コロナ お 見合い。 コロナ禍の中での婚活現状は?お見合い・交際・入会・成婚の実際|埼玉県さいたま市で結婚相談所・婚活なら 株式会社KMA

新型コロナウィルス・緊急事態宣言でお見合いはできるのか?

コロナ お 見合い

コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、外出自粛が続いている。 婚活クライシスのさなかに、婚活に消極的な人、それでも婚活をあきらめない人たちの実態を、20代、30代、40代男女にリサーチしてみた。 まず婚活アプリだが、外出自粛によって、ますますニーズが高まっている。 「コロナの前から婚活アプリのぺアーズを使っています。 現在のやりとりは2人。 一人は海外在住の日本人商社マン、もう一人は東京在住のアメリカ人のSE。 海外在住の商社マンがGW中に帰国の予定でしたが、コロナで帰国できず、会うのが延期になりました。 商社マンとのやりとりは3日に一度、メールの返信があるかどうかなので焦っていますが、友達に言わせると『3日に一度返信なんて、いいほう。 一週間以上もない場合が多い』」(31歳女性・貿易会社勤務) ただし、アプリ婚活で気の合う相手に出会っても、実際に会うことができない。 そのもどかしさが気持ちを高めてくれるが、「収束したときに会えると思いますが、婚活はそれからですね」と、やはり進展は遅いようだ。 またこれまでアプリ婚活にあまり関心のない人が、いざやってみたら「はまった!」という声もある。 「高学歴の私が大手企業に転職すると、合コンで『いい男は社内にいるでしょう』と、差別されたことがありました。 それ以来、婚活は自然のなりゆきと、のんきに構えていたんです。 外部との接触が多いので、出会いには不自由していないから。 でもコロナでリモートが増えると、婚活アプリをやってみたら、はまりました!東カレデートで、2~3人の男性とやりとり。 オンラインデートも楽しいです」(31歳女性・PR) 一方、結婚相談所での婚活には、苦戦している人が多い。 「アプリ婚活が怖くて、コロナの2年前から、結婚相談所で婚活をしていますが、うまくいっていません。 3月に入ってから、お見合いゼロ。 婚活疲れのところに、コロナで、さらに目の前が真っ暗」(41歳女性・MC) 「周囲の男性は既婚者ばかり。 婚活パーティーに参加しても出会いがないので、昨年秋に結婚相談所に入会しました。 でもコロナで見合いができなくなり、会員専用のネットでやりとりをしています。 コロナ前から結婚相談所は、7歳以上年上の男性からの申し込みが多く、時には10歳以上年上の40代ばっかり。 同年代の男性に申し込んでもスルーされまくり。 コロナでも申し込みの傾向が変わらないので、アプリ婚活にシフトチェンジするつもり」(32歳女性・教師).

次の

【飛沫感染対策】コロナウイルスの万全対策について

コロナ お 見合い

全く他人事ではありません 阪急大阪梅田駅直結の結婚相談所トゥルーハートの竹下です! コロナウィルスが凄い勢いで広まっていますね。 正直、他人事と捉えてはいけません。 世間では、楽観論と悲観論が入り混じっていますが、 元々の性格からか、職業柄か・・・ 私は「悲観論」を持っています。 私はよく阪急電車で「大阪梅田~神戸三宮」間を往復します。 毎回「マスクの着用率」をチェックしていますが、 約50%・・・ ・・・ 正直怖い!!! ・・・ 今の時期は、外出時にマスクをするのは「マナー」であると感じます。 このような非常時には「あれこれ論ずる」のではなく、 「迅速に、現場で何をするかを徹底する事」に集中するのが大事だと思います。 そこで・・・ 「お見合い」「デート」にも、 「マスク着用を提案する」 のはいかがかな?と思います。 お見合いにマスク着用なんてとんでもない?? お見合いにマスク着用なんてとんでもない! と思われるかもしれませんが、 私は、 「お互いの合意の下」ならOKだと思います。 」 となれば、全然OKだと思います。 女性スタッフも、こう言ってくれたら、 「気が利く!危機管理しっかりしてる!」 という意見でした。 それでも「お見合いにマスクは!」という方・・・ ヨーロッパに「仮面舞踏会」という文化があるではありませんか! マスカレードです! 「マスカレード」と「婚活のお見合い」では、 内容も何もかも違いますが、 こんなふうに考えて行く事も大事なのでは?と思います。 いかがでしょうか? デートにマスクなんてとんでもない?? デートにマスクなんてとんでもない?? とお思いの方・・・ 逆だと思います! 私の統計によれば、 電車内マスク未着用の人は、 「単独行動」の方が多い。 家族連れや旅行者、そして「カップル」は、 皆マスクをしています! これも男性から、 「この時期だからマスクしていこうね。 だからお化粧も薄くていいよ」 と言ってあげたら本当に親切だと思います。 元々これを言える男性だったら、相談所には登録していないかもしれませんが・・・ ・・・ 人混みを避ける提案も良いかもしれません。 これを、良い機会だと捉えるべきです。 「ああ、話が苦手だから水族館に誘ったけど、人混みを避けてゆっくり話をするシチュエーションか・・・ヤバイ・・・」 ではなく、 「よし、お相手と向き合ってしっかりお話しよう!」 と考えましょう! ピンチはチャンスと捉えるのが吉。 とにかく自己防衛を! こういう時期には、注意し過ぎるくらいで丁度良いと思います! 婚活は心身共に疲れる。 移動も多いし、人混みに行く事も多い。 だからと言って、ピタっと止まるわけにもいかない。 時間は勝手に流れて行きます・・・ その制約の中で何が出来るのか? 考えながらの行動が本当に大事です! <まとめ> ・移動時は絶対マスク! ・お見合いで素顔を確認できたらマスクの提案はいかが? ・デートでもマスクを。 しっかり話を出来る良い機会。

次の

新型コロナ!「対面お見合い」でマスクはどうしたらいいの?大阪・門真市の結婚相談所 Chida結婚指南処.

コロナ お 見合い

新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が叫ばれる中、婚活市場でも「異変」が起きている。 感染の危険性があるお見合いや婚活パーティーを強行する業者が避けられる一方、自宅でできる「オンラインお見合い」(オンお見)に人気が集まっている。 結婚相談所の経営者で『となりの婚活女子は、今日も迷走中』の著書もある大西明美氏によれば、リアルお見合いよりも男女の距離が縮まりやすい意外な傾向が出ているほか、今だからこそモテやすいタイプがあるという。 20年間で4万3000件以上の婚活&恋愛アドバイスを実施してきた婚活アドバイザーが、コロナ禍における婚活の最前線をレポートする。 ここで何が行われているか、皆さんは注意して見たことがありますか? 実は男女の大多数がお見合い中ということが珍しくありません。 7都府県に緊急事態宣言が発令されるまでの毎週末、都内のホテルでは恒例の光景でした。 押し寄せる婚活中の男女によってラウンジが2時間待ちということもあったほどです。 なぜホテルのラウンジがこれほどまでお見合いに選ばれるのか。 それには3つの理由がありました。 ・プライバシーが守られやすい=密閉空間 ・ターミナル駅に近く迷いにくいため定番になる=多数が密集 ・1時間前後会話をし続けるのに向いている=密接 ここでは、通常のお見合いをわかりやすいように「三密お見合い」と呼ばせてもらいます。 国が不要不急の外出自粛を要請しているにもかかわらず、「個人の価値観は人それぞれ」「お見合いは必要だ、不要ではない、だから不要不急にあたらない」と言ってはばからない仲人(結婚相談所)が少なくありません。 「仲人に逆らってはいけない」と我慢をして三密お見合いをしている会員も多く、婚活者がクラスター(感染集団)になってもおかしくない状況が続いています。 目を疑うようなことが今、現実として起こっているのです。 そこで急きょ台頭してきたのが、最近話題の「オンライン飲み会」ならぬ「オンラインお見合い」(オンお見)です。 オンラインお見合いとは、ZOOM、LINE、Skypeなどのアプリを使ったビデオ会議によるお見合いのことです。 自宅にいながらお見合いが可能になります。 オンラインお見合いに切り替えるだけで、婚活者がクラスターとなるリスクをゼロにできるのです。 話を元に戻しますが、「むりやりホテルでお見合いを強要する」仲人のもとから、三密お見合いを絶対にさせない私の結婚相談所への登録も増えています。 「人の価値観はそれぞれだから、時には我慢しなければいけない(三密お見合いをしたいということを価値観と言っていいのかは疑問ですが)」と、三密お見合いを強要する結婚相談所は今後淘汰されていくのではないでしょうか。 まずメリットについて述べます。 オンラインお見合いなら移動時間と交通費を省くことができます。 都内だと1人1500円〜2000円前後ぐらいです。 これがゼロになるので、1回のお見合いにつき3000円〜4000円前後のお金を男性は節約できるようになります。 上半身はちゃんとした身なりが求められますが、三密お見合いよりは楽な格好でお見合いができます。 しかし、その姿がかえってお互いを和ませ、距離を縮めやすくする効果も出ています。 今のところプラスに働いているようです。 では、オンラインお見合いのデメリットはどのようなものでしょうか。 小さな机を買ってきて、部屋の壁を背景にしましょう。 暗い照明だと、暗い人の印象にもなりやすいです。 インターネットに苦手意識を持つ人は意外と少なくありません。 婚活者の数が減少していないか気になる人も多いだろうと思います。 婚活市場全体としてみると、縮小傾向だと言えます。 緊急事態宣言が出ても婚活パーティーを強行している業者もまだたくさんいますが、多くが定員割れで中止を余儀なくされています。 お見合いよりも人数が多い分、三密の度合いが強くなり、感染リスクはさらに高まるので、当然ですね。 アプリ婚活も私が聞くところによると、活動している人は激減しています。 結婚相談所と異なり、簡単にフェイドアウトができます。 もともとアプリ婚活には既婚者や遊び目的の人が混ざっています。 「オンラインデートしましょう」と相手から誘われても、相手がちゃんとしているのか確認しないまま個人情報を教えたくないと多くの女性が警戒します。 結婚相談所はどうでしょうか。 三密お見合いしか対応できない仲人が多いため、お見合いは減少傾向であるものの、会員自体は減っておりません。 ひどい理由になりますが、三密お見合いしかできない仲人は、お見合いを無期限延期にする対応をとります。 結果、無期限にわたって月会費を会員が払い続けることになります。 お見合いを中止にするとペナルティの支払い(1件につき1万円〜2万円)がかかるからです。 結婚相談所自体は、月会費制なら収入に直撃はありません。 会員にアンフェアな環境を与えていることになります。 お見合いが不謹慎という雰囲気だったからです。 ところが5月になって、20人ほど新しい入会があり、以降その年はいまだかつてない数の会員が入会しました。 お見合いも活発化しました。 婚活市場全体も成長期に突入しました。 では、今回のコロナショックでは東日本大震災の時と同じことが起こるのでしょうか。 実はまったく異なる様相を呈しています。 お見合いが人命に関わるリスクとなる点が東日本大震災とまったく違います。 逆に不謹慎という雰囲気はありません。 つまり、お見合いそのものが自粛ムードではないので、三密お見合いをやめて、オンラインお見合いにすれば、お見合いの機会は失わずに済むということです。 結婚相談所業界の視点で話すと、率先してオンラインお見合いに対応できる結婚相談所は生き残り続けますし、緊急事態宣言が出ているのに三密お見合いを強要する結婚相談所は淘汰されていくことになるでしょう。 また、いたずらに月会費を払わせ続け、会員にだけリスクを負わせる結婚相談所も同じように力を失っていくでしょう。 緊急事態宣言が出されている今こそ、パートナーの条件を見直す時間に使いましょう。 婚活は通常、年齢、年収、身長、学歴など表面的なスペックを意識しないと相手を選べない仕組みになっています。 活動を続けていくうちに、男性も女性もスペックにしか目が行かなくなる傾向があります。 一度ここで、どういう人と一緒にいたら幸せを感じるのかを考えてみましょう。 オンラインお見合い以外と書きましたが、インターネットを通して出会う機会が今後増えていきます。 そのときのために、カメラ映りが良くなるテクニック(メイクや照明など)を考えることも必要になってきます。 通販でグッズは売っていますので、ぜひそろえてみてはいかがでしょうか。 理想の結婚相手の条件に変化はあるのでしょうか? 東日本大震災の時もそうですが、リストラされにくい公務員に人気が集まります。 都心から離れた場所での公務員のお見合い成立率が今ですら通常の2〜3倍ほどになっています。 もう一つ変わることが予想されるのは、女性の高年収志向がなくなっていくことです。 不景気になれば、高年収の男性が少なくなります。 さらにリストラが加速すれば、無収入の男性は結婚相談所で活動ができなくなるので(定年退職のぞく)、男性が減ります。 女性は「ひとりだと今後の生活が不安」ということで入会が増え、男女比において女性が圧倒的に大きくなってしまいます。 競争相手が増えてターゲットが減るので、高年収の男性だけを狙っていた女性にとって厳しい婚活状況になります。 そのため、希望年収は低くなることが予想されます。 それは氷河期前と同じやり方を変えなかったからです。 どんなときもうまくいく人は大きくて強いものではなくて、状況に対応できる人です。 三密お見合いができないから、お見合いは無理ですと言っている人は絶滅した恐竜とまるで同じではないでしょうか。 オンラインお見合いを積極的に取り入れていきましょう。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の