ジュラルドン育成。 【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン ソード&シールド】ジュラルドンの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ジュラルドン育成

【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と対策【優秀なタイプ受け特殊龍!キバナの相棒】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はジュラルドンの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ストーリーでもキバナの相棒として登場し、初登場ポケモンかつ優秀なタイプで初見トレーナーたちを悩ませたポケモンの一体ですね。 ジュラルドンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ジュラルドンの特徴1】優秀な鋼龍の複合タイプ ジュラルドンはランクバトルで使えるポケモンとしては唯一の鋼ドラゴンの複合タイプで、非常に優秀な耐性を持っています。 全18タイプ中10タイプをも半減以下に抑えることができ、その上4倍弱点はなく2倍弱点が地面格闘の2タイプのみとなっています。 ジュラルドンは素早さ種族値も85族とそこそこ速いので、削れた相手であればタイプ受けで出して1発打ち込んで倒すというような動きもできるでしょう。 【ジュラルドンの特徴2】特殊アタッカーよりのステータス ジュラルドンは攻撃種族値も95と特化すれば使えなくもないですが、基本的には種族値120ある特殊アタッカー型として育てるのがメジャーです。 鋼タイプの自主退場技のてっていこうせんも覚えるため、あくびなどをうたれても相手の積みの起点にならずに大ダメージを与えて回避することができるのが優秀です。 【ジュラルドンの特徴3】ペラペラの特殊耐久 タイプ耐性が非常に高いジュラルドンですが防御種族値は115とそこそこあるものの、反面特防種族値は驚きの50族と紙耐久もいいところです。 HP70族特防50族とここだけみるとほんとに弱いポケモンなので、この欠点をいかに補うかが重要になってきます。 具体的には努力値をHD振りにしたり、とつげきチョッキをもたせたり、ひかりのかべを張るなどの対策があるでしょう。 ジュラルドンの育成論と戦い方 ジュラルドンはアタッカー型、壁貼り型、ステロ全抜きサポート型などがよく見られる型です。 【ジュラルドンの育成論】ミミッキュギャラドスを倒すアタッカージュラルドン• 特性:ライトメタル• 個体値:A抜け5V• もちもの:とつげきチョッキ・アッキのみ• わざ:がんせきふうじ・りゅうせいぐん・10まんボルト・ラスターカノン 特徴・戦い方: ミミッキュギャラドスという強力なポケモンを対面から処理するためのジュラルドンです。 ギャラドスはシンプルに10まんボルトで確定1発、ミミッキュはがんせきふうじで素早さ逆転してからのラスターカノンで落としていきましょう。 物理耐久最大化しているため、特殊耐久はとつげきチョッキで最低限確保するにとどまっているため、物理アタッカーの特殊サブウェポンくらいしかまともに受けられないので特殊アタッカー相手には極力出さないようにしましょう。 (命の珠トゲキッスのダイフェアリーで93. ) 性格・個体値・努力値: S228は最速ギャラドス抜き調整です。 準速ミミッキュまで抜く場合はS244ですがどうせ化けの皮がありますし、ダメージの入らない1手目はがんせきふうじから入るのでそこまでは不要かと思います。 (下図素早さ計算参照) C68はちょうど耐久無振りギャラドスが10まんボルトで確定1発になるラインです。 H68B140D4は残りの努力値をミミッキュ・ギャラドスなど物理アタッカー相手に殴り合う前提の物理耐久最大化調整です。 (下図耐久計算参照) ジュラルドンの場合奇数調整にする意味はないので2nでOKです。 もちもの: 特殊アタッカー相手にも最低限1発受けて切り返すためにとつげきチョッキをもたせるのが選出できる範囲が広がっておすすめですが、別途HDバンギラス・カビゴンのような特殊受けポケモンを用意する場合は不要なので別のもちものでいいでしょう。 中盤〜終盤のダイマックス対面でHPを多く残して有利に立ち回っていきたい場合はアッキのみでBを上げていくのもおすすめです。 ダイスチルと合わせて1ターンで攻撃しながら実質B2段階上昇ができます。 ランクバトルにおいてミミッキュの採用率・選出率が異常なのでミミッキュのためだけに採用する価値は十分にあります。 ミミッキュではなくトゲキッスを見たい場合は特殊耐久指数を最大化する努力値振りにしてバークアウトに変えるのもおすすめです。 最速ギャラドスを抜いているので当然最速トゲキッスも抜けます。 ついでにトゲキッスにも有効打点になります。 ただ、今後ギャラドス以外に草弱点・悪弱点のポケモンが増えた場合はソーラービームやあくのはどうの採用もありでしょう。 特に役割対象ではないポケモン対面でも痛手を負わせることができます。 自主退場ができず特攻が2段階下がってしまうため起点にされやすくなるので、てっていこうせんにするのもありでしょう。 チョッキジュラルドンを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 ジュラルドンの対策 特殊地面・格闘を打てるポケモンはジュラルドンに非常に強いです。 と言ってもぱっと思い浮かばないように、まずいません。 環境で見かけるのは• ガマゲロゲ(だいちのちから)• ルカリオ(はどうだん・きあいだま)• ゲンガー(きあいだま) くらいでしょう。 なので、一般的には• サザンドラ• トゲキッス(ややリスキー)• ギルガルド• ヒートロトム といった特殊高火力アタッカーや• ドリュウズ• カビゴン といった物理型でも比較的有利なポケモンで対処するのがおすすめです。 また、アタッカージュラルドンだけでなく初手壁貼りジュラルドンや初手ステロジュラルドンも多いので、ドラパルトなど特性すりぬけもちやかわらわり持ちを選出したり、ステロが痛いリザードンなどの炎タイプは初手出しできる場合だけ選出するなどの立ち回りがおすすめです。 まとめ:【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と対策【優秀なタイプ受け特殊龍!キバナの相棒】 いかがでしたでしょうか。 非常に優秀な複合タイプと弱点特殊を打てるポケモンが異常に少ないものの、そもそもの特殊耐久が紙なので特殊アタッカーには注意していきたいポケモンです。 剣盾初登場なのでまだまだ開拓できそうなジュラルドン、まだ使ったことがない人は育ててみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と対策

ジュラルドン育成

こんにちわ。 臆病ジュラルドンです。 まず、「机上論最強伝説」とは何かざっくり説明しますね。 ざっくり言うと... 机上論では最強だけど、使うときっと弱い そんなを紹介する企画です。 そしてその記念すべき1回目は私、臆病ジュラルドンです。 まあこんな感じです。 それじゃあ早速紹介していきますね。 ジュラルドン 臆病@ ラスターカノン 竜の波動 10万ボルト 岩石封じ :70- 95-115-120-50- 85 分配:H:220 C:156 S:132 実数値:173-103-135-160-70-134 【個体説明】 役割対象:、ドラパルト、 これからさらに増えるであろうミミドラパの並びに強く出れる個体。 10個の技を半減にできるタイプ特性とBの高さ、そして最速抜きまで見込めるSラインに目を付け、低いDをで補うこととした。 【分配について】 H CSを振り終わった余り。 BDに振り分けようと思ったが、特にこれといって目指 したい耐久ラインが見つからなかった。 (いい振り分けあったら教えて... ) S 準速抜き調整。 最速にしなかった理由として、火力と耐久に少しでも分配したかったのもあるが、最速の火力では、確定1発で落とせる技が無いと判断したため。 ミミドラパの並びには岩石封じから入るなどの対策がある。 【与ダメについて】 ラスターカノン H4に乱数1発(43. 竜の波動 H252ドラパルトに確定2発。 H4ドラパルトに乱数1( 93. 10万ボルト H252に乱数1発(37. 【使用感いいところ編】 ・環境にミミドラパが多いため、積極的に繰り出すことができ、PTの補完として十分な働きをする印象。 ・岩石封じによる後攻サポートも優秀。 ・不意に飛んでくるダイナックルが怖い場面があったが、不一致程度なら余裕で耐久出来た。 ・に対して圧倒的な強さ。 【使用感いまいちなところ】 ・環境にいる耐久(、など)に対しては火力不足。 ・技範囲が狭い。 鋼タイプのに対してできることが少ない。 (大文字欲しい) 【まとめ】 はい。 以上で私の紹介は終わりです。 主のパー(?構築)でもかなり選出率が高く、そろそろ有給を取りたいと思っています。 是非、皆様も私を育成してみてください。 主コメ:机上論最強などとレッテルを張ってしまいましたが、かなり強く、ネタじゃなくなっているのがこの最大の欠点です。 次回は地雷を紹介したいです。 育成論初投稿なので、拙い部分があったらごめんなさい zayasu383.

次の

【ジュラルドン】入手方法・育成論・技弱点対策【ポケモンソードシールド初心者攻略Wiki】|ゲームなう!

ジュラルドン育成

2〜78. 1% 確定2発 ・ 特化のじしん 75. 4〜90. 0% 確定2発 ・ 特化ドラパルトの 62. 2〜74. 1% 確定2発 ・ 特化の珠じゃれつく 49. 6〜60. 2% 乱数2発(99. 1〜88. 0% 確定2発 ・ 特化のオーバーヒート66. 2〜78. 1% 確定2発 ・ 特化のオーバーヒート 67. 5〜80. 1% 確定2発 弱点が じめん・ かくとうのみなので優秀な耐性を持っています これらのタイプの技の多くは 物理技なので特殊技の多くは等倍以下で飛んでくるので耐えることが出来ます 弱点技に関しても上記の通り、 不一致じしん程度なら耐えることができるので返しの一撃を喰らわせたり、上から2発殴れる機会も多いです ・ 技構成 特殊 はがね技候補としてラスターカノンの他には新技である てっていこうせんがありますが、耐久も意識しているこの型とは合わないと考え採用していません ラスターカノンの火力も低い訳ではなく 火力目安 ・ 無振り 87. 6〜103. 0% 乱数1発(18. 7〜76. 2% 確定2発 ・ 無振り 84. 8〜100. 8% 乱数1発(6. 5〜54. 4% 乱数2発(49. 6〜90. 1% 確定2発 と充分な火力が期待できます 特に特殊フェアリー相手の場合はこちらは相手からのダメージも全然くらわないので比較的 安定して後投げ出来ます はドラゴンタイプと殴り合う際や、単純にこのの 最高火力となるので等倍で殴る際にも使えます 火力目安 ・ 無振りドラパルト 144. 7〜170. 5% 確定1発 ・ 無振り 122. 1〜143. 7% 確定1発 ・ 無振りウオノラゴン 135. 7〜161. 2% 確定1発 ・ H振りFC 56. 0〜66. 8% 確定2発 ・ H振り 32. 5〜38. 5% 乱数3発(98. 8〜67. 5% 確定2発 仮想敵であるドラゴンタイプと環境にいるで対面した際にを撃つことになりそうな相手を数匹選びました ドラパルトに対しては HD特化してチョッキを持たせても高乱1なので少しでも削れているドラパルトならどんな型でも一撃で倒せるくらいの火力はあります は主に を意識した採用になります 他にももちろん水タイプに刺さったり、などに撃つ機会も多いです ックス技として使えば によりあくびループ対策になったりと今作の でんき技は優秀なイメージがあります 火力目安 ・ 無振り 102. 9〜121. 6% 確定1発 ・ 無振り 65. 3〜77. 1% 確定2発 ・ H振りアーマーガア 48. 7〜57. 5% 乱数2発(92. 0〜49. 6% 確定3発 主に撃つ相手はこの辺りになると思います 受け回しのPTにいるアーマーガアやにも刺さるので ある程度の役割破壊は期待できます 自身のタイプに はがねがあるのでどくにならないという点もを相手にする際は有利に立ち回れそうです がんせきふうじはダメージ意識というよりは すばやさ調整&襷潰しに使うのでダメージは期待できません しかし、すばやさ操作に関しては優秀なのでおくびょうというこうげき下降補正の性格でも採用する価値は十分にあると考えます 注意しなければならないのは、 ドラパルトに対してがんせきふうじから入るのはによってすばやさ下降が無効にされる可能性があるので危険です に対してはがんせきふうじから入るのが正解だと思います ・ 無振り 62. 7〜75.

次の