藤本ばんび。 🌕金星🌟新聞【緊急寄稿】《悲報》🍋ばんびが退部…サヨナラばんび💧(寂)

藤本ばんび

藤本ばんび

スタプラ組では久々の卒業だったので…油断してた… と言っても、正直自分はあんまり知らないんです。 とき宣のメンバーとして、どういう子とかの知識はあっても、ライブに行ったこともないしYouTubeのチャンネルとかも見てないし… ただ、まだ15歳のメンバーが抜けることはなかなか衝撃です。 卒業発表を受けて、残りのメンバーがそれぞれを掲載しました。 みんな口を揃えて「残念」「悔しい」と…こういうブログは本当に泣けます… 特に、は「許せない」という言葉を使っていました。 もちろんこの言葉が2人の不仲・喧嘩別れを示してる、みたいなことを言うつもりは全くありません。 むしろ、みんな一緒に仲良くここまで頑張ってきたのにどうして…みたいな感情の表れなんだと思います。 今でもとても印象に残っているのは、スタプラの先輩グループ、私立恵比寿中学の話。 初期メンバーの1人、瑞季さんが卒業を決めたときのことです。 同じ初期メンバーの真山りかさんは、それに対してかなりの怒りを感じていたようです。 SSAを日本人史上最速で決め、先輩のももクロが国民的存在になりつつある中、そんな矢先に卒業。 ただ2人残された初期メン、最年長組の片割れがこの大事なタイミングで抜ける、それは困惑・怒りを感じるのが当然でしょう。 いろんなアイドルの卒業・脱退を目の当たりにしてきましたが、その理由には色々なものが存在します。 言い方は悪いですが、とても便利な理由です。 どこで言っていたのか忘れましたが、エビ中の運営の人(たぶん校長)が「本当に女優になりたくてアイドル辞める人はほとんどいない」みたいなことを言っていた記憶があります。 これ冷静に考えたらとんでもない発言だな、失礼すぎるだろ… あとは例外として、乃木坂の白石麻衣さんのように後進に道を譲る、というものもあります。 まあスタプラはグループの性質上まずありえない話なんですが。 正直、学業の理由だけで辞めるのは…というのはあります。 ほとんどのアイドルは学校に通いながら活動しているわけで、その合間を縫って勉強に勤しんでいる方もたくさんいます。 (乃木坂の山崎怜奈さんなど。 本当に尊敬している推しですほんとかわいい)良い大学・高校に入りたければ受験期の活動を休止するなど、たくさんの方策はあるはずです。 (もちろん、今回の件に関して言っているわけではありません。 体調不良・やりたいことがある、の類に関してはもうどうしようもないと思います) 当然、今回の件でもそういった類の折衷案が提示され、退部を引き留められたはずです。 でも、そうしなかった。 というのは、本人の中での「アイドル」の優先度が落ちてしまったことの現れなんでしょう。 「勉強が大変」「もっと遊びたい」「普通の学生生活を送りたい」「自分のやりたいことをやりたい」恐らくほとんどすべてのアイドルの方は、こうした思いを抱えたことがあるはずです。 すると、「頑張って続けてみる」「辞める」という分岐点に立つことになります。 「アイドルが楽しい」と感じているうちは、葛藤しながらも「続けてみる」の方に進んでくれます。 しかし、そこで優先度が下がってしまったら…「辞める」の道に進んでしまう 何を言いたいかというと、今アイドルとして活動している方は、そんな自分の思いを犠牲にしてでも、「アイドル」でいてくれているということ。 卒業発表のたびに、「アイドルは推せるときに推しておけ」のような言葉を目にします。 正直、あまりに使い古された表現をドヤって言われても…という感じなんですが、事実ですからしょうがありません。 もう今さらばんびちゃんに会うことはできませんが、芸能界に残るにしても、残らないにしても今後の活躍を願っています。 (誤解される方がいたらまずいので一応書きますが、自分自身は今回の卒業に関して批判を受ける謂れは全くないと思っています。 ) 冒頭に書いた坂井仁香さんのブログですが、「絶対に武道館に立つ」という言葉があって驚きました。 というのも、本当に失礼な話ですが、自分は坂井仁香さんにそこまでのアイドルに対する熱量があることを知らなかったので… まあ良く考えたら、ひよこ組の加入にも快い反応を示していなかった記憶があるので、その時からきっと熱量は変わっていないんだと思います。 (未だに、セブンティーンのレギュラーモデルがアイドルやってくれているのは奇跡だと思っています) 今配信見てましたが、メンバーが明るくて安心しました。 しかし改名… スタダのグループ名ってなんでこんなダサいんだろう…それが魅力でもあるんだけど…笑笑 ともかく、これをきっかけにもっととき宣を応援していきたいな、と思える出来事でした。

次の

アイドルの卒業(ときめき♡宣伝部 藤本ばんびさん卒業を受けて)|ty|note

藤本ばんび

スタプラ組では久々の卒業だったので…油断してた… と言っても、正直自分はあんまり知らないんです。 とき宣のメンバーとして、どういう子とかの知識はあっても、ライブに行ったこともないしYouTubeのチャンネルとかも見てないし… ただ、まだ15歳のメンバーが抜けることはなかなか衝撃です。 卒業発表を受けて、残りのメンバーがそれぞれを掲載しました。 みんな口を揃えて「残念」「悔しい」と…こういうブログは本当に泣けます… 特に、は「許せない」という言葉を使っていました。 もちろんこの言葉が2人の不仲・喧嘩別れを示してる、みたいなことを言うつもりは全くありません。 むしろ、みんな一緒に仲良くここまで頑張ってきたのにどうして…みたいな感情の表れなんだと思います。 今でもとても印象に残っているのは、スタプラの先輩グループ、私立恵比寿中学の話。 初期メンバーの1人、瑞季さんが卒業を決めたときのことです。 同じ初期メンバーの真山りかさんは、それに対してかなりの怒りを感じていたようです。 SSAを日本人史上最速で決め、先輩のももクロが国民的存在になりつつある中、そんな矢先に卒業。 ただ2人残された初期メン、最年長組の片割れがこの大事なタイミングで抜ける、それは困惑・怒りを感じるのが当然でしょう。 いろんなアイドルの卒業・脱退を目の当たりにしてきましたが、その理由には色々なものが存在します。 言い方は悪いですが、とても便利な理由です。 どこで言っていたのか忘れましたが、エビ中の運営の人(たぶん校長)が「本当に女優になりたくてアイドル辞める人はほとんどいない」みたいなことを言っていた記憶があります。 これ冷静に考えたらとんでもない発言だな、失礼すぎるだろ… あとは例外として、乃木坂の白石麻衣さんのように後進に道を譲る、というものもあります。 まあスタプラはグループの性質上まずありえない話なんですが。 正直、学業の理由だけで辞めるのは…というのはあります。 ほとんどのアイドルは学校に通いながら活動しているわけで、その合間を縫って勉強に勤しんでいる方もたくさんいます。 (乃木坂の山崎怜奈さんなど。 本当に尊敬している推しですほんとかわいい)良い大学・高校に入りたければ受験期の活動を休止するなど、たくさんの方策はあるはずです。 (もちろん、今回の件に関して言っているわけではありません。 体調不良・やりたいことがある、の類に関してはもうどうしようもないと思います) 当然、今回の件でもそういった類の折衷案が提示され、退部を引き留められたはずです。 でも、そうしなかった。 というのは、本人の中での「アイドル」の優先度が落ちてしまったことの現れなんでしょう。 「勉強が大変」「もっと遊びたい」「普通の学生生活を送りたい」「自分のやりたいことをやりたい」恐らくほとんどすべてのアイドルの方は、こうした思いを抱えたことがあるはずです。 すると、「頑張って続けてみる」「辞める」という分岐点に立つことになります。 「アイドルが楽しい」と感じているうちは、葛藤しながらも「続けてみる」の方に進んでくれます。 しかし、そこで優先度が下がってしまったら…「辞める」の道に進んでしまう 何を言いたいかというと、今アイドルとして活動している方は、そんな自分の思いを犠牲にしてでも、「アイドル」でいてくれているということ。 卒業発表のたびに、「アイドルは推せるときに推しておけ」のような言葉を目にします。 正直、あまりに使い古された表現をドヤって言われても…という感じなんですが、事実ですからしょうがありません。 もう今さらばんびちゃんに会うことはできませんが、芸能界に残るにしても、残らないにしても今後の活躍を願っています。 (誤解される方がいたらまずいので一応書きますが、自分自身は今回の卒業に関して批判を受ける謂れは全くないと思っています。 ) 冒頭に書いた坂井仁香さんのブログですが、「絶対に武道館に立つ」という言葉があって驚きました。 というのも、本当に失礼な話ですが、自分は坂井仁香さんにそこまでのアイドルに対する熱量があることを知らなかったので… まあ良く考えたら、ひよこ組の加入にも快い反応を示していなかった記憶があるので、その時からきっと熱量は変わっていないんだと思います。 (未だに、セブンティーンのレギュラーモデルがアイドルやってくれているのは奇跡だと思っています) 今配信見てましたが、メンバーが明るくて安心しました。 しかし改名… スタダのグループ名ってなんでこんなダサいんだろう…それが魅力でもあるんだけど…笑笑 ともかく、これをきっかけにもっととき宣を応援していきたいな、と思える出来事でした。

次の

AGC新CM高橋一生に「イヤです」と答える女の子は誰?出演作品は?|兼業主婦の独り言

藤本ばんび

Contents• りぼんガールを務める可愛い藤本ばんびさん 藤本 ばんび ふじもと ばんび さん 義母と娘のブルースに出演で話題の藤本ばんびさんのプロフィールと実績、ネットの噂などをまとめてみました。 後半には 動画や、 画像などもあります。 藤本ばんびさんを知る為の基本情報・プロフィール• ヤフー知恵袋でこういった質問をしていた人がいました。 「少女劇団いとをかしに出演していた大澤彩花さんと、ときめき宣伝部新メンバーのときめきレモン 藤本ばんびさんって同一人物ですか?」 調べてみると、確かに誕生日が同じで、顔も似ています。 ネットにあがっているブログでも、同一人物だと書かれています。 藤本ばんびさんに彼氏がいるのかについて調べてみましたが、全く情報はでてきませんでした。 恋愛はしているかもしれませんが、勉強や仕事もあるので、今は彼氏はいないのかなと思います! 相手のためにすぐに行動する機敏さもあり、一度できた人間関係を深く長いものにしていくことができます。 気の合う仲間との交流を大事にし、相手の表情や仕草などを注意深く観察しながら、相手の立場に立った対応ができるため、常に仲間の中心的な存在となります。 自分を認めてくれたり、支えてくれたりする人に対しては、それ以上の恩返しをしようと努力を続け、相手を裏切ることはありません。 自分の都合よりも、相手のことを優先させる配慮ができるため、人間関係のネットワークが広がるタイプです。 動く藤本ばんびさんを見たい方はこちらの動画をご覧ください。

次の