坐骨 神経痛 漢方。 「坐骨神経痛の方が使う薬・漢方・サプリメント」効果・効能と副作用

坐骨神経痛の漢方薬【疎経活血湯】│higanohari

坐骨 神経痛 漢方

坐骨神経痛の市販薬(1)グルコンEX錠プラス グルコンEX錠プラスは、坐骨神経痛の市販薬の中でも、トップクラスの人気を誇る薬です。 日本薬師堂という会社が製造販売しています。 グルコンEX錠プラスは「医薬品」です。 なので、いわゆる「痛み止め」の効果がテキメンに現れやすいです。 高純度のコンドロイチンが900mgも含まれているのも、坐骨神経痛持ちにとっては、うれしいポイントですね。 ちなみに、痛み止めの役割のほかに、4つある有効成分が痛みの原因に働きかけるというメリットがあります。 坐骨神経痛の市販薬(2)ロキソニンS ロキソニンSは、坐骨神経痛に効果的な市販薬ですが、完全なる 「痛み止め薬」です。 つまり、「今すぐに坐骨神経痛の痛みを何とかしたい!」と、緊急時の方にとっては、非常にありがたい薬と言えます。 本来は「処方薬」でしたが、近年「市販薬」として販売されるようになったものです。 常用する場合、胃に対する負担軽減はされているようですが、胃弱の方は胃痛にならないよう十分注意してください。 坐骨神経痛の市販薬(3)フレックスパワーEX錠 フレックスパワーEX錠は、ロート製薬から発売されている「第三類医薬品」です。 坐骨神経痛を緩和してくれる成分として、「ビタミンB1」、「アスパラギン酸カリウム」、「コンドロイチン硫酸ナトリウム」、「マグネシウム等量混合物」 ・・・などが含まれています。 軟骨成分として有名な「コンドロイチン」の効果も期待でき、坐骨神経痛を緩和してくれる薬です。 坐骨神経痛の薬で市販されている漢方薬 坐骨神経痛の薬で市販されているものの中には、 「漢方薬」もあります。 たとえば、「心龍」という漢方薬は、坐骨神経痛にとても効果的な薬です。 18種類の生薬が配合されていて、坐骨神経痛やリウマチ、関節炎などに非常に有効です。 その他にも、漢方薬の市販薬の場合は、難しい漢字の名前が、たくさんならびます。 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)• 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう• 疎経活血湯(そけいかっけつとう)• 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)• 牛車腎気丸(ごじゃじんきがん)• 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう) などなど・・・ 坐骨神経痛を治す東洋的考え方では、「血行促進」と「温め」が重要です。 これらの漢方薬は、すべて「痛み改善」や「血行促進」の効果を有しています。 自然の薬で坐骨神経痛を治したいと思われる方には、ピッタリと言えるでしょう。

次の

「坐骨神経痛の方が使う薬・漢方・サプリメント」効果・効能と副作用

坐骨 神経痛 漢方

坐骨神経は腰椎下部と仙骨の神経からはじまり、骨盤からお尻の筋肉の下や太ももの裏側を通り、足の先まで伸びている長い神経です。 お尻から太ももの裏側にかけて痛みやしびれを感じるケースが多いのですが、人によりかかとや足先まで広範囲に症状が出ることもあります。 若年者の坐骨神経痛の原因として多く見られます。 腰部脊柱管狭窄症 背骨には脳からの神経の通り道である「脊柱管」という隙間があります。 この脊柱管が老化による骨の変形などが原因で狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれ、麻痺などが起こります。 高齢者の坐骨神経痛の原因となることが多い病気です。 腰椎すべり症 腰椎が前や後ろに「ずれて」しまい脊柱管が狭くなる病気で、腰や下肢の傷みやしびれといった脊柱管狭窄症と同様の症状が出ます。 女性の閉経に伴う骨粗鬆症が原因で起こることが多いです。 梨状筋症候群 梨状筋とはお尻の奥にあって、仙骨と大腿骨の付け根の部分をつなぐ筋肉です。 梨状筋が原因で生ずる痛みを梨状筋症候群と言い、梨状筋の圧迫による坐骨神経痛もこれに該当します。 原因としてはお尻の打撲などのケガや、スポーツによる筋肉の使い過ぎ、長時間のデスクワークでお尻を圧迫し続けることなどがあります。 その他筋肉の緊張を和らげる薬や、血流を改善する薬を症状緩和の目的で使用することもあります。 ・神経ブロック療法・・・局所麻酔薬を用いて痛みが神経を伝わるのをブロックします。 神経やその周辺に局所麻酔薬を注射する方法や、痛みを引き起こすポイントになっている筋肉に直接注射して痛みをとる方法があります。 ・リハビリテーション・・・痛みを取り除き、身体機能を向上させてQOL(日常生活の活動性)の改善をはかるための療法です。 ストレッチや筋力を強くするための運動のほか、痛みを和らげるための温熱療法、痛みを伝える神経の働きを抑える電気刺激療法などがあります。 ・外科的療法・・・手術以外の治療であまり改善が見られない場合などに、神経の圧迫を取り除く手術が検討されることがあります。 坐骨神経症に対する効果的な漢方薬治療と対策 漢方では坐骨神経痛は、「血の巡りが悪い」「水や気の停滞」「冷え」が原因と考えられます。 また冷えが血行を悪くし水をたまりやすくするなど、一つの原因が他の原因を引き起こしていることもあります。 ・・・・血の停滞(お血)を改善し、気や水の巡りを良くして神経痛などを改善します。 夜間など冷えや湿気があると痛みが出やすい場合に効果的です。 特に腰から下の傷みに効果がある漢方薬で、坐骨神経痛の他腰痛などにもよく使われます。 ・・・・体にたまった「気・血・水・寒・食」の五つの病毒(五積)を治すことから名前が付けられた漢方薬です。 体が冷えて気血水の流れが悪くなる痛みや胃腸の不調を改善します。 また足は冷えるが頭はのぼせるという症状(冷えのぼせ)にも効果的です。 胃腸が弱い人の関節痛や神経痛によく使われる漢方薬です。 ・・・・血の巡りを良くする作用があり、お血が原因の坐骨神経痛やしびれを改善します。 女性の更年期障害に伴う痛みや冷えのぼせにも効果的です。 比較的体力がある人に向いています。 ・・・・体を温める作用を強めた配合になっていて、気血の流れを良くし、冷え性に伴う諸症状を改善する代表的な漢方薬です。 特に腰から下肢の冷えが強く痛みを訴える坐骨神経痛に効果的です。 ・・・・筋肉の緊張を緩和する効果があり、つっぱるような痛みがある場合によく効くといわれています。 即効性があるので、急な強い痛みに頓服で使用することもあります。 足のむずむず感や痒みにもきいてくるため、坐骨神経の痛みと足のムズムズ感、痒み(かゆみ)を伴っている場合などに向いています。 ・・・・高齢の人で疲れやすく、腰や四肢の冷えがあり腰や坐骨神経が痛む場合に効果的です。 腰と関係が深い「腎」の働きを補う作用があり、坐骨神経痛の他にも高齢者の様々な腰痛に使われる漢方薬です。 地黄・山茱萸は滋養強壮作用があり、沢瀉・ 苓は浮腫改善作用をもつとされ、地黄・牡丹皮は微小循環の改善効果があります。 種類・症状・病名別で漢方薬を解説しています 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。 項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。 そして内科医師である管理人が監修しています。 ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。 あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。 理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。 よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。

次の

坐骨神経痛の薬で市販されているもの

坐骨 神経痛 漢方

歩いているとき、もしくは椅子から立ち上がろうとするときに、腰やお尻、太ももから足にかけて、ピリピリとしたしびれや痛みを感じたことがある方も多いのではないでしょうか?そのようなしびれや痛みは、坐骨神経痛である可能性があります。 最初のうちは、痛みや炎症をやわらげてくれる湿布や塗り薬で良くなることもありますが繰り返しているうちに悪化していきますので、立っているだけでも辛い、歩行が困難、寝てても座ってても痛くて仕方ない、といった症状にも繋がっていきます。 そうなってしまうことを防ぐために、予防やきちんとしたケアをすることが大切です。 最近、体質改善やアレルギーによく使われる漢方ですが、今回は、坐骨神経痛の痛みやしびれに効果的な漢方をご紹介したいと思います。 この記事を監修したのはこの人! 化学品メーカーに5年勤務。 英文MSDSを作成。 その後、薬剤師として調剤薬局に8年勤務。 主に、小児科、内科、耳鼻咽喉科の処方箋に対応。 自身の体調不良をきっかけに、古方の会にて2年間、漢方を学ぶ。 その後、ドイツの代替医療を学び、それとともに新たな漢方の使い方について学ぶ。 現在はオランダに移住し、漢方の知識を活かして子育て中。 独学にてさらに漢方を勉強する日々を送っている。 坐骨神経痛とは? 坐骨神経というのは腰のあたりから、お尻、つま先まで伸びている神経のことです。 これは体の中で、最も太くて長い末梢神経になります。 この坐骨神経が、圧迫されたり刺激されると、腰やお尻、太もも、ふくらはぎから足の先まで、しびれや電気が走るような痛み、突っ張られているような感じ、などの症状が出てきます。 発症する部位や症状は人それぞれですが、このような痛み、しびれといった症状が現れるのが坐骨神経痛です。 坐骨神経痛の原因とは? 坐骨神経痛は、さまざまな原因によって起こるとされています。 中高年の方に多くみられる原因が、腰部脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)です。 老化などにより脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることにより、しびれや痛みなどの坐骨神経痛が現れます。 しびれや痛みの症状は、腰に出ることが最も多いですが、坐骨神経が通っているふくらはぎや太ももまで、人によってさまざまです。 坐骨神経痛はしばらく歩くと痛みやしびれがひどくなり、少し休むと改善して歩けるようになる特徴的な症状があります。 このくり返しを間歇(かんけつ)歩行と言い、こちらの症状がある場合には、早めに専門病院で検査を受けることがおすすめです。 腰部椎間板ヘルニアも坐骨神経痛の原因の一つです。 こちらは年齢に関係なく、長時間の同じ姿勢をとっていることやスポーツによって慢性的に力が加わっていたり、急に重いものを持ち上げたときなどにも発症します。 悪化してしまうと手術が必要なこともあるので、椎間板ヘルニアの疑いがある方は早めに医療機関での受診をおすすめします。 その他、お尻から脚にかけて、しびれと痛みを伴う梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)や原因がはっきりとわからない場合もあります。 東洋医学による診断 東洋医学では、西洋医学と違った独自の「ものさし」や基準によって診断します。 「ものさし」にあたるのが、「証(しょう)」と呼ばれるものです。 「証」には大きく分けて「実証 じっしょう 」と「虚証 きょしょう 」の二つがあります。 「実証」は、体力があってたくましい感じの人で、声が大きく便秘ぎみなことが特徴です。 「虚証」は、体力がなくて弱々しい感じの人で、声が小さく疲れやすく、胃腸が弱いことが特徴になります。 もう一つ基準となっているのは「気 き ・血 けつ ・水 すい 」の状態とバランスです。 「気」は、生命活動の基本となるエネルギーを表しています。 「血」は、血液はもちろん、その他、臓器や体中に栄養を運ぶ役割をします。 「水」は、リンパ液など、血液以外の体内の水分を表しています。 「気・血・水」は、互いに影響し合い、バランスよく体内を巡ることにより、健康な状態が維持されると考えられています。 「気」が不足したり滞ると、疲れやすくなったり、「血」が不足すると貧血に、または滞ると「瘀血 おけつ 」になり、目の下にクマができたり、肌荒れを起こします。 「水」が溜まると体がむくんだり、関節に水が溜まる原因にもなります。 「気・血・水」のバランスが乱れは、慢性的な痛みにつながるとされています。 東洋医学からみた坐骨神経痛 坐骨神経痛は、東洋医学では「腎」の機能の低下、つまり「腎虚 じんきょ 」が基本になっているケースが多いとされています。 「腎」は、成長や発育をつかさどる臓器で、また水分のバランスを調整する機能があります。 その「腎」の機能が低下した状態を「腎虚」と言います。 老化も「腎虚」原因の一つになります。 「腎虚」の主な症状は、腰痛の他に、疲れやすい、むくみ、頻尿、冷え、白髪、抜け毛、などがあげられます。 「腎虚」に加え、「気」や「血」の状態が乱れ、巡りが滞ると、下半身の痛みやしびれなど、坐骨神経痛の症状が現れるとされています。 また、慢性の痛みには、「水」の滞りがあると言われています。 漢方による治療では、「腎虚」を改善したり、「水」の滞りを改善し、「気」や「血」のバランスを整え、巡りをよくしてくれることを目的とします。 坐骨神経痛におすすめの漢方と選び方 漢方がどのような仕組みなのかは理解していただけたでしょうか。 しかし現段階ではどのような漢方を選ぶことが症状の改善に繋がるのかはわかっていないことかと思います。 そのような方のためにここからは坐骨神経痛に効く漢方の選び方をご説明いたします。 冷えると痛みが現れる 体が冷えると痛みが強くなり、温めると痛みが和らぐ方は、「桂枝加苓朮附湯 けいしかりょうじゅつぶとう 」がおすすめです。 水分の代謝を改善し、体を温め、関節痛や神経痛を和らげる効果があります。 慢性的な痛みがある 寒さや暑さに関係なく、ずっと坐骨神経痛による痛みがあり、夜になると痛みが強くなる方には、「疎経活血湯 そけいかっけつとう 」が有効です。 「血」の巡りを良くし、更には「気」と「水」の巡りを良くすることにより、腰より下の痛みや神経痛を改善してくれます。 胃腸が弱く冷え性 寒くなると痛みが強くなる方で、胃腸が弱くて冷え性の方には、「五積散 ごしゃくさん 」がおすすめです。 体を温めて、冷えによる慢性的な腰痛や痛みをやわらげ、胃腸の働きを整えてくれます。 むくみがあって寒い日に痛みが強い むくみがあって、じめじめした寒い日に痛みが強くなる方には、「ヨク苡仁湯 よくいにんとう 」をおすすめします。 水分の代謝を良くし、血行を促進することによって、冷えや痛みを改善してくれます。 汗っかき、関節に痛みがある 関節痛もある方には、「麻杏ヨク甘湯(まきょうよくかんとう)」。 汗をかきやすく、軽いむくみを感じる方におすすめです。 冷えた体を温め、水の滞りを改善することにより、坐骨神経痛の改善に期待できます。 手足の冷えを感じる 坐骨神経痛で「腎虚」を感じている方におすすめの漢方は二つあります。 一つ目は「 八味地黄丸 はちみじおうがん 」で、体を温めて、腎機能をアップしてくれます。 手足の冷えを改善し、足腰の慢性的な痛みやしびれを改善する効果があります。 しびれもあり、疲れやすい 「牛車腎気丸 ごしゃじんきがん 」で、こちらも中高年に多い「腎虚」の改善を期待できる漢方です。 疲れやすく、むくみがあり、下半身が冷えて痛みやしびれがある方におすすめです。 飲みやすさも重要 同じ名前の漢方でも、数種類のメーカーによって製造れていることがあります。 使われている生薬の種類や効能は同じでも、各メーカーによって味や匂いが違います。 製品によっては剤形も異なり、顆粒と錠剤の製剤があります。 顆粒だと味が苦手でも、錠剤だと味や匂いが弱く、飲みやすいことも多いです。 また、服用回数が1日2回タイプと1日3回タイプのものがあります。 日中、忙しくて漢方を飲むのを忘れがちな方は、1日2回タイプがいいでしょう。 オフィスでの冷房による冷えを感じる方は、1日3回タイプにして、漢方を温湯で飲むと、冷えの改善にはさらに効果的です。 坐骨神経痛におすすめの漢方の人気ランキング10選 10位:クラシエ 八味地黄丸料エキス顆粒 2,264円 税込• 詳細情報 漢方処方 八味地黄丸 剤形 顆粒 内容量 45包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 腎機能アップで、冷えと痛みを改善! 「腎気丸(じんきがん)」とも呼ばれているこの漢方は、腎機能をアップすることにより、「腎虚」による冷えや、腰から下の痛みやしびれに効果的な漢方です。 坐骨神経痛以外には、「腎虚」の症状である、冷え、頻尿、残尿感、むくみ、高齢者のかすみ目などにも改善の効果が期待できます。 中高年の男性に使う漢方として知られていますが、高齢や腎虚により、慢性的な冷えや坐骨神経痛にお悩みの女性にも有効です。 9位:マツウラ ヨク苡仁湯 エキス細粒 3,898円 税込• 詳細情報 漢方処方 牛車腎気丸 剤形 錠剤 内容量 360錠 用法・容量 成人(15才以上)4錠/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 まず「腎虚」を改善したい方に! 10位でご紹介した「八味地黄丸」に、牛膝 ごしつ と車前子 しゃぜんし を加えた漢方です。 この二つの成分により、さらに体を温め、むくみや血行を改善する効果が期待できます。 「八味地黄丸」と同じく、腎機能をアップし、「腎虚」による四肢の冷えや腰から下の痛みやしびれを改善します。 坐骨神経痛の方で、疲れやすく、体を動かすと痛みが強くなる方におすすめです。 もちろん、「腎虚」による夜間の頻尿にも効果の改善が期待できます。 7位:ツムラ 桂枝加朮附湯エキス 1,980円 税込• 詳細情報 漢方処方 八味地黄丸 剤形 顆粒 内容量 24包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・2回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 頻尿にも効果あり! 加齢とともに体力が落ち、とても疲れやすく、手足や腰から下の冷えが強く、夜間頻尿の方におすすめです。 不足している「気」「血」「水」の全てを補い、また「腎」働きを低下した「腎虚」を改善する効果があります。 体を温めることにより、足腰の慢性的な痛みやしびれを改善が期待できる漢方です。 「腎虚」を改善するので、頻尿や残尿感などの症状も坐骨神経痛の症状とともに改善が期待できます。 1日2回服用タイプなので、日中に忙しくて漢方を飲む時間のない方、つい服用を忘れがちな方におすすめです。 3位:マツウラ 五積散料エキス細粒 商品画像 商品名 コタロー 疎経活血湯エキス細粒G クラシエ 桂枝加苓朮附湯エキス錠 マツウラ 五積散料エキス細粒 ツムラ 八味地黄丸料エキス顆粒A クラシエ 疎経活血湯エキス錠 麻杏ヨク甘湯エキス錠クラシエ ツムラ 桂枝加朮附湯エキス クラシエ 牛車腎気丸料エキス錠 マツウラ ヨク苡仁湯 エキス細粒 クラシエ 八味地黄丸料エキス顆粒 特徴 痛みのファーストチョイス! 冷えが強い坐骨神経痛の方に! 胃腸機能の改善も! 頻尿にも効果あり! 夜に痛みが強くなる方に! 体が冷えたあと、筋肉や関節が腫れて痛む方に! 全身や手足がひどく冷える方に! まず「腎虚」を改善したい方に! 関節の痛みにも! 腎機能アップで、冷えと痛みを改善! 価格 1,670円 税込 2,779円 税込 3,249円 税込 1,980円 税込 2,888円 税込 2,433円 税込 1,770円 税込 3,898円 税込 3,247円 税込 2,264円 税込 詳細 漢方処方 疎経活血湯 剤形 細粒 内容量 18包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 桂枝加苓朮附湯 剤形 錠剤 内容量 180錠 用法・容量 成人(15才以上)4錠/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 五積散 剤形 細粒 内容量 48包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 八味地黄丸 剤形 顆粒 内容量 24包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・2回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 疎経活血湯 剤形 錠剤 内容量 180錠 用法・容量 成人(15才以上)4錠/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 麻杏ヨク甘湯 剤形 錠剤 内容量 180錠 用法・容量 成人(15才以上)4錠/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 桂枝加朮附湯 剤形 顆粒 内容量 24包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・2回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 牛車腎気丸 剤形 錠剤 内容量 360錠 用法・容量 成人(15才以上)4錠/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 ヨク苡仁湯 剤形 細粒 内容量 48包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 八味地黄丸 剤形 顆粒 内容量 45包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 商品リンク 我慢は禁物 痛みがひどくてつらいときや、漢方を一ヶ月以上服用しても効果がみられない場合は、早めに専門の医療機関での受診をおすすめします。 痛みを放置しておくと仕事や日常生活に支障をきたすので気をつけてください。 坐骨神経痛でお悩みの方はこちらの記事も読んでいます まとめ 今回は坐骨神経痛におすすめの漢方をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 坐骨神経痛の痛みがひどくなると、生活にも支障をきたすことも。 痛みに対して無理に禁物です。 ご自身にあった漢方を見つけ、早めに坐骨神経痛の痛みやしびれを改善しましょうね。 この記事を監修したのはこの人!.

次の