ショパンピアノ難易度。 【難易度と解説】ショパン エチュード作品10(別れの曲 / 黒鍵 / 革命 etc.)

ショパンのピアノ曲演奏難易度ランキング

ショパンピアノ難易度

12の練習曲 Op. 12の練習曲 Op. 24の前奏曲 Op. 12の練習曲 Op. 12の練習曲 Op. 24の前奏曲 Op. 12の練習曲 Op. 12の練習曲 Op. 24の前奏曲 Op. 24の前奏曲 Op. 24の前奏曲 Op. 24の前奏曲 Op. 葬送行進曲(ピアノソナタ第2番 Op. 35より)• 該当曲なし.

次の

ショパン(エチュード)の別れの曲の難易度は?解説付き!

ショパンピアノ難易度

それでは、雨だれの難易度についてご紹介致します。 楽譜を見るとフラットやシャープが沢山付いているし難しそう…と思う方も多いかもしれません。 雨だれの前奏曲は普通にピアノを勉強しているという方を対象にすると中級程度の難易度です。 フラットが5つ付いている変ニ長調という調ですが、この調の曲自体が初心~中級ではあまり無いので慣れない方だと大変かもしれません。 少し譜読みが難しいところもありますが基本的に同じ動きやメロディが続き、音数も多くはないので覚えてしまえばスラスラと出来るようになるかと思います。 雨だれの前奏曲はピアノを弾くことにも慣れてきて色んな曲を弾いてみようという方におすすめの曲です。 この曲を知っている人も多いので発表会用の曲に選ぶのもおすすめですね。 中盤は雰囲気がガラッと変わり、変ニ長調からシャープが4つ付いた嬰ハ短調に転調します。 ここからは基本的に右手が伴奏で左手がメロディという形になります。 ここの所は雨だれを一曲通して演奏する上で、緩急をつけるための大事な箇所となります。 ここでのポイントは右手の伴奏は強くしすぎない事と、ピアノ 弱く からのクレッシェンドで曲の盛り上がりを表現し、フォルティッシモで左手のオクターブを力強く弾く事です。 右手は聞き手だという方も多いのでどうしてもバランス的に強くなりがちになってしまいますが、ここでは連続している8分音符の動きなので強く弾いてしまうと右手の音がうるさく聞こえてしまいます。 ですので、右手の伴奏は気持ち弱めで弾く事を意識してみてください。 左手はこの場面ではメロディとなり主役です。 和音の展開がどんどん広がっていくように徐々にクレッシェンドをします。 そして下図のフォルティッシモでオクターブを弾く所はしっかりと強く、重々しく弾いてみてください。

次の

全音ピアノピースサイト » 難易度から探す F(上級上)

ショパンピアノ難易度

特にメジャーな曲 ショパンのノクターンといえば、この曲、 ノクターン2番Op9-2 というくらい代表的な曲ですね。 難易度は中級で、 美しいメロディーが大変人気です。 くりかえしが多く、 その中で装飾が増えていくだけなので 音を覚えてしまえば弾きやすい曲です。 他にも難易度としては、 9-2よりも低い曲はありますが、 この7曲の中では最も低い難易度となります。 19番について ノクターン19番Op72-1は、私の好きな曲のひとつです。 晩年の作品かと思ったら、 なんとショパンが17歳の時に作曲されたとのことで、驚きました。 この曲が、 ショパンのノクターンの最初の曲になります。 黒鍵が珍しく少ないので 譜読みにはあまり苦労しないで弾けると思います。 20番 ノクターン20番遺作は、もともとは練習用で、 「アダージョ」と表題がついていたそうです。 最近では映画にも使われて、よく聴くようになりました。 私も好きな曲です。 弾くのはちょっと難しいところがあって、 仕上がってなかったです。 その曲が例えばホ長調なら、 ホ長調の音階を先に指慣らしに弾いてみるとか、 練習曲で同じ調の曲を弾いてみるとかすると 少しは弾きやすくなると思います。 黒鍵に慣れてない方は 音符をひとつひとつ確かめて、 楽譜に黒鍵の音符がわかるように色を塗るとか、 最初の努力が必要になります。 装飾音を弾くコツ そして、ノクターンに多いのは装飾音です。 楽譜の中に小さい音符がついていたり、 ギザギザやtr、Sを横にしたような記号がついていたり、 たくさん並んだ音符の真ん中に6とか10とかがあったり、 普通に弾くだけではない指示があります。 算数的に考えると、 どうも左手と計算が合わないところが、 だんだんと増えてきます。 例えば左は3つの音に対して 右を4つの音で弾くところがあります。 3つの音に対して6つならふたつずつとか、 弾きやすいのですが、 また、他にも左手はあまり変化がありませんが、 メロディーで音符が増え、 リズムが取りにくい箇所があります。 ここは部分的に何度も右手の練習、 両手の練習を繰り返して、マスターしていきたいです。 tr(トリル)の場合は数の決まりはありませんが、 その他の装飾音は微妙にひとつひとつが違うので、 指示どおりに弾けるように、楽譜だけでなく、 プロの演奏を聴くなどして確かめながら練習してみてください。 装飾音も焦らず、優雅に聞こえるような、 余裕がほしいです。 誰かに聴いてもらうつもりで弾こう 演奏する際は、誰かに聴いてもらいたい、 と思って弾いてほしいと思います。 実際に、聴いてもらうのが一番ですが、 ひとりで練習するときも 誰かが聴いていると思いながら練習することで、 ミスを減らせます。 1曲1曲が繊細で、譜読みができ、 だいたい弾けるようになったとしても、それで終了にせず、 さらに磨いて、 暗譜できるほどに練習したり、 録音してみたりして仕上げていってください。 ただ、きれい、美しいだけではなく、 悲しみ、よろこびといった感情も表しながら、 心を動かせる演奏ができれば、素晴らしいですよね。 難易度も、ショパンとしては難しくない方で、 ぜひ、 黒鍵や装飾音などに慣れるように何度も練習し、 美しいメロディーを歌いあげてください。 その他のノクターンは難易度が上がりますが、 名曲がたくさんあって、 繊細な技術と甘いメロディーの、 完成度の高い仕上がりで弾きたいです。 その曲を誰かに聴いてもらえたら、 ますます上達すると思います。

次の