アラフォー 婚活 現実。 アラフォー女性の婚活が厳しい現実とは?勘違いな高望み女性の3つの特徴

【初心者編】アラフォー女性婚活の現実

アラフォー 婚活 現実

こんにちは、風子(ふうこ)です。 以前にとのお見合いについて書いたことがあるのですが、この男性からアラフォー世代の婚活についてためになる情報をいただいていたので詳しく書いて行きたいと思います。 彼女は37歳から婚活をはじめたらしいのですが、40歳になった現在もまだお相手の男性が見つかっていないとのことです。 彼女は小さなころより家族や周りから「美しい」「綺麗」「美人ですね」「可愛い」と言われ続けて来たため、自分の容姿にも相当の自信を持っているみたいです。 その女性が条件にこだわりお相手探しをしているかのかどうかわかりませんが、そのような容姿端麗な女性でもアラフォーになってしまうと婚活は相当厳しいようです。 下記のような情報も出てきましたが、この女性もたぶん同じような状況なのではないでしょうかね...。 早苗さんのようなタイプは、おしゃれで仕事もバリバリやってきた美人が多い。 そして、過去には同世代や年下の、いわゆるモテるタイプの男性たちと恋愛をしてきている。 それをそのまま今の自分の結婚相手にスライドさせているのだが、その世代の男性たちは彼女らを結婚相手としては見ていない。 いつだったか婚活を経験したことのあるバツイチのアラフィフ男性が言っていたのですが、婚活サイトでかなり魅力的な女性でも40代となると何年もサイトに居座り、苦戦している人が多いとのこと。 やはり、これが現実ですよね...。 40代男女の婚活の切ない実情 さらに、婚活暦10年以上の超ハイスペック男性から聞いたお話なのですが、この歳になっての婚活となると、婚活パーティーに参加しても同じ人と会うことが多くなるみたいです。 どの男女もお相手が見つからない状態のため、たとえ会場を変えたとしても、ほかの参加者も同じ考えのため、同じ人に会ってしまうことが結構な確率であると言っていました。 また婚活を続けていても、実際にお付合いにまで発展するのは3~4年に一度位のようなのです。 この数値についてはほかのアラフィフ男性からも聞いたことがあるので、あながち現実離れした数字ではないと思います。 この話を聞いて私はお先真っ暗な気持ちになってしまったのですが...。 巷に婚活コンサルタントなんていう職業の方がいらっしゃいますよね。 有料で婚活の相談に乗るなどされていらっしゃいますが、私自身は特に利用してみたいとといった気持ちにはなれないんですよね。 どんなに相談したところで、好きになれそうな人に出会うこと自体が困難なのだから、相談したって意味がないと思うんです。 スポンサーリンク 今後はバツイチのアラフィフ男性を探す予定です 私は今後は離婚暦のあるアラフィフ男性に対象を絞り婚活をしていく予定です。 しかし、すでに婚活サイトで経験済みなのですが、離婚暦有りの男性となると今度は性格に問題のある男性が多いです。 その中からお人柄重視でお相手を探していくとなると、かなりの人数にお会いする覚悟がなければこちらもまた厳しいでしょうね...。 そもそものところで、バツイチになってしまう理由と言うのは大概は男性側に問題があるように感じています。 私の周りで離婚した男女の話を聞いてみてもそうですが、やはり最後は女性の方がしびれを切らし離婚に至るケースがほとんどです。 私の婚活における一番の解決策としては今日までにお会いしたような男性のことを好きになることだと思うのですが、それがどうがんばっても無理なんですよね...。 機会がありましたら、そのような男性のことを無理に好きになろうとした大変辛すぎる出来事やバツイチ男性とのお見合いについて更新したいと思います。

次の

44歳からの婚活は手遅れ?アラフォー男の厳しい現実と成功のカギ

アラフォー 婚活 現実

全国の婚活サービス利用数 <結婚相談所> 日本結婚相談所連盟 IBJ :59,190名 大手結婚相談所会員数:約1万名〜5万名 <ネット婚活> 大手婚活サイト:累計200万人 大手婚活アプリ:累計250万人 こんなに多くの人が利用しているのです。 このデータから、今はネット婚活が当たり前の時代だということがわかります。 アラフォー婚活を成功させるには? 確かに男性は年下女性が好きという傾向はあります。 しかし、アラフォー婚活女性の結婚率が低い大きな理由は、年齢のせいではなく 自分自身なのです。 ではアラフォー婚活を成功させるために重要なことを紹介します。 婚活パーティーでは、年代を区切ったものに参加すると若い子に一人勝ちされる心配はなくなります。 また、婚活アプリ・サイト・結婚相談所のHPを見たり、口コミなどを参考にするとそのサービスがどの年齢層が占めているのかもわかるため、そういった戦う場を選ぶ際の調査がかなり重要になります。 アラフォー婚活といえど、本気度は人それぞれです。 それによって、婚活アプリ、サイト、結婚相談所、パーティ…何が自分にあっているのかわかるはずです。 上記で「需要がある場で婚活を行う」とお伝えしました。 ではその需要がある場はいったいどんなサービスなのか、というところを 40代の成婚率をもとにおすすめしていきます。 その際に、優秀なアドバイザーがいると成功への道がぐっと縮まります。 パートナーエージェントのコンシェルジュは、 200時間以上の研修を受けています。 結婚相談所でここまで研修をさせるのはパートナーエージェントくらいでしょう。 また、パートナーエージェントは下記データを公開しています。 ・アラフォー会員の数/女性:46. また、コンシェルジュのサポートなどによって、 アラフォー世代含めた会員の多くが活動開始1年で成婚退会しています。 結婚相談所はどこも同じ、と思われがちですが、こう言ったデータをもとに探すと自分にあった結婚相談所が見つかりやすいんです。 オンラインなら婚活サイトと同じじゃないの?と思われがちですが、しっかりとコーディネーターが担当としてついてくれるため、通常の婚活サイトというよりは結婚相談所というほうが正しいです。 そして一番の特徴が、料金の安さです。 ここまで他社と料金に差がついてしまうとサポートなどに不安を感じてしまうかもしれませんが、この安さは 店舗を持たないという理由だけで実現しているんです。 店舗の維持にはかなりの費用が掛かってしまうため、その部分を完全オンラインにしたことからサービスの質は保ちつつこの安さが実現できています。 アラフォーで婚活を始める際、いきなり高額な費用を払って活動するのは嫌、だけどしっかりとサポートがついてほしい。 という意見もよく聞きますが、エン婚活はそういった方にとってピッタリな結婚相談所でしょう。 コーディネーターとのやりとりはメールや電話が基本ですが、どうしても対面で話したいという場合は本社でそのような場を設けることも可能になっています。 年齢層も30代〜40代なのでアラフォー婚活にはちょうどよく、約半数の人が3ヶ月以内にカップル成立しているなど、実績も高いです。 ゼクシィ縁結び独自のコンテンツ ・価値観が合う相手を1日4名も紹介 ・使えば使うほど検索機能が進化し、自分に合った相手を紹介してくれる。 ・デート調整代行サービス 上記がアラフォー婚活にとっては重要になります。 やはり自分で何から何まで検索し判断するのは疲れますし、数打ちゃ当たる戦法になり婚活疲れになりやすくなります。 「価値観マッチング」では、 自分に合った人を自動で紹介するシステムのため、検索するめんどくささや話してみたら合わなかった、などという手間が省けます。 また、アラフォー女性は仕事で忙しい人もたくさんいます。 その際に、デート調整代行サービスを利用すれば、 待ち合わせ場所や時間などのセッティングを行ってくれるためかなり楽です。 その中でアラフォー世代が戦うのはかなり厳しいです。 マリッシュは、 アラフォー世代をターゲットにした婚活アプリで、再婚者、シングルマザー、シングルファザーを優遇するプログラムまで導入されているんです。 上記のマッチドットコム同様、24時間365日監視するシステムにもなっているため、婚活アプリの中でも安心度がかなり高く、 「CLASSY. 」などの雑誌でも紹介されました。 アラフォー婚活は厳しいけど、難しくはない! これまで婚活してきて、なかなかうまくいかず婚活疲れになった方もいると思います。 そういう方も、思い返してみたらやり方が間違っていただけかも?ということがあるかもしれません。 アラフォー婚活を乗り越えて、 幸せな結婚に辿り着きましょう! おすすめ5社まとめ.

次の

【アラフォー婚活の現実】厳しい!難しい!でもやっぱり結婚したい!

アラフォー 婚活 現実

年齢ばかりで女性の価値を決めつける男性って、ほんと短絡的! と、息巻く気持ちもわかります。 そうは言ってもやはり、年齢を重ねた女性よりも若い女性の方が選ばれるのは仕方のないことです。 どんな魅力も「若さ」に匹敵するほどに磨き上げるのは難しい。 それをしっかり理解していなければ、厳しい現実が待っています。 しかし、一般的には 出産適齢期は35歳までと言われているのは周知の事実。 年を取ればとるほど、出産は厳しくなりますし、母体に危険を伴います。 女性の社会進出や医療の発達がすすむにつれて、高齢出産は当たり前の時代になってきました。 しかしそれでも、子どもを望む男性にとって、アラフォー女性は結婚対象外になりやすいようです。 アラフォー婚活の現実「年下狙いは危険」 アラフォー女性は、婚活において「自分と同年代の男性、自分より年下の男性」を求めがちです。 たしかに、30代後半から40代前半の私たちにとっては、年上男性と言うと50代・60代になってしまうわけですから、なかなか恋愛対象として見られないと思う女性が多いのも仕方がないことのように思えます。 しかし、だからと言って同年代・年下男性ばかりを希望していると、なかなかマッチングしないので苦労します。 特に年下男性狙いの場合は、 かなり厳しい戦況になることは避けられません。 (これは、年下女性を希望している男性にも言えることです。 ) あなたを希望する男性は何歳? 以下の表は、女性の年齢に対して「その年齢の女性を求める男性は何歳か」というのを示したものです。 女性の年齢 あなたを求める男性の年齢 34歳 37~47歳 35歳 37~52歳 36歳 42~52歳 37歳 42~52歳 38歳 42歳以上 39歳 45歳以上 40歳 45歳以上 41歳 48歳以上 42歳 48歳以上 43歳 48歳以上 44歳 48歳以上 45歳 54歳以上 この調査では、30代の男性に求められるアラフォー女性は、35歳まで。 そればかりか女性が40代後半にもなると50代の男性にしか相手にされなくなってしまうという傾向にあります。 私たちが求められるのは、同年代以上の男性からであることがわかります。 そう考えると、 本当に結婚をしたいなら年下男性ばかりを狙うのは超危険。 50代の男性もターゲットに入れて婚活をした方が良いと言えるでしょう。 「この人、性格はいいんだけど…前の彼のほうが年収が良かったなぁ」 「悪い人じゃないんだけど、いまいちときめかない」 「素敵な人なんだけれど、本当は筋肉質な人の方が好き」 「あーあ。 一応、会ってはみたけど55歳ってやっぱりかなりオジサンだな…」 過去の恋人や、理想の男性像を考えているうちに、条件がどんどん増えてしまい、より完璧な男性を求めてしまうのです。 そんなことをしていては、結婚どころか条件を満たす人にすら出会えなくなってしまいます。 実は大きな勘違いかもしれません。 一見、普通の男性に思えるかもしれませんが、年収600万円の男性はどのくらいいるのでしょうか? 平均年収が400万円程度。 しかも平均年収を引き上げているのは一部の富裕層です。 そして、その中から結婚している40代男性を除くと…。 アラフォー女性が思っている 「普通」は「高望み」の可能性が高いということを覚えておきましょう。 よく言っても「お姉さん枠」であり、ともすれば母性すら求められる年齢です。 ネイルや洋服、美容などの自分磨きに時間をかけるのは、もちろん悪いことではありません。 しかし、婚活をしているアラフォー女性が、「女子力を磨いていること」をアピールすると、どうしても薄っぺらいように感じてしまう男性が多いようです。 「現実を理解してないんじゃないか」 「いい年して、女子ってオイオイ…」 男性からそんな風に思われてしまうと、なかなか結婚対象・恋愛対象として見てもらえません。 女子力は、こっそり磨いてこそ光るもの。 アラフォー婚活の現実「自己評価が高いと結婚できない」 30歳前後の女性が、結婚相談所の門をたたいたとします。 そこで、アラサー女性がカウンセラーやアドバイザーに言われることは「もっと自信を持って!」「あなたは結婚できます!」というような、 鼓舞激励の言葉です。 しかし、アラフォーになるとどうでしょう。 「条件を広げてみましょうか!」「まだなんとか間に合います!」「現実を受け入れましょう…」というような、 どこか妥協を求めるような声援に変わります。 これは、結婚できないアラサー女性の問題(原因)の多くは「自信がない・自己分析が足りない」という理由であることに対し、結婚できないアラフォー女性の課題はもう少し根深いところにあるからです。 アラフォー婚活の現実は「自己評価が高すぎると結婚できない」ということ。 そして、 自分の市場価値を見誤って、自己評価が高すぎるせいで結婚できない女性が多いのです。 アラフォー婚活の現実「妥協を迫られる」 アラフォーになると「そろそろ妥協した方がいいんじゃない?」アドバイスを受けることもしばしば。 ここまで独身を通したのだからいい男じゃないと結婚したくないという気持ちもあるでしょう。 しかし、どこかで条件を見直さなければ、 一生独身の危機。 本当に結婚できなくなってしまう可能性もあるのです。 いい男でないなら一生独身でもいい、と言い切れるならいいですが、もし結婚に対してまだ期待があるのなら、他の選択肢も考えるべきタイミングです。 また、妥協と言っても条件を下げるだけが妥協ではありません。 優先順位をつけて、「年収はちょっと足りなくても、性格はドンピシャに合う人」くらいにするだけでも見える景色はかなり大きく変わります。 アラフォー婚活を成功させる秘訣は「恋愛力」 婚活に行き詰ったアラフォーは、焦りばかりが募って時間が過ぎていきます。 その状態では、むやみやたらに「婚活しなきゃ!」と走り出しても、うまくいきません。 恋愛と結婚は別? 割り切らないと、相手が見つからない? いえいえ、恋愛の延長に結婚を描いてもいいじゃないですか。 どんな男性となら、恋愛がうまくいくのか。 どんな男性と結婚すれば幸せになれるのか。 あなたは、自分自身にふさわしい男性を、しっかり見極めができているのでしょうか? 実は、「結婚どころかなかなか恋人ができない!」と嘆いているアラフォーの多くは、 自らの恋愛経験の思い込みに囚われてしまっています。 この年齢で「自分の恋愛の問題点」がわかっていないことは、かなり致命的。 いままでの恋愛と向き合い、 客観的にあなた自身の恋愛傾向を捉えなおす必要があります。 自分自身の恋愛力(レンアイリョク)がわかっていない女性があまりに多いのです。 幸せな結婚生活を築くためには、どんな男性がぴったりなのか。 どんな男性を選ぶと上手くいくのか。 まずは「自分を知ること」が理想の男性と出会う第一歩だと言えるでしょう。

次の