モンハンワールド アイスボーン 任務。 【MHW】アイスボーン:モンハンワールド攻略レシピ

狩猟解禁直前! 『モンハンワールド:アイスボーン』はココが凄い! 注目ポイントを総まとめ!【特集】

モンハンワールド アイスボーン 任務

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」買いました。 マルチよりソロで狩るのが好きなので、モンハンワールドでは弓をメインに使っていました。 弓が強すぎ&面白すぎて、ず〜っと弓ばかり使っていた男です。 モンハンワールドではタイムアタック常連の最強武器でしたが、アイスボーンでは弓が弱体化してしまいました。 とことん火力を下げる調整で、絶望しましたね。 マスターランクで弓を使い続けるのはキツいかも…?と覚悟して挑みましたが、 実際に使ってみた結果…… 全然強くてワロタ。 弱体化を受けたにも関わらず、弱い要素がなさすぎる。 というわけで、ラスボスを倒すまで弓を使い続けた感想。 新技クラッチクローが強い アイスボーンから追加されたクラッチアロー。 今作はモンスターによってはクラッチクローで傷を付けないと全然ダメージが通らないので必須。 弓とクラッチクローの相性は良い。 弱点特効スキルが弱体化され、弓の火力全体も下がってしまいましたが、 クラッチクローで傷をつければ弱体化する前と同じくらいの火力を出すことができます。 弓は納刀せずにクラッチクローを発射できるので、モンスターが怯んだスキに即クラッチできるのが強い。 2回クラッチしないとキズはつきませんが、狙える機会がかなり多いので問題なし。 ちなみに、同じく新技の 「竜の千々矢」がありますが… これどこで使うの? 火力が高いのは分かるけど、撃った後の硬直が長すぎる。 竜の千々矢を使うくらいならクラッチでぶっ飛ばすなりしたほうが良さそうなんですが、どういう場面で使うんだろう? 竜の一矢と同じく産廃にはならないでほしいが…。 結局チャージステップが強すぎる 弱体化したのは火力に関することだけなので、立ち回りは変わらず。 そもそもMHWから追加されたチャージステップが強すぎる。 弓から抜け出せない人が多いのは、間違いなくチャージステップのせいです。 最高火力で攻めながら、回避まで同時に行える最強の技。 やはりアイスボーンでも立ち回り最強武器は弓で間違いないと確信。 チャージステップが弱体化しない限り、僕は弓を使い続ける。 相性が悪いモンスターが増えた 弓にとって「デカくて速い」モンスターは天敵になります。 無印のモンハンワールドでは、テオ・ナナがキツかったくらいで、どのモンスターも弓で対応できました。 でも、アイスボーンから追加されたモンスターは一筋縄ではいかない。 現状ラスボスまで倒しましたが、無印モンハンワールドのよりかなり立ち回りに気を使う必要がありました。 以下、個人的に弓でキツかったモンスター(ソロ+上位防具) ベリオロス 飛びかかりのスピードが速く、まとわりつかれる。 棘を壊せば弱体化しますが、部位破壊するまでがキツい。 ティガレックス 突進が強くなりすぎててワロタ。 上位防具だったとはいえ、初見で3乙かましました。 ほぼ真正面からでないと腕が邪魔で頭が狙いにくい。 かといって真正面から攻撃してると、回避困難な攻撃でワンパン…。 初めて回避距離UPのスキルがほしいと感じた。 ディノバルド 攻撃範囲の広さがかなり厄介。 初見で絶望したけど、モーションを覚えれば割と回避できた。 回避性能を積めば楽かも。 イヴェルカーナ 氷の壁と足場が弓にとって邪魔すぎる。 一度でも被弾すると氷やられ+瀕死なのがツラい。 安全に狩りたいなら回避性能を付けて、なぎ払いブレスを確実にフレーム回避したい。 しっかり弱点を狙えばそこそこ大ダウンしてくれるのが救い。 マスター武器の火力モリモリ状態で頭を狙えばクシャルダオラ並にダウンしてくれそう。 このくらいかな… よく見たら、この中でアイスボーンから登場したモンスターはイヴェルカーナだけだった件。 他の新モンスターは全く印象に残っていないので、おそらく弓のカモだったと思います。 曲射ループ終了のお知らせ アイスボーンから、スタン中のモンスターに攻撃を当ててもスタン値が溜まらない仕様になりました。 この仕様変更により、 スタンハメはほぼ不可能に。 これはさすがにぶっ壊れすぎたので仕方ないですね…。 とはいえ、弓は頭を狙いやすい武器なので、 強打の装衣との相性は相変わらず抜群。 20分の討伐時間で大体2〜3回はダウン取れてます。 「曲射=弱い」というイメージがありますが、強打の装衣とコンビを組めばまだまだイケますよ。 結論:弓はアイスボーンでも強かった モンハンワールド初期からの弓使いとしては、ひとまず安心。 スタミナ管理+弱点を狙うエイム力があれば、誰が使っても強いのが弓だと思います。 火力が落ちたくらいで最強の座が揺らぐことはなさそう。 チャージステップが弱体化したら流石に考えます。 ちなみに、あくまでソロでの感想です。 弓を使う人は基本的にソロ狩りがメインだと思うので大丈夫だと思いますが…。 マルチだとターゲットが分散して、弱点を狙いにくくなるので相変わらず微妙ですね。 弱くはないけど、マルチで使うと強みが一気に消えてしまうイメージ。 弓使いは1人で黙々とモンスターを狩る孤高のハンター。 決して友達がいないわけではない…。 今日も元気に、ソロハンティング。

次の

【MHWアイスボーン】失われた幽世線の攻略と条件

モンハンワールド アイスボーン 任務

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」買いました。 マルチよりソロで狩るのが好きなので、モンハンワールドでは弓をメインに使っていました。 弓が強すぎ&面白すぎて、ず〜っと弓ばかり使っていた男です。 モンハンワールドではタイムアタック常連の最強武器でしたが、アイスボーンでは弓が弱体化してしまいました。 とことん火力を下げる調整で、絶望しましたね。 マスターランクで弓を使い続けるのはキツいかも…?と覚悟して挑みましたが、 実際に使ってみた結果…… 全然強くてワロタ。 弱体化を受けたにも関わらず、弱い要素がなさすぎる。 というわけで、ラスボスを倒すまで弓を使い続けた感想。 新技クラッチクローが強い アイスボーンから追加されたクラッチアロー。 今作はモンスターによってはクラッチクローで傷を付けないと全然ダメージが通らないので必須。 弓とクラッチクローの相性は良い。 弱点特効スキルが弱体化され、弓の火力全体も下がってしまいましたが、 クラッチクローで傷をつければ弱体化する前と同じくらいの火力を出すことができます。 弓は納刀せずにクラッチクローを発射できるので、モンスターが怯んだスキに即クラッチできるのが強い。 2回クラッチしないとキズはつきませんが、狙える機会がかなり多いので問題なし。 ちなみに、同じく新技の 「竜の千々矢」がありますが… これどこで使うの? 火力が高いのは分かるけど、撃った後の硬直が長すぎる。 竜の千々矢を使うくらいならクラッチでぶっ飛ばすなりしたほうが良さそうなんですが、どういう場面で使うんだろう? 竜の一矢と同じく産廃にはならないでほしいが…。 結局チャージステップが強すぎる 弱体化したのは火力に関することだけなので、立ち回りは変わらず。 そもそもMHWから追加されたチャージステップが強すぎる。 弓から抜け出せない人が多いのは、間違いなくチャージステップのせいです。 最高火力で攻めながら、回避まで同時に行える最強の技。 やはりアイスボーンでも立ち回り最強武器は弓で間違いないと確信。 チャージステップが弱体化しない限り、僕は弓を使い続ける。 相性が悪いモンスターが増えた 弓にとって「デカくて速い」モンスターは天敵になります。 無印のモンハンワールドでは、テオ・ナナがキツかったくらいで、どのモンスターも弓で対応できました。 でも、アイスボーンから追加されたモンスターは一筋縄ではいかない。 現状ラスボスまで倒しましたが、無印モンハンワールドのよりかなり立ち回りに気を使う必要がありました。 以下、個人的に弓でキツかったモンスター(ソロ+上位防具) ベリオロス 飛びかかりのスピードが速く、まとわりつかれる。 棘を壊せば弱体化しますが、部位破壊するまでがキツい。 ティガレックス 突進が強くなりすぎててワロタ。 上位防具だったとはいえ、初見で3乙かましました。 ほぼ真正面からでないと腕が邪魔で頭が狙いにくい。 かといって真正面から攻撃してると、回避困難な攻撃でワンパン…。 初めて回避距離UPのスキルがほしいと感じた。 ディノバルド 攻撃範囲の広さがかなり厄介。 初見で絶望したけど、モーションを覚えれば割と回避できた。 回避性能を積めば楽かも。 イヴェルカーナ 氷の壁と足場が弓にとって邪魔すぎる。 一度でも被弾すると氷やられ+瀕死なのがツラい。 安全に狩りたいなら回避性能を付けて、なぎ払いブレスを確実にフレーム回避したい。 しっかり弱点を狙えばそこそこ大ダウンしてくれるのが救い。 マスター武器の火力モリモリ状態で頭を狙えばクシャルダオラ並にダウンしてくれそう。 このくらいかな… よく見たら、この中でアイスボーンから登場したモンスターはイヴェルカーナだけだった件。 他の新モンスターは全く印象に残っていないので、おそらく弓のカモだったと思います。 曲射ループ終了のお知らせ アイスボーンから、スタン中のモンスターに攻撃を当ててもスタン値が溜まらない仕様になりました。 この仕様変更により、 スタンハメはほぼ不可能に。 これはさすがにぶっ壊れすぎたので仕方ないですね…。 とはいえ、弓は頭を狙いやすい武器なので、 強打の装衣との相性は相変わらず抜群。 20分の討伐時間で大体2〜3回はダウン取れてます。 「曲射=弱い」というイメージがありますが、強打の装衣とコンビを組めばまだまだイケますよ。 結論:弓はアイスボーンでも強かった モンハンワールド初期からの弓使いとしては、ひとまず安心。 スタミナ管理+弱点を狙うエイム力があれば、誰が使っても強いのが弓だと思います。 火力が落ちたくらいで最強の座が揺らぐことはなさそう。 チャージステップが弱体化したら流石に考えます。 ちなみに、あくまでソロでの感想です。 弓を使う人は基本的にソロ狩りがメインだと思うので大丈夫だと思いますが…。 マルチだとターゲットが分散して、弱点を狙いにくくなるので相変わらず微妙ですね。 弱くはないけど、マルチで使うと強みが一気に消えてしまうイメージ。 弓使いは1人で黙々とモンスターを狩る孤高のハンター。 決して友達がいないわけではない…。 今日も元気に、ソロハンティング。

次の

【MHWアイスボーン】弓は弱体化されても結局ソロでは最強だった件

モンハンワールド アイスボーン 任務

地脈エネルギー 幽境の谷の各層のエネルギー残量を示します。 集会エリア全員のクエストの結果が反映され、各層の残量を減らすことで、より下層へとムフェト・ジーヴァを追い込みやすくなります。 部位破壊や各層で地脈エネルギーを吸収させるなどの任務項目を達成すると、ポイントを取得できます。 ポイントが一定までたまると、達成度が上がります。 同一集会エリア内であれば、別のクエストメンバーが任務項目を達成した場合でも、ポイントの一部を取得できます。 達成された後でも、自分の参加したパーティで再度達成すれば、達成度は上書きされます。 報酬の受け取りについて 集会エリアメンバーの誰かがムフェト・ジーヴァの討伐を達成すると、集会エリアのクエストカウンターで報酬を受け取ることができます。 ムフェト・ジーヴァを引き付ける 狙われたハンターは攻撃を引き付けてかわし、ムフェト・ジーヴァが動き回らないように立ち回ることで、他のハンターが安定して部位に攻撃できる状況をつくれます。 ただし引き付けに失敗すると、行動が激化し非常に危険です。 狙われてないハンターでも、頭部にクラッチしスリンガー全弾発射を行うことで狙いを引き受けることができます。 守りに長けたハンターが引き受けると戦況を有利に運べるので、仲間とサポートし合って危険な状態を切り抜けましょう。 強力な攻撃の回避 大きな予備動作から放たれる最大のブレスは通常の手段では回避できず確実に力尽きてしまいます。 石柱などフィールドの遮蔽物に隠れることで防ぐことが可能です。 特別な強化ができる覚醒武器が登場 覚醒武器は全武器種、各属性のいずれかが付与されています。 入手時の性能にはほとんど差がありませんが、覚醒能力を重ねて付与していくことで、自分好みに強化していくことができる武器です。 蓄積を行った場合、次に覚醒値が一定量たまった時に、より高い覚醒能力が少しだけ発現しやすくなります。 覚醒能力は最大5つまでセットすることが可能です。 ただし、シリーズスキルを付与する覚醒能力や、特別なレア度の覚醒能力は重複して設定することはできません。 覚醒を繰り返して、より強力な武器を目指しましょう。 封印の錬金術と覚醒の錬金術 マカ錬金では、入手した覚醒武器やムフェト・ジーヴァの素材を使った錬金術が追加されています。 覚醒武器の強化に有用なのでぜひ訪れてみましょう。 装備中の武器を材料に指定することはできません。 本記事で記載の実施日時は日本時間となります。 記載の内容は予告なく変更される場合があります。 C CAPCOM CO. , LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED. モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション コレクターズパッケージ• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年9月6日•

次の