ボラギノール am。 【第(2)類医薬品】ボラギノールA 軟膏 20g

天藤製薬

ボラギノール am

(2)患部が化膿している人。 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ その他:刺激感,化膿 3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること ボラギノールA坐剤、ボラギノールA注入軟膏と同様に、炎症をおさえる酢酸プレドニゾロンなど、痔に有効な4種の成分が総合的にはたらいて、痔による痛み・出血・はれ・かゆみの症状にすぐれた効果をあらわします。 また、なめらかですべりのよい油脂性基剤を使用した、患部へ塗りやすい痔疾用軟膏です。 医薬品の使用期限 医薬品に関しては特別な表記の無い限り、1年以上の使用期限のものを販売しております。 1年以内のものに関しては使用期限を記載します。 (2)患部が化膿している人。 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ その他:刺激感,化膿 3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること 効能・効果 いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和 用法・用量 次の量を患部に直接塗布するか,またはガーゼなどにのばして患部に貼付すること。 [年齢:1回量:1日使用回数] 成人(15歳以上):適量:1~3回 15歳未満:使用しないこと 用法関連注意 (1)肛門部にのみ使用すること。 (2)用法・用量を厳守すること。 成分分量 1g中 成分 分量 プレドニゾロン酢酸エステル 0. 保管および取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。 (2)小児の手の届かない所に保管すること。 (3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。 (4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。 (5)本剤は油脂性の軟膏であるため,衣類などに付着すると取れにくくなることがあるので注意すること。 (6)チューブを繰り返し折り曲げないこと(破れの原因となる)。 消費者相談窓口 会社名:天藤製薬株式会社 住所:〒541-0045 大阪市中央区道修町二丁目3番8号 問い合わせ先:お客様相談係 電話:(06)6204-2715 受付時間:9:00~17:00(土,日,祝日を除く) 製造販売会社 天藤製薬(株) 会社名:天藤製薬株式会社 住所:〒541-0045 大阪市中央区道修町二丁目3番8号 お問い合わせ先 お客様相談室 フリーダイヤル:0120-567-087 9:00-17:00 土、日、祝日を除く ・販売者 武田コンシューマーヘルスケア株式会社 大阪市中央区道修町四丁目1番1号 原産国 日本 商品区分 医薬品 添付文書 福田 章一 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 井角 美佐子 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 粂野 直美 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 泉 智 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 宮本 秀一 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 大本 芙宥基 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 三瀬 富美子 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 大平 将之 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 長田 由巳 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 取り扱う要指導医薬品及び一般用医薬品区分 営業時間及び営業時間外に相談できる時間 営業時間 AM 9:00 ~ PM9:00 定休日 年中無休 インターネット販売対応時間 AM 9:00 ~ PM 5:00 日曜日・年末年始除く) 薬剤師への相談は薬剤師勤務時間内とさせていただきます。 相談時及び緊急時の連絡先 インターネット販売専用ダイヤル 電 話 089-909-3777 9:00~17:00 日曜日・年末年始除く FAX 089-909-3778 E-mail support ladydrug. jp 当店への連絡先 電 話 089-952-0036 FAX 089-952-0019 本部代表番号 電 話 089-917-8000 FAX 089-927-0801 要指導医薬品及び一般用(OTC)医薬品はリスク別に分類されています。 要指導医薬品• 適正な使用の為に、薬剤師による、対面で情報提供と指導が必要な医薬品。 第一類医薬品• 特にリスクの高い医薬品。 一般用医薬品としての使用経験が少ない等安全上特に注意を要する成分を含む医薬品。 その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生じるおそれがある成分を含む医薬品。 第三類医薬品• リスクが比較的低い医薬品。 日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調や不調が生じるおそれがある成分を含む医薬品。 医薬品のリスク区分の表示に関する解説 リスク区分された医薬品は、リスク別に異なった陳列がされます。 専門家が不在の場合は店舗全体を閉鎖します。 リスク別陳列• 同じ薬効(例えば、胃腸薬とか目薬とか)内でも、リスクが混在しないようにリスクごとに集めた陳列を行います。 プライスカードにリスク区分を表示し、プライスカードの枠色で区分します。 要指導医薬品 :プライスカードは橙色枠で、要指導の表示• 第一類医薬品 :プライスカードは桃色枠で、第1類の表示• 第二類医薬品 :プライスカードは青色枠で、第2類の表示• 第三類医薬品 :プライスカードは緑色枠で、第3類の表示• 要指導医薬品の陳列• 薬剤師より対面で直接情報提供を受けて購入されるために、お客様が直接手に取れない陳列となります。 ご希望のお客様は、お近くの係員にお申し付け下さい。 第一類医薬品の陳列• 薬剤師より直接情報提供を受けて購入されるために、お客様が直接手に取れない陳列となります。 ご希望のお客様は、お近くの係員にお申し付け下さい。 指定第二類医薬品の陳列• 専門家が在席する情報提供カウンターより7m以内に陳列します。 第二類医薬品、第三類医薬品の陳列• 許可を受けた医薬品売場に陳列します。 個人情報利用目的• 薬剤師不在時は要指導医薬品売場と第一類医薬品売場を閉鎖し、薬剤師または登録販売者が不在時には店舗全体を閉鎖します。 医薬品の正しい購入方法、正しい使用に努めて下さい• 医薬品の中に入っている「添付文書」は捨てないで、医薬品がある間は保管し、必要に応じて見れるようにして下さい。 店では解決しない内容の苦情相談窓口は次のとおりです。 本部代表番号 (電話)089-917-8000 (FAX)089-927-0801 レデイ薬局お客様相談室 0120-89-9917 受付時間10:00~17:00土日・祝日除く 行政の窓口 松山市保健所 医事薬事課 (電話) 089-911-1805.

次の

ボラギノールの3つの効き目!切れ痔は本当に治るの?

ボラギノール am

(2)患部が化膿している人。 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ その他:刺激感,化膿 3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること ボラギノールA坐剤、ボラギノールA注入軟膏と同様に、炎症をおさえる酢酸プレドニゾロンなど、痔に有効な4種の成分が総合的にはたらいて、痔による痛み・出血・はれ・かゆみの症状にすぐれた効果をあらわします。 また、なめらかですべりのよい油脂性基剤を使用した、患部へ塗りやすい痔疾用軟膏です。 医薬品の使用期限 医薬品に関しては特別な表記の無い限り、1年以上の使用期限のものを販売しております。 1年以内のものに関しては使用期限を記載します。 (2)患部が化膿している人。 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ その他:刺激感,化膿 3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること 効能・効果 いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和 用法・用量 次の量を患部に直接塗布するか,またはガーゼなどにのばして患部に貼付すること。 [年齢:1回量:1日使用回数] 成人(15歳以上):適量:1~3回 15歳未満:使用しないこと 用法関連注意 (1)肛門部にのみ使用すること。 (2)用法・用量を厳守すること。 成分分量 1g中 成分 分量 プレドニゾロン酢酸エステル 0. 保管および取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。 (2)小児の手の届かない所に保管すること。 (3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。 (4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。 (5)本剤は油脂性の軟膏であるため,衣類などに付着すると取れにくくなることがあるので注意すること。 (6)チューブを繰り返し折り曲げないこと(破れの原因となる)。 消費者相談窓口 会社名:天藤製薬株式会社 住所:〒541-0045 大阪市中央区道修町二丁目3番8号 問い合わせ先:お客様相談係 電話:(06)6204-2715 受付時間:9:00~17:00(土,日,祝日を除く) 製造販売会社 天藤製薬(株) 会社名:天藤製薬株式会社 住所:〒541-0045 大阪市中央区道修町二丁目3番8号 お問い合わせ先 お客様相談室 フリーダイヤル:0120-567-087 9:00-17:00 土、日、祝日を除く ・販売者 武田コンシューマーヘルスケア株式会社 大阪市中央区道修町四丁目1番1号 原産国 日本 商品区分 医薬品 添付文書 福田 章一 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 井角 美佐子 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 粂野 直美 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 泉 智 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 宮本 秀一 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 大本 芙宥基 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 三瀬 富美子 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 大平 将之 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 長田 由巳 (医薬品販売・情報提供・相談・陳列・保管・発注等) 取り扱う要指導医薬品及び一般用医薬品区分 営業時間及び営業時間外に相談できる時間 営業時間 AM 9:00 ~ PM9:00 定休日 年中無休 インターネット販売対応時間 AM 9:00 ~ PM 5:00 日曜日・年末年始除く) 薬剤師への相談は薬剤師勤務時間内とさせていただきます。 相談時及び緊急時の連絡先 インターネット販売専用ダイヤル 電 話 089-909-3777 9:00~17:00 日曜日・年末年始除く FAX 089-909-3778 E-mail support ladydrug. jp 当店への連絡先 電 話 089-952-0036 FAX 089-952-0019 本部代表番号 電 話 089-917-8000 FAX 089-927-0801 要指導医薬品及び一般用(OTC)医薬品はリスク別に分類されています。 要指導医薬品• 適正な使用の為に、薬剤師による、対面で情報提供と指導が必要な医薬品。 第一類医薬品• 特にリスクの高い医薬品。 一般用医薬品としての使用経験が少ない等安全上特に注意を要する成分を含む医薬品。 その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生じるおそれがある成分を含む医薬品。 第三類医薬品• リスクが比較的低い医薬品。 日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調や不調が生じるおそれがある成分を含む医薬品。 医薬品のリスク区分の表示に関する解説 リスク区分された医薬品は、リスク別に異なった陳列がされます。 専門家が不在の場合は店舗全体を閉鎖します。 リスク別陳列• 同じ薬効(例えば、胃腸薬とか目薬とか)内でも、リスクが混在しないようにリスクごとに集めた陳列を行います。 プライスカードにリスク区分を表示し、プライスカードの枠色で区分します。 要指導医薬品 :プライスカードは橙色枠で、要指導の表示• 第一類医薬品 :プライスカードは桃色枠で、第1類の表示• 第二類医薬品 :プライスカードは青色枠で、第2類の表示• 第三類医薬品 :プライスカードは緑色枠で、第3類の表示• 要指導医薬品の陳列• 薬剤師より対面で直接情報提供を受けて購入されるために、お客様が直接手に取れない陳列となります。 ご希望のお客様は、お近くの係員にお申し付け下さい。 第一類医薬品の陳列• 薬剤師より直接情報提供を受けて購入されるために、お客様が直接手に取れない陳列となります。 ご希望のお客様は、お近くの係員にお申し付け下さい。 指定第二類医薬品の陳列• 専門家が在席する情報提供カウンターより7m以内に陳列します。 第二類医薬品、第三類医薬品の陳列• 許可を受けた医薬品売場に陳列します。 個人情報利用目的• 薬剤師不在時は要指導医薬品売場と第一類医薬品売場を閉鎖し、薬剤師または登録販売者が不在時には店舗全体を閉鎖します。 医薬品の正しい購入方法、正しい使用に努めて下さい• 医薬品の中に入っている「添付文書」は捨てないで、医薬品がある間は保管し、必要に応じて見れるようにして下さい。 店では解決しない内容の苦情相談窓口は次のとおりです。 本部代表番号 (電話)089-917-8000 (FAX)089-927-0801 レデイ薬局お客様相談室 0120-89-9917 受付時間10:00~17:00土日・祝日除く 行政の窓口 松山市保健所 医事薬事課 (電話) 089-911-1805.

次の

【第(2)類医薬品】ボラギノールA 軟膏 20g

ボラギノール am

関連リンク:• Q3.効果の見極めの目安となる期間は、どの位ですか。 ボラギノールA注入軟膏・坐剤・軟膏、ボラギノールM坐剤・軟膏は10日間位使用、内服ボラギノールEPは1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は、使用または服用を中止し、説明文書を持参して医師、薬剤師または登録販売者へのご相談をお願いいたします。 Q4.ボラギノールA注入軟膏・坐剤・軟膏、ボラギノールM坐剤の説明文書に『長期連用しないこと』とありますが、この『長期』とは、どの位ですか。 特に期間は定めておりません。 効果が見られる場合は、症状が治まるまで継続してご使用いただけますが、10日間位ご使用いただいて症状がよくならない場合は使用を中止し、説明文書を持参して医師、薬剤師または登録販売者へのご相談をお願いいたします。 Q5.小児(15歳未満)に使用させても良いですか。 小児(15歳未満)へは使用または服用させないでください。 ボラギノール(ボラギノールA注入軟膏・坐剤・軟膏、ボラギノールM坐剤・軟膏、内服ボラギノールEP)は、いずれも15歳以上の方が対象です。 Q6.ボラギノールは、妊娠中でも使用できますか。 ボラギノールM軟膏についてはご使用いただけます。 その他ボラギノール製品については、ご使用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談の上、その指示に従っていただくようお願いいたします。 Q7.ボラギノールは、授乳中でも使用できますか。 ご使用いただけます。 説明文書の使用上の注意をご覧の上、用法・用量をお守りいただき、症状が良くなられた時点でご使用を中止いただくようお願いいたします。 Q8.ボラギノールM坐剤の使用上の注意「相談すること」に記載の「高齢者」とは何歳位からを言うのですか。 「高齢者」の定義は年齢だけで規定できるものではありませんが、65歳以上をひとつの目安としています。 高齢者の方は肝臓や腎臓などの生理(代謝・排泄)機能の低下により副作用が発現しやすい場合があるため、ご使用前に医師、薬剤師または登録販売者へのご相談をお願いいたします。 Q9.ボラギノールA注入軟膏(注入する場合)・坐剤、M坐剤の1日1~2回、ボラギノールA注入軟膏(塗布する場合)・軟膏、M軟膏の1日1~3回は、いつ使用すれば良いですか。 使用間隔は、特に厳密には定めておりません。 ご使用のタイミングとして以下をお勧めいたします。 【1日2回の場合:坐剤・注入軟膏 注入 】 朝:排便後、 夕:入浴後或いは就寝前 【1日3回の場合:軟膏・注入軟膏 塗布 】 朝:排便後、昼、夕:入浴後或いは就寝前をお勧め致します。 Q10.ボラギノールA注入軟膏を塗布に使用した後、注入しても良いですか。 一度塗布に使用したものは、薬剤の量が少なくなっており十分な効果が得られにくいため、注入しないようお願いいたします。 (ボラギノールA注入軟膏を注入する場合は、1個全量を注入します。 Q11.ボラギノールで異なる製品どうしの併用(坐剤と軟膏、坐剤または軟膏と内服など)は可能ですか。 併用はお勧めしておりません。 どちらか一方のみをご使用いただくようお願いいたします。 Q12.使用期限はどこに記載されていますか。 使用期限は、各製品の外箱に記載しております。 また、外箱以外の箇所にも記載している製品もございます。 各製品ごとに記載場所を以下に示しておりますので、ご確認いただくようお願いいたします。 また、外箱は使い終わるまで大切に保管いただくようお願いいたします。 ボラギノールA注入軟膏 ボラギノールA坐剤 ボラギノールA軟膏 ボラギノールM坐剤 ボラギノールM軟膏 内服ボラギノールEP• Q13.目視で外箱の開封の有無をどのように確認したら良いですか。 ボラギノールシリーズの外箱には、3種類の開封方法がございます。 外箱の開封前後の写真をご確認いただくようお願いいたします。 なお、お買い求めになられた際に、開封された形跡がある場合はご使用にならないようお願いいたします。

次の