新盆 香典袋。 新盆(初盆)に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方

新盆、初盆の準備と手順

新盆 香典袋

両親(義父母を含む) 1万円~2万円 祖父母 5千円~1万円 兄弟 1万円~3万円 叔父・叔母 5千円~2万円 近しい親戚の場合は、香典とは別に提灯代が必要となるケースもあることを覚えておきましょう。 親族の場合(3親等を超える場合) 親族であっても3親等を超える場合は、 3千円~1万円が相場です。 故人との生前の付き合いの深さや関係性によって変動します。 友達や近所の人など「知り合い」の場合 友達や近所の人といった「知り合い」の場合も、3親等を超える親族の場合と同様に故人との生前の付き合いの深さや関係性によって変動します。 5千円~1万円の間となることが多くなっています。 年齢によっても香典の金額は異なり、20代であれば5千円、30代以上であれば1万円というケースが一般的です。 友達や近所の人など「知り合い」の立場の場合、 法要に招待されても出席自体は遠慮して、焼香だけをあげに新盆法要の日以外に自宅を伺うこともあります。 その場合は3千円でも問題ありませんが、香典としてではなく「御線香代」として仏壇の左側に置きます。 御線香代は施主に手渡さないことがマナーとされています。 会社関係などビジネスライクな場合 会社関係などのビジネスライクなお付き合いのある方の場合、上司なのか同僚なのか、またそのご家族のどなたかというように、関係性はさまざまです。 しかし、金額の相場はどの場合においても5千円から1万円の間となっているため、年齢や立場を考慮して決めましょう。 例えば、自分が20代であれば、自分よりも年上の先輩の立場を考慮して、3千円から5千円を包むと良いです。 30代であれば、同じ立場の同僚と話し合って包む金額を決めることをおすすめします。 友達や近所の人など「知り合い」の立場の場合と同様に、法要に招待された場合は出席を遠慮することがマナーです。 新盆法要の日を避けて新盆の焼香だけをあげるために伺う場合は、「御線香代」として3千円程度でも問題なく、施主に手渡しせずに仏壇の左側にお供えしましょう。 会社関係の場合は、連名で包む場合もあります。 その場合は、1人当たり千円から五千円の金額でキリの良い金額にします。 会食がある場合にはその費用も追加で入れよう 読経が行われる法要後に、お斎である会食が行われる場合には、香典に金額を追加します。 追加費用は1人当たりのお膳代にあたる 3千円から1万円が相場といわれています。 香典袋を渡す準備をしよう! 法要に持参して渡す香典袋の準備をしましょう。 水引は「結び切り」または「あわび(あわじ)結び」でなければなりません。 これは、固く結ばれて解くことが難しい結び方で、「繰り返すことのないように」という意味があり不祝儀に使われます。 水引の色は、地域によっても風習が異なります。 白黒の水引は、ご家族に葬儀を連想させる使用を避けるという地方もあります。 こういった地域の法要に参加する場合は、法要の連絡があったら早めに祝儀袋の準備をしておきましょう。 「御霊前」はNG?袋は「御仏前」「御佛前」を用意 仏教の場合、香典袋の表書きは、「御仏前」「御佛前」を使います。 宗教に関係なく仏教以外でも使用できるのは「 御供物料」です。 また、親族が提灯代を包む場合は、御仏前と一緒に包まずに別に「御提灯代」を準備します。 「御霊前」は、浄土真宗と曹洞宗以外の通夜・告別式で使用するものです。 浄土真宗と曹洞宗以外では、四十九日の法要を迎えるまでは「霊」であり、四十九日を過ぎると「仏」になるとされているため、新盆のときは「御仏前」や「御佛前」を用います。 「仏」と「佛」は同じ意味で、新字か旧字という違いです。 どちらも間違いではありませんが、仏教では旧字である「佛」が使われることが多い傾向にあります。 できれば薄墨を!香典袋のペンの種類 香典袋には筆や筆ペンを用いて表書きをします。 通夜や告別式といった葬式で持参する香典袋と違い、新盆で持参する香典袋はあらかじめ準備する期間があります。 そのため、薄墨ではなく普通の墨でも問題ないとされています。 しかし、墨の濃さにまで気を配るという日本人らしい気遣いを大切にするという意味も込めて、できれば薄墨を使いましょう。 香典袋の表書きの書き方サンプル 香典袋の表の書き方は水引よりも上の部分に 「御仏前」「御佛前」「御供養料」のどれか1つを書き、水引よりも下の部分にフルネームを書きます。 1人ならば中央に、連名の場合は、1人目をセンターに書き、2人目はその左側に書きます。 夫婦であれば、センターに夫のフルネームを書き、その左側に妻の名前だけを書くのが一般的です。 会社関係など連名で香典袋を準備する場合は、会社名と代表のフルネームを中央に書きます。 グループの場合は、「〇〇一同」と書いても良いでしょう。 お札の向きとお金の入れ方・包み方 香典袋に入れるお札の向きはこだわらないという方も増えています。 お札の向きを気にされる方は、仏事ということで、お札に描かれている人の顔が裏側かつ下側にくるように包みましょう。 複数枚のお札を入れる場合はお札の表裏や向きは全て揃うようにして、お札が別々の向きにならないようにしましょう。 連名で香典を準備する際には、1人ひとりが少額を出し合うためお札の数が多くなる場合もあります。 お札の枚数が多くなると受け取る側が数える際に負担になるため、両替をしてまとめてから包みましょう。 お札は中袋に入れます。 中袋がついていない場合は半紙などを用いてお札を包みます。 香典袋は汚れを防ぐためにも、に包んでおきましょう。 袱紗は寒色系のものを準備します。 一枚ものの袱紗で香典袋を包む場合、袱紗の中心よりも右側に表書きが読める状態で置き、右、下、上、左の順で折り包みます。 袋タイプの袱紗の場合は、左開きになるように袱紗を置き、表書きが読める状態でポケット部分に左側から差し込みます。 新盆で香典袋を渡すタイミング 新盆の法要に参加する場合、葬式のときのように受付が設けられているとは限りません。 香典袋は訪問した際の施主に挨拶をするときがベストなタイミングといえます。 「心ばかりですが、仏前にお供えください」と一言添えましょう。 法要が行われない場合でも、施主には必ず挨拶をするため、そのときに香典袋を渡すと良いでしょう。 直接、施主に手渡しをしない場合もあります。 お盆期間中であれば精霊棚に、お盆期間前であれば仏壇に手を合わせるタイミングでお供えします。 このとき、仏壇に名前を向けて香典袋を置くようにします。 謎多き新盆。 疑問をスパッと解決! 新盆を迎えるにあたって、わからないことが多く不安に感じている人もいるかもしれません。 ここでは、疑問に持たれることが多い事がらについて、解説していきます。 新盆に行ったら挨拶する? 新盆に参加した際、施主の方にお会いしたタイミングで「 この度はお招きいただきありがとうございます」と挨拶をしましょう。 仏式?神式?宗教による違いはある? 仏式でも浄土真宗は、浄土で仏様となっているご先祖様がお盆に霊となって浄土から帰ってくるという教えはありません。 そのため、お盆は故人の供養の場ではなく、故人を縁として自分自身が親鸞の教えに触れて喜びを感じる機会だとしています。 この考えから、お盆の法要を「歓喜会(かんぎえ)」と呼び、新盆は法縁です。 神式では新盆のことを「初盆祭」や「新盆祭」、「新御霊祭」と呼び、仏式と同様に新盆は通常のお盆よりも大切とされています。 先祖供養や祖先崇拝だけでなく、両親の長寿と健康を祝う行事でもあります。 新盆には、抹香や線香を焚いて供養するのではなく、宮司さんを招いて祝詞奏上をしてもらい、玉串奉奠を行います。 その後、会食をすることが一般的です。 香典に入れるお札は新札NG? 香典に入れるお札は、通夜・告別式での香典マナーと同じように 新札を使うことは避けましょう。 通夜や告別式といった葬式とは違い、香典を前もって準備できる期間が十分にあるため新札でも構わないという考えもあります。 しかし、一般的には新札は使われないため、新札しか手元にない場合は、自分で折り目をつけて袋に入れましょう。 ただし、新札ではないといえ、あまりにもしわの入ったお札や破れたお札を使うことはやめましょう。 実家に新盆で帰るとき香典が必要? 実家で行われる新盆に香典が必要なのは、経済的に自立をして実家を離れている場合です。 大学に通うために一人暮らしをしており新盆で実家に帰る場合は、香典を準備する必要はありません。 つまり、社会人であれば香典を準備し、学生であれば香典を準備する必要はないということです。 初盆・新盆の訪問に最適な服装とは? 初盆や新盆のお宅の訪問に最適な服装は、 喪服や礼服が一番無難です。 お坊さんを招いて読経が行われる法要に参加される場合は、特にそういえます。 しかし、施主よりも格上の服装にはならないようにしましょう。 黒を基調としたスーツでも問題ありません。 案内状に「平服でお越しください」と明記されている場合でも、Tシャツやデニムと言ったカジュアルな服装で良いというわけではありません。 「喪服でなくても構いません」という意味です。 法要に参加するのではなくお墓参りにのみ行くのであれば、派手な服装や露出度の高い服装は避け、お墓参りという行事に相応しい服装を心掛けましょう。 場違いの服装は「マナーが悪い」「常識がない」と思われてしまうかもしれません。 服装のマナーも大切ですが、持ち物としては数珠を忘れないように持参しましょう。 仏事では数珠は必需品です。 初めての法要参加で不安な方は誰かに聞いてみよう! 誰でも初めてのことには不安や戸惑いを感じるものです。 地域によって、お菓子などの品物を一緒にお供えとして準備するなど、法要に参加する場合の習わしはさまざまです。 初めての法要参加で心配な方は、年上の方や立場が同じまたは似ている人に聞いてみると良いでしょう。 まとめ 新盆法要における香典の相場や書き方、渡すタイミング、新盆法要に参加する際の服装などを取り上げてご紹介しました。 初めて参加する新盆法事への不安が取り除かれたでしょうか。 通夜や告別式といった葬儀に比べると、新盆法事は事前に準備する時間があります。 新盆法事へ参加する準備をしっかりと整えて当日に臨みましょう。 その他、新盆に関する記事を読みたい人はぜひこちらもご確認ください! 新盆・初盆に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 新盆・初盆に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

新盆・初盆の香典の金額相場やマナーまとめ!袋の書き方や渡し方なども紹介!

新盆 香典袋

夏になると、ほとんどの方がお盆の時期を心待ちにするのではないでしょうか? お盆といえば、家族総出で地元に帰省し、レジャーを楽しむなりのんびりするなり思い思いの過ごし方をするという楽しみがあります。 しかし、忘れてはいけないのが、お盆はあの世からご先祖様の霊が帰ってくるとされていることから、先祖供養の季節となっていることです。 特に初盆を迎えるご家庭にとっては、四十九日を経た故人の霊の初めての里帰りということもあって、法要や仏壇の準備に慌ただしくなります。 初盆法要に参列する側も香典を持参するのが一般的ですが、香典袋の作法は大丈夫でしょうか? きちんと知っておかないと大勢の前で恥ずかしい思いをすることにもなりかねません。 今回「終活ねっと」では、 初盆に持参する香典袋の作法について解説します。 最初に初盆がいったいどのようなものであるかについて、簡潔にご説明します。 初盆とは、 故人の四十九日が過ぎて最初に迎えるお盆のことです。 四十九日を経て成仏した故人の霊にとっては最初のこの世への里帰りであるため、お盆の期間中(7月または8月の13日から16日)に盛大に法要を行うなどします。 なお、故人の霊がこの世へと戻って来る日(7月または8月の13日)が迎え盆、あの世へと帰っていく日(7月または8月の16日)が送り盆です。 初盆の法事の時期はいつ? 初盆では主に故人の供養のための法事が営まれます。 法事の時期は、やはり故人の霊が戻ってきている 14日または15日に行われるのが一般的です。 13日と16日はそれぞれ迎え盆に送り盆であるため、故人の霊のお迎えまたは見送りに費やされることから法事は行われないことが多いといえます。 浄土真宗は初盆を行わないの? 初盆は仏教のほとんどの宗派で迎えられますが、 浄土真宗の場合のみ初盆は行われません。 浄土真宗では 亡くなった方は仏様のお力ですぐに成仏し、極楽浄土で生まれ変わるとされているためです。 以上の理由から、故人の霊があの世から戻ってきて供養されるという考え方もありません。 むしろ、故人はすでに仏様として極楽浄土に生きる立場であるため、供養することは考えなくても良いといえます。 浄土真宗のお盆について興味ある方は、ぜひ「終活ねっと」のこちらの記事をご覧下さい。 初盆について、だいたいのことをご理解いただけたのではないでしょうか? ここからは、 初盆の際に使われる香典袋の種類や選び方について詳しく見ていきます。 地域によって水引の色が異なる 基本的に初盆で使われる香典袋の水引の色は、 弔事に使われる黒白が一般的です。 全国のほとんどの地域では、黒白の水引が掛かったものが使われます。 ただし、 関西や北陸のように黄白の水引の香典袋を選ぶ地域もありますので、事前にお住まいの地域で使われる水引の色についてはご近所の方などに確認しておくと安心です。 包む金額によって袋の種類を選ぶ また、黒白の水引を使う地域であっても、包む金額によって袋や水引きの種類に気を遣う必要があります。 例えば、 1万円までというように少ない金額を包むなら水引が印刷されているものでも大丈夫です。 しかし、多く包むなら立派な水引(双銀など)のものを選ぶようにするのが作法とされています。 また、包む金額に応じて使う袋にも気を付けましょう。 5万円以上であれば中金封を、10万円以上であれば大金封の袋を用いるのが一般的です。 余談ですが、香典ではなくお供えを持参する場合は、掛けるのし紙もお供え物の価値に合わせたものを使います。 特に画像からダウンロードできるものは、基本的に3千円から5千円程度の品物用であるため気を付けましょう。 初盆香典袋の書き方 香典袋の種類や選び方について見たところで、次は 香典袋の書き方にまつわるマナーについても見ていきます。 薄墨で書くべき? 香典袋に表書きなどを書くときに使う墨といえば、葬儀でよく使われる薄墨という印象を持っている方も多いでしょう。 初盆の場合でも薄墨で書くべきなのか気になるところです。 初盆の場合は 普通の墨を使って問題ありません。 葬儀で薄墨を使うのは、故人が亡くなった悲しみに服すという意思表示のためで、四十九日までの間の作法とされているからです。 しかし、初盆はすでに 故人の四十九日が過ぎ、故人をしのぶ段階であることから、普通の墨を使って大丈夫といえます。 外袋の書き方 香典袋には外袋と中袋とがあり、外袋には表書きと包んだ方の名前を書くのが一般的です。 表書きの書き方 まずは香典袋に書く中で最も重要であろう表書きについてみていきましょう。 初盆の場合は「御仏前」 表書きとは外袋の上半分の真ん中に記す表書きと呼ばれる包んだお金の題目です。 初盆の場合は 「御仏前(御佛前、ご仏前)」と書くのが作法とされています。 すでに故人の四十九日が過ぎ、故人が閻魔大王の審判の結果、成仏した後であるというのが理由です。 「御霊前」との違いは? 御霊前は、四十九日までの間の香典などに使う表書きです。 初盆は四十九日の法要を終えてから初めてのお盆のことなので、御霊前は適さないと言えます。 名前の書き方 外袋の下半分には包んだ方の名前を記します。 基本的には、 包んだ方個人の氏名をフルネームで記すのが作法です。 夫婦で持参する場合は、夫の氏名のみを記すか、夫のフルネームの横に妻の下の名前を記しましょう。 内袋(中袋)の書き方 香典袋には実際にお金を包む内袋(中袋)がついていることも少なくありません。 ここでは内袋の書き方についても見ていきましょう。 内袋に記す項目は、実際に包んだ金額と包んだ方の住所が主なものです。 金額の書き方 内袋に記す項目でも、包んだ金額の書き方は重要です。 金額を記す場合は、 表側の真ん中に漢数字の旧字体を用いて、頭に「金」をつけた正式な金額の書き方をします。 例えば、1万円を入れた場合は「金壱萬圓」、5千円を入れた場合は「金伍仟圓」というような書き方です。 もし、過不足なく包んだ旨を書きたい場合は、「圓」の後に「也(なり)」の字を入れましょう。 住所の書き方 住所は裏側の左下部分に書きます。 原則として縦書きで記すため、 丁目や番地の数字も漢数字で書きますが、こちらについては旧字体を使う必要はありません。 なお、ご遺族側の負担を少しでも和らげたいということであれば、 郵便番号や電話番号も漢数字を用いて縦書きに記すと良いでしょう。 初盆 新盆 の香典袋のお金の入れ方 最後に 初盆の香典で包むお金の入れ方についても見ておきましょう。 使用を避けるべき数字 実は初盆も含め法事の香典では使わない方が良い数字があります。 それが4や9の数字で、 4は「死」に、9は「苦」を連想させる縁起の悪い数字であるためです。 ほかにも 偶数のつく数字も避けた方が良いとされています。 割り切れることから、「故人のいるあの世とのつながりが切れる」ことを意識させるからです。 新札は使用してもいいの? 初盆を含め法事の香典で守るべき作法として、包む際に使うお札にも注意が必要です。 具体的には 新札を使わないという作法を指します。 これは、新札を包んだ場合、 故人の不幸を予想していたとご遺族側に思われかねないためです。 だからこそ、香典を包む際には古いお札を前もって用意しましょう。 もし、新札しかない場合は折り目を入れたうえで包みます。 お札の向きは揃えて入れる さらに、 お札は揃えて入れるという作法もあります。 ご遺族側で香典の管理などをする際の負担を少しでも和らげるためです。 加えて、香典の場合はお札の向きは 印字されている肖像が袋の裏を向き、なおかつ底側に来るように包むようにしましょう。 初盆 新盆 の香典袋に関するまとめ• 初盆とは、故人の四十九日の後に最初に迎える場合のお盆を指す。 故人が初めてこの世に戻って来るため、供養の意味で7月または8月14日と15日に盛大に法事が行われる。 浄土真宗の場合、教義上の理由から初盆は行われない。 初盆の香典袋の種類や選び方のポイントは水引にある。 基本的には黒白の水引だが、関西など一部地域では黄白のものを使う。 また、包む金額に応じて水引の色や袋の種類も使い分ける。 初盆の香典袋の書き方として、まず使う墨は普通のものを用いて問題ない。 外袋には表書きと名前を書き、表書きは「御仏前」を、名前は包んだ方個人のフルネームを記す。 内袋には包んだ金額と包んだ方の住所を記す。 包んだ金額は漢数字の旧字体を用い、頭に「金」をつけて書く。 住所については丁目や番地の数字は漢数字で記す。 初盆の香典袋にお金を包む際のマナーとして、4や9、偶数など縁起の悪い数字がつく金額は包まないようにする。 お札は古いものを使い、向きは印字されている肖像を裏向きで、かつ袋の底側に来るようにして揃えるのが作法である。 初盆に使う香典袋は、水引が黒白(地域により黄白)のものを基本的に選び、包んだ金額に応じた水引や袋の選び方をするというのがポイントです。 このため、包む予定の金額をあらかじめ決めておいたうえで、適切な香典袋を探すと良いでしょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では終活に関する様々な情報を紹介しています。 初盆の際の服装について、興味ある方はぜひこちらもご覧下さい。

次の

新盆法要の香典相場は?香典に関するいろは

新盆 香典袋

夏になると、ほとんどの方がお盆の時期を心待ちにするのではないでしょうか? お盆といえば、家族総出で地元に帰省し、レジャーを楽しむなりのんびりするなり思い思いの過ごし方をするという楽しみがあります。 しかし、忘れてはいけないのが、お盆はあの世からご先祖様の霊が帰ってくるとされていることから、先祖供養の季節となっていることです。 特に初盆を迎えるご家庭にとっては、四十九日を経た故人の霊の初めての里帰りということもあって、法要や仏壇の準備に慌ただしくなります。 初盆法要に参列する側も香典を持参するのが一般的ですが、香典袋の作法は大丈夫でしょうか? きちんと知っておかないと大勢の前で恥ずかしい思いをすることにもなりかねません。 今回「終活ねっと」では、 初盆に持参する香典袋の作法について解説します。 最初に初盆がいったいどのようなものであるかについて、簡潔にご説明します。 初盆とは、 故人の四十九日が過ぎて最初に迎えるお盆のことです。 四十九日を経て成仏した故人の霊にとっては最初のこの世への里帰りであるため、お盆の期間中(7月または8月の13日から16日)に盛大に法要を行うなどします。 なお、故人の霊がこの世へと戻って来る日(7月または8月の13日)が迎え盆、あの世へと帰っていく日(7月または8月の16日)が送り盆です。 初盆の法事の時期はいつ? 初盆では主に故人の供養のための法事が営まれます。 法事の時期は、やはり故人の霊が戻ってきている 14日または15日に行われるのが一般的です。 13日と16日はそれぞれ迎え盆に送り盆であるため、故人の霊のお迎えまたは見送りに費やされることから法事は行われないことが多いといえます。 浄土真宗は初盆を行わないの? 初盆は仏教のほとんどの宗派で迎えられますが、 浄土真宗の場合のみ初盆は行われません。 浄土真宗では 亡くなった方は仏様のお力ですぐに成仏し、極楽浄土で生まれ変わるとされているためです。 以上の理由から、故人の霊があの世から戻ってきて供養されるという考え方もありません。 むしろ、故人はすでに仏様として極楽浄土に生きる立場であるため、供養することは考えなくても良いといえます。 浄土真宗のお盆について興味ある方は、ぜひ「終活ねっと」のこちらの記事をご覧下さい。 初盆について、だいたいのことをご理解いただけたのではないでしょうか? ここからは、 初盆の際に使われる香典袋の種類や選び方について詳しく見ていきます。 地域によって水引の色が異なる 基本的に初盆で使われる香典袋の水引の色は、 弔事に使われる黒白が一般的です。 全国のほとんどの地域では、黒白の水引が掛かったものが使われます。 ただし、 関西や北陸のように黄白の水引の香典袋を選ぶ地域もありますので、事前にお住まいの地域で使われる水引の色についてはご近所の方などに確認しておくと安心です。 包む金額によって袋の種類を選ぶ また、黒白の水引を使う地域であっても、包む金額によって袋や水引きの種類に気を遣う必要があります。 例えば、 1万円までというように少ない金額を包むなら水引が印刷されているものでも大丈夫です。 しかし、多く包むなら立派な水引(双銀など)のものを選ぶようにするのが作法とされています。 また、包む金額に応じて使う袋にも気を付けましょう。 5万円以上であれば中金封を、10万円以上であれば大金封の袋を用いるのが一般的です。 余談ですが、香典ではなくお供えを持参する場合は、掛けるのし紙もお供え物の価値に合わせたものを使います。 特に画像からダウンロードできるものは、基本的に3千円から5千円程度の品物用であるため気を付けましょう。 初盆香典袋の書き方 香典袋の種類や選び方について見たところで、次は 香典袋の書き方にまつわるマナーについても見ていきます。 薄墨で書くべき? 香典袋に表書きなどを書くときに使う墨といえば、葬儀でよく使われる薄墨という印象を持っている方も多いでしょう。 初盆の場合でも薄墨で書くべきなのか気になるところです。 初盆の場合は 普通の墨を使って問題ありません。 葬儀で薄墨を使うのは、故人が亡くなった悲しみに服すという意思表示のためで、四十九日までの間の作法とされているからです。 しかし、初盆はすでに 故人の四十九日が過ぎ、故人をしのぶ段階であることから、普通の墨を使って大丈夫といえます。 外袋の書き方 香典袋には外袋と中袋とがあり、外袋には表書きと包んだ方の名前を書くのが一般的です。 表書きの書き方 まずは香典袋に書く中で最も重要であろう表書きについてみていきましょう。 初盆の場合は「御仏前」 表書きとは外袋の上半分の真ん中に記す表書きと呼ばれる包んだお金の題目です。 初盆の場合は 「御仏前(御佛前、ご仏前)」と書くのが作法とされています。 すでに故人の四十九日が過ぎ、故人が閻魔大王の審判の結果、成仏した後であるというのが理由です。 「御霊前」との違いは? 御霊前は、四十九日までの間の香典などに使う表書きです。 初盆は四十九日の法要を終えてから初めてのお盆のことなので、御霊前は適さないと言えます。 名前の書き方 外袋の下半分には包んだ方の名前を記します。 基本的には、 包んだ方個人の氏名をフルネームで記すのが作法です。 夫婦で持参する場合は、夫の氏名のみを記すか、夫のフルネームの横に妻の下の名前を記しましょう。 内袋(中袋)の書き方 香典袋には実際にお金を包む内袋(中袋)がついていることも少なくありません。 ここでは内袋の書き方についても見ていきましょう。 内袋に記す項目は、実際に包んだ金額と包んだ方の住所が主なものです。 金額の書き方 内袋に記す項目でも、包んだ金額の書き方は重要です。 金額を記す場合は、 表側の真ん中に漢数字の旧字体を用いて、頭に「金」をつけた正式な金額の書き方をします。 例えば、1万円を入れた場合は「金壱萬圓」、5千円を入れた場合は「金伍仟圓」というような書き方です。 もし、過不足なく包んだ旨を書きたい場合は、「圓」の後に「也(なり)」の字を入れましょう。 住所の書き方 住所は裏側の左下部分に書きます。 原則として縦書きで記すため、 丁目や番地の数字も漢数字で書きますが、こちらについては旧字体を使う必要はありません。 なお、ご遺族側の負担を少しでも和らげたいということであれば、 郵便番号や電話番号も漢数字を用いて縦書きに記すと良いでしょう。 初盆 新盆 の香典袋のお金の入れ方 最後に 初盆の香典で包むお金の入れ方についても見ておきましょう。 使用を避けるべき数字 実は初盆も含め法事の香典では使わない方が良い数字があります。 それが4や9の数字で、 4は「死」に、9は「苦」を連想させる縁起の悪い数字であるためです。 ほかにも 偶数のつく数字も避けた方が良いとされています。 割り切れることから、「故人のいるあの世とのつながりが切れる」ことを意識させるからです。 新札は使用してもいいの? 初盆を含め法事の香典で守るべき作法として、包む際に使うお札にも注意が必要です。 具体的には 新札を使わないという作法を指します。 これは、新札を包んだ場合、 故人の不幸を予想していたとご遺族側に思われかねないためです。 だからこそ、香典を包む際には古いお札を前もって用意しましょう。 もし、新札しかない場合は折り目を入れたうえで包みます。 お札の向きは揃えて入れる さらに、 お札は揃えて入れるという作法もあります。 ご遺族側で香典の管理などをする際の負担を少しでも和らげるためです。 加えて、香典の場合はお札の向きは 印字されている肖像が袋の裏を向き、なおかつ底側に来るように包むようにしましょう。 初盆 新盆 の香典袋に関するまとめ• 初盆とは、故人の四十九日の後に最初に迎える場合のお盆を指す。 故人が初めてこの世に戻って来るため、供養の意味で7月または8月14日と15日に盛大に法事が行われる。 浄土真宗の場合、教義上の理由から初盆は行われない。 初盆の香典袋の種類や選び方のポイントは水引にある。 基本的には黒白の水引だが、関西など一部地域では黄白のものを使う。 また、包む金額に応じて水引の色や袋の種類も使い分ける。 初盆の香典袋の書き方として、まず使う墨は普通のものを用いて問題ない。 外袋には表書きと名前を書き、表書きは「御仏前」を、名前は包んだ方個人のフルネームを記す。 内袋には包んだ金額と包んだ方の住所を記す。 包んだ金額は漢数字の旧字体を用い、頭に「金」をつけて書く。 住所については丁目や番地の数字は漢数字で記す。 初盆の香典袋にお金を包む際のマナーとして、4や9、偶数など縁起の悪い数字がつく金額は包まないようにする。 お札は古いものを使い、向きは印字されている肖像を裏向きで、かつ袋の底側に来るようにして揃えるのが作法である。 初盆に使う香典袋は、水引が黒白(地域により黄白)のものを基本的に選び、包んだ金額に応じた水引や袋の選び方をするというのがポイントです。 このため、包む予定の金額をあらかじめ決めておいたうえで、適切な香典袋を探すと良いでしょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では終活に関する様々な情報を紹介しています。 初盆の際の服装について、興味ある方はぜひこちらもご覧下さい。

次の