Zoom 背景 できない。 ZOOM|スマホやパソコンの背景を変える方法はこちら!機種やスペックによってできないので注意!

ZOOMバーチャル背景の設定が出てこない時の解決法

Zoom 背景 できない

Contents• バーチャル背景について バーチャル背景はオンライン会議で写っている人物の背景を架空のものに置き換える機能です。 PC版のZoomでは画面の人物以外の部分に画像を投影してバーチャル背景としています。 バーチャル背景を使うメリット オンライン会議でプライベートなものが映り込んでしまうのは避けたいですよね。 そのため大体の人は無地の壁を背にするのがセオリーかと思います。 しかし無地の壁が背景だと自分の映りが悪かったり、複数人が参加するビデオチャットでは誰が誰だか分からなくなってしまいがちです。 バーチャル背景を使えば背景が華やかになり自分のビデオ映りが良くなります。 また参加者の背景が異なるものになれば区別もしやすくなります。 会議に参加しているふりをする方法に関しては下記で解説しています。 バーチャル背景の種類 バーチャル背景には好きな画像を設定することができます。 使用する画像のアスペクト比がカメラのアスペクト比と合致するものをZoomは推奨しています。 バーチャル背景を使用されている画像タイプはおおまかに3種類に分かれます。 最もオーソドックスなバーチャル背景はオシャレで綺麗なオフィスやカフェの背景です。 フォーマルからカジュアルまであらゆるシーンで使うことができます。 こんな綺麗な場所を背景にしていたら自分がデキる人物のように感じられてオンライン会議に楽しく参加することができます。 オフィスやカフェの次に多く使われているのは自然の背景です。 かしこまった場面では使いにくいですがカジュアルな場面では頻用されているようです。 この背景を使う利点としては時間帯を表現できる点です。 時差がある場所を繋いだオンライン会議で言外に自分の地域の時間帯を相手に伝えることができるのは結構便利です。 3種類目のバーチャル背景はホラー風や温泉などいわゆるネタ背景です。 仲間内のチャットでしか使えないですがオンライン会議を楽しく彩ってくれます。 ミーティング中にバーチャル背景を切り替えることができるのでこういったネタ背景は一種のコミュニケーションツールとして使うことができますね。 背景に設定する画像は自由!好きな画像を使いましょう! バーチャル背景の設定方法 それではバーチャル背景を設定していきましょう。 バーチャル背景を使うには事前の準備とZoomの設定でバーチャル背景機能を 有効にしておく必要があります。 バーチャル背景を使うための準備 当然ではありますがZoomアプリのダウンロードとPCとWebカメラが必要です。 カメラを内蔵したPCであればすぐにビデオチャットを使うことができます。 またバーチャル背景は無地の背景にしか投影できません。 室内の何もない無地の壁や布を使うなどして背景を合成しやすい状況を準備しましょう。 テレビなどのように緑色の布を使ってグリーンバックを背にするとより綺麗にバーチャル背景が投影されます。 バーチャル背景を使う場合、フォーマルな場であれば必ず事前にオンライン会議参加者に伝えておきましょう。 バーチャル背景が不自然に投影された時などに参加者を困惑させてしまいます。 グループ設定でバーチャル背景を有効にする 特定のグループのすべてのメンバーに バーチャル背景 機能を有効にするには• ユーザーグループを編集する権限を持つ管理者としてZoomウェブポータルにサインインし、[ Group Management]をクリックします。 グループの名前をクリックして、[ Settings]タブをクリックします。 [Meeting ]タブの[ Virtual Background] オプションに移動して、設定が有効になっていることを確認します。 設定が無効の場合、ステータススイッチを切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[ Turn On]を選択して、変更を検証します。 注意:オプションがグレー表示されている場合は、アカウントレベルでロックされており、そのレベルで変更する必要があります。 (オプション)このグループのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、[Lock]をクリックして設定を確認します。 注意: この設定を反映させるために、ユーザーはZoomデスクトップクライアントをログアウトして、再びログインする必要があります。 引用: バーチャル背景を使う方法 まずミーティングの項目画面が表示されていることを確認して下さい。 次に「パーソナルミーティングルーム」の項目をクリックします。 「ミーティングを開始する」をクリックします。 Zoomを開きますか?という通知が出ます。 「Zoomを開く」をクリックします。 「コンピューターでオーディオに参加」をクリックします。 「仮想背景を選択してください」をクリックします。 上の画像のような設定画面が開きます。 デフォルトではNoneが選択されていて何も投影されていません。 さらに画像を追加をクリックします。 背景画像をアップロードする画面が開きます。 画像を選択して開きます。 バーチャル背景が表示され使えるようになりました。 7以降の機種 PC版よりも設定は容易です。 グリーンスクリーンなどの投影しやすくするものも必要ありません。 ミーティング画面右上「・・・」のアイコンの「詳細」を選択してタップします。 詳細設定の一覧が開きます。 「バーチャル背景」の項目を選択してタップします。 画面下側に設定できる背景が表示されます。 設定したい背景を選択してタップします。 バーチャル背景が設定できました。 スマホやタブレットに保存している画像をバーチャル背景のメニューに追加するのは簡単です。 バーチャル背景に設定したい画像を選択してタップします。 完了を選択してタップします。 選択した画像が新しくバーチャル背景として設定されました。 バーチャル背景の素材について テレワークの大幅な増加に伴って多くの企業がTwitterのアカウントにてバーチャル背景の配布を行っています。 背景色と違う色の服を着て、適切な背景色を検出しましょう その他の不具合 利用者の増加に伴ってZOOMでは多くの不具合が発生しています。 OSによってはバーチャル背景設定時に何をしても上下反転したままになるということも報告されています。 バーチャル背景の設定が表示されない バーチャル背景の設定をする項目げ出てこないという場合もあります。 スマホ・タブレットの場合は端末が対応していない、PCの場合OSが対応していないときに起きます。 それ以外の場合、サインインがうまくいっていないときに起きやすい不具合です。 一度サインアウトしてサインインしなおすことでバーチャル背景設定が表示されない不具合が直る場合があります。 接続中の画面のまま動かなくなる 現在、接続中の画面が表示されたまま動かなくなる不具合が報告されています。 ネットへの接続が不安定、Zoomのサーバーに負荷がかかっているなどの原因が考えられますがZoomからの解決策は示されていません。 まずはZoomの再起動、ネット接続の再接続、回線に有線接続、WiFi設定の見直しなどを試してください。 こうしたPCのソフトにも関わる技術的な不具合はZOOMテクニカルサポートへすることを推奨します。 ZOOMの公式サポートに連絡することで問題が解決する場合もあります。

次の

Zoomのバーチャル背景がうまく設定できない場合の対処法まとめ

Zoom 背景 できない

自分のイメージやミーティングの雰囲気づくり、プライベートを隠したいなど「バーチャル背景」が設定できると何かと便利ですよね。 でも「試してみたけど上手くいかない」「原因は何?」「どうやったらうまくいくの?」と悩まれているあなた! バーチャル設定がうまく行かない時の原因はサインインをしないでミーティングに参加していること! この記事では• Zoomの動きが重い、強制終了してしまう• 正確に背景の投影ができない• 自分と背景が同化してしまう• バーチャル背景が使えない などの原因と対処法について解説していきたいと思います。 原因はおおまかに結論を伝えておくと• パソコンの動作環境を満たせていない• 背景画像と同化してしまう• では紹介していきます。 Zoomのシステムに何らかの障害が起っている Zoom側が修正完了するまで待っておきましょう。 どんな障害が起こっているのかを確認したい場合は公式サイトの「Zoom Service Status」で確認が可能です(英語表記です。 何が書かれているか分からない場合はGoogle翻訳などの活用してみてください)• Zoomの使用をウイルス対策ソフトがブロックしている アクセスしたことのないネットワークにアクセスする時、ウイルス対策ソフトが反応する可能性があり、ブロックしようとして動作が重くなったりします。 ウイルス対策ソフトの手順に従ってZoomを利用できるようにしてください。 Zoomを利用できるスペックではない Zoomを利用できるPCのスペックはMacの場合 OS 10. このスペック以下の場合は正常に起動しない可能性があります。 通信を行うメンバーのZoomバージョンが違う 共有画面を活用中に動作カクカクして内容が伝わりにくかったり、相手の声がかなり遅れて届いたりなどの状態が起こることがあります。 「アップデートの確認」という項目でバージョンが最新か古いものかを確認し、もし古いバージョンであればアップデートを行って下さい。 無料版Zoom 無料版Zoomはミーティングできる時間が40分と制限されています。 時間が来ると強制的に通信が終了しますので、途中で終了になると困る場合は有料版の活用をお勧めします。 (有料版には時間制限はありません) また 余計なブラウザやアプリを開いてたり、ネット回線が安定していなどはPCの動作を遅くする基本的な原因になるのでZoomの動作も遅くなってしまいます。 正確に背景を投影できない場合 背後が家具や物、柄付きのカーテンなどの多色なものがあると、システムの検出が上手くいかず、どの色に対してバーチャル背景に投影するのか認識がしずらくなります。 なので背後に写るものを壁を使ったり無地の布で覆ったりして、一色に統一することで色の認識がしやすくなりバーチャル背景が奇麗に反映されるようになります。 たまに、背後を一色で統一しても太陽や照明などの明暗加減で、バーチャル背景が奇麗に反映されないこともあります。 その時はバーチャル背景の 設定色を設定してみましょう。 このような場合に赤丸をクリックして設定色の設定をします。 背景の一部が自分と同化している、溶け込んでいる場合 背景と自分が同化している場合は、背後の色と似たようなものを見に着けていと、システムが色の認識が上手くできず、バーチャル背景が奇麗に反映されません。 背景色とは違う色の服を身に着けるようにしましょう。 要は、同じ緑色の布をかけてしまえばOKなわけなので、わりとコスパのいい方法かもしれませんね。 Zoomにサインインしていないと、そもそもバーチャル背景が使えない マイミーティングで「バーチャル背景ON」に設定したのに、Zoomミーティングでバーチャル背景が使用できなかったことってありませんか? ミーティングはサインインなしでも参加することはできます。 でもバーチャル背景を使用するときは あらかじめサインインをしなければ使用できません。 サインインはメールアドレスとパスワードを入力することで 自分の設定が使えるようにします。 そしてZoom側に 「誰がこのシステムを使用しているか」を知らせることで、バーチャル背景を使用するのは「私ですよ」という意味になり設定できるようになります。 またマイミーティング設定をしたアカウントと、起動したZoomアプリのアカウントが違っている場合も同じようなことが起こりますので、設定したアカウントとサインインしたアカウントが同じであるかどうかも確認しておきましょう。 まとめ バーチャル背景が上手く設定できない場合の原因と対処法についてまとめると• バーチャル背景が正確に投影できない 自分の背後が多色の場合システムが背景色を認識できない為、一色に統一する(壁や無地の布などで自分の背後を一色に統一する)• 背景と自分が同化する場合 背後と見に着ける色が類似していると、着用しているものも背景色として認識してしまう為、背景の色と明確に違う色を見に着ける• バーチャル背景が使えない そもそもサインインをしていない(サインインをすることで自分の設定が行えるようにする) バーチャル背景を設定できれば、どんな場所にいても参加しやすくなります。 以上のことを踏まえていればバーチャル背景を上手く設定できると思いますのでもう一度試してみてくださいね。

次の

zoomでバーチャル背景ができない⁉その理由と解決策を調査!

Zoom 背景 できない

リモートワーク、テレワークと遠隔で仕事をする人が増えたと思いますが、オンラインミーティングが出来る ビデオ通話アプリの 『ZOOM(ズーム)』で背景画像を変えてる人見たことありませんか? この記事では、 ZOOMの背景画像を変更する方法をお伝えします。 ちなみにZOOMの背景を変える設定のことを『バーチャル背景』と言います。 コロナ感染のリスクを避けるためにサングラスとマスク姿をお許しください。 そして、結論から言っときます。 ZOOMのMac版はめっちゃ簡単です。 Windows版はうまく設定できないことが多いです。 ここでよく出るエラー内容としては、 『アナタのPCの性能ではいい感じにバーチャル背景できないよ』という内容です。 要件を満たしている場合は、このまま設定できます。 コレばかりは、使っている人の環境で随分違うので個々で対応してください。 要件を満たしているのにうまく背景が設定できない場合は、一度ZOOMを再起動してみてください。 (スマホの場合は動画は選べません) アンドロイドの場合 アンドロイドが手元に無いのでスクショは貼れませんが、iPhoneと同じような設定でバーチャル背景を設定できるはずです。

次の