結婚 式 費用。 【第1回】《結婚式費用の基本!》結婚式の相場や内訳・支払い時期まで紹介*

2人だけで結婚式をする費用やメリット、流れまとめ

結婚 式 費用

もちろん、みんながこの金額を支払っているわけではなく、金額も必要なものも人それぞれ。 あくまでも結婚のお金を考える際の一つの目安として考えてください。 結婚式の費用 平均354万9000円 こちらは挙式+披露宴の平均総額。 中でも大きなシェアを占めるのは披露宴の飲食代で、 s 招待する人数に比例して金額は変わります e。 他に挙式料や衣裳代、演出、会場装飾、ギフト代などが含まれています。 ちなみに s 結納を行う場合の「結納式と会食」にかかる費用は平均23万1000円 e。 s 「顔合わせ食事会(婚約食事会)」だと平均6万7000円 e という結果が出ています。 新婚旅行費用 ふたり分で平均61万4000円 新婚旅行(ハネムーン)を計画している人はこちらの費用も必要。 上の平均額に含まれているのは旅費(宿泊費含む)のみで、滞在費やお土産代などは別途必要です。 その他にも、 s 二次会費用やお礼・お返しの費用、新生活費用(新居に関わる初期費用・家具・家電代) e など、結婚にまつわるお金は多岐にわたります。 もちろんすべてがマスト項目というわけではありません。 ふたりの状況や予算に合わせて必要なものを見極めましょう。 ただし予算に余裕がない場合、ハネムーンだったら時期をずらしたり、新生活用品は当面必要な家具や家電だけそろえて少しずつ買い足していったりと、柔軟に対応できる部分でもあります。 ふたりでよく相談しながら上手にやりくりしましょう。 親族/6万7000円• 上司/3万9000円• 恩師/3万7000円• 受け取った平均額はふたり合わせて187万8000円 e という調査結果が出ています。 援助の有無はふたりや親の考え方や親の経済状態にもよりますが、見込めそうな人はありがたく受け取って、有意義に使わせてもらいましょう。 s 自治体や、職場が加入している健康保険組合などからもらえる e ケースもあります。 いずれも手続きに必要な書類を確認し、もらい忘れがないように。 結婚式をはじめ、結婚には結構な費用がかかるものだけど、ふたりのお財布から出ていくお金ばかりではありません。 結婚式ではご祝儀がいただけるほか、親からの援助金といったもらえるお金もあるので安心してください。 s 【結婚式の総額-もらえるお金(ご祝儀や親援助など)=ふたりが負担するお金】 e と覚えておきましょう。 ふたりの貯蓄だけでは心もとないという場合は、大きな支払いの前に受け取ることができるよう、親に打診してみるといいかもしれません。

次の

【第1回】《結婚式費用の基本!》結婚式の相場や内訳・支払い時期まで紹介*

結婚 式 費用

援助がない場合の対処法 両親からの援助がない場合、自分たちだけでどうするかが問題です。 対策としては以下のことが挙げられます! 計画的に貯蓄や節約に励む! やりたい結婚式の形は変えずに進めたいならば、結婚式費用の確保は絶対です。 入籍前・結婚式前から同居するなどして 家賃や生活費を節約したり、お互いに目標を決めて コツコツ貯金をするなど準備を進めていきましょう。 結婚式のプランや内容を見直す! 結婚式準備が進むとどんどん見積もり費用も上がりがちですが、そこに待ったをかけることを忘れずに! 会場費、演出費、衣装代、ヘアメイク代、お料理のランクなど、1つひとつ見直していくと、変更することで費用がグッと下がることも十分にあります。 自己負担で大丈夫と思える額まで、 徹底的に見直していくことも対処法のひとつです。 ブライダルローンを利用する! 結婚式費用をまとまって借りられる ブライダルローン。 負担費用に貯蓄額が届かなかったり、予想よりも両親からの援助金がもらえなかった場合など、さまざまなケースで利用されています。 同じ自己負担でも、一度に大きな額のお金を支払うのではなく、コツコツ返金できるのもメリットです。 ただ金利が大変など「ローン」であることには変わりないので、しっかりと精査することが大切です! また、お住みの自治体によっては結婚祝い金が出るところや、家賃補助が出るところなどもあるようですので、そうした制度がないか調べてみるのも良いでしょう。 援助についての確認方法と時期 結婚式を検討し始める時期やカップルそれぞれにも異なりますが、基本的な確認時期としては、• 結婚の報告・結婚挨拶の時• 結納・家族顔合わせの食事会の時• 式場見学で見積もりをもらった後 などが一般的です。 結婚や結婚式の話が具体的になったタイミングで切り出すのがベター。 言い出しにくいから…と後回しにしてしまうのはNG! きちんとしかるべきタイミングを見極めてお願いするのは大切なこと。 確認方法としては、できるだけ 自分たちと両親が顔を揃える場を設けて誠心誠意お願いするとよいでしょう。 電話やメールで済ませようとせず、こんな結婚式をしたいと思っているなど、具体的な話をすると両親もおふたりの結婚式の形を少しでも思い描けるはず! 援助の認識が両家異なっていた場合はどうする? 結婚式は両家の習わし、価値観、経済事情などの影響を強く受けるので、援助に関する認識もさまざま。 認識のズレをつくらないためにも、自分たちで事前によく確認しておき、意見を合わせておくことはとっても大事! それぞれのゲストの人数、遠方から来てくれるゲストの交通費や宿泊費の負担をどうするか、お色直しについて(和装や回数によって、費用がグンと高くなる可能性が高いので)、新居、ハネムーンについても総合的に話をすることが大切。 そして、 みんなが納得できるパターンを選択できるようにしましょう。 結婚式費用を両親に援助してもらうにあたっての基礎知識をご紹介しました。 事前の準備や報告と話し合いで、素敵な結婚式を実現してくださいね。

次の

挙式のみの結婚式について♡費用や流れ、メリットデメリットも♩

結婚 式 費用

結婚式には何にいくらかかる? 費用相場の平均や内訳 結婚式をした先輩カップルへのアンケートによると、結婚式にかかった 金額の総額は200万円~250万円が最も多く12. とはいえ、これはあくまで平均的な相場と思っておきましょう。 費用総額は挙式・披露宴の内容によって大きく変動するので、項目や内訳をチェックして、何にいくらかかるのかを把握して、節約できるところは抑えましょう。 また、一般的な「結婚式」の費用相場は挙式と披露宴をセットにして考えていることがほとんど。 挙式はチャペルや神社で結婚を誓うセレモニーであり、披露宴はゲストを招いて結婚報告を兼ねたお披露目パーティをさします。 挙式と披露宴を別に考えると、それぞれかかる費用が異なるため、まずは平均的な相場を知ることも大切。 そこから、挙式・披露宴がセットとなった一般的な結婚式のスタイルや、挙式のみ、披露宴(お披露目パーティ)のみなどの選択肢から自分たちに合ったスタイルをチョイスしましょう。 ちなみに、 挙式のみの平均的な金額相場は、挙式料・衣装込みで20万円~40万円前後が一般的です。 結婚式の中でも一番費用がかかるのが披露宴ですが、一般的に費用総額はゲスト人数に比例します。 また、料理のグレードや、コース料理・立食ビュッフェなどの提供スタイル、フリードリンクの飲み物の種類、会場コーディネートや装花のグレード、引き出物、ペーパーアイテムなど、何を選ぶかで金額は異なります。 具体的に何にお金がかかるのか、具体的な内訳の一例を下の図でチェックしましょう。 具体的にどんなものにお金がかかるか、その一例を下の図で見てみましょう。 「こんな項目にも費用がかかるの!? 」と、内訳を見て初めて知る項目がたくさんありますよね。 ただ、費用の内訳や見積もりには実は不要なものも多く含まれているケースがあるので、少しでも費用を抑えたい・節約したいというカップルはマイナビウエディングへ相談してみて。 プロのコンシェルジュが、費用内訳を見て余計なものを省いてくれるなど役立つアドバイスをもらえます。 また、マイナビウエディングサロン限定の安いプランも紹介してくれるので、ぜひ利用してみて。 もちろん、マイナビウエディングサロンへの相談・利用は無料です。 また、マイナビウエディング利用者限定で、豪華特典がついているブライダルフェアに行くのもオススメ。 マイナビウエディングでは、掲載中の結婚式場について招待人数別の平均的な費用総額例と、全39項目についての細かな料金の内訳を一挙公開しています。 次のパートでは金額内訳と詳細をチェックしていきましょう。 結婚式にかけられるお金のイメージはできていますか? 予算を立てるときに実は見落としがちなポイントがあるので、ここではふたりの自己負担金額について解説します。 結婚式ではゲストからのご祝儀も支払いに充てるケースがほとんどなので、「結婚式費用の総額」=「ふたりの貯金額」というわけではありません。 先輩カップルへのアンケートでも、結婚式費用の自己負担の金額は100万円以内がもっとも多いという結果になりました。 もう一つ気になる 「親援助」については、両家で分担して用意してもらうのが一般的です。 その気になる決め方は、アンケートによると、「両家で折半」が54. ケースバイケースですが、親とお金のことでもめないようにスマートな分担方法を話し合っておきましょう。 もちろん、親から結婚式費用の援助を受けたくない・親から援助を受けられないというケースもあるので、それぞれの費用分担を含めて、支払いの前に話し合って決めておきましょう。 自己負担金額とご祝儀分を合わせて予算を組むといっても、ご祝儀をもらう前(=結婚式の前)に会場に代金を支払うケースも多いので注意しましょう。 ここでは、挙式費用の支払いタイミングについて解説します。 結婚式の料金を結婚式場に支払うタイミングは主に 【会場決定時(=契約時)】と、【招待人数や内容がすべて決定したあと】の2回です。 会場によって料金の支払いタイミングは異なりますが、【結婚式前】に支払う会場がほとんど。 近年ではご祝儀払いOKの挙式会場も増えているので【結婚式当日】や【結婚式後日】の支払いでOKの場合も。 「親からの援助や貯金などの自己負担金がなくて心配」というカップルにはうれしいですね。 マイナビウエディングでは、挙式費用の「当日払い」「後払い」対応の会場を検索できるので、ぜひ会場探しに役立ててください。

次の