横浜 市 ir。 IR(統合型リゾート)等新たな戦略的都市づくりの検討 横浜市

【意見の受付期間は終了しました】横浜IR(統合型リゾート)の方向性(素案)について 横浜市

横浜 市 ir

Song• Artist• Richard Mead, PRS• Album• KPM 930 Cinemotion• Licensed to YouTube by• AdRev Masters Admin on behalf of APM in North America and EMI Production Music for Rest of World KPM Main Series KPM Music Ltd ; SOLAR Music Rights Management, APM Publishing , EMI Music Publishing, and 2 Music Rights Societies• Song• Skyride a• Artist• Magnum Opus, ASCAP• Album• KPM 907 Piano and Strings• Licensed to YouTube by• AdRev Masters Admin on behalf of APM in North America and EMI Production Music for Rest of World KPM - Main Series ; UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, LatinAutor, APM Publishing , LatinAutor - SonyATV Show more Show less.

次の

“横綱”横浜・林文子市長の苦悩 IR誘致を表明するも暗雲漂う (1/3ページ)

横浜 市 ir

誘致から撤退した候補地• 誘致撤退関連ニュース• 現在のカジノ候補地はどこ?いつ決定する? カジノ誘致を表明している中で、主なカジノ候補地は、神奈川(横浜)、東京、愛知(名古屋、常滑)大阪、和歌山、長崎となっています。 現時点では 大阪、横浜が特に有力な候補地と見られています。 そして気になる「いつ候補地が決まるのか」については、現在国が発表している基本方針案によると 候補地が正式決定するのは 2022年頃になる予定とされています。 今後IR誘致に挑む自治体は 2021年1月4日から7月30日の間に国に申請を行う必要があります。 そして国は申請を行った自治体の中から最大3箇所を選び、 2021年後半~2022年頃に正式にIR候補地として認定する、というスケジュールとなっています。 現在動きのない自治体でも活動が活発になれば、情報を随時更新していきます。 現在の有力カジノ候補地3選! 念願叶った万博とセットでIR誘致 開業時期のリミットが主な焦点に 大阪府は、カジノ法案が話題として取り上げられるようになった当初から、IRの開業候補地として名乗りを上げていた自治体の代表格。 念願の片方が叶ってIR誘致もより一層勢いを増しており、現時点でカジノ候補地の最有力と言えるでしょう。 大阪のIRコンセプトは 「スマートIRシティ」。 最先端の技術を駆使した、環境にやさしく快適に過ごせる都市を掲げており、未来都市のようなイメージのIRを目指しています。 十分な都市規模を備えた立地、海外からのアクセス• IR誘致に向けた各団体、住民の足並みが比較的揃っている 課題・問題点• 万博前の2024年の開業に間に合うか?• 夢洲への交通インフラの整備費用を賄えるか 大阪の最近の動き 2025年の万博開催前にIRを開業させたいと考えていた大阪ですが、 2025年の全面開業は努力目標とし、部分開業も視野に入れていく考えを発表。 MICEなどを先に開業し、カジノの開業は万博後となる可能性も浮上してきました。 また、横浜の誘致表明後、大阪に手を上げていた海外IR事業者が相次いで横浜に転向。 2月14日で締め切られた事業者公募(RFP)の応募はMGMリゾーツ・オリックス合同チームの1社のみで、大阪に誘致が決定した場合の IR運営はMGM・オリックスとなることが事実上決定しました。 大阪の候補地「夢洲(ゆめしま)」とは? 夢洲は大阪湾にある人工島で、広大な土地ではあるものの、現在はコンテナターミナルが2つあるのみの空き地となっています。 さらに、夢洲への交通手段は現在自動車に限られており、歩いて渡ることもできず、大阪府民からも忘れられた土地となっていました。 元々夢洲は2008年の五輪誘致の際、競技場や選手村、後に選手の住宅地として利用する計画でしたが、誘致は失敗。 100ヘクタールを超える広大な土地の活用法が決まらないままでした。 このような経緯から、「大阪の負の遺産」とまで言われてきた夢洲。 しかし2025年の万博開催が決定し、IRの有力候補地ともなっている現在は、負の遺産から一転、関西経済の起爆剤となりうるのではないかと期待されています。 長きにわたる「白紙状態」から誘致表明へ 強固な反対派とどう渡り合うかがカギに 2019年8月、横浜は 「山下ふ頭」を候補地とし、 2020年代後半にIR開業を目指すことを公表。 「白紙状態」からの突然の誘致表明に、国内外からの注目も高まっています。 しかし、地元では反対の声が大きく、横浜の有力者である横浜港運協会会長・藤木幸夫氏は、山下ふ頭へのカジノ誘致に頑なに反対。 「横浜港ハーバーリゾート協会」を設立し、カジノ抜きでの山下ふ頭の再開発計画案を提示しています。 藤木氏は横浜市で非常に強い力を持つものの、横浜市政においては「影の横浜市長」とも呼ばれ、カジノ推進派として知られる菅義偉官房長官の影響も強いと言われています。 「山下ふ頭へのカジノ誘致は反対、それ以外への誘致には反対しない」とする藤木氏と、「山下ふ頭の再開発」としてのIR誘致を掲げる横浜市がどう折り合いをつけるのかが今後のカギとなりそうです。 横浜IRの基本コンセプトは、 「横浜を世界から選ばれるデスティネーション(目的地)へ」。 世界最高水準のIRをもって新しい横浜の創造にチャレンジする「横浜イノベーションIR」を目指すと発表されました。 誘致レース一歩リード!有力候補を追いかける候補地 九州一のテーマパークを舞台にしたIRは アジア諸国のライバルを超えられるか? 長崎は日本の主要な観光客が集まる中国・韓国から3時間以内と非常に近く、カジノが海外からの観光客をメインに集客することを踏まえると、有利に働く立地と言えるでしょう。 一方で、アジア地域にはマカオやシンガポール等を中心に大型IRがいくつも存在しており、長崎のIRが成功するかどうかは、ライバルをどう抑え差別化するかといった戦略に懸かっています。 また、長崎は議員だけでなく、住民の支持率が高いことも特徴の一つ。 カジノ誘致に関しては地域住民が反対するケースが多い中、長崎では賛成派が46%と反対派の38%を上回っており、IR誘致を後押しする大きな力となっています。 海面下の壁を大型の強化ガラスにする「海中カジノ構想」も話題になりましたが、発案者であるハウステンボスの運営会社・HTB株式会社がIRの開発自体に関わらないことや、海中がIRの敷地に含まれないことを踏まえると実現は難しいとみられます。 長崎はトップグループと同じく2024年の開業を目指す予定。 アジア諸国の大型IRを超える別の斬新なコンセプトは今後飛び出すのでしょうか。 既に完成したリゾートとインフラがあり、初期投資が少なく済む• 主要観光源である中国・韓国などのアジア地域から好アクセス 課題・問題点• 同じアジア圏内にマカオやシンガポールなどの巨大IRを構える地域がある• 九州の各観光地へのアクセス整備が不十分 長崎の最近の動き 当初九州で誘致の動きが活発なのは長崎のみだったため、長崎を「九州の第一弾IR」とする「オール九州」の方針が、九州地方知事会議でも正式に議決されました。 しかし福岡県北九州市が誘致の検討を開始したことで、福岡県のみ賛同が得られず、「オール九州」の構図が崩れるという形に。 現在は検討段階とはいえ、北九州市の今後の動向は長崎の誘致にも影響を与えそうです。 長崎の候補地「佐世保(ハウステンボス)」とは? 地方博成功の実績を活かし、 大阪と並んでIR誘致を目指す 和歌山は昔からカジノ誘致に最も積極的な自治体の1つで、2004年からカジノ誘致に取り組んできました。 しかし最有力とも言われる大阪と立地が近く、都市規模や期待できる経済効果を考えると、どうしても陰に隠れてしまいがちなのが現状。 そこで和歌山は 「IRが近隣に2つ存在する」ことによる相乗効果を狙って、 大阪と合わせたIR誘致を狙っていく方針を掲げています。 2つのIRが近隣にあることによるメリットはシンガポールなどで前例が示されており、 バリエール、ブルームベリー、サンシティといったIR事業者からも好感触。 業界の間でも有力候補に数えられることもあり、今後の動向が見逃せない自治体の一つです。 一見デメリットにも見える状況を逆手に取った作戦は功を奏すのでしょうか。 一度は頓挫したリゾート構想。 県の協力で実現できるか 愛知県では、現在県と市が別々の箇所への誘致を表明しているという状態になっています。 愛知県は常滑市の 中部国際空港(セントレア)島への誘致を検討しており、2019年に開業予定の国際展示場との相乗効果を目指しています。 積極的な姿勢を見せているのは主に常滑商工会議所で、県が常滑への誘致を掲げる背景には、かつてりんくう常滑駅を中心にしたIR構想の中断を余儀なくされた常滑商工会議所によって要望が提出されたという経緯があります。 IR誘致のための有識者研究会による調査や、IR整備費用やギャンブル依存症対策費用を予算として計上。 一方で、知事選にて3選を果たした大村知事は公約にIR誘致を出さないなど、現在は比較的慎重な姿勢を保っています。

次の

横浜市が「カジノ誘致」を表明【候補地は山下埠頭】

横浜 市 ir

目次 1. 藤木氏はこの日、市内で開かれた協会の総会で「私は8月で満90歳になる。 身を引いて新しい体制をつくっていただく」と退任を表明し、了承された。 藤木氏は相談役に就き、新会長には藤木氏の長男幸太氏(65)が就任した。 藤木氏は、山下ふ頭などを利用する企業でつくる横浜港運協会の会長を1997年から務めてきた。 3年ほど前から市のIR誘致に反対する姿勢を示し、昨年5月には山下ふ頭での「カジノなし」の再開発をめざして横浜港ハーバーリゾート協会を設立、自ら会長に就いた。 昨年8月、林文子市長が山下ふ頭へのIR誘致を表明すると翌日には記者会見を開き、「山下ふ頭をばくち場にはしない」などと反対姿勢を改めて明確にした。 一方、カジノに反対する市民運動とは一線を画してきた。 2カ月間で有権者50万人分が目標。 当初は7月開始の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で準備が進まず、遅らせた。 実際に署名を呼び掛ける「受任者」は既に約3万5千人となった。 広越由美子代表は、コロナ感染拡大後も方針を変えない市長を「多くの人が困っているのに誘致を進め、市民に目を向けていない」と批判。 「有権者一人一人に行動してほしい」と呼び掛けた。 質問は想定される内容を用意し、市長が答えるという。 ただ、説明会は「市民の理解が進んでいない」(市長)との理由から、市長自らが全18区を回るとし、会場で受け付けた質問にも答える形式で行われていただけに、双方向性がない動画という手法には市民からの反発も予想される。 カジノを含む施設の誘致には市民の反対が根強いことを受け、2019年12月から開催していた説明会が、新型コロナウイルスの感染拡大により一部延期になっており、市民の理解を得るためにさらなる説明が必要なことなどを考慮したとみられる。 条例制定の請求に必要な署名は有権者の50分の1に当たる約62,000人分以上。 グループは2ヵ月間で署名を集め、9月の市議会定例会に条例案を付議することを目指す。 ただ、横浜市議会はIR誘致の予算案に賛成した自民、公明両党会派が過半数を占めており、条例案の可決は見通せない。 そのため市長の解職請求(リコール)も視野に入れ、必要な数に相当する約50万人分の署名を目標とする。 誘致の推進事業費4億円を計上した市の2020年度一般会計当初予算案が最終日の24日に市会本会議で採決されるのを前に、2団体は「予算を新型コロナウイルスの対策に回すべき」「カジノで悲劇を増やしてはいけない」などと訴えた。 署名を提出したのは、寿地区(同市中区)でギャンブル依存症の患者を診察する医師らでつくる「横浜へのカジノ誘致に反対する寿町介護福祉医療関係者と市民の会」(略称・KACA)と、横浜を除く県内在住者らで立ち上げた「横浜IRカジノに反対する横浜市民以外の会」。 KACAは約8,200筆の署名を提出。 昨年9月に提出した分と合わせると、署名は計約15,620筆に上るという。 また新型コロナウイルスの感染拡大が収束しない中で、推進事業を粛々と進める市の対応に抗議声明を出した。 一方、10人ほどで約1ヵ月前に活動を始めた市民以外の会も約1,360筆を提出した。 大阪府・市が同日締め切ったIR事業者公募への参加を見送り、「横浜を絶対訪れるべき観光地とすべく、全力で努める」とした。 横浜市が誘致を目指すIRを巡っては、国内外の複数企業が運営権獲得に名乗りを上げている。 市は2020年度予算案にIR誘致推進事業費として4億円を計上。 今年6月にも、事業者の公募条件を定めた「実施方針」を発表する方針を示している。 横浜のIRを巡っては、複数の海外企業が運営権獲得に名乗りを上げているが、日本企業は初めて。 同社は2017年4月、韓国初のIR「」に韓国企業とともに参画。 現地に社員50人余りを派遣してノウハウを研究してきた。 同IRの運営会社は2019年3月期時点で営業赤字だが、担当者は「カジノ利用者が増えている。 近く黒字に転換する」とした。 里見治紀社長は「横浜は潜在力が大きい。 エンターテインメント企業として最高のIRを提供したい」と参入の理由を説明。 運営に当たっては、外国のIR事業者と連携する形もあり得ると述べた。 一般会計総額は、前年度当初予算比1. 2%減の1兆7,400億円。 大規模な再開発事業の終了などを背景に、6年ぶりのマイナスとなった。 特別会計1兆2,697億円(同4. 4%減)と公営企業会計5,963億円(同3. 1%減)を含めた総額は、3兆6,060億円(同2. 7%減)。 人口減少や高齢化の課題解決に取り組み、都市整備などにも力を入れる予算となっており、林文子市長は「東京五輪・パラリンピックなどの好機を生かして事業を推進し、次世代につなぐ予算」と位置付けた。 30日開会の市議会本会議に提案する。 主な事業は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致実現に向けて、ギャンブル依存症などの懸念事項に対する調査・研究や、国に認定を申請する区域整備計画の策定などの推進費(4億円)を計上。 アルコールや薬物などの総合的な依存症の対策に向けて、依存症者やその家族の支援などの推進費(6,500万円)を計上した。 IR事業者とともに政府に申請する「区域整備計画」の策定、交通アクセス対策などの調査、市民への周知などに充てるとみられる。 2020年度当初予算案は、林文子市長が昨年8月に誘致表明後、初めて編成されるもの。 関係者によると、4億円のうち、IR事業者の公募・選定や区域整備計画の策定に2億2,000万円、インフラや交通アクセス対策などの検討・調査に9,500万円、広報よこはま特別号の配布などに5,500万円が、それぞれ割り当てられる見通し。 市は超党派の国会議員連盟による法制化の動きがあった2014年度から2018年度まで、当初予算に調査費名目で1,000万円を計上。 ただ市長選が行われ、林市長が「白紙」を掲げて3選した2017年度は執行されなかった。 2019年度も調査費1,000万円を計上した上で、表明後に2億6,000万円の補正予算案を組み、最大会派「自民党・無所属の会」と公明党の賛成多数で可決された。 横山正人議長と主催した6日の賀詞交換会のあいさつの中で発言した。 市長は会見で、説明会での市民の反応やメディアの論調から「圧倒的に反対な感じがある」との受け止めを示した上で、真意を説いた。 一方、IR事業を巡る汚職事件については「あってはならないこと」と指摘。 ただ「(市にとって事件が)有利になるとか、不利になるということはない」とし、当初のスケジュール通り準備を進める考えを示した。 また千葉市が誘致見送りを表明したことについては「一つのお考え」と述べ、横浜でも大規模災害など突発事態が発生した場合、見送る可能性を示唆した。 一方で「IRイコールカジノではない」と述べるなど、IRやカジノへの反対論が根強い同市内でIRの理解促進に努める考えを示した。 3社幹部は、市商工会議所など9経済団体で作る推進協議会が共催するIRイベントの説明会で講演した。 3社とも共通して訴えたのが、横浜のIRを地元企業や自治体と協力して、世界で最も優れたものにしようという意欲だ。 横浜や東京など首都圏への進出を表明している米のジョージ・タナシェビッチ氏は「(3つのタワーが有名な)マリーナベイサンズのような象徴的な建物を作りたい」と強調。 「既存のホテルにも観光客の利用が増えるだろう」と述べ、地元経済への波及効果もアピールした。 また、「横浜ファースト」の立場の香港系のローレンス・ホー会長兼最高経営責任者(CEO)も「世界で最もデザインの優れたIRを作りたい」と述べた。 さらに、米日本法人のクリス・ゴードン代表は「カジノ規制をしっかり守って、皆にIRを受け入れられるようにしたい」と述べた。 タナシェビッチ氏は「カジノはIRの面積の3%以下。 シンガポールのIRでは、どこにカジノがあるのか探さないとわからないほどだ」と強調。 IRイコールカジノという印象の払拭のために啓蒙活動を進める方針を示した。 一方、横浜市ではIR否定論が根強いこともあり、3社幹部はカジノ依存症対策や顔認証による入場者規制の方法を説明し、IRの啓蒙(けいもう)活動を強化する方針を表明した。 具体的な日にちや会場は現在、調整中。 「広報よこはま11月号」に詳細を掲載する。 6区は中、鶴見、神奈川、西、磯子、金沢。 会場は公会堂を中心に調整しており、参加者を公募する。 林文子市長は同日の定例会見で、残る12区について「1月以降、順次開催する。 できるだけ2月中に全部終えたい」との見通しを示した。 また「市民の皆さんに、IRの全体像や、なぜ必要か十分に周知されていない。 まずはその説明をしっかりやっていく」と説明。 市民説明会で参加者にアンケートを行い、その意見を「今後の検討に生かす」とする一方、誘致への賛否は問わない考えを示した。 補正予算には、今年度中にもまとめる実施方針づくりの業務支援をコンサルタント会社に委託する費用のほか、ギャンブル依存症の実態調査費、市民説明会などの広報関連費などが含まれる。 本会議では、「自民党・無所属の会」と公明党の議員が賛成討論、「立憲・国民フォーラム」や共産党などの野党系議員が反対討論を実施した。 採決の結果、賛成多数で可決された。 傍聴席の市民からはIR誘致に批判のやじが相次ぎ、市民数百人が市庁舎を取り囲み、抗議活動を行った。 同日、各会派による議案関連質疑が行われ、IR誘致の妥当性や懸念事項対策を問われる質問が相次いだ。 林文子市長は答弁で、IR誘致について「これまでにない経済的、社会的効果が確認された。 横浜の将来のためにIRを実現する必要があると総合的に判断した」などと答弁し、「治安や依存症対策など、日本型IRの優良なモデルとなることを目指す」と回答した。 また、ギャンブル依存症対策には「IR整備法やギャンブル依存症対策推進基本計画により、治安やギャンブル依存症対策に取り組む環境が整ってきた。 今後、国から示される基本計画に従い、具体的な対策を進める」などと応じた。 藤木会長は会見で、「賭博場を作り、ギャンブル依存症患者を増やすような状況にしてはいけない」などと述べ、市側との対決姿勢を鮮明にした。 市ではIR誘致の理由として、税収増の見込み、観光業の遅れ挽回、少子高齢化への対応-などを掲げている。 しかし同協会側は「すべてカジノがなくても実現可能」と主張。 今後も反対を続けていく方針を示した。 観光地の山下公園に隣接する横浜港の山下ふ頭を整備し、2020年代後半の開業を目指す。 誘致は地域経済の活性化と市の財政改善が狙い。 市はIR開業後、区域への訪問者数は年約2,000万~4,000万人、経済効果は年約6,300億~1兆円に上ると見込む。 固定資産税など市の増収効果は年約820億~1,200億円としている。 会見で林市長は「市内の宿泊客は他の自治体より少なく、将来に強い危機感がある。 横浜の飛躍にはIRが必要だ」と強調した。 林文子市長が近く表明する。 市は候補地として、山下公園に隣接する山下ふ頭(横浜市中区)を検討。 東京都心部や羽田空港からの交通利便性が高い横浜が名乗りを上げることで、自治体間の誘致競争が過熱しそうだ。 市は9月の市議会定例会に、約3億円の関連費を盛り込んだ補正予算案を提出する。 「IR推進室(仮称)」も新設する予定だ。 林市長は誘致に一時前向きだったが、3選に臨んだ2017年の市長選を前に「白紙状態」と慎重姿勢に転じた。 その後、参入に前向きな民間企業12社から提出された計画案を検討するなどした結果、市の観光や経済発展に有益になると判断した。 関係者によると、27日に市に対して地元の有力団体「横浜港運協会」などから誘致の断念を求める要望書が提出された。 要望書では「カジノがなくても国際展示場だけで2兆円の経済効果が見込まれる」「F1やディズニークルーズを誘致する話が進んでいて、ディズニーから『カジノは子育てにふさわしくない』と言われている」などと訴えている。 横浜IR「経済効果1. 提出した国内外12事業者・グループ全てが山下ふ頭(同市中区)を立地場所に想定。 開業に伴う経済波及効果を最大で年間約1兆6,500億円と見込んだ。 市は誘致について「白紙」の立場を貫いており、今回の構想案も「判断材料の一つ」とした。 東京湾岸に残る47ヘクタールもの広大な土地への進出を狙うカジノ事業者に対抗する考えだ。 同協会の藤木幸夫会長は、山下ふ頭での市民主体の観光集客施設誘致・運営を目指し、自らをトップとする「横浜港ハーバーリゾート協会」を5月7日に一般社団法人として登記する。 既に平原敏英副市長に新協会の設立を説明し、理解を求めた。 関係者によると、現時点では自動車レースの最高峰「F1」の世界大会や、300個ものコンテナを組み合わせたホテルの設置計画が検討されている。 黒岩氏は、病気を未然に防ぐ健康増進策の普及や企業誘致など2期8年の実績を強調して幅広い支持を得た。 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を巡り、立憲民主党との溝が露呈して推薦依頼を撤回したが、影響は限定的だったとみられる。 岸氏は、子どもの医療費の助成対象拡大など福祉と教育の充実を訴えたが、知名度不足が響いた。 「カジノ、IRと言っても、知らない人が多い。 まずは認識してもらう必要がある」としている。 同日の定例記者会見で、川本守彦副会頭は「IRイコール『カジノ』、イコール『ギャンブル依存症』という理解になってしまっている。 そもそもIRというものが理解されていない」と指摘。 同商議所が中心となり、周知や意見交換の場として推進協議会を立ち上げる考えを示した。 協議会のメンバーなど詳細は今後検討する。 ギャンブル依存症や青少年への悪影響などが懸念されるとして反対を表明する決議文を採択。 「カジノNO」の人文字も作った。 「カジノ誘致反対横浜連絡会」の主催。 構想案によると、横浜市でのIR施設のテーマは「波」。 横浜・山下ふ頭への立地を仮定し、複数の波が入り交じるようなデザインの建物となっている。 横浜の歴史や文化芸術にエンターテインメントを融合させた施設にしたい考えだ。 カジノや大規模なホテル、国際会議・展示会を開催するMICE施設などが配置されている。 地元住民にも利用してもらおうと、公共のアメニティー施設の整備も検討している。 ギャンブル依存症対策では、スマートフォンを使った顔認証技術を活用し、来場頻度が高い人の入場を制限するほか、賭け金の上限額を設定できるシステムの導入を検討。 同社のジャン・ジョーンズ・ブラックハーストさんは「われわれにできることは、責任あるギャンブルのインフラを整備し、解決策を提供すること」と話した。 林文子市長は記者会見で「(カジノに対して市民の)関心が大きいということを改めて感じた」との見解を示した。 市は、素案でIRについて「国の動向を見据えた検討」と盛り込んでいた。 素案に対する意見募集で、830人・団体から計2129件の意見が集まった。 IRに対する意見は全体の20. 3%に当たる433件。 このうち、94%の407件が「カジノ反対」や「まずやるべきことは市民の声を聞くこと」などの否定的な意見だった。 参加登録済みの22事業者・グループが出席。 IR整備法の成立後に市が事業者側と公の場で接触するのは初めてで、具体的な検討作業に入った形だ。 市は2018年度末までに報告書をまとめ、公表する。 報告書の扱いは「(誘致の是非の)判断材料の一つ」とする考えだが、判断の時期は明らかにしていない。 市は誘致の是非について「白紙」としているが、情報収集の狙いで市内設置を想定した構想案の募集を7月に始めていた。 市は誘致の是非を判断する材料とする狙いで、市内にIRを設置した場合の経済効果や開発コンセプト、ギャンブル依存症といった懸念事項への対策などを盛り込んだ構想案を募っている。 20日に事前説明会を開き、9月10~21日に提出を求める。 また、市職員がIRに関係する事業者と接触する際の内部ルールも制定。 面談は原則2人以上で対応するほか、個人の携帯電話を使用しないことなどを盛り込んだ。 藤木幸夫会長は、再開発が計画されている山下ふ頭(同区)について「世界中がギャンブルの場として狙っている。 ギャンブルには依存症が必ず伴う」と述べ、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業の導入に反対する姿勢をあらためて示した。 横浜港運協会は、山下ふ頭にカジノ事業を導入しないことを前提に、MICE(国際会議や展示会など)中核施設の国際展示場、コンサート・劇場ホール、中長期滞在型の宿泊施設、大型クルーズ客船の岸壁などの要素を取り入れたマスタープランを独自に作成することにしている。 登壇した弁護士らは国会審議中のIR整備法案を「世界最高水準のカジノ規制となっていない」などと疑問視。 候補地の一つとされる山下ふ頭を「市民の憩いの場」として整備することなどを求める声明を採択した。 誘致反対の署名活動などを行っている市民団体「カジノ誘致反対横浜連絡会」の主催。 横浜市はIR誘致の是非を「白紙」としている。 林文子市長は従来通り誘致の是非について「白紙」とした上で、調査、分析を進める考えを改めて示した。 政府・与党はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案の今国会への提出を目指す一方、「世界最高水準の規制を導入する」と依存症対策などに万全を期するとしている。 (東京都・帝国ホテル) 最高経営責任者(CEO)のマーク・フリッソーラ氏が、横浜、東京、・の4都市を挙げ、それぞれの構想を紹介し、横浜では文化や芸術、エンターテインメントを中心としたIR構想を提示。 同社幹部は横浜市の動向を「 注視している」とし、「 提案する準備はしていく」と述べた。 先行開発する一部エリアにある倉庫事業者など12社のうち、2社の移転交渉が成立するめどが立っていないためだ。 市は移転交渉の状況を見ながら最終的に判断する姿勢を示しており、2020年度の一部エリアの完成を目指す従来の方針が瀬戸際に立っている。 山下ふ頭の再開発は「ハーバーリゾートの形成」をうたい、全47ヘクタールに文化芸術やエンターテインメント、宿泊施設などを建設する構想。 市は2025年ごろに全体を完成させる方針。 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の最有力候補地ともいわれる。 港湾荷役事業者らでつくる横浜港運協会(藤木幸夫会長)は、国内最大級の国際展示場を中核としたMICE(国際会議などの総称)施設が備わったハーバーリゾート開発を提案している。 市のIR構想や事業を公募する考えとの方向性の違いから、現在、同協会側は山下ふ頭からの移転・撤退を凍結している。 ただ、観光MICE施設の整備に向けた議論を前進させるため速やかに市と協議して、事業概要案を提出したい考えだ。 投票率は37. 21%(前回29. 05%)だった。 林氏は自民と公明の推薦のほか、連合神奈川や経済界有志の支援も受けた。 安倍政権が検討を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致が争点の一つとなり、林氏は公約集で「 導入を検討」と踏み込んだ。 伊藤、長島両氏は「カジノはいらない」と訴えたが、及ばなかった。 カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致反対や中学校給食実現などを訴える。 自身の離党の有無や市議辞職の時期、他党との連携などについては明言を避けた。 これですでに出馬を表明している元衆院議員の長島一由氏(50)、現職で3選を目指す林文子氏(71)の主要候補予定者3氏が出そろい、いよいよ本格的な選挙戦に突入する。 来る市長選に強い決意をもって臨んでまいりたい」と3選出馬を正式に表明した。 無所属での出馬だが、自民党市連からの推薦を受けた。 選挙の争点となるカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致については「 ギャンブル依存症対策は考えるべきだが、(誘致を)判断するに至っていない」と話すにとどめた。 具体的な公約は今後作成し公表する。 市長選には既に、カジノ誘致反対を掲げてい元衆院議員・長島一由氏(50)が出馬を表明している。 先行開発する一部エリアで操業中の倉庫事業者と移転交渉を進めてきた市は、本年度内としてきた契約締結を、あえなく断念。 開会中の市会定例会に関連予算案を提出することを7日、明らかにした。 一方で、先行エリアを2020年度に完成する方針は据え置くとしている。 山下ふ頭では現在、観光スポットに近いという立地特性を生かし、商業施設や宿泊施設建設といった再開発構想が進む。 東京五輪が開催される平成32年に約13ヘクタールについて先行開業する計画で、倉庫や海運会社などで構成する横浜港運協会と横浜市との間で調整が続いている。 昨年9月に作った開発基本計画によると、山下ふ頭の将来の姿に関し、滞在型リゾートやエンターテインメント空間創出を中核に据えた「 ハーバーリゾート」と銘打っており、カジノ解禁を見据えた再開発が急ピッチで進むことになる。 カジノ合法化に向けた「カジノ法案」は慎重論もあり、国会ではまだ結論は出ていない。 カジノ法案の行方が不透明の中、カジノが解禁された場合の有力候補地の一つ、横浜市で、カジノ構想を様々な角度から議論するパネルディスカッションが6月23日午後12時から、山下公園前の ホテルニューグランド(横浜市中区)で開かれる。 カジノに詳しい大阪産業大学教授でアミューズメント産業研究所所長の美原融氏やカジノを取り入れた山下ふ頭の再開発を主張している地元横浜市議の田野井一雄氏がパネリストを務め、カジノのメリット、課題や地域経済に与える影響などについて議論を交わす。 参加費は食事付きで5,000円。 問い合わせ・参加申し込みは主催者の如水会横浜支部(担当幹事・中村建二郎)、メールアドレス kennakamura yasudamakoto. com、電話090-4021-3093、FAX045-625-0931へ。 IR誘致に消極的な沖縄県知事・ 翁長雄志氏と異なり、 中田宏前市長、 林文子現市長(2009年~)ともにカジノ大賛成派だったため、横浜市のIR誘致の歴史はこれまでとても順調に進んできました。 まず、未利用地・山下埠頭を活用した「 カジノ構想」が公に議論されることになったのが2009年です。 当時開催された開港150周年イベント「 横浜トリエンナーレ」前には、「カジノ構想」のほか、海外に向けての「 豪華客船誘致構想」、世界中のジェットコースターを一堂に集めた「 ジェットオーシャン構想」、その他「 都市型ロープウェイ構想」、「 プチモノレール構想」、そして「 羽田空港再拡張・国際化」が検討されるなど、横浜ならではの広大な環境と便利なアクセスを生かした街造り計画が話し合われました。 その中でも「 カジノ構想」では、ラスベガス・マカオなどカジノを中心にホテル、レストラン、ショッピングモール、劇場、映画館、アトラクション、会議室、ビジネスコンベンションセンターなどを組み合わせた「 IR」施設や、イタリアなどヨーロッパの温泉保養地、避暑地に設けられた「 社交場型カジノ」、さらに世界の豪華クルーズが来航する大桟橋を利用した「 船上カジノ」など、世界の様々な形式のカジノが考察されることに。 結果として2014年に、「」「」の2つのIR施設を導入したことで国際的観光地として成功を収めた シンガポールを参考にすることが決定し、ホテルやショッピングモール、映画館、アトラクションのほか、会議室やセミナールーム、国際コンベンションセンターなどビジネス施設を併用した「 MICE」(マイス)タイプのカジノリゾートを目指す方針になったのです。 そして2014年4月、統合型リゾート(IR施設)を誘致するプロジェクトチームが発足されました。 また同年8月、東京や羽田空港へのアクセス権を持つ 京浜急行電鉄が横浜・山下埠頭、東京・お台場へのIR事業参入検討を発表し、さらにパチンコパチスロ大手「」や大手不動産企業「 三菱地所」、横浜港運協会会長・ 藤木幸夫氏なども横浜カジノへの進出に意欲を見せることに。

次の