ごち めし アプリ。 ごちめし pc ダウンロード

‎「ごちめし」をApp Storeで

ごち めし アプリ

例えば、ごちそうしたいメニュー1,100円(消費税込み)に対して、手数料が10%かかります。 110円が手数料となるので、合計1,210円の支払いが発生します。 支払額としては、それが総額になります。 送る相手やお店にはかかってきません。 有効期限はごちめしが 注文されてから6ヶ月以内となります。 それ以降は使用することができません。 あと、 有効期限内にお店が閉店などしてしまっても、支払額は戻ってきませんのでご了承下さい。 お店に先払いする仕組みなので、このリスクを受け入れられないと、このサービスを利用することは向かないのかもしれません。 ごちめしの参加店舗はどこ ごちめしの登録店は、連携しているさきめしというサイトと一緒になります。 飲食店の他にも他の業種など幅広く拡大されています。 ごちめしの口コミや評判は 話題のごちめしですが、新型コロナウイルスの今だからこそ活用しようという動きが強くなっていますね。 登録店も増えてきているので活用してみるのも良いかも。 お気に入りのお店を先払いシステムで助ける 『ごちめし』という動きがあるとの事で参入。 ルパン三世をコンセプトにした尼崎にあるBAR245 フジコ。 お気に入りのお店があるけど… なにかしたいけど何すれば助けられるかもわからなかった。 でも、支援の方法が出てきたら支援させていただきますよ。 — 松浦義英 先天性肢体不自由脳性麻痺二級手帳当事者 21年度の社福試験で絶対受かる! Uf3Zym9ZoJfDT9H カフェコレクションさんの鶏皮バターライス! お店に行ったら、フォロワーの方に奢られてしまった。 何が起こったのか僕はいまいち理解してませんが、ごちめしってアプリの仕様らしいです。 ただでもらって帰るのは申し訳なかったのでチーズケーキも買って帰りました。 大好きなお店存続させましょ!! 登録されたら払ってこよー。 多分六ヶ月以内にゃ行くの無理だろうけど。 それでもええねん。 — 壁打ちのなかた nyakatasan まとめ 誰かに食事を送るっていうのはちょっと面白いサービスですね。 普通にお金を渡すとちょっとリアルすぎますが、ネット上でスマートな対応をすることで感謝も伝えやすくなるかなって思います。 新型コロナウイルスで食事を食べに行くことさえ難しい中で、このサービスを利用して誰かに送るっていう使い方は非常に良いですね。 参加店がもっと増えれば、活用しやすくなると思います。

次の

さきめしアプリって何かと使い方は?飲食店など対応業種/有効期限/使用方法/参加店舗についても

ごち めし アプリ

・はじめに どうも、マサユキです。 肩書きは特にない、建築系会社員のおっちゃんです。 前回に引き続き、コロナ騒動でピンチを迎えている飲食店さんを応援しているのですが、この度ちょっと面白そうなものを発見しました。 皆様は「ごちめし」というアプリをご存じでしょうか? 一言でいうと、遠隔で人さまにお食事をご馳走するアプリです。 いやいや、需要あるの?と思われた方も多いかと思います。 断言しますが、あるんです。 そして今の危機的状況に光を当て、未来への道筋を作ってくれる可能性を感じています。 順を追って説明していきたいと思いますので、よろしければお付き合いください。 ・まずは「ごちめし」の基本システム とりあえずアプリへのリンクを張りますが、まだ飛ばないでください。 飛びませんでしたね? ボクも結構真剣なのでハッキリいいますが、このアプリのHPでの説明は絶望的に分かりにくいです。 動画は妙に数が多いし、やたらオシャレな作りですぐ分岐するし、質問コーナーでは頭痛が始まります。 多分作った人が天才で真面目すぎるせいじゃないかと予想してます。 イヤミではなく、本当に。 「ごち」がゲシュタルト崩壊を起こしてるFAQ検索数206て。 最高に素敵なアプリであるにも関わらず、拡散の勢いがいまひとつなのはこの辺りが原因なのかもしれません。 (2020年4月25日現在は、だいぶ改善しました!) 少し話が逸れましたが、ごちめしの基本システムを解説します。 大きく分けると使い方は2通りです。 自分の都合で6ヶ月以内に食べに行く。 そこで既に支払済みの商品があれば表示されているので、食べに行く。 ごち! こんな感じです。 食事を「ギフト」として考えているので、手数料は贈る人もちです。 どんなメリットがあるっていうの? 仮定として、日本中全てのお店と人がアプリに登録しているとして読んでみると分かり易いかもしれません。 実は飲物やチャージ料金はもちろん、食事以外のサービスにも使えます。 「一回このメニュー食べてみな?」的な使い方も可能です。 宴会の席で欠席してる上司が特上鉢盛差し入れてくれたりとか。 食事券販売とは違って食事の利用も早めに伴い、入金処理もスピーディとのこと。 特筆すべきは「応援シロ」ですね。 友人や恩人がやっていたり自分がファンになってる大好きな飲食店、それをどんなに応援したくても一人で食べられる量は知れています。 連れていける後輩の数にも、自分の時間にだって限りがある。 それが、ごちめしを使えば支援ができる。 誰も不幸にならないどころか、より笑顔を増やすカタチで。 これは最高に素敵なことだと思います。 アプリが一般的になれば、経済的に困っている方々の助けにもなるでしょう。 どんな世の中の状況でも、無料で食べられる、というのはお店にとって大きな効果のある宣伝になります。 「ドヤれるネタ」というものには非常に価値が出てきました。 ある意味での財産です。 お店を支援したり、友人や知らない人にギフトとしての食事を贈るのはとてもいいネタになります。 もちろんアプリを通じてお礼の言葉も貰えるみたいです。 スクショしましょう。 さらによく考えてみると、受け取った側にとってもネタになりますよね。 お店側も引用できます。 贈った人は、ますますドヤれます。 贈った人はお店と相手に「いつもありがとう」を形にして伝えています。 お店は贈った人に「ありがとう」の感情を持ち、食べに来てくれた相手にも「ありがとう」と言うでしょう。 相手の人はご馳走してくれた贈り人と、美味しい食事を提供してくれたお店の両方に「ありがとう」と言いたくなります。 まさかの、オールありがとうなんですね。 仕組みを考えると、高い確率でこうなると思います。 こんな幸せなビジネスモデルありますか? 以上4点のメリットは、飲食店がもともと備えていたものではありますが、このアプリが介在することによってその価値を最大限に引き出していると言えます。 アプリ側も以下のような企画をプッシュされています。 贈り先を「自分」に設定することで、簡易的に6ヶ月期限のお食事券として利用し支援しよう!ということですね。 特設ページではアプリ登録者以外でも販売ページへリンクするURLを使ってご馳走ができるようになっています。 通常の食事券のように割引は無く、むしろ余分に払っているのが少し不満な気もしますが、よく考えてみると「支援したい相手から値引きをしてもらうってどうなん?」という言い分もあるので、より強く支援したい人の選択肢としては良いと思います。 ただ、ボクがもしお店の人であれば、その人が来てくれた時には絶対に値段以上のサービスをしますね。 そしてそれ以上にコロナ支援の意味合いが強いのは、知らない人へのご馳走です。 これを使うと、支援できる金額には実質上限がありません。 更に素敵なのは「実践的」だということで、最高の宣伝により早めの来店が見込めるのでお店同様にダメージを受けている仕入業者さんとしても助かります。 御飯代に困っている人も助かります。 利用する立場で考えたら多分ピークの時間帯は避けそうなので、感染リスクも少し抑えられるかもしれません。 大好きな飲食店を応援したい!と考えると非常に有効なアプリだと思います。 だからこそ今、広げなきゃ 先に挙げたメリットを最大限に発揮するためには、より多くの人とお店に登録していただく必要があります。 正直今、全然足りていません。 このアプリが引き出した飲食店の「新しい価値」が脚光を浴びるのは、むしろコロナ騒動が終息した後の厳しい時代ではないかと考えています。 新しい価値を見出さないまま耐えるに耐えて、ただただ疲弊した状態で大きな不況の波が来てしまった時、その波に飲み込まれてしまうお店が後を絶たない、という状況が現実に来てしまうかもしれません。 そんなのは、絶対に嫌だ。 幸いにして、今の状況にバッチリ適合しているアプリでもあります。 これをチャンスと捉え、急いで拡散する必要性を感じています。 おわりに 不況を迎えた、いつかくるかもしれない日本で。 職を失い、道を模索し、疲れ果てた男が 妻から送られてきたアプリの内容に首を傾げながら、暖簾をくぐる。 「いらっしゃい!」 『あの・・・これ』 「あい、しょうが焼き定食一丁!」 『あ、すいません、お代は?』 「もう頂いてますよ!」 『え?誰から?』 「さあ?」 手早く出てくるお膳。 惣菜パンで済ませる筈だったお昼。 温かい味噌汁、甘辛いタレ、柔らかい御飯が体に染みる。 かきこんだ。 ナプキンで口元と、目元を拭った。 『ごちそうさま』 「ありがとうございました!」 少し笑った男の背中は、しゃん、と伸びていた。 こんなCM、どうですか?笑 ありがとうございました!.

次の

アプリユーザー以外も利用できる「ごちボタン」と東/西日本の店舗にさきめしを入れられる特設ページをリリース より手厚い飲食店支援へ|【西日本新聞ニュース】

ごち めし アプリ

当社の展開するスマホアプリ「ごちめし」は、アプリを通じてたとえ遠方でもお食事をご馳走することができるサービス。 本アプリを活用した社会貢献として、第三者からの「ごち」により、飲食店にこどもが来店した際に無料で食事を食べることができる「こども食堂化」プロジェクトを進めています。 このプロジェクトでは、既存の飲食店の協力を得て店内で調理から提供まで完結させることで、専用の場所・設備や人手を必要としないこと、飲食店のオープン日はいつでも利用できること、ボランタリーではなく誰かが「ごちそう」という形であらかじめ寄付することで資金面の問題をクリアできる、という強みがあります。 みやき町では、2019年8月16日 金 に公益財団法人「佐賀未来創造基金」ともに連携協定を結び、プロジェクトの本格始動に向けて準備を進めてまいりました。 今回の取り組みには、みやき町内6店舗の飲食店にご参加いただきました。 こどもたちは登録店舗に行くと、600円のこども食堂用メニューを無料で食べられる仕組みとなっています。 アプリ上からの寄付のほか、各店舗に設置してある募金箱「ごちBOX」へ直接寄付していただくこともできます。 メニューの残数やお子さまからのメッセージなど、アプリ上で確認できます。 今後は、みやき町と佐賀未来創造基金と協力し、加盟店舗数拡大および佐賀県内の自治体での導入拡大を図るとともに、 「みやき町こども食堂応援隊 仮称 」などを通じてこども食堂への寄付拡大を図り、、お子さまの健やかな未来づくりに寄与して参ります。 弊社では、同様のスキームを応用し、全国の自治体や店舗での導入を目指します。 近年、全国規模で普及してきた「こども食堂」ですが、その多くが賞味期限間近の食品の提供や食品ロス対策などであり、真の意味での「子育て支援」ではないのではないかと、常々感じておりました。 「子どもたちが本当に食べたいものを、食べたい時に食べることができる」、また「善意を気軽に届けることができる」、いわゆる「あたたかい心のキャッチボール」的な「こども食堂」が、この「ごちめし」で実現できることを大変喜ばしく存じます。 子どもの「隠れ貧困」が全国的に叫ばれている中、本当の意味での「子育て・子育ち」を実現するために、ここみやき町から「ごちめし・こども食堂」が全国的に広まり、たくさんの善意が子どもたちのお腹も心も満たしてくれ、子どもたちの健やか成長につながることを願っています。 様々な思いやりを手軽に「ごちる」という形に変え、人から人へ「ありがとう」「がんばっているね」「応援しているよ」などの気持ちを届けることができます。

次の