米寿祝い。 米寿祝いのプレゼントおすすめ27選。喜んでもらえる贈り物を

@米寿祝い

米寿祝い

2020 年に米寿を迎えるのは満年齢で1932年(昭和7年)生まれの方です。 米寿祝いとは? 日本では60歳以降、節目となる年に長寿のお祝いをする風習があります。 その中で 「米寿」は88歳を迎えた人に対して行うお祝いをさします。 特に決まった祝い方はありませんが、自宅やレストランでお祝いの食事会を開いたり、旅行に出かけたり、プレゼントを贈ったりして長寿を祝うご家庭が目立つようです。 2020 年に米寿を迎える人 2020 年に米寿を迎える人を知る前に、 満年齢と 数え年の違いをご説明いたします。 満年齢とは? 生まれた年を0年(0歳)とし、現時点までの時間を表したもので、最も一般的な年齢の数え方です。 2000年に生まれ、2019年に誕生日を迎える人は19歳ということになります。 数え年とは? 生まれた時点の年齢を1歳とし、それ以後は元旦のたびに1歳を加算して歳を数える方法です。 2020 年に米寿を迎える方は、満年齢でお祝いする場合1932年(昭和7年) 、数え年では1933年(昭和8年)です。 長寿祝いはかつて数え年で行うのが一般的でしたが、最近では数え年のなじみが薄くなっていることから、現在では満年齢でお祝いする方が増えてきています。 どちらが間違いということもありませんので、地域の風習や家族の方針に従って決めるといいでしょう。 由来と意味 漢字の「米」という字を分解すると、「八」「十」「八」になることから「米寿」の由来です。 日本で「八」は縁起がいいとされているため、八が2つ重なる88歳をお祝いの年とする風習が生まれました。 風習、色は? 長寿祝いは還暦や古希から始まり、のちに喜寿や米寿も加わったとされています。 中国伝来である還暦や古希は、決まった風習があまりないようです。 一般的には長寿者がちゃんちゃんこを着たり、親族が食事会を開いたりしてお祝いする形が目立ちます。 還暦のテーマカラーは赤、喜寿や古希は紫、そして 米寿は黄色や金色がテーマカラーとされています。 華やかなイメージのある黄色や金色は見ているだけで、元気になれそうですね。 米寿のお祝いにお誕生日新聞を贈りませんか? 「お誕生日新聞」をご存じですか? お誕生日新聞とは誕生日など思い出の日の新聞を購入できるサービスです。 88年前の誕生日や結婚記念日に発行された新聞を取り寄せて、家族全員で当時の思い出を懐かしんでみてはいかがでしょうか。 過去の新聞記事や広告、テレビ欄などで懐かしい記憶が蘇り、思い出話に花が咲き、きっと素晴らしいひと時を過ごせるでしょう。 米寿のお祝いのポイントは? ここでは、米寿のお祝いのマナーや注意点を紹介します。 お祝いの開催は体調を考慮することが大切 88歳ともなれば、体調がすぐれないという人も多いでしょう。 旅行など外出してお祝い事をするのは素晴らしいことですが、体に負担をかけさせてしまわないように、 米寿のお祝いを迎えられる方の体調を十分に考えて、いつどのようなお祝いをすればいいのかを考えましょう。 誕生日祝いと米寿祝いは別でお祝いした方が良い? 長寿祝いと誕生日祝いを別々に行うかで悩む人もいますが、現在の日本では、 米寿と誕生日を一緒にお祝いしている家庭がほとんどのようです。 贈り物を米寿祝いと誕生日祝いで分ける必要もないでしょう。 ただし、家族で考え方が違ってくると、贈り物やお祝いの仕方も変わるので、 事前に家族同士で話し合っておくことをおすすめします。 米寿祝いのマナー かつて米寿祝いだけではなく、長寿祝い全体はお祝いする本人やその家族が親戚や友人を招いて行うものとされていましたが、最近は周りの人が主催してお祝いされる人本人が出席する流れと慶弔辞典で紹介されています。 しかし、周りの人にお祝い会の開催を頼むのはなかなか気を遣うものです。 しきたりに流されずに子ども達や同居の家族が主催しても問題はありません。 米寿祝いに着て行く服装は? お祝い会の服装には決まりがありませんが、お祝い会の会場によってはきちんとしたスーツやワンピースなどを着ていった方がいいでしょう。 高級ホテルや老舗の料亭などで行う場合は正装を心掛けたいものです。 自宅でお祝いする場合は、動きやすさも考えて、多少カジュアルな服装にしても構いません。 米寿祝いにひと言メッセージを添えよう 米寿祝いのプレゼントを渡す際や、お祝い会を始める際にひと言メッセージを添えるとさらに感謝や労いの気持ちが伝わります。 長寿は大変めでたいものですが、あまり年齢を強調したり、お年寄り扱いしたりすると気分を害してしまう恐れがあります。 おめでとうございます、の言葉を添えつつ「これからもずっと元気でいてください」「さらなる活躍をお祈りしています」など未来に対して明るい言葉を添えるといいでしょう。 以下の「米寿(88歳)のお祝いに喜ばれるメッセージ文例集」もぜひ参考にご利用ください。

次の

米寿とは?お祝いする時期・金額相場・おすすめプレゼント [還暦・長寿祝い] All About

米寿祝い

【米寿のお祝いにかける金額】費用の予算の相場とは では、そんな米寿のお祝いにかける金額、いったいどれぐらいすればいいの?と思う方も多いと思います。 「だいたい30,000円ぐらい」という声が多いですが、世間的にかける金額はいくらといって決まっていません。 あくまで気持ちですからね。 中には米寿にかけて88万円の品を贈るご家庭もあるみたいです。 ただ、もう88歳と高齢ですから、お金を貰うよりも何よりも健康を第一として考えている方も多いようなので、 健康にまつわるものにお金をかけて贈る方も多いようですね。 まだ元気で動ける方なら旅行もいいですが、地域によってはそれぞれの地域の贈りものを贈る方もいるようです。 米寿のお祝いは誰がする?主催者は子供?孫?誰が費用を持つの? 米寿のお祝いは誰が主催者になるか迷うことがあるそうです。 ただ、 子どもがする、孫がするなどの決まりはありません。 子どもが身体が動かなくて孫がする場合もよくある事です。 したがって、誰が主催者になるかは、 子どもや孫、その兄弟の親戚で話し合いみんなで開催するといいでしょう。 費用の負担もみんなで出し合えば、ちょっと豪華な演出もできるかもしれませんね。 ただ、費用はお祝いされた方がお礼に出してくれるパターンも多いようです。 私のおばあちゃんもプレゼントした旅行費用を自分で払うと言っていましたが、私からのプレゼントで何とか押し切りました。 なので、それほど全額自分が払わなければならないなど、考える必要はないのかもしれません。 米寿の祝いは、特にサプライズでする必要もないですから、本人さんとちゃんと話して、本人さんの意向に沿ったプランにしてあげると、間違いないですね。 祖父が早くに亡くなってしまい、祖母しかいなかったので、祖母と母で親子水入らずの温泉旅行にしたのですが、大層喜んでくれました。 昔、祖父が生きている頃は祖父が運転好きだったのと旅行好きだったので、良く遠方まで連れて行ってもらっていたのですが、祖父が亡くなってからというものそういった事が無くなっていたので、祖母もだいぶ寂しかったのではないかと思います。 今はもう亡くなってしまいましたが、今では米寿のお祝いをして私自身もすごく良かったと思っています。 米寿のお祝いで喜んでもらえるおすすめのプレゼントランキング そんな米寿のお祝いに喜んで貰えてオススメなプレゼントとはいったいどんなものがあるのでしょうか。 還暦は赤というのに対して、米寿が黄色とゴールドというのはあまり知られていない所かもしれませんね。 またお米にちなんで、 お米や米俵などを贈る人が多いようです。 私も最初に頭をよぎったのはコレでございます…。 (笑) 可愛らしいおばあちゃんやおじいちゃんには着せたくなりますよね。 ゴールドのちゃんちゃんこ姿でいっしょに写真撮って記念にプレゼントしましょう。 きっと一生の思い出に残っていただけると思います。 そんな方には、金をあしらった 湯呑みなんていかがでしょうか? 今では米寿を迎える方でも元気な方もたくさんいらっしゃいます。 まだまだお友達とお茶を楽しんだりおしゃべりをしたりという方もいらっしゃるのではないのでしょうか? そんな方には、湯呑みをギフトとして贈ると利用していただけますし、きっと喜んでもらえると思います。 私の祖母なんてお友達と卓球をするぐらい元気でしたからね…!(笑) そして何より、茶菓子を好んで食べられる方も多いので、茶菓子に合う物をあげるといいですね。 私がオススメするのは、 金と花をあしらった九谷焼の湯呑みです。 花詰は渋いものから華やかなものまで色々な柄がありますので、男性から女性まで喜んで頂けると思います。 よく、色紙などに詩を書いてあるものがあるのはご存知でしょうか? あれに本人さんの名前を入れて、オリジナルの詩を書いて頂いたものが名前ちりばめ詩です。 やはり 何よりも喜ばれるのがその人の為の一品ではないかと私は思います。 料理でもなんでも、やはり相手の為に特別に何かを作る、という行為が人にはとても喜ばれると思います。 今でも飾ってくれているので、やはり私自身とても嬉しいですね。

次の

88歳の米寿祝いに喜ばれる人気のプレゼント10選!予算やメッセージ文例も紹介

米寿祝い

長寿のお祝いはいろいろありますが中でも、米寿は盛大に行うことが多いです。 「米」という字を分解すると「八十八」になることから、つけられた米寿。 数え年の88歳を祝います。 長寿国の日本では、もっと長生きをされている方はたくさんいます。 でも、昔は88歳まで生きるということは、大変おめでたいことでした。 それに日本では元来「八」は、末広がりを表す縁起の良い数字。 その「八」が2つ重なるのです。 おめでたいの二重奏、お祝いも盛大になることでしょう。 長寿の祝いのスタートは、60歳の「還暦」です。 還暦は一般に赤い頭巾や、ちゃんちゃんこといった衣類をお祝いに贈る風習がありました。 その他の長寿祝いでも、年齢によってそれ相応の色の祝い着を贈るならわしは残っています。 ちゃんちゃんこ 米寿の祝い着は「金色(黄色)」です。 金色(黄色)のちゃんちゃんこと頭巾、座布団がひとまずのセットになっています。 ただ買うとなると一回きりでもったいないと、レンタルされる方が増えてきていますね。 また最近では、古い慣習にとらわれない方が増えてきているので、ちゃんちゃんこを用意しない方は多いです。 米寿のお祝いの仕方は家庭によって違いますので、家族でちゃんちゃんこを用意するべきか、別に用意しなくていいのか、話し合ってみてください。 ちゃんちゃんこを用意すると米寿のお祝い会が盛り上がることは、間違いありません。 食事会 普段なかなか顔を合わせることが少ない家族親戚が集まって、米寿を盛大に祝う食事会をする家族は多いです。 「米寿を迎えるということが、どれほど素晴らしいことか」、普段会えない孫や曾孫たちに身をもって教えることが出来る素敵な機会でもあります。 もちろん、米寿を迎えるの方にとっても、可愛い孫たちの顔を見られるいい機会。 ご家族が米寿を迎える際には、ぜひ宴席を設けてお祝いしてあげてくださいね。 で、お祝いは家でするのか?ホテルやレストランでするのか? それは米寿を迎える方の意向や体調、お祝いに参加する人数などを加味して考えてみてください。 また、和食にするのか洋食にするのか、中華にするのか? メニューはどうするかなど、決めないといけないことは結構あります。 88歳という年齢を考えて、一般的に和食が中心ですね。 あと、鯛の尾頭付きや赤飯 ケーキなんかがあれば、場が華やかになります。 ケーキといっても今では色々ありますから、いろいろとチェックしてみてくださいね。 プレゼント 米寿祝いにプレゼント贈り方は多いです。 でも米寿祝いって何を贈ったらいいのか?よく分からないですよね。 敬老の日や誕生日に贈っているようなものでいいか?とか。 こちらのページで、最近人気の米寿祝いのプレゼントをご紹介しているので、プレゼントを考えている方は、参考にしてください。

次の