湊 漢字 意味。 「湊」という漢字の読み方・名のり・意味・由来について調べる

「港」「湊」の意味と違い

湊 漢字 意味

「杜」の意味や由来は? 「杜」は訓読みで「もり」と読んで、 「樹林が茂っているところ」を意味し、同じ読みをする「森」と同義で使われます。 ひょっとすると宮城県仙台市の愛称である「杜の都(もりのみやこ)」という言葉で見たことがある人もいるかもしれませんね。 しかし、これは日本独自の使い方で、漢字が生まれた中国ではもともと別のものを指していました。 どんな意味をもつのか漢字の成り立ちから見てみましょう。 漢字を左右に「木」と「土」に分けると「木」は樹木のことで、「土」は地面の土を表しています。 「土から樹木が生えている」様子を表現し、「野山に生える木」、なかでも普段食べている果物の「ナシ」の野生種である 「ヤマナシ」という植物を指していました。 「杜」がもつ「ト」の響きを止め字に 「杜」は1990年から名前に使えるようになった 比較的歴史の浅い人名漢字です。 そのため、最近になってよく目にするようになったわけです。 名前に使われる背景は2つ考えられ、1つは「ハルト」「ユウト」「ケント」など止め字に「ト」を使った名前がとても人気である点。 もう1つは、「」「」「」「」など、「ト」の響きに当てられる漢字はどれも人気があり、違いを出しにくくなっている点です。 名前がカブルという懸念から「杜」が使われるようになってきたと考えられます。 多くは「ト」の響きで使われて、人気の「ハルト」「ユウト」の名前になるように悠杜や裕杜、佑杜と組み合わせ、他にも杜和(トワ)のように名前の先頭で使われる名前も見られます。 「杜」にはどんな願いや想いが込められる? 「杜」の字からどのような印象を受けますか?なかなかピンとこないという人も多いかもしれません。 「杜」がもつ「樹林が茂っているところ」の意味は、実は「森」が指すそれとは微妙にニュアンスが異なります。 「杜」は「神社などの周りにある木」を指し、「神聖でおごそか」「清らか」などのイメージを伴います。 ここから漢字に願いや想いを込めるなら 「尊い存在になってほしい」「唯一無二の特別な存在に」「清く美しい子に育ってほしい」などが思いつきそうです。 また、「ヤマナシ」が野山に実るように 「実りのある人生を送ってほしい」と願いを表現することもできます。 「杜」はあまり馴染みがない漢字かもしれませんが、名前に使えば目新しさや新鮮な印象を与えてくれます。 意味を理解し、素敵な名前を赤ちゃんにプレゼントしてあげてくださいね。 【組み合わせて使われる漢字】 海杜(カイト) 杜(トワ) 杜(ハルト、ユウト) 杜(ハルト) 杜(ユウト) 杜(ユウト) など.

次の

「湊」という漢字の読み方・画数・音読み・訓読み・名のり・意味・由来について調べる

湊 漢字 意味

デジタル大辞泉の解説をみると >そう【奏】 天子に申し上げること。 また、その文書。 「遺令 いりょう の奏」 そう【奏】[漢字項目] [音]ソウ(漢) [訓]かなでる もうす [学習漢字]6年 1 意見をまとめて差し出す。 君主に申し上げる。 「奏上・奏請・奏聞 そうもん /直奏 じきそう ・執奏・上奏・伝奏 てんそう ・内奏」 2 楽器をかなでる。 「奏楽/演奏・合奏・間奏・吹奏・前奏・弾奏・独奏・伴奏」 3 成果を得る。 「奏功・奏効」 とあるので、さんずいをつけてたら「可動式の仕切り(門扉)によって水の流れや量を制御し、高水時には堤防としての機能をもつ。 」という説明が一番近いかなとも思いました。 でも音楽にしか関係ないんですけど。 おわかりになる方、もしかしたらこうかもしれないなどお考えのある方はお聞かせください。 「奏」は、神に供物などをささげる祭祀の意。 そこから神に供物を差し出して願いを申し上げる意になった。 (奏上) また、天子に奏上(申し上げる)するとき、楽器を吹いたり鳴らしたりすることから楽器を演奏する意も生じ、さらに奏上するときに演奏をする人々が集まることから、「あつまる」という意でも使われるようになった。 「湊」は、水上で人や物資を積んだ船が集まる場所だから、「氵(みず)+奏(あつまる)」となる。 <漢字の音符>より ******************* 奏 ソウ <天子に差し上げる> 奏 ソウ・かなでる 大部 解字 甲骨文は、根のついた木の若木を両手でもつかたちで、神に供物の若木をさしあげること[甲骨文字小字典を参考]。 篆文は若木が「屮+大+十」の形になり、現代字で、天に変化した奏になった。 甲骨文は神に供物などをささげる祭祀の意。 そこから神に供え物を差し出して願いを申し上げる意となる。 また、天子に奏上(申し上げる)するとき、楽器を吹いたり鳴らしたりすることから楽器を演奏する意も生じた。 意味 (1)さし上げる。 すすめる。 申し上げる。 「奏上」 (2)かなでる(奏でる)。 「奏楽」「演奏」「合奏」(2個以上の楽器で同時に演奏すること) (3)なす。 なしとげる。 「奏効」(効き目が現れる) イメージ 供物を「差し出す」(奏) 奏上するとき演奏をする人々が「あつまる」(湊・輳) 湊 ソウ・みなと・あつまる 氵部 解字 「氵(みず)+奏(あつまる)」の会意形声。 水上で人や物資を載せた船があつまる場所をいい、みなと・あつまる意となる。 意味 (1)みなと(湊)。 ふなつきば。 「湊泊」(船が湊に停泊すること) (2)あつまる(湊まる)。 あつめる。 「輻湊」(輻は車のスポークで集まる意、湊も集まる意、方々から一か所にあつまること) *******************.

次の

「湊太

湊 漢字 意味

港の意味 「港」という漢字を構成している旁の部分「巷(ちまた)」には、「人家の集まった中の小道、街の中、分かれ道」といった意味があります。 そこから、「港」というのは「みなと」の中でも本来は水路に相当するような部分を指しているのです。 船が行き交う水路のことを特に「港」と呼んでいます。 現在でも様々な船が行き交う場所を港湾というのもうなずけます。 湊の意味 「湊」という漢字を構成している旁の部分「奏(そう・かなでる)」には、「音楽をかなでる」だけではなく、「上に差し出す、申し上げる」という意味を持っています。 そして、この字の上半分は神がおりているとされている木の枝を、下半分が両手でささげるという成り立ちとなっており、それにさんずいを加えて「湊」とすることで、人々あるいは船が一か所に集まるところを指すようになりました。 港と湊の用法 一般的に、現代において商船・漁船・客船など多くの船の発着場は「港」としていることが多く、「湊」は少し古風な印象を与える際に使われることがあります。 江戸時代において、重要とされる湊を「三津七湊」と呼ばれてきました。 また、自然の地形や防波堤などで囲まれて波風から守られている場所を「港」、人工的な手が加わっておらず、湾曲している施設・地形の陸地にあたる場所を「湊」というふうにしています。 港と湊の意味についてまとめると 昔の船がたくさん来るような場所は、「湊」なのかもしれません。 しかし、現在多くの船が行きかい、それらが発着する場所は「港」の字のほうがしっくりくるでしょう。 港町も昔からのところについては「湊町」としているところも多々あります。 今や、港湾として安全に留意して災害を防ぐ目的で整備されているところがほとんどです。 そのような意味でも現在ほとんどが「港」となっているのかもしれません。

次の