中野 たい が 父。 『五等分の花嫁』54話 感想、物語の鍵を握る中野父!愚者たちの願いの行方はいかに...!?

『中野のお父さん』北村 薫

中野 たい が 父

マンガやアニメにまつわる店舗が集まるサブカルの殿堂「中野ブロードウェイ」、コンサートや結婚式が行われる「中野サンプラザ」など、有名スポットが点在する中野。 JR中野駅前には商店街がいくつも連なり、人通りが絶えないにぎやかで少し懐かしさを感じる庶民的な街といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そんな中野が駅前の再開発を経て、新しい街に生まれ変わっています。 それに伴い注目度も高まっており、SUUMOが毎年実施している「住みたい街ランキング2014」では、12位にランクイン。 また、住宅や不動産関連で働く人の声をまとめた「不動産のプロがおススメする街ランキング」でも、1位 吉祥寺、2位 武蔵小杉に次いで、品川と同順の3位に中野がランクイン。 さらには、不動産のプロが選ぶ「実は穴場な街ランキング」では、堂々の1位を獲得しているのです! 不動産のプロが推している中野には、いったいどんな特徴があるのでしょうか? じっさいに街を歩きながら、編集部が発見した魅力を紹介したいと思います。 まずは、中野についてザッとおさらいしてみましょう。 新宿や千葉方面に一本でアクセスできる。 また区内には地下鉄丸ノ内線と西武新宿線、都営大江戸線が走っている。 ほかにも、幅広いジャンルのコンサートを開催する「中野サンプラザ」など文化の色が濃い。 キリンなどの企業が入居する「中野セントラルパーク」をはじめ、明治大学と平成帝京大学のキャンパスが開校。 さらに、早稲田大学が留学生を中心とした学生寮を開設した。 また、中野区に住む人の半数以上が単身世帯であり、20代の人口比率が高いのも特徴。 ちなみに、「あなたは、もう忘れたかしら」から始まる歌詞で有名な昭和の青春ソング『神田川』のモデルになった場所も中野界隈といわれています。 かねてより若者が住む街として定着しているのかもしれません。 では、地元の人々は中野の住環境をどうとらえているのでしょうか? 中野に本社を置く不動産会社「スペース」の西村亘さんと白髭純一さんにお話を伺ってみました。 「再開発で駅前が一新され、オシャレなお店やカフェも多くなりました。 昔ながらの小さな商店も元気なので商店街も活気づいていますし、いい意味で新しさと古さが共存している街だといえるのではないでしょうか。 新宿から数分という利便性抜群の場所にある割に、家賃相場が低いのも魅力だと思います」(西村さん) 「最近は駅周辺を中心に単身者向けのワンルームアパートが増えていますね。 あとは築年数の経った建物が多いため、リノベーションをして内装を綺麗にして貸し出しているケースが多くなってきました。 そうした影響もあってか、若い女性もじわじわ増えてきているように感じます 」(白髭さん) 西村さんのお話を参考に中野という街の魅力をざっくりまとめると 1. 再開発で街が綺麗になっている 2. 交通の利便性とコスパの良さ 3. 昔ながらの商店街に活気がある 4. 若い女性にとっても暮らしやすく、人気が高まっている といった点が挙げられそうです。 では、そうした観点をふまえ、さっそく街を歩いてみましょう。 左が明治大学、右手が平成帝京大学のキャンパス。 合計8000人近くの学生が勉学に励んでいる 北口の整備は今も進行中で2018年以降に完了する予定。 ほかにも新北口駅前広場ができるとか。 今後もさらににぎわいそうです。 再開発による街の変化について、再開発と同時期に活動をスタートさせた「中野区観光協会」の理事長・宮島茂明さんにお話を伺いました。 「長い間変わらない場所だった中野が、いま再開発をきっかけに一気に変化を遂げています。 そうした背景がありながらも、中野だったらイベントにしても事業にしても何かやれそうだなという空気感がありますね。 中野はとてもオープンで、コミュニティの接点を持ちやすい土地柄です。 都会でありながらお祭り事にも積極的で、横のつながりができやすいですね。 観光協会として、今まで中野に住んでいた人とこれから中野に住む人をつなげていきたいですね」(宮島さん) 今後の展望を伺うと、「大学のキャンパスもできたので今後は学生と協働して、インターンの受け入れや学生主体の企画などを考えていきたい」と熱い思いを語ってくれました。 再開発を契機に、街全体が活性化の方向へ勢いを増しているようです。 現在、中野区の総人口は約30万人で、その人口密度は23区中3位となっています(平成25年1月1日現在、住民基本台帳より)。 中心部でもあるJR中野駅周辺には昼夜問わず多くの人が集まり、学生や主婦をはじめご高齢の方まで多くの人々が行き交っていました。 中野駅に乗り入れているのは、中央線・東西線・総武線の3路線。 中央線快速に乗れば新宿まで約5分、東京駅まで約18分とアクセス良好。 また東西線で大手町や浦安方面に、総武線で秋葉原・千葉方面に出ることができます。 アクセスの良さに続いて気になる家賃ですが、1K・1DKの場合は中野駅周辺の相場が8万2300円。 ちなみに、新宿からの距離が中野と同等の代々木上原駅周辺の相場は9万5700円、また、ターミナル駅から急行(快速)で1駅という同じような立地の中目黒駅周辺の相場は10万6800円となっています。 やはり中野は割安でコスパが良いといえそうです。 (SUUMO掲載情報より 2014年11月27日時点) 続いて、北口を出て右手、買い物客でにぎわう「中野サンモール商店街」をのぞいてみます。 ギタリストでもいらっしゃる店主の鈴木雅己さん(右)と、シンガーの上間成子さん(左)ご夫婦。 営業中はお二人とセッションもできるそう。 演歌からジャズ、AKB48まで幅広いジャンルの歌に対応可能 確かにこうしてみると商店街や飲食店の充実ぶりは目を見張るものがあります。 地元の方々が集まるお店もたくさんあって、住むと本当に楽しそう。 こうした中野のにぎわいはいつごろから形作られていったんでしょうか?中野サンモール商店街理事長の大月浩司郎さんにお話を伺いました。 「現在の中野サンモール商店街があるあたりは、すでに昭和の初めには商店街があり、終戦後に闇市ができたのですが、ロケーションの良さに恵まれていたこともあって人通りが多い場所でした。 しかしその後、新宿や渋谷など魅力的な商業エリアが増えていくなかで、中野の商店街は古びたイメージから抜け出せずに置いてきぼりになり、低迷していた時期が長くありました。 そうして人が集まるようになり、商店街もだいぶ活気を取り戻しましたね。 最近では外国からの旅行客も増えてきているんです。 とんがったコンセプトの個店が多いので、そのお店目がけてピンポイントで訪れる人も多いんですよ」(大月さん) 確かに飲食店をはじめ店主のこだわりを感じるお店が多い印象。 住んでみるといろいろな世界感に触れることができ、刺激や発見がありそうです。 前夜祭では駅前の特設ステージでバンドやミュージシャンが本格的な音楽を披露。 散歩中の親子や帰りがけの会社員がふらっと立ち寄って楽しんでいる姿も。 女性が一人で参加している様子も印象的 前夜祭の司会を務めるのは、現役看護師にして中野在住のアイドル、メトロポリちゃんV(ファイブ)さん。 中野の魅力について聞いてみると、「こんな奇抜な私でも受け入れてくれるウェルカムな温かさがあります。 私は一人暮らしですが、女性一人でも気兼ねなく食べに行けるご飯屋さんもたくさんありますし、衣食住が満たされていて本当に暮らしやすいんです」と教えてくれました。 確かに街を歩いていると、女性が一人で入りやすそうな飲食店も多いような気がします。 そう思いつつ、歩みを進めていると中野駅南口から徒歩3分ほどのところに、こじんまりとした料理店「tententen中野」を発見。 カウンターがメインの10席ほどの店内では、全国から厳選したこだわりのカップ酒を25~30種類楽しむことができます。 旬魚のお刺身や季節の食材を使った煮物など、お酒のお供も盛りだくさん。 木目調で温かみのある店内は、ほとんどが女性の一人客で埋まってしまうそう。 この日カウンターに立っていた女性のスタッフさんも関西から中野に引越して3年、「中野に住む人は優しい人が多くて、都会なのに田舎の近所づきあいのようなつながりもできます。 住み心地は抜群です!」と太鼓判。 女性がオーナーを務める「tententen中野」。 わが家のようなくつろぎ感が軒先からもあふれている 個人的に中野というと、男性向けの街というイメージでしたが、最近は女性のニーズにも応える街へと変化しつつあるようです。 新宿などの都心に隣接し、再開発によって働き世代や学生たちが増えるなかでも、どこかホッとするような懐かしさがある中野。 商店を営む地元の方々のこだわりは受け継がれながらも、新しい文化や暮らし方を受け入れてくれる懐の深さ、それが中野の住みやすさの根底にあるのかもしれません。 また、女性が一人でも気にせず入れるお店が多いのも、中野の新たな魅力として、今後注目されていくポイントではないでしょうか。 「不動産のプロがおススメする街ランキング」だけではなく、「みんなが選んだ住みたい街ランキング」で上位に飛躍する日も近いかもしれません。 取材・文:末吉陽子(やじろべえ) 撮影:古末拓也.

次の

『中野のお父さん』北村 薫

中野 たい が 父

出会いスポットに行ったけど、ナンパに失敗…。 最終手段で試しにハッピーメールに登録してみたら、速攻で女の子と待ち合わせできた…w。 最初からハッピーメール使っておけばよかったわ…。 今も1ヶ月に2回くらいはその子と飲み行ったり遊んだりしてます。 [こんな人におすすめ!] ・今近くにいる人と出会いたい方 ・今夜の飲み仲間をサクッと探したい人 ・大人の出会いを探してる人 <もちろん登録無料「0円」> 出会いがある居酒屋 なかなか出会いがないと嘆いているそこのあなた。 人が集まるところといえば、お酒のある場所! そんな中でも、みんなでワイワイしているところが居酒屋です。 隣の席に座っている人と乾杯!なんて事も少なくありません。 中野にも人が盛り上がり好きが集まる居酒屋は意外とあります。 その中でも、カミングアウト編集部がオススメする居酒屋を紹介していきます。 Anniversary Lounge Nakano お店自体はこじんまりしていますが、清潔感がある相席ラウンジです。 VIPルームも用意されていて薄地の黒いカーテンに覆われているのが、若干エロい。 周囲にビジネス街があるためか、集まってくる男女はどちらも真面目なサラリーマン、OL風の人が多い。 しかも、入店時に身だしなみチェックを実施していますから、チャラ男やギャル系の人が少ない印象です。 女性1人で来店するツワモノもいるため、相席できる確率は1人で行っても高いんです! チャージ料500円取られてしまいますが、フードもドリンクも一般的な相席居酒屋より美味しいものを食べることができますよ! 住所: 中野駅南口徒歩2分 中野駅から232m 営業時間:「月〜木」19:00~翌2:00 「金・土・祝前」19:00〜翌5:00 定休日:無休 料金:2000〜3000円 電話番号: 参照HP: 鎌倉酒店 「酒のかまくら」という酒販店が経営している立ち飲み屋です。 焼き鳥は1本100円~、国産牛のステーキ炙り焼きも600円とかなりリーズナブル! 完全禁煙のお店ですから、女性客も入りやすい!そして何よりもスタッフがフレンドリーです。 16時からオープンしていますが、さすがに早い時間はおっさん率が高い…。 19時~21時頃に若い女性が出入りしてきます。 気がつけば満員状態…となっていますから、ちょっと早めに行くのが正解ですよ! 住所: JR中央線、東京メトロ東西線【中野駅】南口 徒歩2分 中野駅から173m 営業時間:月~土16:00~23:00 日15:00~22:00 定休日:無休 料金:1000〜2000円 電話番号: 参照HP: 麦酒大学 注ぎ方だけでビールの味を変えてしまうビール屋さんです。 「人生観を変えるキリンラガー」というのぼりがお店の間にガツンと置いてあり、「大学」という名前通り黒板にビールの注ぎ方が事細かく記載されています。 ちなみに写真撮影OKなので、家に帰ってからも実践できる! メニューはすべてビールです!ちょっとだけカクテルもありますけどね。 内容は「大学注ぎ」「二度注ぎ」「三度注ぎ」など、泡や味に合わせた注ぎ方をメニューの違いとして書かれています。 そんな違いを楽しむためにビール党が集まってくるので、ビール好きは足を運びましょう。 サバサンドに、塩サバ串、サバづくし盛りなどところんサバを堪能してください。 そして万が一、サバが苦手だという人がいればモツ煮や焼き豚といった、スタンダードな居酒屋料理もあるので安心してください。 え~ さば銀だけにサバサバした女子が集まるそうです。 住所: JR中央線、東京メトロ【中野駅】北口 徒歩2分 中野駅から153m 営業時間:[月〜土]16:00〜23:00 L. O [日・祝]15:00〜23:00 L. O 定休日:年中無休 料金:2000〜3000円 電話番号: 参照HP: 出会いがあるバー 居酒屋・相席・合コンはちょっと…なんて言うプライドが高いあなたにはバーがオススメ! 条件に「趣味が合う人」「一緒に趣味を楽しみたい」と言う人はこれから紹介するバーに行ってみて欲しい。 ピアノやジャズの生演奏を聴きながらお酒が飲めるお店なので、意気投合してそのままお付き合い。 ゴールインしたなんて話もあります。 きっと運命の相手は音楽とお酒が繋いでくれるのかも。 HUB 中野南口店 ナンパ師御用達の本格ブリティッシュバーです。 スポーツ観戦がこのお店のスタンダードで、サッカーはもちろん野球にボクシングなど、いろんな人が観戦に訪れます。 と言ってもカウンターには椅子ががっつりありますけどね。 スタッフが若く、お店全体がライトな雰囲気ですからナンパしやすいです! 自家製ビールが好評で、フルーティーで飲みやすい「ホワイト」は女性に大好評。 すべてオリジナルですから、味わい深い「IPA」や「ペールエール」もおすすめ。 実はお代わりを頼む場合、ジョッキを自分で洗ってスタッフに渡すのがルールですから、ふとしたことがきっかけでお客さんと会話できますよ。 住所: JR中野駅 北口 徒歩6分 中野駅から386m 営業時間:【月~金】 17:00~23:30 L. 23:00 【土】15:00~23:30 L. 23:00 【日祝】15:00~22:30 L. 22:00 定休日:なし(年末年始除く) 料金:2000〜3000円 電話番号: 参照HP: vivo daily stand 都内に20店舗を構えるワインバーです。 メニューの融通がきくのがここの特徴で、例えばコーヒーつきのカレーセットに200円プラスすると、コーヒーをビールに変更することができます! クオリティーが高いと評判のフードもほとんど400円で食べられます。 この点も独身が多い中野にはピッッたりマッチしていると言えますね。 入りづらい…と感じるバーが多い中、誰でも歓迎してくれるから、楽しく過ごせるのが人気のあるポイントでしょう。 ビッグイベントにはスポーツ観戦もできますから、ぜひ足を運んでください! 住所: JR中央線、東京メトロ東西線【中野駅】南口 徒歩2分 中野駅南口下車、龍生堂の脇のレンガ坂を上って左側。 中野駅から137m 営業時間:17:00~翌2:00 定休日:年中無休 料金:1000〜3000円 電話番号: 参照HP: パニパニ パニパニには名物のパリパリ餃子があります! 皮からすべて手作りで、かなりパリパリ食感が楽します。 お値段もパリッパリの250円!( 特に意味はありません) なぜかカレーも美味しいお店として有名で、これらがすべて300円程度で楽しめる。 お店が狭いため、10人も入れば満員の雰囲気。 でも20人詰め込んでいる光景をよく目にします。 1人で来ているお客さんが多く、女性客の姿もちらほら見られるので、1人でナンパするのにもおすすめですよ! 住所: JR中央線、東京メトロ東西線【中野駅】北口 徒歩7分 中野駅から438m 営業時間:[月~木]17:00~翌0:00 [金・土]17:00~翌1:00 定休日:日曜日 料金:1000〜2000円 電話番号: 参照HP: 遊びBARラブラ 女子大生や20代のOLに人気のバーです。 名前の通り、いろんなことで遊ぶことができます! カラオケにダーツにテレビゲームに映画まで観れる!暇つぶしといえばそうかもしれませんが、アミューズメントを通して話しかけるチェンスはかなり広がります! 年齢層が若いこともあってか、会話を嫌がるような女性はあんまりいません。 「君のブルにヒットさせたい」とか言って、ダーツにでも誘いましょう。 「ブルって何?」と聞き返された場合には、すぐに別のゲームに切り替えてください。 住所: 中野駅南口から徒歩3分 中野駅から173m 営業時間:18:00~23:00(22:00 L. 雑居ビルの1階にある看板に、ちゃんと「自称」で書かれています。 しかし、この看板につられてやってくるお客さんは多いようで、やはり皆さんバーには雰囲気を求めてやってくるのか。 ちなみに訪れたお客さんのほとんどが「おしゃれだけど一番ではないと思う」との素晴らしい評価を下しています。 学生にとってはおしゃれに感じるのか、女子大生率も高いです! 2時間飲んでもお会計が3,000円程度で済むと、コスパは最高との声もありますから、看板に引っかかってみるのもいいですよ。 住所: JR中央線、東京メトロ東西線【中野駅】南口 徒歩4分 中野駅から301m 営業時間:19:00~Last 定休日:無休 料金:3000〜4000円 電話番号: 参照HP: 自然と出会える場所!ストナンがメイン たくさん紹介して来ましたが、基本夜。 もっとナチュラルに出会いたい。 そんな希望を持っている人もいますよね。 そんな人には、こんなところに行って見ましょう!! 中野駅周辺 単身者が多い中野には、駅周辺に学生やOLが集まります。 帰宅時間を狙って声をかけてみましょう。 1人暮らしで若い人はノリがいいのか、気軽に声をかけたとしても舌打ちされるようなことはありません! 「可愛いから声をかけました!アハっ!」と話しかけても大丈夫です。 ただ、 あまりにチャラい感じで声をかけると、怖がられるので注意しましょう。 住所: イベントで出会いが欲しいなら街コンがおすすめ! 東京で今、人気の街コンといえば「GOALL」! 都内で毎週末バル形式の街コンイベントを実施しているサービス! バル形式の店舗で行われる街コンイベント「恋バル」から、登山やテニスなどをやりながら出会える「趣味コン」までイベントの種類も豊富。 また出会いの場に行きたいのに、仕事の都合などでなかなか思うようにスケジュールが作れないという人も多くいます。 そんな人にオススメなのが、マッチングアプリ ! いつでもどこでも気軽に使えるマッチングアプリは、気軽に出会いが求められるツールとして大人気。 今日本で一番使われている出会いサービスです。 近くの人を検索できる機能から今すぐ会いたい機能など、あなたに合った探し方ができます。 全国どこでも利用できるので、まずはお気軽な出会いをハッピーメールで探してみてはいかがでしょうか。 《こんな人におすすめ》 ・一週間以内に彼氏彼女が欲しい人 ・近くにいる人と出会って遊びたい人 ・週末に一緒に飲みに行ける人を探したい人 <もちろん登録無料「 0円」> さくっと会える相手から真剣な出会いまで!今『PCMAX』が大人気! 会員数1300万人突破した「PCMAX」。 ハッピーメールよりもっと気軽な出会いを探してる人におすすめ。 実はさくっと会える相手を探せるアプリとして大人気なんです! すぐに会える異性を見つける機能(アポ待ち機能)があって、さくっと会える相手を探せちゃいます。 合コンできる相手を探したい人や真剣な恋人探しをしたい人は登録しちゃいましょう! ビデオチャット機能で自宅でオンラインも可能! 《こんな人におすすめ》 ・今夜遊べる相手を探したい人 ・気軽に飲みに出かけたりする相手が欲しい人 ・まずは数多くの異性と出会いたい人 <もちろん登録無料「 0円」>.

次の

PROFILE│中野たいせいOFFICIAL SITE

中野 たい が 父

マンガやアニメにまつわる店舗が集まるサブカルの殿堂「中野ブロードウェイ」、コンサートや結婚式が行われる「中野サンプラザ」など、有名スポットが点在する中野。 JR中野駅前には商店街がいくつも連なり、人通りが絶えないにぎやかで少し懐かしさを感じる庶民的な街といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そんな中野が駅前の再開発を経て、新しい街に生まれ変わっています。 それに伴い注目度も高まっており、SUUMOが毎年実施している「住みたい街ランキング2014」では、12位にランクイン。 また、住宅や不動産関連で働く人の声をまとめた「不動産のプロがおススメする街ランキング」でも、1位 吉祥寺、2位 武蔵小杉に次いで、品川と同順の3位に中野がランクイン。 さらには、不動産のプロが選ぶ「実は穴場な街ランキング」では、堂々の1位を獲得しているのです! 不動産のプロが推している中野には、いったいどんな特徴があるのでしょうか? じっさいに街を歩きながら、編集部が発見した魅力を紹介したいと思います。 まずは、中野についてザッとおさらいしてみましょう。 新宿や千葉方面に一本でアクセスできる。 また区内には地下鉄丸ノ内線と西武新宿線、都営大江戸線が走っている。 ほかにも、幅広いジャンルのコンサートを開催する「中野サンプラザ」など文化の色が濃い。 キリンなどの企業が入居する「中野セントラルパーク」をはじめ、明治大学と平成帝京大学のキャンパスが開校。 さらに、早稲田大学が留学生を中心とした学生寮を開設した。 また、中野区に住む人の半数以上が単身世帯であり、20代の人口比率が高いのも特徴。 ちなみに、「あなたは、もう忘れたかしら」から始まる歌詞で有名な昭和の青春ソング『神田川』のモデルになった場所も中野界隈といわれています。 かねてより若者が住む街として定着しているのかもしれません。 では、地元の人々は中野の住環境をどうとらえているのでしょうか? 中野に本社を置く不動産会社「スペース」の西村亘さんと白髭純一さんにお話を伺ってみました。 「再開発で駅前が一新され、オシャレなお店やカフェも多くなりました。 昔ながらの小さな商店も元気なので商店街も活気づいていますし、いい意味で新しさと古さが共存している街だといえるのではないでしょうか。 新宿から数分という利便性抜群の場所にある割に、家賃相場が低いのも魅力だと思います」(西村さん) 「最近は駅周辺を中心に単身者向けのワンルームアパートが増えていますね。 あとは築年数の経った建物が多いため、リノベーションをして内装を綺麗にして貸し出しているケースが多くなってきました。 そうした影響もあってか、若い女性もじわじわ増えてきているように感じます 」(白髭さん) 西村さんのお話を参考に中野という街の魅力をざっくりまとめると 1. 再開発で街が綺麗になっている 2. 交通の利便性とコスパの良さ 3. 昔ながらの商店街に活気がある 4. 若い女性にとっても暮らしやすく、人気が高まっている といった点が挙げられそうです。 では、そうした観点をふまえ、さっそく街を歩いてみましょう。 左が明治大学、右手が平成帝京大学のキャンパス。 合計8000人近くの学生が勉学に励んでいる 北口の整備は今も進行中で2018年以降に完了する予定。 ほかにも新北口駅前広場ができるとか。 今後もさらににぎわいそうです。 再開発による街の変化について、再開発と同時期に活動をスタートさせた「中野区観光協会」の理事長・宮島茂明さんにお話を伺いました。 「長い間変わらない場所だった中野が、いま再開発をきっかけに一気に変化を遂げています。 そうした背景がありながらも、中野だったらイベントにしても事業にしても何かやれそうだなという空気感がありますね。 中野はとてもオープンで、コミュニティの接点を持ちやすい土地柄です。 都会でありながらお祭り事にも積極的で、横のつながりができやすいですね。 観光協会として、今まで中野に住んでいた人とこれから中野に住む人をつなげていきたいですね」(宮島さん) 今後の展望を伺うと、「大学のキャンパスもできたので今後は学生と協働して、インターンの受け入れや学生主体の企画などを考えていきたい」と熱い思いを語ってくれました。 再開発を契機に、街全体が活性化の方向へ勢いを増しているようです。 現在、中野区の総人口は約30万人で、その人口密度は23区中3位となっています(平成25年1月1日現在、住民基本台帳より)。 中心部でもあるJR中野駅周辺には昼夜問わず多くの人が集まり、学生や主婦をはじめご高齢の方まで多くの人々が行き交っていました。 中野駅に乗り入れているのは、中央線・東西線・総武線の3路線。 中央線快速に乗れば新宿まで約5分、東京駅まで約18分とアクセス良好。 また東西線で大手町や浦安方面に、総武線で秋葉原・千葉方面に出ることができます。 アクセスの良さに続いて気になる家賃ですが、1K・1DKの場合は中野駅周辺の相場が8万2300円。 ちなみに、新宿からの距離が中野と同等の代々木上原駅周辺の相場は9万5700円、また、ターミナル駅から急行(快速)で1駅という同じような立地の中目黒駅周辺の相場は10万6800円となっています。 やはり中野は割安でコスパが良いといえそうです。 (SUUMO掲載情報より 2014年11月27日時点) 続いて、北口を出て右手、買い物客でにぎわう「中野サンモール商店街」をのぞいてみます。 ギタリストでもいらっしゃる店主の鈴木雅己さん(右)と、シンガーの上間成子さん(左)ご夫婦。 営業中はお二人とセッションもできるそう。 演歌からジャズ、AKB48まで幅広いジャンルの歌に対応可能 確かにこうしてみると商店街や飲食店の充実ぶりは目を見張るものがあります。 地元の方々が集まるお店もたくさんあって、住むと本当に楽しそう。 こうした中野のにぎわいはいつごろから形作られていったんでしょうか?中野サンモール商店街理事長の大月浩司郎さんにお話を伺いました。 「現在の中野サンモール商店街があるあたりは、すでに昭和の初めには商店街があり、終戦後に闇市ができたのですが、ロケーションの良さに恵まれていたこともあって人通りが多い場所でした。 しかしその後、新宿や渋谷など魅力的な商業エリアが増えていくなかで、中野の商店街は古びたイメージから抜け出せずに置いてきぼりになり、低迷していた時期が長くありました。 そうして人が集まるようになり、商店街もだいぶ活気を取り戻しましたね。 最近では外国からの旅行客も増えてきているんです。 とんがったコンセプトの個店が多いので、そのお店目がけてピンポイントで訪れる人も多いんですよ」(大月さん) 確かに飲食店をはじめ店主のこだわりを感じるお店が多い印象。 住んでみるといろいろな世界感に触れることができ、刺激や発見がありそうです。 前夜祭では駅前の特設ステージでバンドやミュージシャンが本格的な音楽を披露。 散歩中の親子や帰りがけの会社員がふらっと立ち寄って楽しんでいる姿も。 女性が一人で参加している様子も印象的 前夜祭の司会を務めるのは、現役看護師にして中野在住のアイドル、メトロポリちゃんV(ファイブ)さん。 中野の魅力について聞いてみると、「こんな奇抜な私でも受け入れてくれるウェルカムな温かさがあります。 私は一人暮らしですが、女性一人でも気兼ねなく食べに行けるご飯屋さんもたくさんありますし、衣食住が満たされていて本当に暮らしやすいんです」と教えてくれました。 確かに街を歩いていると、女性が一人で入りやすそうな飲食店も多いような気がします。 そう思いつつ、歩みを進めていると中野駅南口から徒歩3分ほどのところに、こじんまりとした料理店「tententen中野」を発見。 カウンターがメインの10席ほどの店内では、全国から厳選したこだわりのカップ酒を25~30種類楽しむことができます。 旬魚のお刺身や季節の食材を使った煮物など、お酒のお供も盛りだくさん。 木目調で温かみのある店内は、ほとんどが女性の一人客で埋まってしまうそう。 この日カウンターに立っていた女性のスタッフさんも関西から中野に引越して3年、「中野に住む人は優しい人が多くて、都会なのに田舎の近所づきあいのようなつながりもできます。 住み心地は抜群です!」と太鼓判。 女性がオーナーを務める「tententen中野」。 わが家のようなくつろぎ感が軒先からもあふれている 個人的に中野というと、男性向けの街というイメージでしたが、最近は女性のニーズにも応える街へと変化しつつあるようです。 新宿などの都心に隣接し、再開発によって働き世代や学生たちが増えるなかでも、どこかホッとするような懐かしさがある中野。 商店を営む地元の方々のこだわりは受け継がれながらも、新しい文化や暮らし方を受け入れてくれる懐の深さ、それが中野の住みやすさの根底にあるのかもしれません。 また、女性が一人でも気にせず入れるお店が多いのも、中野の新たな魅力として、今後注目されていくポイントではないでしょうか。 「不動産のプロがおススメする街ランキング」だけではなく、「みんなが選んだ住みたい街ランキング」で上位に飛躍する日も近いかもしれません。 取材・文:末吉陽子(やじろべえ) 撮影:古末拓也.

次の