親子 セックス。 親子で性行為とかする人はいるのでしょうか?そして妊娠し出産した場合...

母はアナル!娘はマンコ!頭のおかしい本物親子の4P共演

親子 セックス

2018年11月03日 17時00分 セックスの最中に人の体はどう変化するのかをわかりやすく説明したムービー by セックスの最中に体や脳がどのように変化しているのか?ということはこれまで数多く研究されてきており、中には の中で男女にセックスをしてもらい、その様子が観察されることも。 そんなセックスの最中に起こる変化について解説したムービーが、YouTubeで公開されています。 セックスの最初に起こる変化として一般的なのが…… 性的興奮です。 興奮すると血流が増し、胸部や顔などが紅潮する「 」をもたらします。 血流の増加は性器の形状にも変化を与え、男性のペニスは血流増加によって長くなり勃起するとのこと。 また、女性の は大きく開いて が膨張します。 さらに と から分泌液が流出し、膣をより潤滑にします。 女性の体内では や といった神経伝達物質が分泌され、膣をリラックス状態に導いて弛緩させ、広く大きく変化させるとのこと。 「男性よりも女性の方が興奮するまでに時間がかかる」と思われがちですが…… 男女にポルノムービーを見せながら生殖器をサーモグラフィーで観察した結果、男女いずれもおよそ30秒ほどで興奮し始め、10分ほどで興奮が最高潮に達したそうです。 また、セックスを研究する人の中には、8組のカップルを集めてMRI装置の中でセックスをさせ、その状態を観察するという実験を行った人もいるとのこと。 その結果、男性の場合はセックス中におよそ3分の2のペニスが120度の角度に持ち上がり…… 女性の場合は子宮が2. 4cmほど大きくなり、膀胱の形が変化していることがわかったそうです。 さらに、セックス中に女性のバストは25%もサイズが大きくなったとのこと。 また、男性の は通常時よりも50%も体の方向へ近づきました。 多くの男性はセックスをすることで快感を得られますが、女性の場合はセックスによる快感がそれほど一般的なものではありません。 1400人を対象にした調査では、手や口による刺激を伴わないセックスで快感を得られた経験があるのは、全体の21~30%ほどだったとのこと。 女性器に備わる突起である は…… 露出している部分よりも大きな器官であり、全体はおよそ4インチ 約10cm もあります。 体外に露出しているのは全体の4分の1に過ぎず、半分以上が体内に隠れているそうです。 クリトリスはペニスと似た器官であり、 や 、 などが備わっています。 また、アナルセックスではペニスか を直腸に挿入します。 アナルセックスの多くはゲイの男性同士で行われるものと考えられていますが…… 近年ではストレートの男女カップルの間でも、アナルセックスの人気が強まっているとのこと。 調査によるとストレートの男性では44%、ストレートの女性では36%もの人々がアナルセックスの経験があったそうです。 直腸の付近はさまざまな神経の終端であり…… やペニス、クリトリスといった性器の神経とも密接なつながりがあります。 男性の直腸にペニスやディルドを挿入すると、 という器官を刺激します。 正確な研究が行われたという記録はありませんが、前立腺への刺激によるオーガズムはペニスによるオーガズムよりもよりパワフルで快感が大きいとウワサされています。 女性に対しても直腸を刺激することで、膣の拡大や膨張に関係する会陰部の海綿体を刺激し、性的快感をもたらすとのこと。 また、セックスは身体だけではなく脳にも影響を与えますが、オーガズムに達した時に脳が起こす変化は男女ともに似たものとなっています。 男性でも女性でも、オーガズムの最中には が放出されます。 オーガズムに達すると は活性化する一方で、 はシャットダウンされてしまうとのこと。 セックスの後に抱き合っている状態では、ストレスを緩和して幸せな気分をもたらすことから「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも呼ばれる というホルモンが分泌されます。 性器が変化したり幸せを感じたりといった影響をもたらすセックスの最中には、さまざまな化学的変化が起こっているようです。

次の

性行為

親子 セックス

こうした研究結果が、オランダ・アムステルダム()で開催中の欧州ヒト生殖学会議(、)で30日に発表された。 オーストラリアの体外受精診療所「シドニーIVF()」の不妊治療専門家、デビッド・グリーニング()氏は、DNAの損傷レベルが正常値を上回る男性118人に対し、7日間にわたり毎日射精してもらい、精子の損傷率を実験前後で比較した。 実験中、被験者への薬などの処方はなく、ライフスタイルに関する指示も与えられなかった。 被験者全体の精子の損傷率は、実験前は平均34%だったが、実験後は平均26%に低下した。 精子の質が「悪い」から「普通」に改善されたことになる。 結果を詳しく見てみると、精子の質が向上したのは被験者の80%にのぼり、その多くが「悪い」または「普通」から、「良い」に改善された。 なお、残り20%は、精子の質が逆に低下した。 グリーニング氏は、男性の大半にとって、毎日の射精は精子の数が減るとしても、精子の質を高めるだけでなく、受精の成功には欠かせないとされる精子の「運動性」も高めると指摘する。 その理由は明らかになっていないが、精子が精管に長くとどまるとそれだけ細胞を破壊する活性酸素にさらされることになるのではと、同氏は推測している。 c AFP.

次の

妊娠中のセックス、どこまでOK?どうすればいい? |たまひよ

親子 セックス

もし、あなたが今、 親との関係でつらい思いをしているなら・・・ あなたは、 親に人生を 奪われている状態かもしれません。 人生を奪われていると、 いつでも親の言いなりになってしまいます。 嫌なことを「嫌だ」と言えません。 嫌なのに、我慢して 親の言う通りにしてしまいます。 それは、 親の人生を生きているのと同じです。 大切なことは、自分を変える決断をして、 一歩を踏み出すこと。 自分自身を変えて、 親から自由になったあなたは、 自分にとって何が必要で、 何が必要でないのかを 冷静に判断できるようになっています。 いつでも自分が幸せになるための 最短ルートがわかります。 今まで、親に反対されてできなかったことが すべて実現できるようになるのです。 「心に決めた人と結婚すること」 「好きな人と恋愛すること」 「やりたい仕事に就くこと」 「自由な一人暮らし」 「気ままな休日」 「自由な時間」 その先に あなたの自由な人生が待っています。

次の