蕁 麻疹 様 血管 炎。 蕁麻疹様血管炎。これは何が原因でなるものなのでしょうか?30代後半女幼...

じんましん(蕁麻疹)

蕁 麻疹 様 血管 炎

からだのすみずみにまで存在する細い血管では、ふつうでも常にいろいろな物質や水分のやりとりが血管の内外で行われています。 蕁麻疹は皮膚の浅いところの血管で、水分が血管の中から 外に洪水のように一方的に流れ出て、部分的に水たまり-限局性浮腫-を生じたものです (イラスト1)。 このように血管からの水分の流出を起こすのは、いろいろな刺激に反応してヒスタミンという物質が放出される結果、血管の壁の変化が起こり血管の透過性の亢進が起こるための考えられています。 大人の蕁麻疹の多くは原因がよく分からずに起こります。 食べ物が原因で起こる蕁麻疹は大人では少なく、体調が悪いときや体質が何らかの原因で変わったときに起こりやすく、また自律神経失調症として起こることもあります。 本院でよくみられる蕁麻疹様の発疹を紹介しましょう。 典型的な蕁麻疹では、蚊に刺されたときのような盛り上がった発疹(膨疹)がまたたく間に大きく広がっていきます (写真1,2)。 かゆみが強く、かいた痕は赤い盛り上がったすじを作ります。 写真をクリックすると拡大します 写真1典型的な蕁麻疹 写真2典型的な蕁麻疹 蕁麻疹は数時間もたつと自然に消失していきますが、一日のほぼ同じ時間になると再び出現してきます。 朝から出る蕁麻疹もありますが、多くは夕方から出ることが多く、入浴でからだが暖まった後や、飲酒後に出やすくなります。 したがって蕁麻疹の出るときには長湯はさけてさっと入る程度にし、飲酒はさけて食事はあっさりとしたものにした方が無難です。 蕁麻疹の出やすい時にとくにカニ、エビ、カイ類を食べると急にかゆくなるときがあるので注意しましょう。 このタイプの蕁麻疹は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬がよく効き、比較的治りやすい蕁麻疹と言えます。 ふつうの蕁麻疹は地図状の大きな膨疹を作りますが、中には2,3cmくらいまでの小さな膨疹がからだや腕にたくさんできることがあります (写真3)。 写真3蕁麻疹の小さな膨疹 蚊に刺されたくらいの膨疹がたくさん出ますが、中には周囲だけが赤くなり中心部は比較的白く見えることもあります。 このタイプの蕁麻疹はかゆみが強いだけでなく、長期間持続しやすい特徴があり、何ヶ月も蕁麻疹に悩まされることがあります(慢性蕁麻疹)。 原因はよく分かりませんが私見としては、疲れやストレスなど自律神経が関与しているのではないかと考えています。 この蕁麻疹は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬などの内服薬の効果が乏しく、治療にたいへん苦慮します。 かゆみが強く、治りにくい場合には少量のステロイドの内服を併用すると軽快していきます。 ステロイドは早期に徐々に減量していきますが、中止すると再び悪化しやすくなります。 このような治りにくい蕁麻疹も数ヶ月もすると自然に出なくなるようです。 蕁麻疹と蕁麻疹様紅斑 蕁麻疹と思われる発疹の中には、蕁麻疹様紅斑と思われるものがあります。 紅斑とは皮膚の血管が拡張して赤い皮膚の色の変化を生じたものです。 この場合も軽く盛り上がってきたり、軽度のかゆみを伴うことがありますが、蕁麻疹ほどかゆくはないようです。 周囲だけ赤くなり、中心部は比較的白く見えるもの (写真4,5)や、 写真4蕁麻疹様紅斑 写真5蕁麻疹様紅斑 くっきりと赤く盛り上がって膨疹をつくるものもあります (写真6)。 写真6蕁麻疹様紅斑 また両者の中間と思えるようなものもあります (写真7)。 写真7蕁麻疹様紅斑 蕁麻疹が、血管の透過性亢進-限局性浮腫-強いかゆみと膨疹が原因であるのに対し、このような皮膚の変化は、血管の拡張-紅斑-軽いかゆみと軽度の膨疹 といった反応で起こるのではないかと考えています(私見)。 いずれにしてもこれらの紅斑を蕁麻疹とはっきりと区別することは困難と思われます。

次の

紫斑病(しはんびょう)とは

蕁 麻疹 様 血管 炎

による感染症• 1-5歳に好発• 6ヶ月までは母体からの移行抗体により発症しない 感染経路• リンパ節腫脹は伴わない 潜伏期• 10-12日 経過、症状 NDE. 437• カタル期:1-5病日:発熱、くしゃみ、鼻水、目脂。 , relative• 白血球が劇的に低下し、2000-3000まで落ち込むことがある。 カタル期終わりの1-2病日に 解熱してコプリック斑が発生• カタル期の鼻汁、唾液、涙液、気道分泌液は感染性有り• 発疹期:6-10病日:発熱。 発疹は耳後部、頚部から始まり体幹から四肢へ。 発疹は斑状紅色丘疹。 二次性に起こる細菌性の肺炎。 巨細胞肺炎 、• 、 1000-2000人に1人の割合で発症し、予後不良 晩期合併症• M蛋白の欠損した麻疹ウイルスによる、らしい• 麻疹に感染し、小児期に、などを、初発症状として発症し、意識障害をきたし致命的となる。 胎児への影響は報告されていない 検査• 血清学的検査:による抗体価の上昇:, 、• 画像検査• 胸部単純X線写真:間質性肺炎像 鑑別疾患• 、、、 治療• 対症療法• 合併症の治療:肺炎、中耳炎などの細菌性二次感染が多く、予防のために抗菌薬投与が行われる• では、解熱後3日経過するまで出席停止 NDE. 438• 出席停止の解除は、主要症状が消退したあと7日? 予防• 免疫があれば重症化しない• 定期一類疾病:1歳、6歳• 2大死因は肺炎と脳炎 参考 uptodate• [charged] 麻疹の臨床症状および診断 - uptodate• [charged] 麻疹の予防および治療 - uptodate• [charged] 麻疹の疫学および伝染 - uptodate 「 蕁麻疹 英 , 同 ,、、 関 定義 ガイドライン1• 蕁麻疹は、紅斑を伴う一過性、限局性の皮膚の浮腫が病的に出没する疾患であり、多くは痒みを伴う。 皮膚ないし粘膜の深部に限局性存腫を生じる場合は特に血管性浮腫と呼ぶ。 通常、個々の皮疹は24時間以内に消退し、色素沈着、落屑などを伴わない。 皮膚所見• 1 感染 細菌、ウイルス、寄生虫など• 2 疲労• 3 時刻 日内変動:夕方から明け方にかけて増悪• 4 ストレス• 5 IgEまたは高親和性IgE受容体に対する自己抗体 慢性蕁麻疹• 6 アトピー性皮膚炎 コリン性草麻疹に対して• 7 食物中の防腐剤、人工色素、サリチル酸 不耐症に対して• 8 食物中のヒスタミン サバ、マグロなど• 9 仮性アレルゲンを含む食品 豚肉、タケノコ、もち、香辛料など• 造影剤など• 11 膠原病および類縁疾患 SLE、シェーグレン症候群など• 12 寒冷凝集素 寒冷蕁麻疹に対して• 13 蕁麻疹を伴う症候群• 14 その他の内臓病変 病型• 日常診療で見られるじんま疹のほとんどが特発性と刺激誘発型の蕁麻疹• I 特発性の蕁麻疹 原因不明• II 刺激誘発型の蕁麻疹 誘発可能な蕁麻疹• 3 アレルギー性の蕁麻疹• 4 食物依存性運動誘発アナフイラキシー• 5 非アレルギー性の蕁麻疹• 6 アスピリン蕁麻疹• 7 機械性蕁麻疹、寒冷蕁麻疹、日光蕁麻疹、温熱蕁麻疹、遅延性圧蕁麻疹、水蕁麻疹、振動蕁麻疹 振動血管性浮腫• III• 10 特発性の血管性浮腫、 11 外来物質起因性の血管性浮腫、• IV 蕁麻疹関連疾患• 16 クリオピリン関連周期熱 ガイドライン• 皮膚アレルギー(蕁麻疹):医療従事者の皆様へ:アレルギーガイドライン情報館:公益財団法人日本アレルギー協会 JAANet STATION [display] 「 英 関 、 分類• 紅斑・紅皮症• ふつうの紅斑• 「 英 関 、、 「 英 関.

次の

血管炎の概要

蕁 麻疹 様 血管 炎

改變 主要表現血管內皮細胞,血管周圍有較多的,可見及外溢,血管壁有。 直接熒光檢查顯示血管壁及周圍有Ig及補體沉著。 發病機制 本病為一種新的疾病,病因及發病機理極其複雜。 1、誘因誘發蕁麻疹性血管炎的因素不明。 有報導認為是化學物質、藥物 如碘劑 等,反覆寒冷刺激,以及病毒、細菌、寄生蟲等過敏原引起的超敏性血管炎。 2、的損害、抗以及反應免疫複合物在的作用下引起C1q結合或,進一步導致傳統途徑的補體活化,產生及。 這些介質可損傷血管內皮細胞,導致血管炎的發生。 有學者指出,對本病與的關係應予以重視。 中年婦女多見,可伴有不規則,繼而皮膚出現風團皮疹,持續時間可達24~72小時,甚至幾天不消失,風團上可有水皰及。 但無,消退後遺留或,自覺癢感。 可伴有四肢疼痛及腫脹、、,可出現。 血管炎性常是、、SLE等的早期,故應密切觀察病程變化。 輔助檢查 1 檢查可發現周圍白細胞正常或增加,嗜中性粒細胞比例增加,快,嚴重而持久的低補體血症最常見,特別是補體C4降低更明顯。 2 直接熒光檢查顯示血管壁及周圍有Ig及補體沉著。 診斷方法 臨床表現主要為皮膚風團持續24小時以上;伴發熱、、等;淋巴結腫大;嚴重者可有腎臟損害。 實驗室指標:真皮血管內皮細胞腫脹,血管周圍有較多的中性白細胞,可見核塵及紅細胞外溢,血管壁有纖維蛋白樣變性。 血沉快、嚴重而持久的低補體血症;檢查顯示白細胞碎裂性血管炎。 直接熒光檢查顯示血管壁及周圍有Ig及補體沉著。 鑒別診斷 1、在組織學上有時可見血管內皮細胞腫脹;除外,還有浸潤,也可見核塵,大多數見到血管壁炎性細胞浸潤,但無、壞死等的特徵。 2、本病還需與 SLE 進行鑒別,前者除病理學檢查以外,還可用簡單的「玻片壓疹法」來區別:用壓在UV皮損上,原有的消退,而臨床上不明顯的變得肉眼可見;根據UV患者抗ds2DNA抗體和抗Sm抗體陰性,無或僅有輕微的損害,可與SLE鑒別。 治療措施 藥治療無效,可首選皮質類固醇激素,防止腎臟損害,亦可用氨苯碸治療。 可用加減四妙勇安湯等治療。 應用皮質類固醇的劑量應根據病情決定,一般相當於30~50mg,可以分次口服或緩慢,待恢復正常、皮損大部分消退後,逐漸減量。 由於有時病程可長達數月,因此,要注意的。 5mg口服,12小時1次,每周連用3次。 一般抗組胺類藥物無效,但可以對症。 本病的併發症有:、左心衰、雙疼痛等嚴重疾病,故應積極給予有效治療。 另外導致本病治療的有效率不高的最主要原因是因為常常並發慢性阻塞性疾病和急性。 1、慢性阻塞性呼吸道 疾病慢性阻塞性呼吸道疾病是一種因變而導致氣道受阻的疾病,一般是指及兩種疾病。 病徵在初期可能不易被察覺,但隨著病情發展,徵狀漸漸加重。 一般徵狀有:經常、容易,雖然及肺氣腫病情惡化較慢,卻會損害,影響肺功能,也可引致,甚至死亡。 2、急性喉頭水腫 急性喉頭水腫主要表現為,青紫,早期會有嗆咳. 嚴重者會導致窒而死亡,特別對小兒來說是危及生命的一種兇險急症,由於小兒狹窄、粘膜後組織疏鬆等特點,後易發生喉頭水腫、。 因此應積極地預防並治療。 預防 本病由於病因不明,故無有效的預防措施。 有報導稱本病是由於過敏反應引起,故發病時應嚴格排查,一旦確定是由過敏原引起,應立即移除過敏原,並避免與過敏原再接觸。 同時應適當地鍛煉,提高機體的免疫力,改善。 健康問答網關於蕁麻疹性血管炎的相關提問•

次の