ブラック アウト チューズデー インスタ。 インスタニュースヘッドライン 2020/06/04|インスタグラム(instagram)のフォロワー増加のコツとツール方法。タグ映えで集客収益化狙うなら無料のマーケティングツールならインスタツール

渡辺直美、ローラ、水原希子、河北麻友子…「ブラックアウト・チューズデー運動」に日本の芸能人も続々と参加

ブラック アウト チューズデー インスタ

映画『ハリー・ポッター』シリーズで知られる英女優エマ・ワトソン(30)が、自身のInstagramで黒塗りの画面を3回連続で投稿し「ブラックアウト・チューズデー(Blackout Tuesday)運動」に参加するも、非難を浴びる結果となってしまった。 その後エマはInstagramを更新し、人種差別に対する今の思いを吐露したメッセージを公開した。 「ブラックアウト・チューズデー運動」が行われた現地時間6月2日(火)、はInstagramに黒一色の画面を3回連続で投稿した。 ブラックアウト・チューズデーは、白人警察官に約8分間首を押さえられたことでをきっかけに、国際的社会運動「ブラック・ライヴズ・マター (Black Lives Matter)」への意識を高めることを目的とした抗議活動である。 米音楽業界の呼びかけで始まり、世界中のアーティストらが黒一色の画像に「#BlackoutTuesday」とハッシュタグを添えてSNSに投稿した。 同日、エマは黒塗りの画像を3回も投稿したが「#BlackoutTuesday」などのハッシュタグだけで、メッセージなどは記されていなかった。 これに多くのフォロワーは、エマがInstagramの見せかけだけにこだわり、人種差別抗議への意見がなかったことを不快に感じたようで、このような非難の声が相次いだ。 「エマお願い、このことについて話して。 コミュニティー全員が耳を傾け、あなたの言葉に注意を払っているのよ。 」 「署名か寄付のリンクを共有してほしいわ。 」 その後、エマはInstagramに「I stand with you. 」と言葉を添えて、.

次の

セレーナ・ゴメス、黒人指導者に「私のインスタ使って」(2020年6月6日)|BIGLOBEニュース

ブラック アウト チューズデー インスタ

セレーナ・ゴメスが「元祖インスタ女王」らしい方法で人種差別抗議デモを支援することを明らかにした。 現時点でフォロワー数1億7千890万人以上を誇る彼女は、ランキングこそ、2億2千230万人を持つサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド、1億8千940万人を持つシンガーのアリアナ・グランデ、1億8千560万人を持つ俳優のドウェイン・ジョンソン、1億7千950万人を持つリアリティスターのカイリー・ジェンナーに次ぐ5位となっているが、それでも、彼女のインスタグラム上での影響力は絶大で、勢いを増すばかり。 on Jun 4, 2020 at 11:16am PDT アフリカ系アメリカ人画家チャーリー・パーマーの『Speak With Confidence(自身を持って語ろう)』という作品を投稿したセレーナは、その方法についてこう明かした。 「歴史において重要なこの瞬間について、どんな風にみんなに正しく情報を伝えたらいいか、とても悩んでいました。 自分のソーシャルメディアを有効活用するにはどうしたらいいのかを考えた結果、私たちはもっと、黒人の人たちの声を聞く必要があると感じました。 そうすれば、彼らは、自分たちの声を私たちに直接届けることができるから。 私たちみんなに、改善する義務があります。 まずは心と頭をオープンにして、耳を傾けることから始めましょう」 彼女がスタートする試みは、つまり、自分のインスタグラムアカウントでの情報発信の権限を「ブラック・ライヴズ・マター」の重要人物たちに一時的に委ねることで、膨大な数のフォロワーたちに、よりダイレクトに黒人コミュニティの生の声を届けようというもの。 セレーナは、以前は依頼される側として、自分もやったことがあるこの方法を、今度は逆に依頼する側として暗躍し、反人種差別主義活動家たちに情報発信の場を提供しようと考えたよう。 セレーナが完全にコントロールを委ねるのか、それとも、重要人物たちのリモート対談などが行なわれることになるのかは明かされていないが、この取り組みは間もなくスタートする。 セレーナは、6月2日火曜日に行なわれた、黒人への人種差別について熟考し、デモへのサポートを表明するオンラインスト「 Blackout Tuesday(ブラックアウト・チューズデー)」にも真っ黒な画面を投稿して参加したほか、。 黒人への人種差別の歴史や実態について知識を深めるためにチェックするべきアカウントや寄付すべき団体のアカウントとして、「 blklivesmatter」、「 whenweallvote」、「 colorofchange」、「 NAACP」の4つをリストアップして、ファンたちに紹介した。 (フロントロウ編集部).

次の

米音楽業界、G・フロイドの事件を受け“ブラックアウト・チューズデー”実施

ブラック アウト チューズデー インスタ

セレーナ・ゴメスが「元祖インスタ女王」らしい方法で人種差別抗議デモを支援することを明らかにした。 現時点でフォロワー数1億7千890万人以上を誇る彼女は、ランキングこそ、2億2千230万人を持つサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド、1億8千940万人を持つシンガーのアリアナ・グランデ、1億8千560万人を持つ俳優のドウェイン・ジョンソン、1億7千950万人を持つリアリティスターのカイリー・ジェンナーに次ぐ5位となっているが、それでも、彼女のインスタグラム上での影響力は絶大で、勢いを増すばかり。 on Jun 4, 2020 at 11:16am PDT アフリカ系アメリカ人画家チャーリー・パーマーの『Speak With Confidence(自身を持って語ろう)』という作品を投稿したセレーナは、その方法についてこう明かした。 「歴史において重要なこの瞬間について、どんな風にみんなに正しく情報を伝えたらいいか、とても悩んでいました。 自分のソーシャルメディアを有効活用するにはどうしたらいいのかを考えた結果、私たちはもっと、黒人の人たちの声を聞く必要があると感じました。 そうすれば、彼らは、自分たちの声を私たちに直接届けることができるから。 私たちみんなに、改善する義務があります。 まずは心と頭をオープンにして、耳を傾けることから始めましょう」 彼女がスタートする試みは、つまり、自分のインスタグラムアカウントでの情報発信の権限を「ブラック・ライヴズ・マター」の重要人物たちに一時的に委ねることで、膨大な数のフォロワーたちに、よりダイレクトに黒人コミュニティの生の声を届けようというもの。 セレーナは、以前は依頼される側として、自分もやったことがあるこの方法を、今度は逆に依頼する側として暗躍し、反人種差別主義活動家たちに情報発信の場を提供しようと考えたよう。 セレーナが完全にコントロールを委ねるのか、それとも、重要人物たちのリモート対談などが行なわれることになるのかは明かされていないが、この取り組みは間もなくスタートする。 セレーナは、6月2日火曜日に行なわれた、黒人への人種差別について熟考し、デモへのサポートを表明するオンラインスト「 Blackout Tuesday(ブラックアウト・チューズデー)」にも真っ黒な画面を投稿して参加したほか、。 黒人への人種差別の歴史や実態について知識を深めるためにチェックするべきアカウントや寄付すべき団体のアカウントとして、「 blklivesmatter」、「 whenweallvote」、「 colorofchange」、「 NAACP」の4つをリストアップして、ファンたちに紹介した。 (フロントロウ編集部).

次の