ダブル クォーテーション マーク。 文字列にエスケープ文字を埋め込むには?[C#/VB/WPF]:.NET TIPS

ダブルミニュート、ダブル引用符

ダブル クォーテーション マーク

扱い方を間違うと厄介なことになる 分析業務に限らず、抽出元システムからデータをして、取込先システムにデータをする作業 処理 の中で使用するファイルフォーマット形式として、CSVファイルが多く用いられます。 Excelの保存形式やの提供方法、身近な物では年賀状ソフトの住所録情報のエクスポート形式などでCSVファイル形式が使用され、ITに詳しい人だけではなく、一般のパソコン利用者でもCSVファイルの存在を知っている人は多いと思います。 今回は、何気に使っているCSVファイルのファイル形式とその弱点について、原点に戻って説明します。 CSVファイルとは? CSVファイルについて、Wikipediaの内容を引用します。 comma-separated values(略称:CSV)は、いくつかのフィールド(項目)をカンマ「,」で区切ったテキストデータおよびテキストファイル。 拡張子は. 「comma-separated variables」とも言う。 広く普及した訳語はないが、「カンマ区切り」などとも呼ばれる。 Microsoft Excelでは「CSV カンマ区切り 」としている。 中略 類似したフォーマットとして、タブ区切りされた tab-separated values TSV や、半角スペース区切りされた space-separated values SSV などがあり、これらをまとめて character-separated values CSV 、delimiter-separated values とも呼ばれることも多い。 引用: ご存知の通り、CSVファイルは、日本語で翻訳すると「カンマ区切り」のファイル形式です。 1行の文字列を半角カンマ文字「,」で複数のデータ項目に分割します。 また、区切り文字として、タブ文字や半角スペース、半角パイプ「 」などを使用した形式もCSV character-separated values ファイルと言う場合もありますので、相手に伝える時は「カンマ区切りのCSVファイル」と言った方が誤解はないと思います。 ここまでの情報は、CSVファイルの概要についてです。 これからCSVファイルを分析データとして使い場合を想定して、情報を深掘りします。 CSVファイルの行 レコード と列 カラム の考え方 会計や売上システムなどで使用される一般的なDBではデータをExcelのような表形式で保持しています。 表形式ですので「行」と「列」の概念があり、1件の情報を1行にまとめ、1行の各列に各情報が登録されています。 このようなDBから外部ファイルとしてCSVファイルをエクスポートした場合、行と列の構造はどうなっているのでしょうか? CSVファイルにも「行」の仕様がありますので、1行を改行文字がある場所までを1行としています。 しかし、列の持ち方については、CSVファイルの仕様として決まっている物ではありません。 そのため、 CSVファイルをデータとして扱うために項目 フィールド の出現順の条件を加える必要があります。 例えば、DBからPOSレジの情報を下記のようなCSVファイルとしてエクスポートしたとします。 その中にはカンマ区切りで情報が入っています。 これをカンマで項目ごとに分解し、CSVファイルの項目の出現順によってDB上の列を判断します。 この様に列を表現することができないCSVファイルの仕様に対して、項目の出現順の条件を加えて、仮想的に列を表現することができます。 また、「何番目の項目がDB上の列のどこに該当するか」をCSVファイルからも分かるように、先頭行にタイトル行を持たせていると便利です。 CSVファイルで扱いが面倒な文字 CSVファイルは「改行文字までを1行」「カンマ文字までを1項目」として解釈します。 しかし、 データの中には改行文字やカンマ文字も文字情報として保持している場合があります。 このようなデータをそのままCSVファイルでエクスポートしてしまうと、上記で説明した項目の出現順の情報が狂い、正しいCSVファイルの解釈ができなくなります。 例えば「今なら2本セットで19,800円です」という文字列情報を普通にCSVファイルとして解釈した場合、「今なら2本セットで19」と「800円です」に項目が分かれてしまいます。 この様に半角ダブルクォーテーションや半角クォーテーション、円マークを使うことでカンマ文字も文字情報として取り扱うことができますが、この様な仕様は、CSVファイルの仕様として必ず実装しなくてはいけない決まりはないため、取込先 インポート先 のシステムでは、カンマ文字を正しく解釈できない場合があります。 ExcelでCSVファイルを使うときは要注意 CSVファイルはExcelでも参照・編集が可能です。 しかし、CSVファイルをExcelで編集する時には注意が必要です。 CSVファイルには、ExcelやDBなどにあるデータ型の情報が入っていません。 抽出元のシステムのデータ型が文字列型、数値型、日付型などに関係なく全て文字情報として出力されています。 この様なCSVファイルをExcelで普通に開いた場合、Excelの解釈でデータ型が設定され、結果、下記のような元のCSVファイルの情報と違う形で表示されてしまいます。 例は上記のCSVファイルをExcelで開いた場合の例です 上記のようにCSVファイルの情報を壊さないために、ExcelからCSVファイルを開く場合は、Excelの「外部データの取り込み テキストファイル 」機能を使用して、各項目のデータ型を設定して取り込む必要があります。

次の

文末のダブルクォーテーションマークとピリオドの位置関係 【OKWAVE】

ダブル クォーテーション マーク

クォーテーションマークの使用 クォーテーションマーク(引用符)にはシングルとダブルがあり、もっぱら欧文で用いられている約物であるが、和文でも横組では使用している。 例えば、日本工業規格(JIS)では、引用や語句を明確化する場合、かぎ括弧(「」)は使用しないで、クォーテーションマークを使用している。 なお、縦組の本でも、本文中の見出しにかぎ括弧を使用している場合でも、横組とする柱ではクォーテーションマークに変更している例がある。 クォーテーションマークとかぎ括弧 クォーテーションマークとかぎ括弧は、その使用法がほぼ同じであり、縦組でかぎ括弧にする箇所を横組ではクォーテーションマークにする、という方法が和文での代表的な使用例である。 その理由としては、欧文との整合性をとれる、あるいは、横組でかぎ括弧を使用すると、特に終わりかぎ括弧の位置が下がった位置で安定しない、といったことによる。 これ以外に、横組において、一般的な場合には、かぎ括弧を使用するが、特別な意味を強調するためにダブルクォーテーションマークを使用する、という例もある。 和文ではシングルかダブルか かぎ括弧にも、一重と二重がある。 一般的には一重を使用し、入れ子にする場合や特別な場合(書名などを示す)に、二重を使用している。 クォーテーションマークも基本は同じであるが、入れ子にする場合、クォーテーションマークでは、次の2つの方法がある。 JISでも、そのようにしている。 かぎ括弧でくくる引用文中に、一重かぎ括弧でくくった強調語句や二重かぎ括弧でくくった書名がある場合、そのまま表示できるというメリットがある。 図1に、クォーテーションマークとかぎ括弧を使用した例を示す。 図2 クォーテーションマークの縦組での扱い 横組を前提にしてクォーテーションマークを使用したドキュメントを縦組で表示する場合、欧文では90度回転して表示すればよい。 しかし、和文の場合、対策を考えないといけない。 一般的に使用しているダブル(またはシングル)のクォーテーションマークを一重のかぎ括弧、そうでないシングル(またはダブル)のクォーテーションマークを二重のかぎ括弧に変更する、と考えればよいのであるが、書名をくくるのは、どの場合でもダブルクォーテーションマーク(または二重かぎ括弧)とするのが普通なので、機械的な処理はむつかしい。 また、横組で特別な意味でダブルクォーテーションマークを使用している場合は、ダブルミニュート(〝〟)にするという方法があるが、内容をみないと判断できない例もある。 このように縦組と横組の両方を考慮するのは簡単ではない。

次の

VBAでの文字列のダブルクォーテーションの使い方 | Excel作業をVBAで効率化

ダブル クォーテーション マーク

以前同じような質問があり、そのとき少し調べて回答したことがあります。 結論を言えば、「米国では」ピリオドは末尾のダブルクォーテーションマークの前におくのが普通です。 典拠として二つの本を挙げておきます。 まず、The Chicago Manual of Style によると (6・8) 「ピリオドやコンマは、末尾のクォーテーションマークの前に置かれる。 クォーテーションマークがダブルでもシングルでも同じである。 これは、このマニュアルの初版(1908年)以前から用いられている伝統的方式である。 」 とされています。 ただし、6・10では「別の方式」として 「The Oxford Guide to Style に述べられている、しばしば「イギリス方式」(the British style と呼ばれるものによれば・・・引用される資料にもともと含まれている句読点だけがクォーテーションマークの内部に含まれる。 他の句読点は末尾のクォーテーションマークの後にくる」と注記されています。 また、Fowler's Modern English Usage イギリス英語の標準的用法の権威ある解説書)の "quotation marks"の項を見ると、アメリカの本とは逆に、 Our subject is the age of Latin literature known as 'silver'. 米語は、古い英語のルールを使ってます。 米ではコーテーションの中に入れるのが一般的。 英語では、場合により分ける。 カンマやピリオドが引用句に付属している場合には中で、それ以外は外。 Punctuation のところにあります。 いずれにせよ、Wikiは平易な英語なので、読んで理解されてみるのが、間違いないと思います。 4 です。 手元にあるのは、"The Elements of Technical Writing" by Gary Blake and Robert W. Bly MACMILLAN , "The Elements of Legal Style" by Bryan A. Garner OXFORD , "The Mentor Quide to Punctuation" by William C. Paxson NEW AMERICAN LIBRARY です。 このようなことに言及した本は他にもいくつもあるので、また、サイトもいろいろあるでしょう。 また、米国のプロのライターとも交流ありますが、かれらもこのての本は座右にしているとのことです。 All the best, 英国のは知りませんが、米国のスタイルガイドなどでは(私が持っている米国のスタイルガイド、パンクチュエーションガイド)、 Commas and periods are placed inside ending quotation marks. というのが全てですね。 よって、This is a "pen. " ついでに、? や! は、 She asked, "What is your name? " Did she say, "I'm a student"? 論理的ですね。 こういったパンクチュエーションはネイティブも苦手のようです。 ネットで検索する際には、その英文は誰が書いたものか?要注意かと。 ちなみに英字新聞でも上記のようになってます。 なお、英国式のスタイルガイドなどは確認したことがないので・・・ Hope this helps. も一つついでに、二番です、 "We have judged it would be important to report the current state of the disputed territories during Russian Prime Minister Vladimir Putin's visit to Japan. As we had no other choice, we obtained permission from Russian authorities," the broadcaster said. Also quoted from "Japan Times".

次の