から たり か。 sva.wistron.com : インド北部から数十年ぶりにヒマラヤ眺望、新型コロナ対策で大気汚染改善

WindowsでUnicode文字を簡単に入力したり、Unicodeの文字コード番号を調べたりする方法:Tech TIPS

から たり か

たけのこの旬は短い たけのこが旬です。 たけのこは、生えてきたら急いで掘らないと竹になってしまいます。 生えてきたその瞬間が勝負。 なので、4月から5月末にかけてのこの時期には新鮮なたけのこが出回ります。 さらに時間勝負でもあるので、タイミングによっては思いがけずお安く手に入ったり、竹林を所有している方からいただけたりします。 今年はからこんな立派なたけのこが届きました。 太いのが4本も! 生のたけのこを貰ってもアク抜きできないから困るー、という話も聞きますが、アク抜きは簡単です。 時間はかかるけど作業自体は簡単なので、家にいることが多いこの時期、ぜひ試してみましょう。 家で一番大きな鍋を用意しよう たけのこは掘るのも時間勝負ですが、茹でるのも時間勝負です。 たけのこは収穫されてからどんどんアクが強くなっていきます。 本当に収穫されたばかりだとアク抜きも必要ないほどです。 しかし、これは前日の朝に収穫されたものなので、とにかく急いで茹でました。 産地直送だと普通に店頭で買うよりも新鮮なものが手に入ります。 【準備するもの】• 家にあるなるべく大きな鍋• 米ぬかor米のとぎ汁or米ひとつかみ(無洗米ではないもの) たけのこのアク抜きには米ぬかが必要、と聞いたことがある人もいると思います。 スーパーや八百屋で買うと米ぬかも付けてくれることが多いです。 しかし、ない時には、米のとぎ汁や普通の米で代用することもできます。 米はまわりについているぬかの部分が必要なので無洗米ではないものにしましょう。 まずは、皮を適当に剥きます。 上の方から剥いていって、少し茶色い部分が残っている皮から下を数枚残すくらいで良いでしょう。 鍋の大きさの問題もあるので、多めに剥いても良いです。 皮を多めに残しておいた方がアクがしっかり抜けるといわれています。 アクが出てきやすいようにこのように穂先を斜めに切り落とします。 こんな感じになってます。 次にこのように皮に切れ目を入れます。 そのままのサイズで鍋に入れば切らなくてもいいのですが、うちの一番大きな鍋でも入らないので2つに切ります。 茹で時間は1〜2時間、あとは一晩放置するだけ さて、たけのこの下準備が終わったら茹でます。 まずは鍋にたけのこを入れてみましょう。 うちにある一番大きな鍋でも、2本分がやっとでした。 鍋にたけのこを入れたら、しっかりかぶるところまで水を入れます。 この時は、米ぬかもとぎ汁もなかったので米を入れました。 量は適当にひとつかみ。 水の量も、たけのこから出るアクの量によってその時々で違うので、どのくらいの量が良いかは運任せです。 さて、茹でてみましょう。 火加減は最初は強火、沸騰したらフタをして弱火にします。 吹きこぼれないように注意してください。 茹で時間は1時間から2時間くらい。 たけのこの大きさとアクの強さ(土から抜いた経過時間で推測)を考えて、適当に加減します。 そう、たけのこは自然のもので、それぞれ個性も違うのできっちりした正解はないのです。 今回は、わりと太めなので、2時間くらい茹でました。 茹で上がりの目安としては、根元の太い方に竹串を刺してみてスッと入ればオッケーです。 そして、一晩放置。 一晩置いておきましょう、という表現もよくありますが、これも適当な感じです。 だいたい6〜8時間くらいだと思えば良いのじゃないでしょうか。 筆者の場合は、夜に仕込んで、翌日の朝に鍋から出しました。 こんな感じです。 残りの2本は次の日の朝から米のとぎ汁で茹でました。 研ぎはじめのなるべく濃いめのとぎ汁を使い、足りない分は水を足します。 とぎ汁で茹でられるたけのこ達。 去年の写真が見つかりました。 米ぬかで茹でています。 茹で上がりはどのやり方でも大差ないというのが個人的な感想です。 茹で上がったたけのこで「たけのこご飯」を炊いた 茹で上がったたけのこは、さっそく食べてみたい。 まずは皮を剥きましょう。 硬く茶色い皮は料理に使いませんので、剥いたら捨ててOKです。 内側の方の柔らかい皮は食べられますので、とっておきましょう。 どこまで食べられるか、というもの適当に自分の好みで。 ちょっと囓ってみて、いける、と思った部分がオッケーです。 では、このたけのこを食べてみましょう。 まずは、適当な大きさに切ります。 最初の料理は、王道のたけのこご飯です。 【材料】• 米 2合• たけのこ 中1本• 油揚げ 1枚• かつおだしの素 大さじ1(またはだし汁)• 薄口醤油 大さじ2• 塩 小さじ1 だしの素・薄口醤油・塩のかわりに麺つゆを使ってもおいしいです。 その場合は、商品に書いてある容量を参考にしましょう。 米は普通にといで、ざるにあげ、炊飯器の目盛りどおりに水(分量外)を加減します。 かつおだしの素、薄口醤油、塩を入れます。 家にあるものを使えば良いと思うので、上の分量は目安にしてください 3. たけのこと油揚げも入れて、さっくり混ぜて、普通に炊きます。 炊き上がりました。 さっくり混ぜて、 いただきます。 新鮮なたけのこは、ほっこりした食感でほのかな甘みがあって、とてもおいしいです。 この時期にしか食べられない春の味覚です。 残りのたけのこは、冷蔵庫で保存できます。 保存容器に入れて、水を張っておきましょう。 1週間くらいは食べられますが、だんだん風味が落ちていくので、なるべく早く食べた方がいいですよ。 さて、残ったたけのこ、どうやって食べましょう。 煮物、天ぷらなど、定番の和食も良いのですが、たくさんあるので普段はできないような意外な使い方もしてみましょうか。 さてさて次回は、たけのこを使っていろいろな料理をしてみますよ!.

次の

WindowsでUnicode文字を簡単に入力したり、Unicodeの文字コード番号を調べたりする方法:Tech TIPS

から たり か

禅語に親しむ  <今月の禅語> ~朝日カルチャー「禅語教室」より~ 年々歳々花相似 歳々年々人不同 (唐詩選) 年々歳々、花相い似たり 歳々年々、人同じからず 春は急ぎ来て、急ぎ去って行こうとしています。 よく巷間では「一月は行ってしまい、 二月は逃げてしまい、三月は去ってしまう」と言われるように、あわただしい時の流れを 感じるのがこの春の季節である。 早や福岡はお彼岸の内に桜の開花が気象台によって 宣言されたが、何もわざわざ気象台が開花宣言を出さなくても、そこそこの桜の開花には ばらつきがあり花を見る人の感覚に任せればいいのにと、詩情のない気象台のいらぬ お節介に腹が立つ。 この花の時節に思うことは「年々歳々、花相い似たり 歳々 年々人同じからず」の唐詩の一節だ。 わが昔のことだが、高校 入学式の時だったか校長先生の挨拶の中で、この名句を聞か されて、なぜか印象深く記憶に残っている。 その時はまだ 「毎年桜の花は同じように咲くが、ここに訪れてくる人の 顔ぶれは毎年変わる」と言うだけの解釈しかできなかったが、 この詩は劉廷芝の「白頭 (しらがあたま) を悲しむ翁に代わる」 と題するもので、栄華の移ろいやすいことを嘆いた、無常感 漂う内容の長い詩の一節だったのだ。 洛陽城東桃李花 洛陽城東 桃李の花 飛来飛去落誰家 飛び来たり飛び去って誰が家に落つる 洛陽女児好顔色 洛陽の女児 顔色好し 行逢落花長歎息 行くゆく落花に逢うて長歎息す 今年花落顔色改 今年花落ちて顔色改まり 明年花開復誰在 明年花開くも復た誰か在る 已見松柏摧為薪 已に見る 松柏の摧けて薪となるを 更聞桑田変成海 更に聞く 桑田 (そうでん) の変じて海と成るを 古人無復洛城東 古人無復洛城の東に無く 今人還対落花風 今人還た対す 落花の風 年々歳々花相似 年々歳々、花相い似たり 歳々年々人不同 歳々年々人同じからず 寄言全盛紅顔子 言を寄す 全盛の紅顔の子 応憐半死白頭翁 応に憐れむべし 半死の白頭翁 「洛陽の町の東に咲く桃や李の花は 花チラシの 風に誘われて飛び来たり、また飛び去ってはどこかの 誰かの家におちる。 洛陽の美少女は花を眺め、町を 歩き落花に出会ってはため息をつく。 今年も花の 散りゆくように顔色も衰え変わってゆく。 明年も復た花は咲く春が来るも誰がこのように 健在で花を見る人があろうか。 …洛陽の町の東で この落花を眺めた昔の人はもはやいない。 …来る年ごとに花の姿は変わりないけれど、来る年ごとに見る人の姿は変わる。 花の盛りの紅顔の若者よ。 今まさに老いぼれ死の淵に片足をかけたような白髪の老人を 憐れみたまえ・・」 あれほど咲き誇った花は見る影もなく散ってしまう。 人もまた時々刻々老いゆきて、そして彼の黄泉の世界へと去ってゆく。 一時一刻も とぎれることのない大自然の動き、諸行無常は世の習い。 花咲くも無常であり、花散る もまた無常で常に変化してやまないのがこの世の常なのだ。 諸行無常の世の中に、 常なるものは一つもなく明日のわが命さえ知れない。 このはかない現世 (うつしよ) なのに、いつまでもあるかのように迷夢に酔い痴れてお金に執着し、物にとらわれ 名声、名誉を追い求め、限りなく欲望を募らせて争い奪い合い憎しみ合い、殺し 合っての愚を繰り返しているのが私ども人間なのである。

次の

店舗数日本一の風呂屋

から たり か

VEGFが増えすぎると良くない… みなさんは 血管内皮細胞増殖因子 VEGF という言葉を耳になさったことがありますか?VEGFは 新しい血管を作ったり血管の血管透過性を亢進させたりする働きなどを持ちます。 正常な血管では、水分や糖、アミノ酸といった小さな物質は血管壁を透過しますが、タンパク質などの大きな物質は血管壁を通過することができません。 必要なものがきちんと血管壁を通過できることはとても重要なのですが、血管の透過性が亢進してしまうと 通常は通り抜けられない大きな物質が血管から漏れ出すようになってしまいます。 が、まだ分かっていない点もあるようです。 で、目の黄斑という重要な部分で血管の透過性が亢進すると、。 これが黄斑浮腫で、私も悩まされています💦 このVEGFの働きを抑える 抗VEGF薬を眼球に注射して 新生血管(急ごしらえのもろい血管)や血管からの血液成分の漏れを抑える治療法があります。 しかし!この注射はものすごく高価なうえ、 「1回だけ注射すればもうしなくてもいい」というわけではないそうです。 何より怖いです💦 VEGFが多すぎることは、糖尿病患者の目だけではなく腎臓にも悪影響を与えるようです…糖尿病合併症が気になる皆さん、今回はVEGFについてどうかお付き合いくださいませ。 私も網膜症と腎症があるからいつも怖いのよ💦 VEGFは糖尿病腎症にどう影響するの? では、VEGFは腎臓に対してはどんな影響を与えるでしょうか。 下の図はより引用させていただきました。 腎臓の 糸球体は毛細血管の塊で、もあります。 この糸球体が血液をろ過してきれいにしてくれています。 糖尿病で高血糖状態が長く続くと、 しかし。 ちなみに、すい臓もこれと似ていて、高血糖が起こると最初はランゲルハンス島()の肥大とベータ細胞増加と高インスリン血症が起こります。 しかし、のです。 オーバーワークの状態を想像していただければ分かりやすいかと。 最初は何とかしようと頑張っても、根性だけでは無理です💦 糖尿病腎症の初期の糸球体の変化に、VEGFの血管新生作用がかかわっていると考えられています。 そうです。 糖尿病だとなぜVEGFが増えるのでしょうか? VEGFは体にとって必要なものですが、インスリンやIGF-1がさせます。 他に糖尿病合併症が起こります。 2型糖尿病患者はがある場合がよくあり、健康な方と比べてより多くのインスリンが必要となるので高インスリン血症になりやすいです。 インスリン抵抗性が生じる原因には 肥満・運動不足・喫煙・妊娠・ストレス・他の病気や薬の影響のほか、体質(遺伝)もあります。 牛乳にはIGF-1が含まれているから健康に良くないとか、いや日本の牛乳であれば問題ないとかいろいろ言われていますが、こればかりはいろいろな説があるのでみなさんご自身で判断を。 AGEsはタンパク質と糖質が結びついて 「糖化」して発生します。 高血糖状態が長時間継続することで糖化が起こりやすくなります。 体内で発生するAGEsを減らすために血糖コントロールに励み、糖質(特にAGEsを作りやすいのは果糖)を減らし、 食事から摂取するAGEsを減らすために肉は揚げたり焼くよりもゆでる、ファーストフードやスナック菓子などを避けるといいですね。 高インスリン血症を防ぐためには、まず インスリン抵抗性を下げることが大事ですよね。 ダイエットや運動、禁煙などは自分でできますが、 遺伝的な体質は克服が難しいので服薬も必要かもしれません。 そして 大量にインスリンが分泌されるような食事を避けることも大切ですね。 糖質とタンパク質を同時に大量に摂取するともっともインスリンが分泌されるそうです。 糖尿病黄斑浮腫には「眼球への注射」「手術」しかないのか ここでふと、難しいことは何も知らない ド素人の私に疑問が生じました。 たとえば。 目も腎臓もそうですけど、いくら好ましくない現象とはいえ、体は何かしら 「そうしなければいけない理由」があってVEGFを増やしているのではないかなと… その 根本的な原因を取り除かないままそのような治療をしても、再発したり何か別の良くないことが起きたりしないのかな?と何となく不安に感じました💦 起きてしまった症状をそれ以上進行させないための治療法は非常にありがたいです。 できれば黄斑浮腫の治療は注射ではなく高額ではない点眼薬や飲み薬だと助かるのですが…(切実) そして、 VEGFを必要以上に増加させるような根本的な原因を取り除くための患者自身の努力が必要だと思います。 糖尿病患者に高血糖や高インスリン血症をもたらすものは、何でしょうか?そこを考えてみることが大事なのではないでしょうか。 よっしー 2型糖尿病の女性患者です。 最初は「一生インスリン注射(ランタス、アピドラ)が必要だね」と言われていましたが、糖質制限食を始めて注射をやめることが出来ました。 糖尿病発覚時から合併症がありますが経過観察です。 主治医は糖尿病専門医です。 初めての方はをまずお読みください。 iHerb割引コードMDV692はご自由にお使いください。 自分自身の妊娠糖尿病と2型糖尿病の体験を踏まえて糖尿病についていろいろ調べて書いていきます。 ただの患者なので何の責任も取れませんが、どこの団体にも所属しないのでしがらみにしばられず正直に本当のことを書いております。 ブログ記事やオリジナル画像の無断使用はであり禁止です、よろしくお願いします。 ただしPinterestやはてなブックマークは大歓迎です!!.

次の