仁王2 忍 ステ振り。 仁王2攻略 序盤おすすめのステ振りや振り直しと六道輪廻の書の入手法

【仁王】刀のステータスの振り方・育成例

仁王2 忍 ステ振り

ただし、立ち回りが似ている点に加え、火力もさほど差がないので、攻略上で両立するメリットはあまりない。 刀を使う場合のステータス振り例 ステータス レベル50 レベル100 レベル150 体 10 16 20 心 41 75 99 剛 5 5 5 武 5 5 5 技 10 20 33 忍 5 5 5 呪 5 5 5 霊 11 11 20 刀は心のステータスの補正値が最も高いため、 心を中心に上げていく必要がある。 とはいえ、バランスよく育成した方が楽に攻略できるので、火力だけではなく耐久力や守護霊の効果にも気を使いたい。 軽鎧の特殊能力を発動させるために、体と技はある程度上げておきたい。 基本的に、装備したい防具の最低限のステータスに振れば良い。 技は攻撃力にも影響するが、攻撃力を上げるには心を上げた方が効率が良いので、防具のためと割り切って問題ない。 霊は守護霊の効果が重要なので、装備する守護霊によって必要な数値が多少変わってくる。 ゲーム序盤は 体・心・技・霊のステータスを平均的に成長させる必要があるが、体・技・霊のステータスがある程度揃う中盤以降は、 心を育てて火力をガンガン上げていこう。 刀は心、槍は体を参照するため相性が悪いようにも思えるが、武と技でC以上の補正をかけられる点が優秀。 また、体、心ともに優秀なステータスなので、安定した攻略にも役立つ。 刀と槍をメインで使うメリットとしては、状況に応じた使い分けに加え、防具を前提とした育成が可能な点が挙げられる。 軽鎧を使う場合は技を、中鎧を使う場合は武のステータスを上げていこう。 「信じるのは二刀のみ!」育成例 ステータス レベル50 レベル100 レベル150 体 10 10 10 心 47 97 99 剛 5 5 5 武 5 5 5 技 5 5 53 忍 5 5 5 呪 5 5 5 霊 10 10 10 防具を付けず、 純粋に刀の火力だけを追い求めた極端な育成例。 精霊は、攻撃力と気力回復に優れた禍斗を使用。 禍斗の効果を最大限発揮できるように霊に10Pだけステータスを振っておく。 体もHP上昇効率がいい10Pまで振ればOK。 あとは、心にステータスを全振りして、ひたすら火力を追い求めたい。 心がカンストしたら技を強化していき、さらなる高みを目指そう。 この育成例の場合、最初に選ぶ守護霊は武が上がる禍斗ではなく 霊が上がる磯撫がおすすめ。 禍斗は中国編サブミッション「三柱の荒神」をクリアして入手しよう。

次の

【仁王2】忍特化のクナイマンビルドが強い!簡単操作でアムリタ稼ぎにも便利!

仁王2 忍 ステ振り

鎖鎌はほかの武器とは違い、忍を上げることで効率良く火力が伸びていく。 ほかの武器と共存させる場合、忍が無駄になるというデメリットがあるが、その分ニンジャスキルを駆使した戦いができるという利点もある。 心・体・技にある程度振る必要があるが、基本的に忍に振るだけで強力なキャラクターに育成できるだろう。 鎖鎌を使う場合のステータス振り例 ステータス レベル50 レベル100 レベル150 体 10 16 20 心 10 15 15 剛 5 5 5 武 5 5 5 技 15 20 23 忍 31 65 99 呪 5 5 5 霊 11 11 20 武器は鎖鎌のみ、防具は軽鎧を前提としたステ振り例。 鎖鎌の主な対応ステータスは忍のため、体力や気力を補強するために体や心にも多少振る必要がある。 体はHP上昇効率がいい10Pまでは必ず振り、それ以降は防具の効果を解放するために必要な数値を最低限振ろう。 技も軽鎧を装備するために必要なステータスなので、必要なステータスを随時振っていこう。 心は気力上昇効率がいい15Pまでは早い段階で振っておきたい。 霊は守護霊の効果を解放するために、それなりに育てた方が効率よく進められる。 初期守護霊をそのまま使うのであれば11P(禍斗は10P)で十分。 これ以外の守護霊を使う場合は、欲しい効果が発揮するまで育てよう。 それ以外のポイントはすべて 忍 に振り、ガンガン火力を上げていこう。 さらに忍のステータスを上げていくので「忍術」を心置きなく使うことができるのも見逃せない。 「猫歩きの術」と「透っ破の術」を使えば、道中をサクサク進められるので必ず覚えさせよう。 共通ステータスは技でなので、忍と同じペースで振っておくと鎖鎌と刀の火力を両立できる。 そのほかのステータスは、上記で紹介した鎖鎌単体の時と同じで問題ない。 「信じるのは鎖鎌のみ!」育成例 ステータス レベル50 レベル100 レベル150 体 10 10 10 心 15 15 15 剛 5 5 5 武 5 5 5 技 5 5 43 忍 37 87 99 呪 5 5 5 霊 10 10 10 防具を付けず、 純粋に鎖鎌の火力だけを追い求めた極端な育成例。 精霊は、攻撃力と気力回復に優れた禍斗を使用。 禍斗の効果を最大限発揮できるように霊に10Pだけステータスを振っておく。 体はHP上昇効率がいい10Pまで、心は気力の上昇効率がいい15P振ればOK。 あとは、忍にステータスを全振りして、ひたすら火力を追い求めたい。 忍がカンストしたら技を強化していき、さらなる高みを目指そう。 この育成例の場合、最初に選ぶ守護霊は武が上がる禍斗ではなく 霊が上がる磯撫がおすすめ。 禍斗は中国編サブミッション「三柱の荒神」をクリアして入手しよう。

次の

【仁王】おすすめステ振りとステータス上がり幅

仁王2 忍 ステ振り

Contents• 仁王「強者の道」本編クリア時のステ振り 「忍」99 で鎖鎌と忍術が超強力 今回の 「強者の道」では 「鎖鎌」を使ったので、 「 忍」に優先的に振り分けています。 中盤のメインミッション関ヶ原編「不死身の焔」 火のボス加賀孫一 辺りで上限の 「忍」99になりましたが、終盤はかなり ダメージが上がっていたように思います。 セット防具、守護霊、武器特性の影響も大きいです RPGなんでレベルを上げたら上げるだけ強くなるのは当たり前ですが 「強者の道・女王の目」ミッションレベル 320の所を、 レベル 167のキャラで倒せるのは「忍」99の鎖鎌の破壊力を感じます。 ミッションレベルの定義はさっぱり分かりません。 【強者の道】鎖鎌関連: 「忍」99で有り余ったポイントは「常時発動」を習得 「忍」に99も振り分けるとニンジャスキル値が結構な量になります。 使うタイプの術系を増やしても 術ショートカットは仙薬抜きで7個しか割り当てられないので、 常時発動の防御力アップ系や遠距離武器関係を習得するのがオススメです。 「忍」99のクナイは「強者の道」でもゴリゴリ削る このブログで幾度となく書いていますが 「クナイ」は元々便利で強いですが 「忍」99だと更に強いです。 この手の攻撃ってHPを少しずつチクチク削るイメージですが、仁王の 「クナイ」は「強者の道」のボスでもHPをゴリゴリ削れます。 面倒なサブミッションが必須の「強者の道」では尚更「クナイ」の存在は大きいです。 【クナイ】関連: 「呪」は40 で十分 「 呪」は40あれば主要な陰陽術は全て使える感じです。 あまり多く習得しても術ショートカットに割り当てられませんし、特定の陰陽術 遅鈍符、結界符など がズバ抜けているので、「強者の道」では 「呪」は 40で十分といった印象です。 主の守護霊を、アムリタ稼ぎ時は「シアーシャ」、ボス戦時は「禍斗」と使い分けると効率が格段にアップします。 「剛」20 で俊敏さアップ 「強者の道」で 「 剛」にポイントを振り分ける狙いは 「装備の重さ」の比重を下げて 「 俊敏さ」を高めるためです。 「剛」に20振り分けたことで、セットボーナスが強烈な 「日本一の兵の鎧」を 5つ装備しても 「俊敏さ B」である程度身軽に動けるように動けるようになっています。 個人的には、より軽快に動きたいボス戦では胴 上着 や兜を外して「装備の重さ」を下げて戦ってます。 近接武器攻撃力増加の新サムライスキル 「武器術の練磨」があるのでサムライスキル値は多いほど良いですね。 最後に「 忍99鎖鎌 強者の道 本編メインミッション 全ボス攻略動画」をご紹介します。 忍99鎖鎌「強者の道」本編メインミッション全ボス攻略動画.

次の