きくらげ 戻し 方。 きくらげの栄養と効果効能!早い戻し方は?保存方法(冷凍)や保存期間まで!解説

乾燥きくらげは生で食べれる?戻し方や生との違いを紹介! | 野菜の知恵袋

きくらげ 戻し 方

フジテレビ系列梅沢富美男のズバッと聞きます!やNHKあさイチでも話題になった『 きくらげの美味しい戻し方2通り』をご紹介します。 お湯を注いで戻すという方も多いと思いますが、実はそれだと細胞壁が壊れてしまい栄養素が流れ出てしまうためできれば避けたほうがいい方法なんです。 そこでおすすめなのが『 氷水』を使う方法です。 氷水を使うとうまみたっぷりに戻すことができますよ。 ただそれだと時間がかかるので、『 お湯+砂糖+炭酸水』で早く戻す方法もご紹介しますね。 この方法なら30分で同様にプリプリに戻すことができます。 実際に2通り試してみて、戻したきくらげの味と食感の違い、戻し汁の味の違いまで検証してみました。 きくらげ戻しの決定版!?です。 是非試してみてくださいね。 ちなみに熱湯で戻しても、氷水で戻しても実は戻る時間がほとんど変わらないと以前他の番組で話題になっていました。 なので氷水で戻したほうがメリットが多いというわけなんですね。 ということでまずは氷水で戻す方法からご紹介します。 材料 乾燥きくらげ 氷水 作り方 1、ボウルに冷水と氷、きくらげを入れ、冷蔵庫に入れて6時間つけておく。 2、水切りをして使います。 だいたい一晩なので、前日の夜や使いたい日の朝に冷蔵庫に入れておくと料理の際にすぐに使えます。 この方法だと食感はもちろんのこと、味もしっかりとうまみを感じるきくらげになります。 戻し汁もそのままでも飲めるくらい割といける味になります。 あとでご紹介しますが、戻し汁は栄養が豊富で飲んだりお味噌汁に使えるので捨てないで活用するのがおすすめです。 お湯+砂糖で早く戻す方法 続いてはすぐに使いたいときに大活躍する『 お湯+砂糖+炭酸水』を使った方法をご紹介します。 砂糖を入れることで、浸透圧の関係で栄養が流れ出るのを防ぐことができます。 また炭酸水の効果で短い時間でもプリプリ食感に戻りますよ。 材料 きくらげ 1~2袋(30~60g) 約40度のお湯 1リットル 砂糖 5g 炭酸水 250ml メモ 沸騰させたお湯と同量の水を加えると約50度になります。 40度はお風呂くらいの熱さなので、わざわざ測らなくても指を浸してだいたいでわかるかと思います。 後で炭酸水を入れるので、少し熱めにしておき、炭酸水を入れて40度くらいにするのがおすすめです。 上の分量でお湯を作ると、乾燥きくらげ2袋分(60g)まではしっかりと浸り美味しく戻すことができました。 戻し方 では戻し方をご紹介しますね。 少しコツがあるので、順番にご説明します。 1、ボウルに50度くらいのお湯を入れ、砂糖を加えて溶かす。 2、乾燥きくらげを入れ、炭酸水を注ぎ入れる。 3、40度くらいになったら30分間浸す。 この時きくらげの量が多いと、戻っている間にかさが増え、水面から出てしまうので上に陶器のお皿などを重しに乗せておくと30分間完全放置でも上手に戻ります。 ~30分後~ このようにしっかり、きれいに戻りました。 どこを食べても固いところはなく、美味しく戻ります。 あとは料理に応じて使ってください。 それぞれの違い 実際に 氷水と お湯+砂糖+炭酸水で戻し比べてみましたがきくらげ自体の味はやはり氷水のほうが美味しいように感じました。 ただ食感は炭酸水の効果かどちらも美味しく、しっかりとした歯ごたえが残っていました。 戻し汁も飲み比べてみたのですが、戻し汁に関してはダントツで氷水のほうが美味しいです。 なので後できくらげ茶にしたい、という方は氷水のほうがおすすめです。 お湯のほうはきくらげの味がすごく出ていて、キノコ類が好きな私でも少し引っかかるものがありました。 お湯にそれだけ味が出ている、ということは戻したきくらげにその分味が残っていないような気もしたので結論としては ・時間がない時はお湯+砂糖+炭酸水で戻す ・時間がしっかりあるときは氷水 がおすすめだな、と思います。 是非試してみてくださいね。 戻し汁の栄養とは?捨てないで活用がおすすめ また戻し汁にもビタミンBが溶け出しているため捨てるのはもったいない、と梅ズバでは紹介されていました。 乾燥きくらげ100g中には、ビタミンB2が0. 44mg含まれています。 ビタミンB2は体を構成する細胞の新陳代謝を促してくれる栄養素です。 もっとわかりやすく解説すると、糖質、脂質、タンパク質を分解して効率よくエネルギーに変えてくれる働きがあります。 つまりダイエットに役立つ栄養素なんですね。 また、体の発育にも欠かせないので成長期のお子さんにもいいですし、髪の毛や肌を健やかに保つ働きもあります。 ただし水溶性で、体の中にため込めない栄養素なので毎日少しずつ摂ることが大切な栄養素になります。 そこでおすすめなのが『 きくらげ茶』にする、食べ方です。 お茶にすると摂りやすいのでとてもいい方法ではないでしょうか。 はちみつとレモンを加えてお茶風に楽しむことができますよ。 また甘いのが苦手な方のために、産地で親しまれている甘くないきくらげ茶のレシピもご紹介しています。 試してみたいという方は是非チェックしてみてくださいね。 冷凍保存も可能 この戻したきくらげは、ジッパー付きの密閉袋に入れて冷凍保存が可能なので多めに戻して冷凍しておくと使いたいときにすぐに使えるのでおすすめです。 冷凍する場合は少量水を加えて、潤すような感じにしてから平らにして空気を抜いて保存してください。 是非試してみてくださいね。 以上『 氷水を使ったきくらげの戻し方』のご紹介でした。 よろしければご覧ください。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にもきくらげを使ったレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

きくらげの栄養と効果効能!早い戻し方は?保存方法(冷凍)や保存期間まで!解説

きくらげ 戻し 方

本来は浸ける水の温度が高いとキクラゲの戻りにムラが出て、食感が悪くなってしまうため、冷水で時間をかけて戻すのがベストです。 ですが砂糖を加えることで浸透圧により、素早く戻すことができます。 きくらげの健康効果 今回、きくらげの健康効果を教えてくれたのはきのこ博士こと東京農業大学教授 江口文陽先生です。 江口文陽教授によると、白きくらげは漢方食材として古くから利用されており、また保湿力も高く、食べることで体の中から美しくなれるそうです。 さらに、きくらげには以下のアンチエイジングパワーがあるそうです。 ・美肌効果 ・動脈硬化予防 ・抗酸化作用 ・骨粗しょう症予防 ・貧血予防 ・新陳代謝アップ 一日に(戻したもので) 50gの摂取が有効だそうです。 お腹が弱い人などは少ない量から始めるのが良いとのこと。 まとめ&感想 今回はあさイチで特集されたきくらげレシピや健康効果についてご紹介しました。 キクラゲって中華炒めやスープに何となく入っているイメージでしたが、沢山活用法があって驚きですね。 美容や健康にも役立つので、積極的に摂っていきたいです。 皆さんも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

乾燥きくらげは生で食べれる?戻し方や生との違いを紹介! | 野菜の知恵袋

きくらげ 戻し 方

スポンサーリンク きくらげの戻し汁に含まれる栄養と効能 きくらげの戻し汁は、乾燥しいたけの戻し汁とは違い、うまみ成分は含まれていません。 そのためダシとして使うのは難しいですが、 きくらげの戻し汁には体にとって大切な栄養成分「ビタミンB2」が豊富に含まれています。 ビタミンB2は水溶性のビタミンなので、きくらげを水やお湯で戻している途中にほとんどが流れ出てしまい、戻した後のきくらげにはほとんど残っていません。 糖質や脂質・たんぱく質をエネルギーに変換するサポートを行う• 髪の毛や爪・肌を整える 脂肪をエネルギーに変えるのでダイエットに効果的ですし、髪の毛や肌をきれいにする効能もあるので、特に女性に嬉しい栄養成分といえます。 他にもビタミンB2は子供の成長にも欠かせない栄養なので、「発育ビタミン」という別名もあります。 きくらげの戻し汁を火にかけ、香りがしてくるまで煮る• カップに戻し汁を入れ、レモン汁とはちみつ・シロップで味を調整して完成 レモン汁の代わりに、輪切りレモンを浮かべると見栄えがさらに良くなります。 はちみつやシロップなしでもさっぱりしていて美味いので、甘みはお好みで調整してください。 きくらげ戻し汁の味噌汁 味噌汁を作る時に使う水を、きくらげの戻し汁に代えるだけの簡単レシピです。 どうせなら戻した後のきくらげも味噌汁の具に使い、きくらげを丸ごと味噌汁で頂きましょう。 きくらげの炊き込みご飯 味噌汁同様、戻した後のきくらげと戻し汁の両方を活用できるおすすめレシピです。 材料(2~3人分)• 乾燥きくらげ 20~30グラム• 米 300グラム(2合)• めんつゆ 大さじ3• 乾燥昆布 一切れ 作り方• きくらげはあらかじめ水で戻しておく• 米を研ぎ、戻し汁とめんつゆを加えた後、2合の線まで水を足す• 戻したきくらげを入れ、昆布を上にのせる• 活用レシピの炊き込みご飯は濃いめの味付けにしているので、めんつゆの量はお好みで調整してください。 まとめ 乾燥きくらげの戻し汁は、乾燥しいたけの戻し汁のようにダシとしては使えませんが、栄養満点なので捨てるのはもったいないです。 戻し汁に多く含まれるビタミンB2は子供にも女性にも嬉しい栄養成分なので、ニオイが気にならなければ活用レシピを参考に使い切ってください。 念のために…戻し汁を使う際はそのまま飲むのではなく、加熱した後に飲んだり調理に使ったりするようにしてくださいね。

次の