チェックを受けたライセンス商品ということでもあるので信頼性が高いのがポイントです。 一般的なメモリーカード(SDカード) [amazon] 128G 約3,000円(1Gあたり23円) 一般的に使われているメモリーカードもニンテンドースイッチで使えます。 HORI製のように任天堂の公式ライセンスを受けたmicroSDカードではありませんが、ニンテンドースイッチでも動作しますし、全く問題なくつかえます。 その中でも人気なのがサムソン製メモリーカードです。 [amazon] 256G 約6,000円(1Gあたり23円) 予算が許すようなら256Gモデルを選んでおくのがおすすめです。 1Gあたりの単価は128Gと同じです。 Samsung microSDXCカード 512GB EVO Plus Class10 UHS-I U3対応 [amazon] 512G 約10,000円(1Gあたり19円) 512Gモデルを選べるならば、PS4の内臓ハードディスクとほぼ同じ容量になりますので、かなり容量に余裕がでてきます。 というわけで、当サイト一押しはサムソン製のEVO Plusになります。 理由は価格と容量のバランスが良く「お買い得感が高いメモリーカード」だからです。 そして実際に多くの人が使っておりレビュー評価も高い商品です。 ただし人気という反面、繰り返しになりますが偽物も多くなっているので偽物を買わないように必ずAmazonからの販売になっているかチェックして購入しましょう。 [amazon] その他メーカーをあげるならば、サンディスク製もおすすめです。 【余談】お金をケチると後で後悔します 最後にちょっとしたアドバイスをお話しましょう。 容量が足りず買い増しをすると、それまで使っていたメモリーカードは不要になってしまい使わなくなるので、そこにかけたお金が無駄になるからです。 買い増しをするなら、最初から大きい容量のメモリーカードを購入するべきなのです。 私のように同じ過ちを何度も繰り返さないように、メモリーカードにはお金をかけるようにするのが、後悔しないコツです。 まとめ というわけで、今回、ニンテンドースイッチ本体といっしょに購入したいメモリーカード(microSDカード)についてご紹介しました。 新しい情報が入りましたら随時アップデートしていきます。

次の