世界 に 一 つ だけ の 花 歌詞。 今更ですが。。。”世界で一つだけの花”の歌詞を教えて下さい!!!

SMAP「世界に一つだけの花」の歌詞を分析!知られざる大ヒットの裏側とは!?

世界 に 一 つ だけ の 花 歌詞

当時の小泉政権の掲げた聖域なき構造改革は日本式の年功序列社会を衰退させ、アメリカ式の競争社会・格差社会を加速させたが、この流れは多くの国民にとって精神的に大きな重圧となっていた からだと言われています。 つまり、 食うか食われるか社会の中で 大変な息苦しさを感じていた わけです。 そしてまさにその心が衰弱しているタイミングで、 ナンバーワンにならなくても良い もともと特別なオンリーワン というフレーズが飛び込んできたために 大ヒットしたということです。 反論 ところがこれに対して、 「おいおい舐めてんのか」 という人たちが多数いました。 ナンバーワンにならなくても良いとか 温いこと言ってたら、努力をしないことを 正当化させてしまう。 その結果として、当然個人個人の成長の鈍化、 ひいてはパフォーマンスの低下に繋がる。 さらにその結果どうなるかと言えば、 個人としては リストラされて職を失う 国としては 弱体化する となり、かなり具合の悪いことになるという考えからです。 ここでもっとも具合が悪いのは、 当時(現在もですが)の スーパーアイドルである SMAPがこの歌を歌っていることです。 SMAPというグループが日本社会に 与える影響力はとてつもなく大きいために、 彼らの出す歌の影響力も非常に大きいのです。 もし世界に一つだけの花を SMAP以外のミュージシャンが歌っていたら、 それほどまでに社会現象になっていないでしょう。 もちろん社会情勢を捉えていたので ある程度は売れたとは思いますが。 ですから、良くも悪くも社会に すさまじい影響を与えるということは、 仮にそれが悪い影響を与える歌であるとしたら その悪影響も甚大になってくるということです。 つまりスーパーアイドルSMAPが ナンバーワンにならなくても良い もともと特別なオンリーワン なんて歌ってしまったために、 良し悪しはともかく世の中に多大な影響を与え、 それを日本全体を弱体化させることに 貢献したと考える人たちが問題提起したわけですね。 Sponsored Link 作者が歌に込めたオンリーワンの意味とは それに対して、作詞作曲を手掛けた 槇原敬之さんはこのように弁明しました。 『自分に植えられている種を真剣に見つめて、きちんと水をやろう。 そうすればその種が相手にもあることに気付くはず。 競う相手は他人ではなく自分自身だ』 つまり、別に努力を否定してるわけではないのです。 努力することは尊いが、 人と比較するのではなく、 純粋に過去の自分との比較の中で 自分自身の持ち味を磨き上げていき、 自分らしい輝きを放てるようになろう ということです。 これに対して個人的な意見を言わせてもらうと、 まあ努力を否定するなんていうのは かなり極端ですが、それにしたって ナンバーワンにならなくても良い もともと特別なオンリーワン という言葉からはなかなか上のような意図は伝わってきません。 ナンバーワンになる必要なんてないんだ オンリーワンで良いんだから 努力なんてやめれば良い という受け取られ方をされても無理はないと思います。 確かに、サビの部分では そうさ 僕らは世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になればいい と言っていて、「一生懸命になる」 ことの必要性を主張していますから 槇原敬之さんが努力の重要性を 否定していることは絶対にないでしょう。 しかしながらこの歌はいきなり ナンバーワンにならなくても良い もともと特別なオンリーワン からスタートします。 しかもメディアもこのフレーズを強調したので、 こちらのフレーズの方がサビよりも むしろインパクトが強くなってしまいました。 というより、もともとこの歌の中で 最大のインパクトを誇るのはこのフレーズなのです。 特に、病む一歩手前の人達の 耳に入ったら一発で突き刺さります。 メディアは間違いなくそれを目論んでいたでしょうが、 個人的には槇原さんも見込みを立てていたとは思います。 歌というのは、売れて初めて 世間に知られることになります。 たとえSMAPの歌であっても、 大ブレークするのかそれともしないのか では全然世間への広がり方が違います。 そういう意味では、 歌詞の一番初めに 当時の社会情勢や人間心理をみた上で もっともインパクトのあるフレーズを持ってくるのは当然 と考えられます。 確かにこの歌の場合は大きな誤解を招き兼ねない フレーズであったということで、 その辺りは微妙なところではありますが、 その後の歌詞をしっかり読めば槇原さんの意図は伝わります。 この歌が社会に与えた影響は良かったのか ただ、心が依存的なタイプの人達だと すでに先頭のフレーズで 自己洗脳が完了してしまうので、 後の言葉は頭に入ってきません。 この場合は、もちろん オンリーワンという言葉を ただの言い訳や逃げ道に利用するタイプ になってしまいます。 もちろんその一方で、 実際に頑張り過ぎていた人たちが 気持ち的に余裕を持てるようになって 精神のバランスが取れ、 パフォーマンスと能力の向上も図れた ということもあるでしょう。 ですから、社会に対しても 一概に悪影響を及ぼしたとは言えません。 少なくとも精神的な豊かさの育みという観点では 良い影響を与えたのではないかと私は思っています。 Sponsored Link• 私は この歌を高く評価しています それは私自身が間違った知性を 教えているアニメソングに 洗脳されて人生を誤ってしまった 過去があるからです。 その歌では『トップをねらえ!』と 教えていました。 でも実社会で 一番を目指すことは 裏をかえせば 『自分さえよければそれでいい!』 と言うことになるのです。 そんな人間は上から突き落とされ 下から引き釣りおろされます。 真逆の結果となるのです。 正しくは『世のため人のため』に 活きることによって自然に地位が 向上していくのが望ましいのです。 そして そうゆう方々は皆さん 実際に『特別なオンリーワン』と なっていらっしゃいます。 『みのほどをしれ うえをみるな』 徳川家康 東照宮遺訓より カテゴリー• カテゴリー•

次の

今更ですが。。。”世界で一つだけの花”の歌詞を教えて下さい!!!

世界 に 一 つ だけ の 花 歌詞

お釈迦様は、この世にお生まれになった時にその場で7歩歩いて、右手で天を指さし、左手で地上を指さして「天上天下唯我独尊」とおっしゃったと伝えられています。 この話が真実であるかは別として、お釈迦様の大切な教えをインパクトのある例え話として世間に伝えたいという意思がしっかり伝わってきます。 今回は、お釈迦様の大切な教え「唯我独尊」について考えてみます。 スポンサーリンク 「天上天下唯我独尊」の意味すること 唯我独尊というと、「この世の中で自分が一番偉いんだ」みたいに読めますが本当の意味はそうではありません。 まず、「天上」は時の長さ、「天下」は広がりを表しています。 「我」はお釈迦様のことではなく、ひとりひとりの人間を指しています。 「独尊」とはひとつの尊い使命をもつ命であるという事です。 つまり、その意味は、 いついかなる時代、どんな場所に生れても一人の一人の人間は尊い使命をもっている尊い命であるという事です。 なんとありがたい言葉でしょう。 「一人の人間は、太古の昔から現在、未来永劫に渡ってオンリーワンの使命を持った尊い命である」とお釈迦様は生まれて開口一番におっしゃったわけです。 (逸話) 世界に一つだけの花は「唯我独尊」そのものだった! 唯我独尊で一つのJPOPの名曲を思い出します。 それはあの国民的アイドルであるSMAPの名曲「世界に一つだけの花」です。 「世界に一つだけの花」は、SMAPの曲の中では異色の曲ですが、300万枚突破のSMAP最大の国民的ヒット曲になりました。 異色であるこの曲がこれほどまでに売れたのは、その歌詞が1人1人の個人の尊厳を歌っているオンリーワンの曲だからです。 その歌詞の内容は、お釈迦様が伝えたかった「唯我独尊」の思想まさにそのものなのです。 ここで歌詞に一部を抜粋して見ましょう。 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせことだけに 一生懸命になればいい 小さな花や大きい花 一つとして同じものはないから NO1にならくてもいい もともと特別なOnly one どうですか? どう解釈してみても「唯我独尊」ですよね。 作詞、作曲の槇原敬之さんが作詞の時に仏教を意識したかどうかは分かりませんが、仏教に造詣が深いのは想像がつきます。 もし、まるっきり仏教を意識していないで作詞したのなら、それはもうブッダ以来の天才の登場といっても過言ではないでしょう。 それほどにこの「世界に一つだけの花」といいう曲は完璧です。 おそらく私だけなく多くの人がこの歌に救われているはずです。 スポンサーリンク 最後にひとこと 私たちは一人一人は、かけがえのない命であり、それぞれがオリジナルの個性とその使命を持っています。 「世界に一つだけの花」の歌詞にあるように、 他人と比べる必要もないないし、ナンバーワンになる必要もありません。 あなたはあなたのままでいいのです。 あなたは、自分の個性を生かして自分の好きなこと、やりたいことを一生懸命に追及していけばいいのです。 それが、まさにお釈迦様の望みなのですから。

次の

世界に一つだけの花の歌詞はこんな意味の歌だった?

世界 に 一 つ だけ の 花 歌詞

世界に一つだけの花は 歌詞にこんな意味が含まれている? 世間では SMAP解散のニュースが 今でも話題を集めていますね。 そしてSMAPの解散ニュースと同時に 代表すべきヒット曲である 世界に一つだけの花 も注目を再び集めてます。 下の動画はカバー曲です ちなみに 世界に一つだけの花の歌詞は 下記のサイトにて全体が載っています。 世界に一つだけの花の歌詞は否定的な意見も? そんな世界に一つだけの花ですが、 とても有名な曲だけあってか 歌詞について否定的な意見も出ています。 そして歌詞について 否定的な意見としましては、 ・「競争社会から脱線している」 ・「努力をしないことを正当化している歌詞だ」 ・「ナンバーワンよりオンリーワンと逃げ道を作ってる」 といった意見が出ています。 確かに、 世界に一つだけの花が発表されたときは ゆとり教育が問題になってた時期と重なりますし、 実際に 「手をつない一緒にゴールする徒競争」 といったものも出ていることから 世界に一つだけの花の影響も あるのかなと思う部分もあります。 スポンサードリンク 世界に一つだけの花の歌詞の意味は実際のところ? ですが実際のところ 世界に一つだけの花の歌詞で 肯定的な意見としては ・「No. 1ばかりに目を向けずに 自分の個性を大事にしていくべき」 ・「競争することを目的とせずに 自分をより良くする事を目標に頑張ろう」 ・「他人と比較するのではなく過去の自分と比較したうえで 自分自身の個性を磨いていくべき」 といった意見が目立ちます。 確かにこれについては 私も納得がいくと感じます。 花というのは 「才能が開花した」 というたとえでも使われているように、 個性や才能と言ったものを あらわす言葉になっていると思います。 世界に一つだけの花の歌詞の意味まとめ 世界に一つだけの花の歌詞の意味は以上です。 ですので、 この社会の中で 自分のオンリーワンを見つけるためにも 頑張っていかないといけないですね。

次の