グッドラック 司会。 国山ハセン

グッとラック!

グッドラック 司会

TBS放送タワー 立川志らくが司会を務める朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)がスタート早々から大きくつまづいている。 初回の視聴率は2. 9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、約4年間続いた前番組の『ビビット』の最終回から0. 2ポイントダウン。 2回目の放送は2. 6%とさらに下がり、このまま超低空飛行する可能性は濃厚だ。 そんな中で唯一の見どころは、大抜擢された新人アナの若林有子だ。 国分太一と真矢ミキが司会を務めた『ビビット』が打ち切られ、後任番組として始まった『グッとラック!』。 司会の志らくは、同局の昼の情報番組『ひるおび!』でコメンテーターに起用され、一気にブレイクした落語家だが、その脇を固めるのがTBSの国山ハセンと、今年4月入社の新人・若林だった。 「若林は、女子アナとしては非常に珍しい大阪市立大学出身という経歴の持ち主で、大学時代には『週刊朝日』(朝日新聞出版)の表紙に登場したり、セントフォース関西に所属して、タレントとして活動していたこともあります。 中学から高校にかけてアメリカで過ごしたため、英語はペラペラで、プロフィールによればTOEICは890点だそうです」(女子アナウォッチャー) 入社1年目の新人を帯番組に起用するとは、若林への期待の大きさが分かるが、これまでの放送回をチェックしたテレビ制作の関係者はこう語る。 「ライバル局がエース級の女子アナを投入するなか、新人を起用するとは、TBSもなかなかのチャレンジャーだと思いましたが、正直言って、その感覚がヤバいですね。 初回放送は、局の幹部がスタジオに集まり、ベテランでも緊張するものですが、若林はニュース原稿を読む際に噛みまくり、カンペを見っぱなし。 しかも棒読みで、内容がまったく頭に入ってきません。 あれは放送事故レベルでした。 やはり朝の帯番組に新人を使うのは、荷が重すぎます。 今後はど若林がどこまで成長できるか、優しい目線で見守るしかないですね」(ライバル局の関係者) はやくも前代未聞の低視聴率にあえぐ『グッとラック!』だが、こういった話を聞く限り、立て直しには相当時間が掛かりそう。 「グッドラック」(幸運を祈る)という、ある意味で投げやりなタイトルは、若林へのエールだろうか。

次の

辛口だけが上滑り? 立川志らく、TBS系「グッとラック!」まさかの1%台… グラッと共倒れの恐怖

グッドラック 司会

TBS赤坂センター TBSが、朝の新たな情報番組『グッとラック!』の司会に落語家の立川志らくを起用。 このキャスティングに疑問の声が相次いでいる。 『グッとラック!』は、国分太一と真矢ミキが司会を務める『ビビット』の後任としてスタートする新番組だ。 ジャニーズと元宝塚トップがコンビを組んだ『ビビット』は2015年春にスタートし、4年半続いたが、朝の情報番組戦争で芳しい結果を残せなかった。 テレビ情報誌の記者がいう。 「『ビビット』の放送時間帯は、『モーニングショー』(テレビ朝日系)がトップで、以下『スッキリ』(日本テレビ系)と『とくダネ!』(フジテレビ系)が続いており、『ビビット』がやはりテレ東を除く最下位でした、『ビビット』の視聴率は3%を切ることも珍しくなく、打ち切りはやむを得ないでしょう。 TBSは平日朝の視聴率が酷く、『ビビット』の前の『あさチャン!』も、時間帯視聴率でテレビ東京を除いて万年最下位です」(テレビ情報誌記者) そんなTBSが白羽の矢を立てたのが、立川志らくだった。 志らくは元々、TBSの昼の情報番組『ひるおび!』の辛口コメンテーターとしてブレイクした経歴の持ち主。 しかし、朝の情報番組への起用に対する関係者の声は厳しい。 「新番組の『グッとラック!』の時間帯は、羽鳥真一が司会を務める『モーニングショー』がダントツで、玉川徹、長嶋一茂、青木理らの辛口コメントがしばしばネットを賑わせています。 テレ朝の後を追う『スッキリ』の加藤浩次や、『とくダネ!』の小倉智昭も、ズバズバと切り込むのが持ち味。 毒舌系がすでに飽和状態の中、TBSがさらに毒舌が売りの人間で勝負するとは驚きです。 キー局関係者は、業界人ならではの見立てを披露する。 「『ビビット』の司会は国分太一と真矢ミキで、堀尾正明も出演していますが、『グッとラック』の出演者を見ると、立川志らく以外は局アナの国山ハセンと新人アナの若林有子という陣容ですから、出演費がかなり削れます。 ここで制作費を削っておいて、来年度に新たな番組を始めるんじゃないでしょうか」(キー局関係者) そうなると、「Good Luck」という番組名もしっくりくるが、志らくにラッキーは訪れるか?.

次の

「グッとラック」での上地雄輔いじり 番組進行に異論続出

グッドラック 司会

タレントの(41)が5月12日放送の『グッとラック』(TBS系)に、リモートで出演した。 番組では、内閣が検察幹部の役職定年を延長できるようにする検察庁法改正案を巡る問題について特集された。 だが、上地に対する番組の進行が物議を醸している。 法改正されることによって内閣による恣意的な人事が可能になり、検察官の政治的な独立性や中立性が脅かされると危惧されている。 そのため、多くの芸能人も「#検察庁法案改正に抗議します」とTwitterで反対を表明していた。 コロナ禍である現タイミングで改正が進められることについて、意見を求められた上地は「この時期ではなくても改正されるわけですよね?」と司会の立川志らく(56)に質問。 すると志らくは、「それは別にコロナが収束した後でも十分審議すればいいわけですから」と回答。 上地が「コロナの収束時期がわからないから、今でもいいのではないかなと思うんですけど」と続けると、志らくは「だから今やっちゃおう(改正してしまおう)ということなんですよね」と説明。 だが上地は「今やるべきことではないかもしれないですけど、今やるべきことでもあるのかもしれない」と私見を述べた。 「番組内で上地さんは『法案を読みました』と話していましたが、『何が問題かわかっていますか?』や『わかってない感じがする』といった言葉をかけられていました。 志らくさんや他の出演者はギャグを交えたつもりだったのかもしれません。 だが、なかには上地のような意見を持つ人もいる。 あたかも「上地が理解していない」と見せる番組進行に、視聴者からは異論が上がっている。 《最近、朝はグッとラックを見てるけど、昨日の上地雄輔いじりは見ててあんまり気持ちよくなかったよ。 ひとつの話題について、アナウンサーがさ、ほんとに分かってますか? と何度も聞いてた。 そう思ってたとしても失礼じゃない??》 《議論はいいけど説得はダメでしょ。 これこそ同調圧力じゃないの?》 《改正案に反対しなきゃいけないみたいな流れが気持ち悪い。 反対も賛成も個人の自由である筈なのに》 外部サイト.

次の