クリッパー。 NV100クリッパーバン(日産)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

青森の街ネタ情報「ウェブクリッパー」

クリッパー

帆走中のティークリッパー「カティサーク」 クリッパーは、好景気により急激に増える茶の需要に応じる形で、アジアからの輸送を迅速に行うために使用され始めたとされる。 クリッパー需要はに、にオーストラリアで金が発見されると加熱していくが、にとが完成すると急速に衰退していった。 イギリスで利用されたクリッパーは、輸送する荷物によりティークリッパー()、ウールクリッパー()と呼ばれる。 これらの輸送は通常18〜24ヶ月を要していたが、クリッパーの登場によって100〜120日前後での輸送が可能となった。 特にライバル関係にあった「カティーサーク」と「」は有名で、には「カティーサーク」が〜間を72日という最速記録を打ち立てている。 アメリカで利用されたクリッパーは、前半、東海岸からで賑わう西海岸へ人員や資材を、反対方向へを運ぶための船であり、南米回りや経由の航路をいかに早く到達できるかが重要視された。 オランダで利用されたクリッパー( ダッチクリッパー、)は、からの茶の輸送と、郵便配達のために使用された。 ただし、オランダで使用された「クリッパー」を名乗る帆船は100を超えるが、一般的であるシップ型ではない型や型などの帆装の船が半数含まれている。 オランダのクリッパーは他国と比較して長く、まで建造されていた。 歴史 [ ] ティーククリッパーの原型となった2本マストのスクーナーのイメージの一例。 1847年建造の C. Lawrence'のとして、1984年に建造された Californian 初めて「クリッパー」という単語が使われたのは、 ボルチモアクリッパー ( )であった。 ボルチモアクリッパーは2本マストの比較的小さな型の帆船であり、からごろのにおいて建造された。 のにおいてを得て、においてイギリス艦船に対して速い速度を活かして立ち回った。 には、後のクリッパーの原型とされる最初の大型高速帆船アン・マッキム( Ann McKim)がボルチモアで造られる。 アン・マッキムはより速い帆船をアメリカ国内で造ろうとする試みの中で設計され、大きく反り返ったと、マストに張られた横帆が特徴であった。 1830年代後半には、の造船会社が初のイギリス国内建造の高速帆船アバディーン( Aberdeen)を建造する。 この型の帆船はイギリスにおいて広く使用され、アジアとの間で茶、スパイス、アヘンなどの輸送に広く使われるようになる。 には、特に速度を重視するために、貨物の積載能力を極限まで犠牲にしたクリッパー ・レインボー()がにおいて建造される。 アメリカでは、初期の好景気によるブームが去った以後、クリッパーの建造は縮小傾向にあった。 1860年代にはごく少数が建造されるのみであり、に建造されたグローリー・オブ・シーズ( Glory of the Seas)が最後であるとされる。 イギリスでは、1859年以後もクリッパーは建造され続けた。 レインボーのような方針のクリッパーがイギリス型のクリッパーと認識されるようになり、見た目も重視した新しいデザインの船が建造されるようになる。 までに25〜30隻が建造されたと見積もられている。 また、耐久力を高めるために木造の船体に金属の板を張る技法も誕生し、後にへと発展していった。 1869年のスエズ運河開通により、茶の取引はクリッパーから蒸気船へと主体が移っていった。 それにより、クリッパーはオーストラリアやとの間での移民・羊毛輸送に使用されることとなるが、1880年代を最後に需要が減っていきに入ると老朽化したクリッパーは徐々に役割を終えていった。 注 [ ]• 1946年出版の Anno Teenstra「 De clippers」によると帆装の内訳は、全122隻のうちシップ型は半数の61隻、バーク型が44隻、型が15隻、スクーナー型が2隻、型が1隻となっている。 clipper : で元々は「速く移動する人(物)」の意味がある。 英語ではエクストラクリッパー()と呼ばれる。

次の

青森の街ネタ情報「ウェブクリッパー」

クリッパー

660 DX• 660 DX 5AGS車• 660 DX GL エマージェンシーブレーキ パッケージ ハイルーフ 5AGS車• 660 DX GL エマージェンシーブレーキ パッケージ ハイルーフ 5AGS車 4WD• 660 DX GLセーフティパッケージ ハイルーフ• 660 DX GLセーフティパッケージ ハイルーフ 4WD• 660 DX GLパッケージ ハイルーフ• 660 DX GLパッケージ ハイルーフ 4WD• 660 DX GLパッケージ ハイルーフ 5AGS車• 660 DX GLパッケージ ハイルーフ 5AGS車 4WD• 660 DX エマージェンシーブレーキ パッケージ ハイルーフ 5AGS車• 660 DX エマージェンシーブレーキ パッケージ ハイルーフ 5AGS車 4WD• 660 DX セーフティパッケージ ハイルーフ 5AGS車• 660 DX セーフティパッケージ ハイルーフ 5AGS車 4WD• 660 DX ハイルーフ• 660 DX ハイルーフ 4WD• 660 DX ハイルーフ 5AGS車• 660 DX ハイルーフ 5AGS車 4WD• 660 GX ハイルーフ• 660 GX ハイルーフ 4WD• 660 GX ハイルーフ 5AGS車• 660 GX ハイルーフ 5AGS車 4WD• 660 GXターボ ハイルーフ• 660 GXターボ ハイルーフ 4WD• 660 チェアキャブ ハイルーフ• 660 DX• 660 DX 2シーター ハイルーフ• 660 DX 4WD• 660 DX ハイルーフ• 660 DX ハイルーフ 4WD• 660 GX ハイルーフ• 660 GX ハイルーフ 4WD• 660 GXターボ ハイルーフ• 660 GXターボ ハイルーフ 4WD• 660 チェアキャブ スロープタイプ DX• 660 チェアキャブ スロープタイプ DX 4WD• 660 チェアキャブ スロープタイプ GX• 660 チェアキャブ スロープタイプ GX 4WD• 660 チェアキャブ リフタータイプ DX• 660 チェアキャブ リフタータイプ DX 4WD• 660 チェアキャブ リフタータイプ GX• 660 チェアキャブ リフタータイプ GX 4WD• 660 ルートバンDX 2シーター ハイルーフ.

次の

クリッパー (CLIPPER)

クリッパー

- 三菱自動車と日産自動車の共同プレスリリースでミニキャブのOEM供給に合意した事を発表し 、新型軽商用車の名称を「クリッパー」に決定したと発表した。 2003年 - クリッパートラックと共に公式発表(同年10月6日販売開始)。 グレード体系は「SD(ミニキャブバン「CS」相当)」・「DX(同「CD」相当)」・「GL(同「CL」相当)」の3グレードを設定するが、ミニキャブバンに設定されている「CS 2シーター」の設定はない。 社内型式はVMA0型だが、正式な車両型式は三菱流のU71V型である。 なお、エンブレム類の変更程度でミニキャブバンと大きな変更はない。 10月20日 - クリッパートラックと共に一部改良。 併せて、助手席SRSエアバッグシステムと頭部衝撃緩衝材付アシストグリップ(運転席側)を標準装備し、フロント周りの車体補強などを行ったことで衝突安全性を高めた。 12月21日 - クリッパートラックと共にマイナーチェンジ。 フロントグリルを日産流の「ウインググリル」に変更してミニキャブバンと差別化したほか、液晶式トリップメーターを追加。 さらに、ヘッドランプレベライザーを標準装備し、2006年1月から実施される灯火器(改正)技術基準に適合した。 12月21日 - クリッパートラックと共に一部改良。 助手席側にサイドアンダーミラーを標準装備したほか、速度計表示の精度向上を図ったことで保安基準に適合した。 また、CDプレーヤーやカラードサイドミラーを装備した「エクストラパック」を追加した。 6月14日 - クリッパーリオを発売。 クリッパーバンをベースとした5ナンバーのワンボックスワゴン。 バン、トラックと同様、からのOEM供給モデルであり、ベース車両はである。 専用ダークスモークメッキフロントグリルの採用により、ベース車両との差別化を図っていた。 12月21日 - クリッパートラック・クリッパーリオと共に一部改良。 液晶トリップメーターはA・Bの2区間対応式となった。 また、全車にリアを標準装備し、「GL」はリアシート地をファブリックに変更した。 - クリッパートラック・クリッパーリオと共に一部改良。 道路運送車両の保安基準及び協定規則への対応のため、スライドドアセンターレールの端末エッジ部、フロントフェンダー、リアアンダーミラーの形状を変更し、ドリップチャンネル前後端開口部の縮小を行った。 - クリッパートラック・クリッパーリオと共に一部改良し、特別仕様車「DX Black-Limited(ミニキャブバン「黒バン」相当)」を発表(1月14日販売開始)。 特別仕様車「DX Black-Limited」は、「DX」のハイルーフ3AT車をベースに、ボディカラーを専用塗装の「ブラック」に変更したほか、フロントグリルとヘッドランプインナーパネルをメッキ化した。 2010年 - クリッパートラック・クリッパーリオと共に一部改良。 エンジンのを低減し、燃費を向上。 また、一部グレードでシート生地を変更して質感を向上し、「DX」のハイルーフ車と「GL」には、「ナイトバイオレット・パール(オプションカラー)」を追加した。 - トラックと共にマイナーチェンジを行い、車名を「NV100クリッパー」に改名。 フロントデザインやシート地が変更され、カップホルダー付フロアコンソールボックスの容積を大型化し、ヘッドレストは強度を高めて高さを変更し、シートベルト・シートベルトバックルの取り付け位置を変更した。 また、リアデザインも一新し、ハイマウントストップランプをLED化。 新色としてチタニウムグレーメタリックを追加した。 尚、乗用モデルのはベース車のタウンボックスの生産終了により、廃止された。 2012年 - ミニキャブバンの一部改良に合わせて一部改良(仕様変更扱い)。 シート生地の変更により質感を向上。 燃費に対応した。 - 生産終了。 - 2代目と入れ替わる形で販売終了。 L式 全長 3,395mm 全幅 1,475mm 全高 1,790 - 1,875mm 2,400mm 車両重量 880 - 980kg 姉妹車 (5代目) (4代目) 三菱・ミニキャブバン(7代目)• 8月29日 - OEM元である三菱自動車の軽商用車(ただし電気軽商用車の「ミニキャブMiEV」は除く)市場の撤退表明に伴い、同年末からより、のOEMを受け、次期型を販売することが発表された。 2013年12月3日 - NT100クリッパーと共に初のフルモデルチェンジ。 なお、社内型式はVZA0型だが、車両型式はスズキ式のDR64V型となった。 グレード体系は初代・後期型のグレード体系を踏襲し、「DX」・「GX(エブリイ「JOIN」相当)」・「GXターボ(同「JOINターボ」相当)」の3グレードが用意される。 また、ハイルーフ仕様には、プライバシーガラス、リモートコントロールエントリーシステム、パワーウィンドウ、ファブリックシート地、カーアラームをひとまとめにした「GLパッケージ(エブリイ「PC」相当)」が新たに設定された。 「GXターボ」は4AT車のみの設定である(エブリイ「JOINターボ」では5MT車の設定もある)。 最小回転半径を4. 1mとしたことで扱いやすさや小回りの良さを実現し、ステップ高を前席は355mm、後席は375mmとし、運転席・助手席に乗降グリップを備えたことで乗降がしやすくなり、インストシフトノブを採用したことで前席間のウォークスルーが可能となった。 積載能力に関してもなら9枚積載可能な積載量を確保するほか、助手席を前に倒すことで長尺物も積載できる助手席前倒し機構を採用。 「GX」系には分割可倒式リアシートも採用し、長尺物積載時でもリアシートに1名乗車できる。 また、カーアラームが新たに装備され、「GX」系にはリアヒーターとシートアームレストも装備された。 ターボエンジンは最大トルクを9N・m(0. 9kgf・m)向上した。 なお、外観はエンブレム類を変更した程度で大きな変更はなく、カラーバリエーションもエブリイと同一である(「ブルーイッシュブラックパール」は「DX GLパッケージ」及び「GX」系に設定)。 なお、スズキはすでに向けにの車種名でOEM供給を行っているため、同車の販売時点で3兄弟車種となったがにミニキャブもエブリイのOEMに切り替わったことから4兄弟車種となった。 2月 に生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 OEM元のエブリイがフルモデルチェンジし、同月にNV100クリッパーもフルモデルチェンジが発表されたため、2代目NV100クリッパーの販売期間は1年3ヶ月間であった。 3月 - 3代目と入れ替わって販売終了。 L 全長 3,395mm 全幅 1,475mm 全高 1,800 - 1,895mm 2,400mm 車両重量 840 - 950kg 250 - 350kg 姉妹車 スズキ・エブリイ(6代目) マツダ・スクラムバン(5代目) 三菱・ミニキャブバン(8代目)• - NV100クリッパーリオと共にフルモデルチェンジを発表(3月3日販売開始)。 エンジンを3代目と2代目NT100クリッパーに搭載されているR06A型(「GXターボ」は同エンジンのインタークーラーターボ仕様)に置換し、低中速トルクを増したことで加速性能や登坂性能を高め、ボディの要所に板や超高張力鋼板を効果的に使用することで、衝突安全性や耐久性を高めながら車両全体を軽量化した。 NA車には2代目の3速ATに替わり、5速MTをベースにクラッチ操作とシフト操作を自動化した「AGS」を採用した(OEM車にAGSを採用したのは初)。 荷室長(2名乗車時)・荷室高・荷室幅(4名乗車時)がそれぞれ拡大し、スライドドアやバックドアの開口部も拡大したほか、ユーザー自身で荷室のアレンジができるラゲッジユーティリティナットを採用し、「DX GLパッケージ」・「GX」・「GXターボ」には手元に置く書籍や箱を収納できるオーバーヘッドシェルフを標準装備した。 - 一部仕様向上並びに特別仕様車「DX エマージェンシーブレーキパッケージ(エブリイ「PAリミテッド レーダーブレーキサポート装着車」相当)」、「DX GLエマージェンシーブレーキパッケージ(同「PCリミテッド レーダーブレーキサポート装着車」相当)」を発表(「DX エマージェンシーブレーキパッケージ」は同日より販売開始、「DX GLエマージェンシーブレーキパッケージ」は3月10日販売開始)。 - 一部改良。 「DX」系グレードに設定の5AGS車において2速発進モードを標準装備。 また、「GX」は従来設定されていた5AGSを「GXターボ」と同じ4ATに変更した(NAエンジン仕様のAT車の設定は3代目へのフルモデルチェンジに伴う廃止以来、2年3ヶ月ぶりとなる。 なお、OEM元のエブリイ「JOIN」は5AGS車が引き続き設定されている)。 - 一部改良。 併せて、が扱う福祉車両「」の新ラインナップとして、乗用モデルのNV100クリッパー リオに先行設定されていた「チェアキャブ」を6月に発売することも発表された (「チェアキャブ」はエブリイ「車いす移動車」に相当、4ATのみの設定となる)。 - NV100クリッパーリオと共に一部仕様向上。 一部グレードに装備の衝突被害軽減ブレーキが夜間を含む歩行者にも検知可能なステレオカメラ方式となって「インテリジェント エマージェンシーブレーキ(エブリイでの「デュアルカメラブレーキサポート」に相当)」に強化され、「踏み間違い衝突防止アシスト」はエンジン出力を抑制する前進時に加え、ブレーキ制御(エブリイでの「後退時ブレーキサポート」に相当)により後退時にも対応した。 併せて、LDW()、インテリジェント DA(ふらつき警報)、先行車発進お知らせ、ハイビームアシスト、オートライトシステムなどが装備された。 また、「DX エマージェンシーブレーキパッケージ」と「DX GL エマージェンシーブレーキパッケージ」はグレード名称を「DX セーフティパッケージ」と「DX GL セーフティパッケージ」に変更するとともに、「DX(標準ルーフ)」・「DX GLパッケージ」・「DX GL セーフティパッケージ」はトランスミッションを5AGSから4ATに変更された(「DX GLパッケージ」に設定の5MTは継続設定)。 「DX(ハイルーフ)」と「DX セーフティパッケージ」にはオーバーヘッドシェルフが新たに装備された。 なお、2018年6月にエブリイの一部グレードに追加設定された「ノクターンブルーパール」、「クールカーキパールメタリック 」、「ムーンライトバイオレットパール」の3色はNV100クリッパーには設定されず、従来通り3色展開となる。 車名の由来 [ ]• 「クリッパー」は、もともと旧が1月に発売した小型・中型トラック()で使用されていた車名。 クリッパーは「駿馬、俊足を誇る」の意味。 初代・後期型以降に用いられているNVとは、「日産( Nissan)のバン( Van)」、100は「1,000 kg クラス」を意味する。 その他 [ ] ミニキャブ同様、バンのボディを後ろから4分の1程カットしてトラックと4名乗車できるスペースを兼ね備えたダブルキャブがあるが、元祖と言えるとはミニキャブと合わせても販売台数にかなり差がある。 ちなみに、「ダブルキャブ」はのクルーキャブにつけられていた名前である。 脚注 [ ]• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2013年9月16日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2004年10月20日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2005年12月21日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2006年12月21日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2007年6月14日(2018年5月15日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2007年12月21日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2008年12月22日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2010年1月8日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2010年8月17日• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2012年1月25日• リクルート株式会社 2020年1月18日. 2020年1月18日閲覧。 リクルート株式会社 2020年1月18日. 2020年1月18日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2015年2月24日 , 2015年2月24日閲覧。 及び同様、歩行者への検知機能はなかった(なお、デイズ・デイズルークス共に2018年5月の一部改良により歩行者への検知機能を備えた「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」へ強化されている)• プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2016年2月12日 , 2016年2月12日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2017年5月24日 , 2017年5月24日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2018年4月9日 , 2018年4月9日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2017年5月24日 , 2017年5月24日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2019年6月24日 , 2019年6月24日閲覧。 乗用モデルのNV100クリッパーリオには設定 関連項目 [ ]• - 初代のOEM供給元。 - 2代目のNV100クリッパーのOEM供給元。 かつては競合車種だった。 - 2代目の姉妹車。 かつては競合車種だった。 - 車名を継承。 - 軽トラック版の姉妹車• - NV100クリッパーの乗用モデル 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の