北斗の拳 天昇 有利区間。 北斗の拳天昇(設定6の挙動について)

北斗の拳天昇はランプを見なくても有利区間継続が解るらしい

北斗の拳 天昇 有利区間

北斗の拳天昇の有利区間の仕組みが知れ渡るようになって、今では超絶ハイエナ機として注目が集まっております。 超絶ハイエナ機なのは間違いないのですが、スペック 機械割 自体も優秀で、6号機初の北斗シリーズと言うこともあり、大事に扱っているホールは多いでしょう。 今回の記事では、今が旬である、北斗の拳天昇の 設定6の挙動について、詳しく見ていきたいと思います。 なお、実践データや現在公表されている数値等を基に、個人的な見解を含んだ内容のため、立ち回りの際には、「設定6はこういった挙動をしやすい」と、参考程度に読んでもらえればと思います。 設定6の実践データ まずは、レインボートロフィー 設定6確定 が出た台の実践データを以下に添付します。 実践データの詳細 通常遊技数総回転数:7325G 激闘B1回数 :15回 自力突破数5 突破率33. 2 有利区間リセット回数:16回 設定変更後含む、最後のヤメは除く 有利区間内RUSH当せん回数:14回 有利区間内RUSH当せん割合:87. 4 114. 設定6でも、激闘ボーナス2回目の当たりが、激闘ボーナス1回目より重くなるパターンもあり。 設定6ならより出しやすくなるため、突破もしやすくなりそう。 故に、前回の記事で書いた、デキレの可能性がかなり浮上してきました。 ここに大きな設定差がありそう。 故に、見た目の勝利期待度とは異なる、内部的なパーセンテージUPがありそう。 1000枚超え頻発は危険!) ・同一有利区間内RUSHの当せん割合が優秀(激闘ボーナス4スルーは危険信号!.

次の

北斗の拳天昇 有利区間継続時の恩恵|天井短縮+ゾーン強化+AT突入率アップ+ATレベル優遇

北斗の拳 天昇 有利区間

内部モード別の天井ゲーム数に関しては 通常Aが700G、 通常Bが600G、 通常Cが400G、そして チャンスが200Gとなっています。 また、天井到達時の挙動は状況によって異なり、通常A最深部以外では断末魔ゾーンを経由して激闘ボーナスに当選しますが、通常A最深部に到達した場合は断末魔ゾーンを経由せず激闘ボーナスに当選します。 さらに、通常A天井到達時にAT「真・天昇ラッシュ」非当選だった場合には激闘ボーナス終了後に有利区間がリセットされず、 次回チャンスモードへの移行が濃厚になるようです。 法則性は非常にシンプルで、 有利区間開始から1回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合には有利区間を引き継ぐというもの。 そして、2連続で真・天昇ラッシュに非当選だった場合、真・天昇ラッシュに当選して通常時に転落した場合には有利区間がリセットされます。 【オンラインカジノを始めたい人必見】 天井狙い目 内部モードやゾーン振り分け解析次第で狙い目は微調整していきますが、現時点での北斗の拳 天昇の天井狙い目は、通常時300Gハマリを目安ということにしておきます。 世紀末ゾーン突入に関わる世紀末ポイントや激闘ボーナス突破率に影響する昇舞魂の貯まり具合も考慮する必要がありそうですが、状況不問と仮定しても300G程度までハマっていればまず問題ないでしょう。 なお、その時点のハマリゲーム数は液晶左下に表示されているので、天井狙い稼働の際には液晶で正確なゲーム数を把握するようにしてください。 具体的には、 有利区間開始から400G以内に激闘ボーナスに当選している場合は130Gハマリ前後、 有利区間開始から401G以上で激闘ボーナスに当選している場合はゲーム数不問で天井狙いということで。 有利区間リセット後の天井狙い目に関しては、200Gゾーンをカバーしながら激闘ボーナス当選まで打ち切れる 190G~ということに変更します。 内部モードによって期待度の高いゾーンが異なる機種が多いですが、北斗の拳 天昇はどのモードも百の位が偶数ゲーム数がゾーンとなっているようです。 現時点では詳細振り分けは不明ですが、実戦値の200Gゾーンの当選率次第で天井狙い目を調整します。 ゾーン狙い目 現状は狙い目となるゾーンはなしということにしておきますが、実戦値や解析続報が入り次第ゾーン狙い目は再考察します。 ゲーム数のほかに狙い目になりそうなのは世紀末ポイント。 ただ、現時点では世紀末ポイントと昇舞魂の貯まるペースがどのくらいか分からないので、こちらも続報が判明次第追記していきます。 やめどき 北斗の拳 天昇のやめどきは激闘ボーナス、真・天昇ラッシュ終了後に即やめということで。 ただ、天井恩恵の項目で解説した通り、 最深天井到達時に真・天昇ラッシュ非当選だった場合はチャンスモードへの移行が濃厚となるので、その場合は激闘ボーナス当選までフォロー。 なお、激闘ボーナス終了後や真・天昇ラッシュ終了後には基本的に七星チャージ突入率&昇舞魂獲得率が優遇された『荒野ステージ』に移行しますが、スペック面やゲーム性を踏まえるとフォローする必要はないと考えています。 とは言え、詳しい解析や実戦値を見ないことには断定できませんし、最深天井到達時以外にも有利区間を引き継ぐ可能性があるので、もしやめどきに変更があれば改めて追記します。 まず、 真・天昇ラッシュ終了後や有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合は即やめということでいいでしょう。 北斗の拳 天昇はクレジットの右側に有利区間ランプがあるので、不安な場合は有利区間ランプが消灯したことを確認しておくとより安心です。 また、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが400G以内の場合も真・天昇ラッシュ後と同じく 即やめで。 そして、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが401G以上かつ真・天昇ラッシュ非当選だった場合は 次回激闘ボーナス当選までフォロー。 この時も心配なら有利区間ランプが一旦消灯しないかどうかを確認しておきましょう。 【やめどき】 ・真天昇ラッシュ終了後(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真天昇ラッシュ非当選(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から400G以内に1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):即やめ ・有利区間開始から401G以上で1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):激闘ボーナス当選まで <解析まとめ・記事一覧>.

次の

北斗の拳 天昇|ゲーム数狙い&有利区間引継ぎ狙い 3台 データ&稼働 その1

北斗の拳 天昇 有利区間

パチスロ北斗の拳天昇がついにホールに導入されました。 6号機では初の北斗シリーズで、リゼロ一強の現在の6号機市場にどう影響を与えるか気になる機種でもあります。 導入されてまだ日が浅い為、まだ完全な解析情報等が出回っていないものの、既に2chや攻略系サイトには有利区間のリセットタイミングや狙い目などの情報が出回っているようです。 今回の記事では、 北斗の拳天昇における有利区間と狙い目について、ホールのデータを基に、私自身の視点で分析した内容を具体的に見ていきたいと思います。 有利区間のリセットタイミング 現在出回っている情報だと、有利区間のリセットタイミングは以下となっております。 ・設定変更後 ・RUSH終了後 ・有利区間リセット後の激闘ボーナス2回目敗北後 上記3つの条件が有利区間のリセットタイミングとされているそうですが、実際のホールのデータを見て検証してみます。 この履歴データを分析するとこんな感じでしょうか。 分析した結果を見てみると、有利区間のリセットタイミングは、「設定変更後」「RUSH終了後」「有利区間リセット後の激闘ボーナス2回目敗北後」で間違いなさそうです。 有利区間通常ゲーム数合計 北斗の拳天昇では4つのモードがあることは既に公表されています。 これを基に、有利区間通常ゲーム数の合計を考察すると、 「1000GがMAX」となるのが読み取れます。 先ほどの履歴データ分析を見てみても、激闘ボーナス1回目と激闘ボーナス2回目の当たりゲーム数の合計は、1000以内に収まっています。 北斗の拳天昇は純増が約6. 3枚なので、最大2400枚を出す為には約400GのAT区間が必要で、バッファ区間100Gを考慮すると、 有利区間通常の最大は1000Gに設計されるのは必然となってくるでしょう。 裏を返すと、 通常時を1000G回せば2回の激闘ボーナスが当たることになります。 以下に当たり方のパターンを挙げてみます。 灰色になっている部分のパターンは基本的には選択されないかと思われます。 また、激闘ボーナス1回目と激闘ボーナス2回目の有利区間通常ゲーム数合計が1000を超えるパターンも選択されないでしょう。 こうやってみると、 モード移行 当たり のパターンは7つしかないのが分かります。 まとめ 北斗の拳天昇の有利区間を考察すると、かなりシンプルなモード移行となっており、狙い目は以下となるでしょう。 」は必ず確認してから狙うと良いでしょう。 単純に、前回600Gで当たっているから・・・という履歴チェックをしないで打つと、「実は有利区間リセット後の激闘ボーナス2回目の当たりが600Gだった」ってこともあり得ますので。

次の