捻挫 を 早く 治す 方法。 足首捻挫を早く治す方法!プロが教える捻挫グセを残さない応急処置のコツ

足首の捻挫を早く治す処置!ドクターから聞いた方法をドーンと公開してみた!

捻挫 を 早く 治す 方法

Sponsored links 先日、ミニバスの練習中に足首を捻挫してしまいました・・・毎度お馴染みの足首捻挫です。 くるぶしの下に内出血が目立ちます。 右のくるぶしが異様に腫れているのがわかりますね? 触るとブヨブヨします。 丸く盛り上がっているてっぺんを押しても痛くはありません。 やや下側を押すと、とんでもなく痛いんです。 今も足を動かすと顔をしかめてしまうような痛みはありますが、何とか歩けています。 受傷後直ぐパンパンに腫れて、足が動かなくなってしまいました。 その日はずっと、右足でケンケン状態です。 準備運動不足かな?とも反省しているので、運動前は入念にストレッチが必要だと痛感しています。 この靭帯が切れたり、傷ついてしまうと、人体が治そうと治す成分を搔き集めるからなんですね。 目次はこちら• 捻挫後は直ぐにRICE処置のアイシングを15分以上! 応急処置の仕方として、大きな腫れ・痛みを和らげる為に、まずは患部を冷やして下さい。 バケツに氷水を作って、足をバシャッと入れましょう。 足首まで浸かるくらいの氷水が望ましいです。 できなければ、氷嚢・ビニール袋に氷を詰めたもので冷やしましょう! 捻挫をした時は、直ぐにでもアイシングをすると、後の治る速度・日数を大幅に短縮できます。 約15分~20分耐えましょう! 心臓よりも高い位置に拳上すると、 腫れが引きやすくなります。 睡眠時には枕や座布団を工夫し、足を高く寝てみて下さい。 アイシング後~超音波や電気治療で腫れを抑えます 足首の捻挫によく効く 超音波治療です。 内出血による腫れを抑え(赤血球を散らす)白血球の働きを促進させます。 途中でズーンとよく響くような痛みがありますが、音波で細胞を超振動を起こしているんですね!効いている感じがしますよ! 捻挫をしたら、サポーターよりも包帯の固定の方が早く治ります 私たちの職業は、数あるサポーターがありますが、敢えて昔ながらの包帯を使います。 この包帯のメリットは、患者さん個人の症状度合いに合わせた 適切な圧迫を調節できる点です。 腫れを引かせる為に、下記を使って圧迫していきます。 写真のように切れ込みを入れると 剥がれにくくなるので、当院では湿布の四方を1センチ程度ハサミを入れて、患者さんに貼らせて頂いております! 患部に当たるように2枚貼っていきます。 次にオルテックスで圧迫していきます。 オルテックスという青い包帯を見たことはありますか? 病院でのギプス固定の下地に使うことが多いですが、腫れが一気に引いていく魔法のような優れものです! 柔らかい繊維の物ででクッションを作り、軽度圧迫すると腫れが引きやすいんですよ! 湿布の上に、オルテックスを巻き終えた感じがこちらになります。 次に包帯を巻いてみましょう。 足底から足首に巻く時は、足首を垂直にしてテンション(すこし引っ張る)をつけて巻き付けます! テンションが弱いと足が固定されてないような感じで気持ち悪く、痛み・腫れが軽減しません。 いわゆる【靭帯が伸びた状態】にならない様に気をつけてましょう。 適度に圧迫・固定され、関節の動揺性が無ければOKです! 巻き終えたら、あみあみ包帯で剥がれ防止をします。 巻き終えた感じがこちらです。 けっこう歩ける! 圧迫された感じもしっかりあって、歩くのに不安がないので安心です。 これでも痛い!という方はこの上にガッチリとしたサポーターを加えます。 また、次の日が大事な用事がある!試合に出なければならない場合・・・過度の負荷を与えない為にも、固いサポーター・テーピングもお勧めいたします。 足首を捻った次の日に、外くるぶしが紫色になる?! 治療1日目から腫れは少し引いてきて、歩行も楽になってきました。 まだ走ることはできませんが、日曜日には審判があるので頑張って治したいと思います! アイシングすることは怠らず、捻挫から約2~3日は良く患部を冷やして下さいね。 どうしても氷で冷やすことができない状況であれば、湿布が効果的です! 1日目は包帯を使用して固定をしていきましたが、明日はどうしても審判の任務がある為、2日目からはサポーターでガッチリと固定をします。 何だかくるぶしの下の色が変わっているような・・・ 赤い色の浸食が広がっています。 気づかぬうちに紫色に変色・・・内出血を起こしたのですね。 ここを押すと「ギャー」と叫びたくなるような痛みです。 更に、足首を地面に向ける(底屈)すると同じく「ぎゃー」となります。 内出血している外くるぶし周辺を超音波で治療していきます。 経験したので言えますが、私の場合、捻挫には超音波が一番良く効きました! 内出血している部分に当たるとツーンと痛いですが、我慢すれば早く治るんだ!と信じて、5分程度耐えに耐えてました。 この超音波後には、紫色がキモチ薄くなっている感覚でした。 重度な捻挫の場合などは、クッションとサポーターで歩きやすくします 明日はどうしても歩かねばならない用事(私の場合はミニバス審判)があるので、固定をしていきます! 当院で使用する物はこちらです。 皆さんも足の皮膚が赤くなるまでガンガンに冷やして下さい。 では固定をしていきましょう 魔法のオルテックスを足のサイズに合わせて準備をしていきます。 今回はサポーターの下にクッションを入れるのでその準備です。 クッションがあるとないとでは、次の日の腫れ具合が全く違うので、柔らかい素材のクッションは捻挫に必需品ということになります。 オルテックスが緩まないようテーピングを貼ります。 その上から包帯をかぶせて魔法のクッションの完成です(一応企業秘密的な) クッションの大きさは、15センチ程度が目安です。 小さすぎても、圧迫される面積が狭いと効果がでないので、キモチ大きめに作っていきましょう。 ここから足首に巻いていきます! 切れ込みを入れた湿布を患部に貼ります。 その上から靴下をかぶせちゃいましょう。 足首固定用のサポーターをガッチリ着けます。 着ける時は、足首を直角にするのを忘れずに。 一番痛みがある場所に魔法のクッションを当てます。 サポーターを巻いていきます。 巻き方は説明書があるのでそれに従って巻いてもらって大丈夫ですが、テンション(やや引っ張る)をかけて巻くことがポイントです。 皮膚面をサポーター面に空間が余らない様にしてください。 ゆるゆるにならないよう注意しましょう。 最後の紐は、足を直角にした状態中に、思いっきりテープを引っ張ります! ここを引っ張らないと、靭帯が綺麗にくっつきませんので、集中しましょう。 巻き終えた感じがこちらになります。 クッションが入っているのでゴワゴワした感じになってしまいますが、強めに圧迫されていても痛くありません! しっかりとホールドされている感覚に包み込まれています。 実際に歩いてみました。 今度は 9割がた痛くない! これで明日の審判中も走れることでしょう。 サポーターだけの時と、クッションが入っている時と比べたら全く痛みが違います。 捻挫をした時は、魔法のクッションをご自身で作り、お試し下さい。 Sponsored Link くるぶしの腫れが治まったら、安静せずに歩いた方が良い? 初日・2日目と比べ腫れが分からないくらい引いてきました。 昨日の練習でも多少の痛みが伴いますが、子供達とバスケを出来るくらいまでに復活しています! 紫色に変色していた内出血の部分も段々と改善され、走る・歩行にも支障なしです! 長期間固定しているよりも、痛みが落ち着き、腫れが引いてきましたら歩いた方が、老廃物を循環させるので早く治ります。 アイシングを怠らなければ、日を重ねるごとに腫れは改善! 昨日の練習後もアイシングをして痛み・腫れの軽減に努めました。 内出血を起こしている部分に当てて、血管を収縮させ出血の拡大を防ぎます。 寝る時も氷・アイスパック等を当てて寝てみて下さい。 少しでも早く治る様に自己管理が大事ですね! 上記の写真は、21日土曜日に撮った写真です。 まだぷっくり腫れがあるのが分かります。 この日は痛みもあり、変色もしていました。 お家の階段を昇るのにも一苦労・・・ 練習でも動かせず、日曜日の審判大丈夫かなー・・ 不安だらけでした。 日曜日の朝の写真です。 多少の腫れはありますが、紫色は無くなり、痛みも和らいでいます。 審判も好調で走りきることができました。 アイシングは勿論ですが、早期競技復帰を果たす為リハビリを行います。 特に現役でプレーをされている方は、筋肉を落としたくないですよね! 安静が一番ですが、痛みが回復傾向にある場合は行ってください。 早期回復を目指す為のリハビリ 歩けないくらい痛いという訳ではなかったので、どこが痛むのか・どうすると痛むのかを確認しながらゆっくり歩行を繰り返しました。 どこが痛くて何をすると痛むのかを知ることが大事だと思います。 患部の周りを血行を促進させる為にマッサージも効果的です。 痛みが引くまでやり続けて下さい! 自分がスポーツで使用する用具を自分により良い物に替えるのも怪我の予防に繋がります。 捻挫の多いバスケットでは、自分に合った バッシュを選んでみて下さい。 自分の足を細かく機械で調べて、合ったバッシュを探してくれる専門の方がいます。 一度お試しに測ってみてはいかがでしょうか! 歩行時はなるべく負担をかけないように! 「負担をかけないようにしたいけど、意識が薄れて気が付いたら足を付いてしまうよ・・」 という方はをお薦め致します。 一人で行うのは難しいと思いますので、お近くの整骨院にご相談してみて下さい。 痛みが無くなっても再発を防止するため、不安が解消されるまでサポートを続けてみて下さいね。 競技復帰を早めに果たしたい方は、タオルギャザートレーニング・ チューブを使って筋トレをしてみたりと復帰してからも困らないように筋力をつけておきましょう。 「軽い痛みだし、腫れもそんなにないから走っちゃおうー!」 「内出血起をこして紫色だけど放っておけば戻るだろう!」 等 軽く考えてはいけません。 正しい処置をして継続をさせないと何度も捻挫を繰り返す可能性が高くなります。 いわゆる クセになるという事です。 「軽い捻挫だろっ」と思っても病院・整骨院に行って診察を受けて下さい。 捻挫は靭帯の損傷ですが 靭帯断裂になっている可能性もあります。 レントゲン・先生からの医学検査をしっかり確認するのが良いですよ。 自分で捻挫テーピングをしてみる!セルフテーピングのコツ 以前トワテック社様からのご依頼で作成した動画になります。 部活での練習前や、ご自宅での早期回復に効果的なので是非ご覧ください。 また最近では捻挫の女性もホームページを見て下さり、県外からも多くご来院になられています。 実際の治療風景等も合わせてご覧ください。 捻挫をしてからどうすれば早く治るのか?を詳しく書きました。 今現在怪我によって日常生活に支障をきたし困っている・お悩みがある方はお気軽にご相談下さい。

次の

足の甲とその外側の捻挫を早く治す方法とは?私の体験記録もご紹介

捻挫 を 早く 治す 方法

捻挫は運動には付き物なので多くのスポーツ選手を悩ませています。 歩く度にズキズキと痛むのでなかなか痛みが引かないイメージがあるかもしれませんが、その 応急処置次第では早く治すことも可能です。 捻挫の根本的な症状は足首の炎症です。 この炎症をいかに静めるかが重要となっています。 まずは炎症が発生している患部を冷やします。 氷水を使用することが理想的ですが、 即座に用意できなければ流水でも問題ありません。 しかし、ずっと冷やしっぱなしでは凍傷の恐れがあるので、 10分程度冷やしたら一旦ストップして、3分後に再開するといった方法が良いとされています。 冷やした後は患部をテーピングなどで固め、敢えて血流を悪くします。 血流が活発であればあるほど症状が悪化してしまうからです。 もちろん、血流を悪くし過ぎると体に良くないのでほどほどに固めることが大切です。 少し足首を高い位置に乗せておくことも 炎症を食い止めるためには有効な手段です。 足首捻挫のマッサージ方法は? 捻挫した時には 丁寧なマッサージをすることも早く治すことに繋がります。 しかし、やり過ぎてしまうと血流が良くなり、逆に炎症が進んでしまうこともあるので注意が必要です。 足首を柔らかく揉み解すことが大切です。 少し痛みを感じる程度に揉んでいきます。 軽く揉んでいるだけで強い痛みを感じる場合は症状が重い可能性があるので、医師や柔術師の診断を受けることをお勧めします。 足首をマッサージしていくと患部が温かくなっていくことがあります。 これは手の体温と揉み解しによって温まっている証拠です。 血流は炎症を進める要素でもあるので、揉み解しと冷却を交互に行い、患部がそれほど温かくならないように注意しておきましょう。 また、揉み解しが終わった後は再びテーピングなどで固定しておく必要があります。 揉み解す時は足を無理に動かさずに手だけを動かすことが大切です。 解す際には力の入れ具合がなかなか難しいので 可能であれば専門の柔術師に行ってもらうことをお勧めします。 一度の怪我で何度か施術を受けるだけでも症状の治り方が大きく変わってきます。 食べ物や食事にも気をつけよう! 足首の捻挫は基本的に自然治癒力で治していくため、 食生活に気を付けることで早く治すことが可能です。 特に良い影響を与える成分として ジアスターゼがあります。 ジアスターゼとは 大根などに含まれている成分であり、 白血球などの細胞を活性化してくれる働きがあります。 この成分は様々な体の怪我に対して効果を発揮してくれます。 他にも 良質なタンパク質を食事によって摂取することが有効です。 良質なタンパク質は鶏肉などの食べ物に含まれています。 タンパク質は細胞を作るために欠かせない成分です。 そこに 長芋などを取り入れるとタンパク質を分解しやすくなるので、さらに効果が高まります。 他にも 大豆には大豆イソフラボンという成分が含まれていて、この成分は細胞を酸化から守ってくれる働きがあります。 細胞の酸化は捻挫の回復を妨げることがあるため、 大豆イソフラボンによって酸化をブロックすることは非常に有効と言えます。 イソフラボンをさらに効率的に補うためには がさらに効果的です。 今なら半額で購入が可能のようですね。 大前提として、それらの成分がスムーズに働くためには 体の疲労を取っておくことが大切です。 睡眠時間をしっかりと確保することも怪我を早く治すために重要と言えます。 しっかりと寝ることで自己治癒力を高め、怪我の治りを早める食事を意識していきましょう!.

次の

【2020年最新版】プロが教える捻挫の超回復法

捻挫 を 早く 治す 方法

「」は、日常生活中の転倒やスポーツ時の足をねじる動作により、誰にでも起こる可能性がある身近な疾患です。 「捻挫したかもしれない」と思ったとき、まずどのような応急処置を行えばよいのでしょうか。 また、捻挫を早く治すためにご自宅で積極的にしたほうがよいこと、控えたほうがよいことには、どのようなものがあるのでしょうか。 三田病院救急部長の志賀隆先生に教えていただきました。 捻挫とは-足首の外側の靭帯を損傷するケースが多い 私たちの体には大変に多くの関節が存在します。 そのため、は全身のあらゆる部位で起こり得ますが、最も多くみられるのは足関節、すなわち足首です。 典型的な足首の捻挫とは、足首の内反により、外側の靭帯である「距腓靭帯(きょひじんたい)」「前距腓靭帯」「後距腓靭帯」が切れるものです。 足首の内側にも三角靭帯と呼ばれる靭帯が存在しますが、これは距腓靭帯などに比べると強く損傷しにくい靭帯です。 くわえて、日常動作により足が外側に反ることは少ないため、内反による捻挫の頻度が圧倒的に高いものとなっています。 これが、捻挫のひとつの特徴です。 捻挫の原因、いつ起こるの? サッカーなどのスポーツや転倒による捻挫が多い 東京ベイ・浦安市川医療センターには、スポーツ中の動作や日常生活中の転倒により、足首をして来院される方が多くみられます。 スポーツの中でも、サッカーやバスケットボール、テニスなど、何度もくるくると体の向きを変える動作を伴う競技は、捻挫をしやすい傾向があります。 また、自転車に乗っている最中に転倒し、足首をひねってしまう方も多々おられます。 捻挫の症状-腫れと痛み オタワアンクルルールに従い骨折の有無を検査 の自覚しやすい症状は、患部の痛みと腫れです。 これらの症状はと同様のものであり、実際に捻挫に骨折を伴うこともあります。 以下の評価法「オタワアンクルルール(Ottawa ankle rule)」に該当する場合は、レントゲンを撮り、骨折の有無を確認する必要があります。 これは、不要なレントゲン撮影を減らす目的で作られた評価法です。 【オタワアンクルルールの概要】 触診を行い、A~Dに圧痛があればレントゲン撮影を行います。 A:外くるぶし後方(上方)6㎝ B:内側くるぶし後方(上方)6㎝ C:第五中足骨の基部 D:舟状骨 また、体重を支えられず歩けないようであればレントゲンを撮ります。 逆に、捻挫をしていても内外のくるぶしや第5中足骨、舟上骨に圧痛がなく、歩けることもあります。 この場合はレントゲンを撮らず、軽度の捻挫と診断して治療をします。 このほか、捻挫の症状として、距腓靭帯の周辺に紫色の皮下出血がみられることもあります。 REST 安静 RICEのRは安静(REST)の意を示します。 まずは運動などの活動を停止し、患部を動かさないよう安静にしましょう。 ICE 冷やす 凍傷に注意 炎症を抑えるために、患部を冷やして血管を収縮させます。 このとき、氷嚢(氷の入った袋)や保冷材をタオルやハンカチで二重に包み、を防ぐことが大切です。 私自身も学生時代、サッカーを行っている最中にしたことがありますが、応急処置のためのコールドスプレーで凍傷になったことがあります。 炎症は冷やして抑えることが原則ですが、やりすぎは禁物です。 湿布薬はの成分や種類は多岐にわたりますが、ケトプロフェン(商品名:モーラステープ)に一定の有効性があるようです。 なお、インドメタシンと偽薬(プラセボ)を比較した試験では、両者に大きな差異はなかったという報告がなされています。 (参考文献:) Compression 圧迫 テーピング法は? 捻挫をすると翌日以降も痛みは持続します。 RICEのCとEは、病院から帰宅後、ご自身で続けていただきたい処置です。 Cは圧迫(Compression)を意味します。 足首の捻挫であれば、テーピングを行い固定しましょう。 エビデンスは確立されていませんが、「8の字テーピング」と呼ばれる方法がよく知られています。 Elevation 挙上 眠るときは枕を足の下に入れ、心臓より患部が高くなるようにしてください。 捻挫の治療 救急外来では、まず患部を固定して痛み止めを処方します。 また、重症度の高い患者さんには松葉づえを処方します。 東京ベイ・浦安市川医療センターでは、全ての患者さんに対し、帰宅後のRICE処置について、ご自身やご家族に向けた指示書をお出ししています。 痛み止めの内服 重症度にもよりますが、受傷から1週間程度はNSAIDsと呼ばれる非ステロイド性消炎鎮痛剤を1日3回飲んでいただきます。 NSAIDsは、胃腸障害などの副作用が起こりやすいことで知られていますので、服用中は胃や腸に不調が起こっていないかどうか十分に注意します。 ごく稀に捻挫でも手術となる なお、靭帯が完全に切れてしまっている捻挫の場合、手術を行うこともあります。 このような捻挫は「3度捻挫」と定義されます。 ただし、手術となるのはアスリートなど特殊な環境下にある方がほとんどで、一般の方であれば、3度捻挫でも保存療法により治療を行います。 保存療法の場合は、ギプスなどで患部をしっかりと固定し、最低でも受傷後10日は装具をつけて生活していただきます。 捻挫と間違えやすい「下駄履き骨折」とは 現代ではハイヒールを履いている女性に多い 先に、との鑑別について述べましたが、なかでも「捻挫だと思っていた」と間違えやすいのは、第5中足骨の基部にヒビが入る「下駄履き骨折(俗称)」です。 第5中足骨基部骨折は、かつて下駄を履くことがふつうだった時代に、足を捻じってしまい頻発していたため、このような通称で呼ばれています。 第5中足骨基部骨折は現代では下駄ではなく、ハイヒールを履いている女性の方に最も多くみられます。 ハイヒールで歩くと足を内反してしまいやすいため、捻挫と共に骨折してしまう頻度も増えるのです。 捻挫を早く治すには? 捻挫したときしてはいけないこと-温湿布や立ち仕事 をした部分の組織は炎症を起こしているため、原則として「冷やす」ことが大切です。 「温める」「血行を促す」といった行為は、症状を長引かせてしまいかねないので、控えるようにしましょう。 特に応急処置の際、捻挫の患部に温湿布を貼ることは禁物です。 軽度の捻挫でも、しばらくは飲酒、湯船に浸かる入浴、運動などは避けましょう。 また、立ち仕事も数日は控え、医師の指示に従いながら再開するようにしましょう。 このほか、鍼治療やツボ押しも医師の立場からはあまりおすすめはできません。 稀に、鍼治療の際に血中に細菌が侵入し、血液感染を起こすことがあります。 また、損傷した靭帯が修復しようとしているときに、外部から圧をかけるツボ押しも控えたほうがよいでしょう。 捻挫を早く治すためには安静にしすぎないことも大切 ご自宅でも指示書などに従いRICE処置を行い、NSAIDsを決められた回数積極的に服用します。 痛みがあるときは、市販のロキソニンなどを服用しても構いません。 無理な運動は禁物ですが、捻挫の場合であれば、絶対安静指示はしないことがほとんどです。 痛みや腫れがある程度引いてきたら、慎重に動かし始めることをおすすめします。 たとえば、「足で字をかく」などの動作を、痛みを感じない範囲で行ってみるのもよいでしょう。 松葉づえなどを処方されている比較的重い捻挫の患者さんは、いつ頃から歩き始めるのがよいか、整形外科の先生と相談しましょう。 サポーターも受傷直後から痛みや腫脹がおさまるまで(4~21日間)は必要ですが、必要以上に長期間使ってしまうと、筋肉の萎縮や靭帯の弱化につながることがあります。 医師から動いてもよいといわれたときには、不安に思いすぎず、少しずつ安静度を解除していくことが重要です。

次の