ミッキーフランケル。 オールカマー2019最終予想|レイデオロ・ミッキースワローから勝負!!

世界最強フランケルの産駒はソウルスターリングだけにあらず!「日本デビュー」が予定されている超良血フランケル産駒をピックアップ!

ミッキーフランケル

ミッキースワローを推す3つの理由 こんにちは、 ヒロシレスです。 血統分析を主なファクターとして予想しています。 本日もよろしくお願いします。 AJCCは断然、ミッキースワローをお薦めします。 2017年3着ミライヘノツバサ 2016年3着ショウナンバッハ 2015年1着クリールカイザー 2015年2着ミトラ これらは ノーザンテーストを内包していました。 2017年1着タンタアレグリア 2016年1着ディサイファ これらは ミスプロを内包していました。 ミッキースワローはこの3つの血を全て持ち合わせています。 勝つために必要な要素が揃っていると言えるでしょう。 このうち3レースは3コーナーを6番手以内で回って出した記録です。 直線の短い中山では前目のポジションから瞬間的な末脚を発揮できる馬が有利でミッキースワローはそれが出来る馬です。 他に人気になっているのは1600万勝ちしかないダンビュライト、レジェントセラーや追い込み一辺倒のショウナンバッハです。 枠も良く万全の条件と言えるでしょう。 以上、ミッキースワローを推す3つの理由でした。 フランケルJr. の最終予想 今年は「的中」に拘って予想していきます。 2018年の実績は。 人気サイドが4頭。 その他が残り。 2極化の様相ですね。 中山の馬場は変わらず外差し有利。 ここを踏まえて組み立てます。 昨春の弥生賞3着・皐月賞3着は武豊が良く導いた、 と考えていましたが、秋の神戸新聞杯・菊花賞、 そして前走のサンタクロースSは、 改めてこの馬の強さを感じるものでした。 G2とはいえ、AJCCは「有馬記念に出走できない馬、 秋に1600万下を勝ってきた成長馬」の舞台です。 G1に直接つながる舞台でもなければ、G1級の馬が ステップとして使うレースでもありません。 今年は一頭例外もいますが・・・。 舞台背景を考えると、このような状態で、 今の中山外差し、11頭立て。 中団5番手6番手からの外に持ち出してのチョイ差し。 デムーロですので、そこは信頼していいでしょう。 中山2200m巧者ですので、1番人気も納得です。 仕上がり途上だと典さんは追わないので、不安材料はそこだけです。 芝レースでは最低着順が4着と大崩れはありません。 決め手も持っていますのでルメールの立ち回り次第でしょう。 今の外差し、決め手勝負になればこの馬がおそらく上がり最速を 出すと考えています。 ポジションが後方2番手からなので、そこから届くかどうかは別ですが。 2走前の福島記念では着順も上がり3Fタイムもショウナンバッハを上回っており、 買うならこっちと判断します。 シンガリ人気濃厚ですが、追込み一手の競馬でショウナンバッハを上回れると考えて、 穴指名します。 馬券は本線は堅いと思っていますので、 馬連流し 軸馬:7 相手:1・3 2通り@400円 3連複2頭軸流し: 軸馬:7・10 相手:1・3 2通り@100円 以上、AJCCの最終予想でした。 世の中にはたくさんの競馬予想サイトがあります。 新しく出来ては潰れの繰り返しで老舗の競馬予想サイトは全体のほんの一握り・・・ ただ老舗の競馬予想サイトは敷居が高く高いイメージがつきもの。 ならばまだまだ敷居の低い当てる競馬予想サイトを使いたいと思ってる方も多いはず。 「でも無料で当たる競馬予想サイトなんて簡単に出会えない。 」 そう思ってる方は多いはずです。 そんな方に朗報です!! 馬生なら無料で100万馬券をご提供させて頂きます! 馬生なら競馬で負けません! 馬名は 『競馬は情報が命』と考えています。 どれだけ新鮮で信頼出来る濃い情報を得ることこそが 『的中への近道』なのです。 負けない競馬! 競馬の「生情報」! 競馬の全てを無料で! 当サイトは鮮度を大事にして無料でお届けします。 負けない競馬!こそが馬生の強みです! 無料で競馬の全てを全面サポート! 本気の予想で100万馬券をあなたの手に! 一般的な予想サイトでは前予想が公開されそこにはリアルな馬の状態は皆無。 競馬は情報の鮮度が命です。 どれだけ新鮮で信頼できる濃い情報を提供できるかが的中への鍵になります。 当サイトは馬場・パドックの状態によりリアルな予想をご提供します。 他サイトトは 質・鮮度が違います。 今週の戦略レースはアメリカジョッキークラブカップ もちろん 「儲かる情報」を無料でご提供!! 生の情報にこだわった買い目を会員様限定で 無料で提供します。 確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ 意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても 回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。 「情報」だけでは競馬に勝てない「投資」だけでは資産が増えない…それぞれのデメリットを排除し、メリットを最大限に引き出し、有効的な本当の投資競馬を提案しております。 無料情報でご案内する 買い目でまずは的中を手にして下さい。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると 3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。 無料予想も有料予想も両方凄い為、 「第2位」に認定します。 その代わり、 「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、 「第3位」に認定します。 今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも 自信の勝負レースを無料で提供しているという事! 当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで 口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。 この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。 それでは!.

次の

【古馬次走報】ミッキースワローは産経賞オールカマーで始動

ミッキーフランケル

POG放談 iframe 非対応のブラウザーのため表示が出来ません。 【放談A】『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。 『ブルトガングさえいれば何とでもなる』と豪語していた昨期は、そのブルトガングをあっさり抽選負け。 ハズレ1位のサイクロトロンが若干ネタ馬になるなど醜態を晒した。 今期は度重なる抽選に勝利して見事ストレート指名を達成。 言い訳無用で本気を魅せます。 【放談O】『NO DEEP』をテーマに掲げて早3年。 その3年でディープインパクト産駒にダービー3連覇をされたのだから、勝ち組になれるはずもなかった。 今年も変わらず『NO DEEP』を貫くが、新たなテーマに『ONLY MAURICE』が加わった。 その言葉どおり指名馬リストの全てがモーリス産駒。 有言実行は賞賛に値するが、肝心のドラ1(母ブエナビスタ)を身内(放談I)に強奪されるなど早くも先行きが不安な様相。 昨期も指名馬5頭で11走。 内2頭が未出走という体たらくで、社内POGでも最下層に沈殿してしまった。 今期はドラフト当日に母ブエナビスタ(ブエナベントゥーラ)を強行指名。 見事放談Oとの抽選に勝利し、まさかの開幕週デビューを飾ることになった。 『スタイルを変えてもポリシーは変えない』と本人談。 【放談X】趣味は仕事放棄とパワハラ。 産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。 昨期は渾身のドラ1シルヴェリオを抽選負けし、ハズレ1位のアルファウェーブは育成時代と全くの別馬になっていたという珍事に遭ったが、今期は自身が指名していたクロウキャニオンの仔(ヨーホーレイク)を満を持しての初指名。 まずクズを出さないこの血統、目指すは当然重賞級の活躍馬であるが、これがコケてこその先輩クオリティという声もチラホラ…。 【放談T】菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。 中内田厩舎4頭指名という反則スレスレの暴挙に出た昨期は、ド・ミーハー馬リアアメリアの活躍で11年ぶり(レジネッタの桜花賞以来)の重賞制覇を達成した。 ようやく復活の兆しを見せて挑む今期は、ドラフト時に誰もが『???』となった一風変わったラインナップ。 完全覚醒か再び退化か。 その動向に注目だ。 また、発言の口調・いいまわし等は読み物として一部強調してあります。 レース中の競馬ファンのやじ・声援と同様に、POG参加者がゲームとして競馬を見た場合の発言・意見であり、競馬関係者を誹謗中傷する意図はありません。 それでも、一部非常識ともとれる発言・内容が出ることもあり、気分を害される方もあると思います。 先立ってお詫び申し上げます。 iframe 非対応のブラウザーのため表示が出来ません。

次の

26日栗東でタワーオブロンドンの半弟など23頭の2歳馬がゲート合格

ミッキーフランケル

6 優勝騎手:菊沢 一樹 馬場:稍重 レース後のコメント 1着 ミッキースワロー(菊沢一樹騎手) 「ゲートを切る前から、馬のリズムを大事にしようと思っていた。 気分良く走っていたし、ポジションは前になったけど押し切れると思った。 馬を信じて騎乗した結果で、馬に感謝です」 2着 クレッシェンドラヴ(内田博幸騎手) 「良くなっている。 勝ちたかったけど、甘くはない。 ただ、オープン3戦目で強いメンバー相手にこれだけできれば」 3着 ロードヴァンドール(横山典弘騎手) 「よく頑張った。 いいころの状態にはまだまだだけど、よくここまで立ち直ってきている」 4着 ゴールドサーベラス(藤田菜七子騎手) 「前半は脚をためて、しまいを伸ばす競馬をしました。 4角で外を回されてしまったところがもったいなかったですね。 それでも前半でためた分、最後はよく伸びてくれました」 5着 アウトライアーズ(野中悠太郎騎手) 「内田さん(クレッシェンドラヴ)の後ろで、この馬の競馬はできた。 3コーナーで苦しくなったけど、頑張った」 6着 タニノフランケル(福永祐一騎手) 「ペースが速かった。 最後は脚が上がったけど、頑張った。 理想は楽に行けること」 7着 クリノヤマトノオー(和田竜二騎手) 「うまく内に潜り込めたけど、全体的に流れていたから…。 スローの瞬発力勝負の方がいい」 8着 ソールインパクト(大野拓弥騎手) 「久々の2000メートルで追走に苦労した。 最後の最後に追い上げたけど…」 9着 ウインテンダネス(柴田大知騎手) 「2000メートルは忙しいし、コースも合わない。 広いコースの方がいい。 それに、のめっていた」 10着 エンジニア(津村明秀騎手) 「1、2コーナーでいい位置につけられたけど、3、4コーナーで渋くなった。 ただ、力はあるので通用する」 11着 ロシュフォール(三浦皇成騎手) 「ゲートを出たし、リズム良く進めた。 右回りも大丈夫だったけど、速くなった時に戸惑った。 伸びかけたけど、道悪でもあったから」 13着 マルターズアポジー(武士沢友治騎手) 「自分の競馬はできたけど、楽に行かせてはくれない。 ただ、どこかで頑張れる元気がある」 14着 ブラックスピネル(石橋脩騎手) 「ペースが速かったし、あれ以上行くとオーバーペースになる。

次の